FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

実質で考えるか?名目で考えるか? 


実質で考えるか?名目で考えるか?

 

厚生労働省が2日発表した10月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代、賞与などすべての給与を合わせた1人当たりの現金給与総額(月平均)は前年同月比0・5%増の26万7935円と8カ月連続のプラスとなった。
 しかし、物価変動分を考慮した実質賃金指数は2・8%減。マイナスは16カ月連続で、消費税率の引き上げや円安による物価上昇に賃金の伸びが追いつかない状況が続いている。

 給与の内訳は、基本給などの所定内給与は0・4%増の24万2370円と5カ月連続で増加し、残業代など所定外給与は0・4%増の1万9673円と19カ月連続で増加した。賞与など特別に支払われた給与は6・0%増の5892円と好調だった。消費税増税後は個人消費の回復が遅れる一方、人手不足を背景に雇用環境の改善は続いている。10月の雇用は正社員などフルタイムで働く一般労働者が1・5%増、パートタイム労働者は1・7%増だった。



まさに、名目プラス、実質マイナスですね。
と言うことですが、そもそも名目と実質の違いは分かりますか?

名目とは表面的に表れる数値をそのまま利用するもの。一方実質とは名目値からインフレ分を差し引いたものです。
従来から実質GDPと名目GDPには着目されていましたが、最近はデフレからインフレへの転換に伴い、実質金利、実質所得などが注目されています。

インフレになると引き算の数字が多くなるため、実質値は小さくなります。今回の給与も、前年よりは増えているのだけど、実質的にはインフレに負けているので減っている、そんな状態です。

統計上の数値は実質値を利用することが多くありますが、生活する上での実感は名目値です。
ただし、デフレに馴染んだ日本人がインフレを感じ始めるのにともなって、実質値を実感する場面が今後も増えるのでしょう。

数年前までの、名目で賃金が減っている、が実質は増えている世の中と、名目は増えているが実質では減っている世の中。どちらが良いのでしょうね。
アベノミクスや日銀は後者を選んでいると言うことです。
私も元気が出ると言う意味で、後者を希望します。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2014/12/02 Tue. 23:53 [edit]

category: ● 統計の確認

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://makeity.blog.fc2.com/tb.php/871-49da6a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。