FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

企業、国内が復調 4~12月単独最終益7割増 

企業、国内が復調 4~12月単独最終益7割増

これは「投資」のニュースですね。
個別企業でなく、インデックス的な観点ですが、業績×PERで株価が構成されることを考えると、業績がアップするのかダウンするのかは重要な問題です。
記事を確認してみます。


 企業グループの中で親会社自身が国内で稼ぐ利益の復調ぶりが鮮明だ。円安の追い風や合理化努力などで、海外子会社の伸びだけでなく、国内でも利益を上げる力を取り戻しつつある。
10日時点で4~12月期の単独決算を開示した3月期企業(金融など除く)の税引き利益を集計すると、比較可能な128社の合計で約2兆4000億円と前年同期比7割増えた。好況だった金融危機前の07年4~12月期を初めて上回った
 単独決算は未公表でも、地域別に分けて営業利益を開示する企業がある。主力輸出企業10社の合計でみれば、13年4~12月期は国内の利益が海外の利益を上回った。金融危機以降で初めてだ。収益の軸足が海外に移りつつあったが、国内の稼ぐ力が急回復している。

 企業業績は連結ベースでみるのが一般的だが、単独ベースが重視される場面もある。株式配当の場合、原資となる利益剰余金などは単独の貸借対照表が基準になる。企業が法人税などを納税する際も、多くは単独の業績がベースになる。また、労使の賃金交渉の際に単独の業績を参照する例も少なくない。今後、単独の利益も拡大基調になる企業が増えれば、税収増や賃上げといった流れにつながる可能性も出てくる。


アベノミクスは掛け声ばかりで、全く景気は改善していない。と言う声も聞かれますが、しっかりと利益水準は増えています。この事実をしっかり認識して、株式投資に臨みたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2014/02/13 Thu. 23:35 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://makeity.blog.fc2.com/tb.php/574-391bcc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。