FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

日本版ISAに最も適した金融商品はどれ?(2) 

日本版ISAに最も適した金融商品はどれ?(2)

バランス型投資信託
 では、バランス型投資信託はどうでしょうか?この分野の商品が良いのでは・・・との意見を多く目にしますが、個人的には適しているとは思っていません。

 この商品を進める方の理由は次のようなものです。
 日本版ISAは一度設定すると最大限利用するためには5年間売らずに持ち続けることが原則となる。5年もの歳月の中では、経済環境が大きく変化し、さまざまなリスクが発生する。そのリスクを分散するためにはいわゆるバランス型の投資信託が適している。

これに対し、僕が適さないと考える理由は、
 ①最大限に活用するためには、できるだけ収益が上がるほうが良い。しかし、バランス型投資信託の場合、大きな収益が見込めないことが分かっている債券が含まれている。そもそも債券や預貯金は問題外とされるほどの扱いであるのに、バランス型は債券などを組み込んだ形になってしまう。
 ②バランス型に分散するだけでは、単なる気休めであり、突き詰めるならリバランスを行う必要がある。しかし、現在のバランス型投資信託でリバランスを行うタイプはほとんどない。※リバランスとは、値上がりして、理想の配分割合より多くなってしまった資産の一部を売却し、値下がりで割合が減ってしまった資産を追加購入すること。
 ③分散投資がダメだとは言っていません。しかし、日本版ISA口座の中で分散を終了させる必要はまったくありません。あくまでも日本版ISAでは多くの収益が見込める商品を利用し、債券投資は別の口座で行えばよいのでは。と言うことです。
 ④インデックスが使われる。インデックスへの投資は最大限努力して良い物を探そうとしているとは到底思えないので・・・。そもそもインデックスが好きではありません。

 このようになります。

 ETF(指数連動上場投資信託)
 ETFも話題にのぼることが多くありますが、その理由は分かりやすさと、コストの低さが主なものです。分かりやすさにケチを付ける気はありません。ではコストは?と考えた場合に、他のアクティブ型の投資信託よりは確かにコストは低いのですが、もっと低いものがあります。それは個別株投資です。

 5年以上もの期間を利用することが決定なので、コスト面にも注意が必要なことは言うまでもありません。であれば単に低い方のグループ・・・でなく、一番低いグループをターゲットにしたいものです。
 日本版ISA以外の場でも、コストにこだわりながら、もっとコストの低い個別株投資には言及しないこと。そもそもETFもインデックスであること、を理由として好きではありません。
 ETFを使うくらいなら・・・。そう思うのです。

個人的な好き嫌いが入っていますが、このように考えています。みなさんはいかがお考えでしょうか。


スポンサーサイト

Posted on 2013/04/17 Wed. 23:37 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

tag: 日本版ISA  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://makeity.blog.fc2.com/tb.php/267-25f474a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。