FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

GPIFが保有銘柄を公開!分析してみました 

GPIFが保有銘柄を公開!分析してみました

昨日もお伝えしましたが、国内株式保有銘柄総数で2036銘柄!
分析もなかなか難しく、つかみどころのない保有銘柄とも言えます。

GPIFは時価総額と保有数を公表しているため、ここから平均取得単価が計算できます。
であれば、取得単価と今の株価を比べてみようと思い、比較してみました。
全部と言うわけにはいかないので、保有時価総額(2015年3月末時点)でのランキングの節目ごとにピックアップし、20銘柄の騰落率の単純平均を計算してみました。

1-20位 -20.05%
51-70位 -15.95%
101-120位 -18.67%
151-170位 -20.23%
201-220位 -10.17%
251-270位 -17.84%
301-320位 -6.52%
351-370位 -2.67%
401-420位 -5.95%

一部銘柄に引っ張られることもあるので、これだけで状況が分かるわけではないのですが
全体的な傾向として、上位になるほど(=ポートフォリオ上の時価総額が大きい)成績が悪いことが見られます。

140兆円(国内株は35兆円)のPFにおいては仕方ないことなのかも知れませんが、個人の資産運用においては反面教師として利用すればよいでしょう。
すなわち、いわゆる日本を代表する有名企業が、株式投資での成功企業ではないことです。
極端な話、上位300社を外して運用していれば、もっと上手な運用ができたと言えます。(GPIFには無理なことですが、個人にはできます。)


また、ここまでマイナスになるとどれだけ割高でつかんでいるんだ・・・と思わずにおれません。
インデックス運用だから仕方ないのでしょうが、もうちょっと工夫をすれば・・・と思います。

ではアクティブ運用をしていないのかと言えば、そうではなくその割合はどんどん減ってきていますが一応アクティブファンドへの委託があります。しかし、インデックスに勝てていない。。
となるとアクティブの不甲斐なさが目立つ、とも言えます。
インデックスの限界とも言えるのではないでしょうか。


とりあえず、今回の結果から個人の運用は大きなお金の運用とはまったく違った形で上手に行うことができる。
そして、違った形にしなければならない。と言うことでしょう。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


スポンサーサイト

Posted on 2016/08/01 Mon. 10:33 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://makeity.blog.fc2.com/tb.php/1476-1c6e1af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。