FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

PERは市場参加者の心理を測る指標です。だから難しい! 

PERは市場参加者の心理を測る指標です。だから難しい!

株式投資にはおなじみのPER。

一般的には「株価の割安さを測る指標」「公式は株価÷一株利益」「日本語は株価収益率」「低ければ割安、高ければ割高」このような説明がなされます。

何の疑問も持たない方が多いと思いますが、このうち1つは完全に間違い。2つは観点を変えるべき、です。

どれが該当するのかわかりますか?

まず完全に間違いは「日本語は株価収益率」です。これは一般的に言われていることが間違っているのではなく、単語自体が間違っています。
と言うのはPERとは企業の利益を基準として、株価がどの程度の割高まで買い進めらているのかを示す数字。「株価Pと利益Eの関係ですよ。」このように考えます。
PとEは登場しましたが最後のRは何でしょうか?

これはレシオのRです。レートのRではありません。

もうお気づきでしょうか。おかしいですね。
Ratioであれば日本語は倍率です。率ではありません。
Ratioの単位は~倍。レートは%。
株価と純資産の関係を示すものは株価純資産倍率。株価とキャッシュフローの関係を示すものは株価キャッシュフロー倍率。
では株価と収益の関係を示すものは株価収益倍率ですね。

と言うことで言葉そのものが間違っています・・・。

なんだか長くなってしまったので
残りの「観点を変えるべき」は次回回しとします。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


スポンサーサイト

Posted on 2016/07/18 Mon. 23:15 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://makeity.blog.fc2.com/tb.php/1462-8c4b1a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list