12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

本日の勉強会で学んだこと 

本日の勉強会で学んだこと

本日はマクロ経済に関する勉強会を聞きに行きました。

学んだことは、
•ユーロの量的緩和の影響は結構大きい。この一年ほどで、円換算すると100兆円以上のユーロが溢れる。
•原油安の要因は、供給要因、次に需要要因となるが、金融の要因(金余りのバブル)もかなり大きい。であれば、売り玉が無くなるとそのうち反転していくことが考えられる。
•アメリカの金利引きげなどの状況をチェックするためには、3週後に公表される今回のFOMCの議事録が重要。
•ユーロ圏株式の益利回りや配当利回りは、国債利回りに対して大きく上昇している。
•ギリシャは反緊縮財政に向かっているが、反ECBを貫くのであれば、今年度中にも資金ショートの懸念が生じる。

などです。

また、金融相場?バブル?で株が上がるとしても、全ての銘柄が上昇するのでなく、業績により二極化するであろう。このため、インデックスの変動幅は大きくなることが考えられる。

との点もありました。

マクロ状況に関係なく、常に投資先を厳選し、割安な状態で買う。これを推奨していますが、一応マクロについて知っておくことも悪くないと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


スポンサーサイト

Posted on 2015/01/31 Sat. 23:58 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

31

ディズニー値上げは、吉と出るか凶と出るか? 

ディズニー値上げは、吉と出るか凶と出るか?

オリエンタルランドがディズニーランドとディズニーシーの4月からの料金値上げを発表しました。
午前中は値上げをめぐる新聞報道を否定しておきながら、午後に公式発表するとの、なんじゃそれ?がありましたが、まあそこはおいておきましょう。

私は特にディズニー好きでないので、大切なことは、この値上げが業績や株価に吉と出るか、凶と出るか?です。

ここ数年、利益率は上昇しているので、売上さえ順調に増えると業績は底堅いのではないか、と考えています。であれば、売上にプラスなのかマイナスなのかに絞って考えることができそうです。

良い方に考えると、単価アップで売上増。
悪い方に考えると、料金アップで入場者が減少し、売上減。です。

ディズニーファンは少々の値上げがあっても繰り返し通うのかな?と勝手に考えていますが、どうでしょうか?
なので、私は売上減にはならないと思っています。

ただ売上の構造として、入場料以外の食事代やお土産代の割合も少なくはないでしょう。
となると、急激な売上増でなく、着実な増加となるのではないでしょうか。

4月以降の値上げなので、16年3月期の決算が注目です。
ディズニーはブラック?とよく言われるので、この改善度合いも影響するかもしれません。

ボツボツ、アナリストなども売上予測を出してくることでしょう。
少し注目してみたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2015/01/30 Fri. 23:00 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

30

アメリカ経済は強いのか、弱いのか? 

アメリカ経済は強いのか、弱いのか?

月末になりアメリカ経済の統計が次々出てきています。

前回、予想、結果の順番です。

12月 耐久財受注 [前月比] -0.7% 0.4% -3.4% ••• 大変悪い
11月 ケース・シラー米住宅価格指数 173.36 172.96 172.94 ••• 少し悪い
12月 新築住宅販売件数 [前月比] -1.6% 2.7% 11.6% ••• 大変良い
1月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 92.6 95.5 102.9 ••• 大変良い
MBA住宅ローン申請指数 [前週比] 14.2% -3.2% ••• 大変悪い
前週分 新規失業保険申請件数 30.7万件 30.0万件 26.5万件 ••• 大変良い
12月 住宅販売保留指数 [前月比] 0.8% 0.5% -3.7% ••• 大変悪い

こんな感じです。
明日は、10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率] 前回5.0%、予想3.0% が
発表されます。

いまの世界経済の頼みの綱がアメリカ経済です。
その行方は大変気になるところです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2015/01/29 Thu. 23:58 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

スカイマークダメでしたね。 

スカイマークダメでしたね。

スカイマークが民事再生法の適用申請。ANAのバックアップが有るだのないだの、紆余曲折がありましたが、結局は破綻。まあ、株券は紙くずですね。

途中に情報収集できる限りは、なんとかなるのでは。。。とのニュアンスが強かったと思います。(特に1月中旬まで)

破綻懸念があるところが救済され、復活するとそりゃリターンは大きくなるでしょう。それ狙いも否定はしません。
しかし、こんなものは投資ではなく、トレード。それが分かっていれば問題ありませんが、大復活こそ株式投資のだ!と思われるとダメでしょう。

日航や今回の件で、改めてイベント狙いのトレードは簡単ではないことが認識できました。
投資的な観点では、そもそもの土台が悪いので見向きもしない銘柄なので投資など問題外ですが、みなさんは痛い目にあっていませんか。

やはりトレードでなく、投資をしましょうよ。
この手法がベストですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/28 Wed. 23:40 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

28

甘い前提条件の日本とかなり違いますね 

甘い前提条件の日本とかなり違いますね

米成長率予測、15年2.8%に下方修正 米議会予算局
 米連邦議会の中立機関である米議会予算局(CBO)は26日改定した中期財政・経済見通しで、2015年の米実質国内総生産成長率を、昨年8月時点に予測した3.2%から2.8%へと下方修正した。雇用回復は加速するとみる一方で、技術革新の遅れなどで米経済の潜在成長力の伸びを押し下げる力が強まったとの見方を示した。

 15会計年度(14年10月~15年9月)の米連邦財政赤字は4680億ドル(約55兆4千億円)の見込み。GDP比赤字幅は2.6%で、14年度の2.8%から改善する。16~18年度も2.5%前後で安定し、19年度以降は高齢化に伴う社会保障支出の増加などでふたたび3%台へ上昇する。

 財政の前提となる経済の最新見通しでは、16年の米成長率を昨夏予測の3.5%から3.0%に、17年も3.0%から2.7%にそれぞれ引き下げた。14年の2.2%からみると15年以降の数年は原油安や資産価格上昇に支えられ成長が加速するが、市場の期待値よりやや控えめにみたようだ
 14~18年の中期的な米成長率の傾向をみても、昨夏予想の年平均2.7%から2.5%に下げた。CBOは見直しの理由について「足元における米経済の(供給余剰などの)たるみを反映した」と説明した。

 成長速度を落としたのは、堅調な景気回復が続いてもなお巨額の需要不足が残ることに加え、米経済の潜在成長率が弱含んでいると判断したことも大きい。CBOはその原因として07年以降、米産業界で技術革新などによって生産の効率を上げるペースが鈍ったことを挙げた。具体的には「研究開発の停滞や、経営資源の最適配分と最新技術への適応の遅れなど」に代表される「長期化する米経済の弱さ」が成長を阻害する恐れが強いとの見方を示した。
 一方、米雇用者数の安定した伸びを映して15年の失業率は5.5%と昨夏予測の5.9%から下げた。2年後の17年には、米経済が「完全雇用」の状態で安定することを前提にした5.3%まで失業率が下がる。15年の物価動向についてCBOは、変動の大きいエネルギー・食料を除くコアPCEが1.7%にとどまると予想した。




一見好調に見える米国経済ですが、シビアな数値ですね。
予算を立てる時には厳しい目に見ることは基本だと思いますが、国民の目を気にすると、公的部門ではなかなか難しいのでしょう。
その中で引き下げですので、何処ぞの国とは違うなと思いました。

はい、私達の日本ですね。人口予想では予想数値がとことん下向きに外れ続け、年金財政や制度に悪影響を与え続け。。。
昨年6月の年金財政検証では、所得代替率50%は可能です!と言いながら、その前提は、物価上昇率1.2%、実質賃金上昇率1.3%、実質運用利回り3.0%などなど。。

これからの政治は、どれだけバラマキを約束するかでなく、どれだけの痛みを理解してもらうかであると思います。
見通しに関してはアメリカを見習うべき、と考えます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/27 Tue. 23:32 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

27

丸紅苦境 

丸紅苦境

今期純利益を半減に修正-原油急落や米穀物で1200億円減損(1)

丸紅は2015年3月期の連結純利益予想を1100億円(従来は2200億円)に下方修正した。原油価格などの下落による資源事業や米穀物会社ガビロンでの減損損失計上が響く。
修正した純利益予想は前期実績比では48%減。当初は過去最高益の更新を見込んでいたが、一転して減益となる。期末配当については計画通り1株あたり13円を変更しなかった。

減損計上の内訳は、純利益ベースで原油価格の下落による英・北海などの油ガス田事業で約450億円、銅価下落によるチリ銅事業で約100億円、豪石炭事業で約50億円、その他100億円と資源分野で約700億円に及ぶ。
同社は昨年11月の決算発表時に、業績予想の前提としてWTI原油先物価格平均が1バレル当たり90ドルになると想定。しかし、10月1日から1月26日までの平均は同68ドルと予想を下回っている。足元では45ドルと、2009年3月以来の水準まで下落している。
さらに13年に買収したガビロンでは、今期業績が従来計画を下回るなど事業計画の見直しにともない回収不能となったのれん代の見込み額を固定資産評価損とし、約500億円の減損損失を計上する。従来150億円と予想していた今期のガビロンの純利益は100億円にとどまる見通し。

国分社長は「しばらくは市況の低迷は続き、厳しい経営環境が予想される。今回の一括処理によって現時点で考え得る減損懸念はすべて払しょくできた」と説明した。
丸紅は現在進行中の中期経営計画の最終年度に当たる15年度に連結純利益2500億-3000億円の目標を掲げている。足元の資源価格が続けば2500億円の目標達成は厳しいとの認識を示した上で「非資源分野の稼ぐ力は着実に向上している」として、来期純利益は2000億円を視野に現在精査中だと説明した。




当然のことでしょうが、原油安で悪影響を受ける企業が出てきます。
すでに10月頃に株価は大きく下落していますが、改めて商社も注目されるでしょう。

商社は一般的にPERが低く、万年割安状態が続いているのですが、今回のように外部要員で大きく収益が変動することも一つの要因かもしれません。

ただし、長期的な観点をどうするのか考えた時、弱気一色ではないと思います。
今は資源に注目が集まっていますが、非金属部門も充実しています。
円安メリットも受けることができるでしょうし、資源も未来永劫安いと言うことはないと思います。

新規で購入を検討している場合は、下方修正後のPERベースで8倍程度になるのであれば買いを検討しても良いのでは。現在の株価は666円。予想される修正後の一株利益は63円程度なので、株価は504円。

一方、配当利回りから考えると、600円×4%=24円。4%を下支え水準、配当を24円とすると600円は買いでも良いのかなと考えられます。

すでにホルダーの場合は大変難しいですが、自身の投資期間によりますね。
先述の配当で考えると600円を下回ることはなさそうです。この水準まで我慢できるのであれば、持ち続けることも選択肢となります。

ただ2016年の決算には注意が必要ですね。このままの利益水準が続きそうであるなら、ちょっと持ち続けられないかな。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!






Posted on 2015/01/26 Mon. 23:50 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

26

本日はプレセミナー! 

本日はプレセミナー

これからの時代、総合的なお金の知識がなければ損!
これまで学ぶ場がなかった、相談する場がなかった、こんなお悩みに応えるために、
京都FP合同事務所を立ち上げます。

幅広い相談に対応できつつ、専門分野では他の方に負けていない!
そんな窓口です。

講演、講義も負けてません!そんなメンバーの集まりです。

本日は多くの方に来ていただきプレセミナーをしておりますが、
今後も継続してマネーレッスンを行います。

会場は京都です。
ご興味ある方はお問い合わせください。

20150125160737cb2.jpg



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/25 Sun. 16:10 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

妙に納得!魔法の言葉が氾濫しています 

妙に納得!魔法の言葉が氾濫しています

私の師匠が魔法の言葉を教えてくれました。
魔法の言葉を唱えると〜
金融商品への恐怖心は解消、納得!


では、親と子の会話です。

◎(これで安心)分散投資編
子:今度株を買おうと思うんだ。
親:そんなこわいものやめた方がいいんじゃない。どうせ損するわよ。
子:大丈夫。分散投資するから。
親:そう、、それならいいけど。

つっこみ•••リスク(=ブレ)が小さくなるだけで、運用が成功するかどうかは別。値下がりリスクがどこまで払拭できるかも別。まあ、安心できそう!な気持ちは分かりますが。


◎(これで安心)長期投資編
子:今度株を買おうと思うんだ。
親:そんなこわいものやめた方がいいんじゃない。どうせ損するわよ。
子:大丈夫。長期投資でするから。
親:そう、、それならいいけど。

つっこみ•••ただ長期にしてもリスクは減少しないよね。成長しない資産に長期投資しても時間が無駄なだけ。


◎(おまけ)NISA編
子:今度株を買おうと思うんだ。
親:そんなこわいものやめた方がいいんじゃない。どうせ損するわよ。
子:大丈夫。ちゃんとNISAで買うから。
親:それならいいけど。

つっこみ•••いやいや、NISAにしても運用自体は何も変わらないのですが。。。運用結果に対して非課税なだけで。。。
某M銀行のCMでもNISAにすると安心!とのわけの分からないものがありましたが。
(http://youtu.be/96phS2yS7h8)
あ、N証券でも、NISAにすると将来の不安などに安心のタックスフリー!ってCMしていました。
(http://youtu.be/k9AIvTHBc64)


◎(反対に火に油)厳選編
子:今度株を買おうと思うんだ。
親:そんなこわいものやめた方がいいんじゃない。どうせ損するわよ。
子:大丈夫。ちゃんと厳選して投資対象を絞り込むから。
親:•••


いかがでしょうか。
おそるべし、魔法の言葉!



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!







Posted on 2015/01/24 Sat. 11:46 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

24

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(3) 

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(3)

「リスクを抑えるためには分散投資が適しています。」これは一般的に言われることです。
しかし、分散投資をすると期待収益率が変化するので、「同じ収益率であれば、リスクが低い方がよい!だから集中投資をやめて分散投資に変更しなさい!」は厳密に言えばは通用しません。

ただし、「あまりにもブレ幅の大きい超巨大リスクを取りにいきましょう。」と言うつもりもありません。

ではどうすれば良いのか?

リスクは抑えながらも、期待収益率を維持すれば良いのです。
そんな都合のよいことができるのか?これが私が日々株式投資に向かい合う中で考え続けるテーマです。


株価は必ずしも一本調子で上昇するものではありません。上がったり下がったりの波を繰り返しながら、株価水準が上がったり、下がったりします。
そんな中で、分散投資をしても波の幅が小さくなるだけで長期的な株価水準の向かう方向は、分散をしない状態に比べ、変わらないか、下に向かうだけのような気がします。
だから、単純に分散するだけでは意味がないと考えるのです。

もしみなさんが投資信託をお持ちであれば、ぜひお考え下さい。分からないときは販売担当者にお尋ねください。
考えること、尋ねることは、

「この投信は分散投資をしていますが、それで本当にブレが小さくなりながら期待収益率は変わっていない。または上方に向いているのですか。」
「私は、単にブレが小さくなるだけの運用手法を求めているのではありません。ブレを抑えながらも、分散しない状態に比べて期待収益率が変わらない運用を目指しているのです。」
「また、なぜ分散投資をしているのかを教えてください。」
と。

大切な資産を運用するのですから、それくらい真面目に取り組んでもおかしくないと思います。
高い手数料を払っているのですから、販売担当者を使ってもいいと思います。

納得答えが出れば良いのですが、少なくとも今の私に聞かれても答えが出ません。
多くの投信はブレを抑えるために分散投資をしているのであって、ブレを抑えながらも収益率の向上を図っているものでは無いような気がします。


こんな答えがあるかもしれません。
「運用は大きなマイナスを出すと、それを取り返すことは難しい。だから大きなマイナスとならないように分散するんだ。リスクを抑えるんだ。」と。

これは理解できます。間違っていないと思います。
しかし、リスク(=ブレ幅)を抑えているだけで、長期的な方向が右上がりに向かう手法ではないと思います。
結果的に「その方が収益が上がる」と言われても、上ブレもカットしていることには違いないので、正しいのか?と思います。

例えば、「100からスタートした運用で、初年度+10%、2年目ー20%、3年目+15%でした。単純計算では、プラス5%ですけど、数値に治すと100→110→88→101.2となるでしょ。だからー20%は許されないのよ。分かる?だから分散投資をして、悪いときでもー10%で済むようにするのよ。」

このような例がよく出ます。
じゃあリスクを減らそうと言うことで分散投資をして、ブレを悪くても10%に抑えました。
しかしその時は、上の方のブレも理論上は半分になっているはずです。

この分散投資をして、ブレ幅を抑えた結果、%ベースで
初年度+5%、2年目ー10%、3年目+7.5%
数値ベースで
100→105→94.5→101.59となります。
確かに最終損失は低下していますが、これはブレが小さくなっただけではないでしょうか。

もし翌年に大きな伸びがあった場合、例えばリスクを抑えないとき30%、抑えたとき15%を考えると、最終的に131.56と116.83になります。
なんだ、リスクを取った方が良いじゃないかとなるような。。。
(このような計算はおかしい!のであればご指摘ください。)


このように考えるので、「分散投資をしてリスクを抑えましょう。」を繰り返す投資教育に疑問を感じるのです。


ではどうすれば良いのか?
単に分散投資をするだけではダメだと言うことは分かりました。

ダメと言うなら他の手段はあるのか?

で、私なりに考えたのが、
収益を上げるためには、利益成長が見込める銘柄を厳選する。
リスク(=金融でのリスク、ブレ)を抑えるためには、市場参加者の思惑で価格が変動する状態を避けるため、長期投資とする。
下振れリスク(=保険でのリスク)を減らすため、割高なときに買わないようにする。
この組み合わせです。

結局、投資の王道である、「良いものを安く買う!」にたどり着くことになります。


プロであっても、一般生活者であっても、初心者であっても、大切な資産を運用するときには、収益は大きく、金融のリスク、保険のリスクはともに小さくすることが求められ、必須となることは間違いありません。

であれば、単に分散投資をすることは推奨できません。

こんな考え方をしているので、「分散投資でリスクを抑えましょう。」がおかしいと思うのです。


ではなぜ分散投資こそが正義となるのでしょう。

これはまた明日に。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2015/01/23 Fri. 23:59 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

23

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(2) 

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(2)

 昨日は、ビルの30階から飛び降りるのと、3階から飛び降りるのではどちらのリスクが高いのか?との質問があり、答えは3階との話をしました。

 この事象を、投資教育に当てはめてみます。

 現在の投資教育で教えていることは、「リスクをおさえることが成功への近道!」となっていると感じます。もっとも大切なことはリスクを取ることでなく、リスクをおさえることです。

 これを30階と3階に置き換えると、できるだけリスクは低いようにしなさい。すなわち3階でなく30階から飛び降りなさいと指導していることになります。。。

 保険の世界でリスクをおさえるためには?との話であれば大きな経済的損失とならないように、(例えば脅迫されて)どちらかから飛ばなければいけないのであれば、3階を選択することになりますが、「できるだけブレを少なくする」を第一目標とする投資教育において、リスク抑制を勧めることは「30階から飛びなさい!」となってしまうのかな・・・と。
 であればリスク抑制が第一のように語られる投資教育は、根本的に間違っている可能性があるかも知れません。


 いや違う、投資教育は3階でなく1階の窓から飛べと教えているとすれば、そもそもリスク性の商品で運用などせずに普通預金で運用すれば済む話となります。
 そんな中で投資教育を行うということは、これから先、投資をせざるを得ない状況になっていくので、そのための準備として投資教育をしているんだ、と考えられます。


 そんな極端な話でなく、あまりにも大きなリスクは取らないようにしましょう!が投資教育の目的なのであれば、まあ理解できるのですが、それを正しく伝えるためには、「リスクを抑えることが大切!」でなく「リスクと上手に付き合うこと」すなわち、リスクの大きさを知って、自分の許容範囲と比較することが大切と言わなければいけないと思います。

 「リスクを抑えることが一番」を声高に叫ぶので、これから投資をしてみようと思っている人が萎縮してしまっているような気もします。
 投資の原則は「虎穴に入らずんば、虎児を得ず。」が原則です。と言うことも大切でしょう。それがいやな人はやめればよいのですから。もちろんその一方で実質金利がマイナスの時代ですよ。何もしなけば確実に資産は減少しますよ。と言うことは教えなければいけません。まさに、100%確実に減りますよ=30階から飛び降りましょう!となります。

 かつては1階の窓から飛ぶ選択肢をとった場合(=リスクは小さい、失うものもない)でも、そこそこ生きていけました。どちらかと言えば、他の要因(経済成長や給与水準の上昇)で、そこそこどころか十分な暮らしができた時代でした。

 しかし今は1階から飛ぶ選択肢自体が無くなりつつあります。その時代にリスクゼロの運用(=30階から飛ぶ)をするよう勧めることはできません。


 
 いや違う、同じ収益率を希望する(=期待収益率)のであれば、できるだけリスクを小さくすることが投資教育の目的だ!との声もあると思います。
 これについての反論はありませんが、そもそも同じ期待収益率の資産を始めから選択肢にあげることができるのでしょうか?
 リスク軽減に効果的と言われる「分散投資」の面から考えてみます。


 例えば株式投資を考えています。
 これを聞いたお偉い教育者は、分散投資を持ち出して、「いや分散投資が基本だよ、半分は国債も保有しなさい。」となります。資産分散効果でリスクが減少することが、経験的にも計算上も、理論的にも分かっているので分散すべきとなります。

 確かに分散効果でリスクは減少する(=ブレは小さくなる)でしょう。それは否定しません。
 しかし、株式だけに投資しようとしていたケースと株式+債券に投資をする場合では、そもそもの期待収益率が変わりますよね。であればリスク面だけで、株式への投資と株+債券への投資を比較してもよいのでしょうか?
 あくまでも、同じ期待収益率の場合ですよね。。。

 リスクは大きいけれども期待収益率も大きい株式投資、と、リスクは小さくなるが期待収益率も小さくなる株式+債券投資は単純に優越をつけられません。
 そのバランスを図るのが、取ったリスクから収益を計るシャープレシオですね。

 ここまで説明するのであれば納得しますが、単に分散投資を進めることは正しいことなのか?と。


 まだ長くなりそうなので、続きは後日にします。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2015/01/22 Thu. 12:30 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

22

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(1) 

「リスクを抑える」に対する私の歪んだ想い?に答えを下さい(1)

「攻撃的リスクマネジメントの実践」安富律征(ホワイト・ファング・マネジメント代表) ダイヤモンドハーバードビジネスFEB-MAR 2000 の論文におけるリスクの概念を参考に、リスクについて改めて考えてみました。
(飛び降りて亡くなるとの比喩が出ます。触れたくない記憶がある方には申し訳ありません。読まずにいて下さい。)

まず、リスクとは?を確認します。
これを講座などで説明するとき、「日常生活および保険の世界におけるリスクと金融の世界におけるリスクは違う意味です。」と常々話します。
日常生活、保険の世界•••こうなったら嫌だな、こんなことが起こったら大変だな。と言うこと。すなわちマイナスの事象が起こること。
金融商品•••予想に対するブレのこと。予想よりも大きくマイナスになることもあれば、プラスになることもある。リスクが大きいとは予想から大きく乖離する結果となる可能性が高いことです。

ここまではみなさんも異論はないと思います。

では次の問いにどう答えますか?
(前述資料のアレンジです。ここは金融について語る場なので、金融の世界のリスクで考えます)

AとBのどちらのリスクが大きいでしょうか?

A)ビルの30階から飛び降りる。
B)ビルの3階から飛び降りる。

簡単かつ当然の質問ですね。
リスクが大きいのは、Bの3階から飛び降りる!ですね。

???
筆者はバカ?思われた方は保険タイプの脳です。しかし金融においてはBが正解です。

なぜならAの行動を取った結果、間違いなく死ぬことになるからです。予想に対する結果のブレがない。すなわちリスクゼロです。
一方、3階であれば、運悪く死ぬ場合もあれば、ケガで済むかもしれない。無傷であったと言うこともありそうです。ブレが大きいですね。すなわちリスクが大きいとなります。

日常生活、保険の世界のリスクに慣れているため、違和感があるでしょうが、少なくとも金融商品について考えるときには、リスクはブレであると認識して下さい。

前向きに言うと、リスクは収益の源。収益を上げるためにはリスクを上手に使いこなすことが必須となる。
こんな考え方が自然と身につくことが、資産運用に望むときの心構え、第一歩とも言えます。

「虎穴に入らずんば、虎子を得ず!」まさにその心境です。

では、投資教育にここまでのことを重ね合わせると。。。


長くなりそうなので、明日に回すことにします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/21 Wed. 23:21 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

TB: 0    CM: 0

21

大切なのは7.4か0.195か 

大切なのは7.4か0.195か

本日いくつかの数字が出てきましたが、注目は7.4か0.195でしょう。
いずれも単位はパーセント。

もうご存知でしょうが、7.4%は中国のGDP成長率。0.195%は日本の長期金利(10年国債利回り)です。
いずれも、びっくりの数字です。

中国は政府目標の数字が達成できなかったことが注目点です。
中国のGDPは、これこれが結果です。でなく、これこれの目標としていました。です。
無理やり数字を揃えにいく中で、達成できなかった。何か大きなことが動きつつあるとも推測できます。
破綻に対する保険料であり、危険度を確認する指標となるCDSの数値も、数か月前までは70台であったものが、直近では100を超えてきています。
銅の価格が大幅下落となっていることも、銅取引を錬金術としていた中国の変化を示すものかもしれません。

実際はどうなっているのか分かりませんが、注意が必要です。

一方、長期金利の0.2%割れは、心理的な壁を越えたと言うことは心に止まりますが、日銀が国債を買い占めている。世界的に金利低下が見られるなどの点から、理屈的におかしい!ものではありません。
しかし、かつての普通預金並みか。。。と思うと、時代の変化を感じます。


ちょっと中国は気にしようと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/20 Tue. 23:36 [edit]

category: ● 統計の確認

TB: 0    CM: 0

20

まあそんなもんでしょう。「シャープ最終赤字に!」 

まあそんなもんでしょう。「シャープ最終赤字に!」

 シャープが2015年3月期に、再び連結最終赤字に転落する見通しとなった。従来は300億円の黒字を予想していたが、価格競争が激しいテレビなど主力製品で採算が悪化しているうえ、特別損失の計上などが響く。赤字は数百億円規模にのぼる可能性がある。16年3月期に800億円の最終黒字を目指していた中期経営計画を撤回し、今春をメドに新たな再建計画を策定する。
 売上高は従来予想の2兆9千億円を下回り、本業のもうけを示す営業利益は前期比半減の500億円前後と、従来予想の半分にとどまりそうだ。円安・ドル高で、海外で生産する白物家電や太陽電池などの輸入採算も悪化する。電子部品事業も赤字になる見通しだ。
 同社は液晶事業が悪化していた13年3月期までの2年間で9千億円を超す最終赤字を計上した。前期は中小型液晶が好調で115億円の黒字になったが、ここにきて価格競争が激しくなり、採算が急速に悪化している。
 業績悪化を受け、16年3月期に純利益800億円を目指していた中期計画は撤回し、18年3月期を最終年度とする新たな計画に作り直す。主力取引銀行など金融機関の協力を得るため、不採算事業の撤退など抜本的なリストラを視野に入れながら、新規事業の育成などにも取り組む。



 株なんぞ、利益が大きくなり続ける企業に安い時期に投資をする。あとは企業の利益と共に株価が上昇するのを待つ。
これだけなんですね。
 問題となるのはただ一つ。利益が大きくなり続けるのかどうか?です。

 この見極めは簡単ではないのですが、私の投資方法の一つに、過去の実態を見て、過去が悪い企業はどんどん切り捨てる!と言うものがあります。

 そんなことはない、という人もいますが、結構当たりますよ。
 テレビの競争が激しい。。。そんなこと分かっていたでしょ。
 円安で採算が。。。円高の時も言い訳をするし、円安の時にも言い訳をするし。。

 結局稼ぐ能力がないんですよ。そんな企業に期待するよりは、従来から利益を生み出すことに長けてきた企業に投資をするほうがよっぽど安定的で大きな利益となる可能性が高くなって当然です。

 多くの企業を長期の時系列で見ると、赤字癖のある企業はなかなか直りません。今頃になってROE2桁を目指す!なんて言ってる企業は、先が知れています。これまで利益を出すつもりがなかったのに、急に掛け声をかけても無理というものです。

 もちろんV字回復で株価急上昇!というのもあります。しかしその裏には期待したがうまく行かなかった企業が山ほど転がっていることを忘れてはいけません。

 投資手法は好き好きですが、「これまで悪い企業は急に変われない。そんなところには期待をしない。」これが私の手法の一つです。

 結構当たりますよ。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/19 Mon. 12:19 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

19

インデックスとアクティブ運用 

インデックスとアクティブ運用

資産運用において、特に株式の運用においては、インデックス運用とアクティブ運用ではそもそもの考え方が違っています。

この違いはテクニック的なものなのかポリシーなのか?
どちらでしょうか?

もしポリシーであれば、多くの金融機関、多くの投資家はダメダメですね。こちらが優れているとの信念があればどちらかの商品にこだわるはずなのに、多くは両方の商品を準備し、両方を利用しています。

どちらが優れているのか?との話ではありません。信念に沿わない行動をとっていると言うことです。

私は個別株投資に専念しています。これは良いものを安く買うことができれば、インデックスなどに負けないとの信念があるからです。着目点が同じでなくても、個別株投資の話をする方はその信念を貫き、インデックスを推奨したり、保有したりすることは本来行うべきでないですね。

であればアクティブ運用はもっと主流になってもよさそうなのに、今ひとつ盛り上がりません。
この点は残念に思います。


では、単なるテクニックの違いであればどうでしょうか。
このときは優れている点、弱い点を明確にして使い分けることが大切となります。

ただ、これを具体的にあげることは簡単でないですね。
ブル相場はアクティブ、ベア相場はインデックスが勝つ!と聞いたことがありますが、そもそもベア相場が読めるのであれば、現金化しておいた方が良いですね。
同じアクティブでもグロースとバリューで違うでしょうし。

コストの違い?これはポリシーかテクニックか?それすら難しいです。
選択時の優先としてどこを見るのか?なのでポリシーでしょうか?

国内と海外?
国内は分かるので個別株。海外は分からないので、投資信託。この考えは理解できますが、投信をインデックスにするようでは、少し違ってきますね。

考え始めると切りが無いですが、これといったものは浮かびません。

最後に一つ紹介すると。
成長国(新興国)はどの企業も伸びるだろうし、コストを優先してインデックス。成熟国は伸びる企業、伸びない企業が別れるだろうしアクティブ。はどうでしょうか。
新興国への投資はコスト高になりやすく、成熟国はそれほどコスト高にならないはず。との点も合致します。

しかし、新興はむしろ玉石混合で、その度合いが成熟国より大きいでしょう。ゴミのような企業も混ざっているでしょう。と言われると反論できませんが。。。


やっぱりポリシーなのですかね。。。
であれば、日本はダメダメ金融機関とダメダメ個人投資家とダメダメ投資教育者の塊ですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/18 Sun. 14:50 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

18

ドル円レートが74円に! 

ドル円レートが74円に!

と同じことですね。

20150116121809710.jpg

スイスフランの続編です。
改めて考えると、このチャートは分足なので
1ドル117円だったドル円レートが1分後には36%高くなって74円に!と同じですよね。
(もちろん市場規模などを無視して変動率を無理やり当てはめただけですが。)

遠い国の出来事なので、あまり実感はないかもしれませんが、円に置き換えるとそのインパクトが実感できます。
一瞬で74円になると。。そりゃ破綻するところも出てきますよね。

付け加えると、これは大変だとパニックになり、円買いをすると今度は数分後に99円に円安になっているのと同じですから、ダブルパンチと言うか往復ビンタと言うか。

昨日は落ち着いたように見えますが、今後も思わぬところに影響が出るかもしれません。

金保有の国民投票が否決されたり、要らぬ混乱を与えたり、スイス国立銀行は能無しかもしれません。


多大な影響が出ていますが、長期個別株投資においては、一部銘柄を除き大きな影響はありません。
比較的のんびり構えていられます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/17 Sat. 18:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

17

なんじゃこれ⁉︎ 

なんじゃこれ⁉︎

とりあえず、チャートをどうぞ。

20150116121809710.jpg


単位を見ると、およそ115から157。率にすると36.5%が1分の間に。。。
まさになんじゃこれ!?です。

何のチャートかお分かりですか?

これは昨晩のスイスフラン円のチャートです。

数年前は勝ち組通貨の両雄であった円とスイスフラン。
スイスフランは強すぎるため、1ユーロ=1.2スイスフラン絶対堅持!当然介入あり!との方針でしたが昨晩
スイス国立銀行は15日、上限を撤廃すると発表しました。
また政策金利の引き下げを同時に行い、ー0.75%に!

これに引きずられ、他の通貨や株式市場、米国長期金利、原油価格まで大きく変動しました。


スイスってほんと我が道を行くって感じで、ときに煩わしく思えることがあります。


昨日は歴史の1ページとなる日かも知れません。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2015/01/16 Fri. 12:10 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

16

ほんと相場は分からない。今日は値上がりって? 

ほんと相場は分からない。今日は値上がりって?

この一週間日経平均だけでなく、ダウもユーロ系も株価は振るわず。
昨夜もNY続落+米国長期金利は1.8%台+朝方発表の企業物価指数は増税分を調整するとデフレに。

など明るいニュースは見られず。
ああ、今日も我慢の一日かな、と思いながら手の空いた昼頃にチェックすると、なんと大幅上昇ではないですか。
まあよいニュースなのですが、完全に予想外でした。

終値は結局、312.7円高の17108.70円。
短期トレードは本当難しいと改めて実感しました。

20150115195538fbe.jpg


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/15 Thu. 19:24 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

15

エコはどこに行った?日米欧、戦略車の競演 北米自動車ショー  

エコはどこに行った?日米欧、戦略車の競演 北米自動車ショー

 米デトロイトの北米国際自動車ショーで、フォード・モーターなど米大手は稼ぎ頭の新型ピックアップトラックを公開しました。一方の日本勢ではトヨタ自動車が高級スポーツ車を披露。新興国市場の成長が鈍化、日本も消費増税後の需要減が懸念され、北米が当面の「ドル箱」市場となる中、各社ともエコカーやIT(情報技術)を示す従来のショーとは一線を画して戦略車を前面に打ち出しています。



だそうです。

むむむエコはどこに行ったのでしょうか?
他のニュースでは原油安だからその流れに乗っているとも書かれていました。

何か、エコの掛け声がチープなものに感じます。

株式市場におけるテーマと被ります。さも重要なことのように語りますが、結局営業のためだと改めて感じます。 株式投資は本来テーマを追いかけるものではなく、長期にわたって応援できる企業を探すものです。
株式を使ったトレードをするのであればテーマを追いかけることも悪くはないのですが、そもそものスタンスを明確にすることを投資教育で教えないといけないですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/14 Wed. 23:10 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

14

ドルコスト平均法って、別の世界の話なんだよね 

ドルコスト平均法って、別の世界の話なんだよね

相場に状況に関わらず、一定金額を定期的に購入するドルコスト平均法をご存知ですか?
現在の投資教育に無くてはならない存在で、その有用性がしばしば語られますが、長期個別株投資とは別次元の話しであることを、投資家は認識しているのかな?と時折考えます。

と言うのは、ドルコスト平均法はそもそも、割安時期など誰にも分からない。だから一定金額を投資し続けると結果的に良い結果になると言うものです。

これに対し、長期個別株投資は成長かつ割安な銘柄を厳選し、長期保有をしようと言うもの。割安銘柄は時期によって異なるので、定期的に同一銘柄を買い続けるなどの意識はどこにもありません。

であれば、ドルコストが有用なのかどうかは投資手法で異なるので、推奨できるのかどうかも変わってくるはずです。
しかし、今の日本の投資教育はその辺りをまったくふれません。


これで良いのか?疑問が残ります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/13 Tue. 23:32 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

13

いろいろな20年 

いろいろな20年

本日は成人式。各地での成人式が放送されています。
私ごとですが、長女がちょうど20歳の成人式。まあ感慨深いものがありますね。


ニュースでは、20年前にあった出来事として、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件などがあげられていますが、
経済でも考えてみます。

20年前の95年1月の初値の日経平均は19,725円。
ドル円レートはちょうど100円(ちなみに同年4月には80円)でした。

20年かかったのに、日経平均は上回っていないのですね。。。
価格破壊なる言葉も生まれた年なので、このときから失われた20年が始まったとも言えます。

ニュースでは、なぜこの20年間で日経平均を越えられていないのか?そんな検証もしてもらいたいものです。

私の中では、生産年齢人口がこの年を期に減少しているから!だと思っています。
小売関係の売り上げはこの年がピーク。名目賃金もピーク。

人口減は分かっていたのに、有効な手がうてなかったことに、反省がいるのでは。

もう一つ。私の会社も20期です。これを機にさらなる飛躍を遂げたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2015/01/12 Mon. 23:37 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

12

再び原油価格下落! 

再び原油価格下落!

WTIが47ドル近辺に下落。不安定さが止まりません。

そんな中、ロシアは減産していないようです。12月の生産は過去最高!

しかしよく考えると供給過多が原因となる中で、これは自分の首を締める行為。。。
噂では、ロシアは先物などで売りを出しながら生産拡大と言う、ほんと綱渡りの状態です。

価格を上げるためには生産量を減らすこと。答えは簡単ですが、各国の思惑が交差する中でもっともむつかしい行為とも言えます。
何処か生贄が出るまで続くのでしょう。

何処か?条件の悪いベネズエラでしょうか。。。

一方、永久にチキンレースが続くとも考えられません。新規の設備投資もストップしていることでしょう。

それまではしばし我慢ですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/11 Sun. 23:21 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

11

良い投資信託って何でしょうね。。。 

良い投資信託って何でしょうね。。。

 投資信託のブログを書いている投信ブロガー115人選んだ「ファンド・オブ・ザ・イヤー」が発表されました。
 
 投資家はそれぞれの価値観を持っているので、他人の価値観を否定するつもりはありませんが、
 改めて、「良い投資信託」「お勧めできる投資信託」って何なのか、どの基準や観点で決めればよいのかを考えさせられる賞でした。
 私も投信の販売サイドにはいないので、売れ筋を追求する必要は一切ないのですが、基準っていろいろあるんだな。。。そう思います。

 とりあえず、その顔ぶれをご紹介すると、
  ファンド名 / 運用会社(一部省略) / 資産クラス
1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド / ニッセイ / 先進国株
2位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) / バンガード・グループ / 世界株
3位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド / セゾン投信 / バランス
4位 結い2101 / 鎌倉投信 / 日本株
5位 eMAXISバランス(8資産均等型) / 三菱UFJ / バランス
6位 ひふみ投信 / レオス・キャピタルワークス / 日本株
7位 世界経済インデックスファンド / 三井住友トラスト / バランス
8位 SMTグローバル株式インデックス / 三井住友トラスト / 先進国株
9位 ニッセイ日経225インデックスファンド / ニッセイ / 日本株
10位 eMAXIS新興国株式インデックス / 三菱UFJ / 新興国株

 このようになっています。おめでとうございます。

 では、なぜこれらの投信が選ばれたのかの主な理由を考えると、
 「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 ・・・ 信託報酬が年0.39%と安い。
 「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」 ・・・ 超低コストで世界全体の大型・中型株だけでなく小型株まで幅広く投資できる。
 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(GBF)」 ・・・ コストの安いバランス型。
 「結い2101」 ・・・ 情報開示や投資家と向き合う姿勢などが評価できる。
 「eMAXISバランス(8資産均等型)」 ・・・ コストの安いバランス型。
 「ひふみ投信」 ・・・ 情報開示や投資家と向き合う姿勢などが評価できる。
 「インデックス」達 ・・・ コスト安。

 結局、コストの安いもの。情報開示に優れているもの。なのです。

 ・・・収益や収益をあげる確率を高める仕組みや着目点、運用ポリシーはいらないの・・・
 が私にはどうも理解できません。
 自分の大切な資産を預けるのだから、顔の見える投信にだから、結いとひふみに。これは理解できます。顔が見えた結果、よい銘柄選択を自分の代わりにしてくれそうなので、すなわち儲かりそうなので。これも理解できます。

 しかし、インデックスばかりが並んでいる他の商品には閉口気味です。

 できるだけコスト安で海外に投資したい気持ちは良く分かります。しかし、その投信がベストに並ぶ?すなわちもっとも大切なことは収益でなく、コスト?
 それほどコストが重要なら、自分で個別株投資をすれば?もっとコストは安いよ!と思うのですが。。。

 インデックスに継続して勝つ運用なんて存在しない!そう言われるとどうしようもありませんが、それは投信同士の争いの話であって、厳選した個別株でのポートフォリオは別なのでは・・・。


 そう考える私が間違っているのかも知れませんが、考えさせられることは間違いないですね。
 みなさんはどうお考えですか?

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/10 Sat. 23:26 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

10

恒例の雇用統計チェック 

恒例の雇用統計チェック

毎月第一金曜日は米国雇用統計発表の日です。恒例のチェックレポートをお届けします。

12月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が25万2000人増、失業率は5.6%となりました。
特に失業率は、前月の5.8%から低下し、2008年6月以来6年半ぶりの低水準で、リーマンショックを回復したことになります。

結論は強いアメリカを印象付けるものです。
これで11ヶ月連続で20万人超え、11月と10月の雇用の伸びは、当初発表より合計で5万人上方修正。本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働 く人を含めたU6失業率は11.2%と、前月の11.4%から低下し、2008年9月 以来の低水準。などもよい点です。

これを受けてドル円レートは、119円近辺から119.7円近辺まで円安になりました。

2015010923595198c.jpg


ただし、円安は長続きしていません。
時間当たり賃金は0.05ドル減と、11月の0.06ドル増から減少に転じたことが原因でしょうか。

この結果からアメリカの利上げが早くなるかも。。。次の注目はこの点ですね。


まあ、長期個別株投資を行うものからすれば、直接関係のないことですが。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/09 Fri. 23:36 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

09

「企業価値向上表彰」の大賞が決定しました 

「企業価値向上表彰」の大賞が決定しました

本ブログでも何度か紹介していますが、東証が中心となり、企業価値向上に優れた企業を選定し表彰しています。2014年の結果が出て、次の企業が発表されました。


 上場会社表彰選定委員会は「企業価値向上表彰」の大賞としてオムロン株式会社を選定した。また、優れた企業価値向上経営を実践している会社としてTOTO株式会社、ピジョン株式会社、東京瓦斯株式会社の3社を優秀賞に選定した。
オムロン株式会社(6645:市場第一部 電気機器)
TOTO株式会社(5332:市場第一部 ガラス・土石製品)
ピジョン株式会社(7956:市場第一部 その他製品)
東京瓦斯株式会社(9531:市場第一部 電気・ガス業)



この表彰は、定量的な側面、及び定性的な側面を鑑みて決定しており、その選択過程は私達の銘柄選定に大変役立つものです。是非東証のHPをチェックして下さい。

オムロン、純粋に評価すれば良いと思います。利益も株価も順調に伸びていますので。
ただし、社内体制はオムロンに劣るが、利益だけはオムロンよりもたくさん生み出している企業がたくさんあることは忘れてはいけません。
また、時に優等生よりも不良の方がクラスメイトから人気があることも忘れてはいけません。(株の世界でも同じことがよく起こります。)
そして何より、企業価値の向上は長期的な視点での株式投資においては重要な要素ですが、短期トレードにおいては、何の価値もないどうでもよいものだと言うことも忘れてはいけません。

私は長期投資を推奨していますし、長期投資を心がけているので大変興味のある表彰です。
しかし、値上がりすればすぐに売ってやろうと思って株を買っている方には関係ないニュースです。

運用手法は様々です。自分に必要なニュースを取捨選択できる能力はどの投資家にも必要なものですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/01/08 Thu. 15:13 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

08

投資信託の本当の弱点を知っていますか? 

投資信託の本当の弱点を知っていますか?

 いまや無くてはならない投資信託。多くの投資家に利用されています。
 海外の株式や債券、不動産などに簡単に投資できる点は非常に優れていますが、弱点もあります。

 販売窓口では決して口にしませんが、みなさんは弱点がお分かりですか?

 コスト高なこと。 ・・・ それもあります。
 販売箇所が限定されていること。 ・・・ それもあります。
 現金割合を機動的に高められないこと(一部例外あり) ・・・ それもあります。

 しかし、販売員が語ることのない弱点は次の表中にあります。


投信の弱点_convert_20150107010205

 この表を何に使うのかというと、投資銘柄の決定過程においての利用です。
 (以下、私の心の声です。)
 
 だいぶ絞り込めたかな。ABCの3つの銘柄がいいような。
 今はロシアも長期的に見れば面白いかも。
 いや、日本株インデックスも良いと聞いたぞ。

 そうだな、長期投資なので成長銘柄を割安で買うことが必須条件だ。いろいろな数字を比べてみないと比較なんてできないよな。

 まずはROEをチェックするとしよう。
 これは会社四季報を見ればすぐに分かるよな。
 調べついでに、四季報記者の一株利益予想ものせておいてと。

 ROEはCABの順かな。でも増益率は、BCAになるぞ。BCがいいかも。
 PERで割安をチェックすると、BACの順序か。。。ついでに配当利回りも見ておくとBCA。
 これは混戦だな。よし3年後の予想株価を計算しておくか。あと期待収益率も。
 するとABCになるか。。。

 これは贅沢な悩みだ。どれも素晴らしい!でも投資資金のこともあるのでABを選ぼう。

 でもロシアはどうだ?TOPIXのインデックスは?これも選ぶべきなのか?
 ABと比較してみよう。

 んんん・・・。数字がひとつも入れられない・・・。
 ROE?そんなのどこにも載ってないやPERも。予想価格もどう考えればよいのか分からないし、予想収益率も立てようがないな。
 安倍首相とプーチン大統領に願をかければよいのか?
 いやファンドマネージャーか?はたまたイエレン議長か?いやもしかしてドラギさん?




 となります。お分かりでしょうか?
 本来投資先の選別は様々な数字を準備し、これを比較しながら決定するものです。
 どの数字を使い、どの数字を優先とするのかは各投資家で異なっていると思いますが、数値の比較をするという点は同じはずです。
 であれば投信(ETF)を選ぶときも同じ。大切な資産を運用するわけですから、しっかりと銘柄選択はしたいものです。

 しかし、表のように投信(ETF)は数字を入れることができません。まれに運用会社が投資対象銘柄の平均値を情報開示していますが、そんな親切な運用会社は数えるほどしかありません。

 この投信を買えば期待収益率はどのくらいなのだろう?他の投信や個別株ABと比較して、どちらが優れているのだろう?こんな悩みへの答えが出ないのです。分からないのです。

 私は大切な資産を他力本願で運用したいとは思いません。安倍首相はともかくプーチン大統領に私の将来を委ねる気にはなりません。

 比較、検討できないこと。これが投信の本当の弱点です。


 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2015/01/07 Wed. 15:11 [edit]

category: ● このブログのお勧めルート

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

07

原油価格が50ドル割れですが。。。 

原油価格が50ドル割れですが。。。

原油価格が50ドルを割ったこと、円高に進んだこと、昨日のアメリカが下げていたことなどから株式市場はほぼ全面安。日経平均株価は、525.52円休の16,883.19円となりました。

まあ分からなくはないですが。。

しかし、よくよく考えると、原油安はどう考えても良いことですね。産油国は大変でしょう。その国の資産を持っている人も大変でしょう。でも日本の消費者にとって、そして消費者以上にコストに跳ね返る企業にとっても良いことなはず。

であれば、アメリカに連れることはないのですが。自身の株式における基準が無いようですね。
もちろんこれは長期投資の場合であって、短期トレードをしている方はそんな悠長なことは言っておれません。
長期投資をしているのであれば保有銘柄の業績が悪化しない限り、どんと構えている。そのうちに株価なんぞ上がっていきますから。

もし投資資金に余裕があるのであれば買い時が来ているのではないかとも思っています。
当面は荒れるでしょうから、自分自身の投資の時間軸をはっきりさせることが大切です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/06 Tue. 18:38 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

06

2005年から一切売買をせずに放っておいた結果・・・ 

2005年から一切売買をせずに放っておいた結果・・

 パソコンのファイル整理をしていると、ちょうど9年前の2005年12月に某税理士と一緒に考えたポートフォリオが出てきました。
 そのまま何も手を付けずにいたとすると、今どうなっているのか・・・
検証してみました。

2005年銘柄_convert_20150105232635

 当時の優良銘柄を選択しているのですが、時代は移るもの。優良でなくなった銘柄も見受けられます。
 興味深いのは、優良銘柄から脱落した銘柄の株価は大きく下がり、いまでも優良銘柄である銘柄の株価は堅調に推移していることが、明確に表れていることです。

 9年間で配当を含めたトータル収益率が28.5%。年あたり3.17%(税引き前)となっています。
 リーマンショックや超デフレ期、ユーロ危機などを挟んだ激動の時代において、よかったのか悪かったのか?微妙な数値ですが、本当の放りっぱなしでも、預貯金などと比べると収益率は上回っていたので、とりあえず一安心です。

 しかし、投資後のケアも必要なことも実感した結果です。
 収益力と株価はきれいに連動してくれているので、ケアの方法はいたって簡単。当初に最低ROE基準を設定し、これを下回れば売り。下回らなければHOLD。それだけです。

 また配当の力もこうしてみるとすごいと実感しました。
 配当重視のポートフォリオではないのですが、投資金額の16.8%をすでに回収したことになります。
 今後は配当性向もより高まってくることでしょうし、10年たつと配当だけで投資額の大半を回収!そんなポートフォリオも高い可能性で実現できると思います。


 希望と反省の詰まった、放ったらかしポートフォリオでした。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2015/01/05 Mon. 23:44 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

05

2014年株価上昇率ランキングを検証しました 

2014年株価上昇率ランキングを検証しました

 2014年の株価上昇ランキングベストテンをまとめました。究極の手法として、このベストテンを当てればよいのです。
 しかし、それは不可能というもの。そんなことはできる訳ありません。

 ただし、この結果を検証してみて、次の銘柄選択に役立てることは大切です。ということでベストテンの銘柄を検証してみました。

 では、何を検証するのか?

 多くのデータをぶっこんで検証しているのですが、シートが長くなるのでとりあえず、左側?それとも右側?です。
 何のことなのか???難しいです。。。ね。これは
 株価=一株利益(EPS)×PERを意味しています。株価の上昇は左側か右側かどちらかが増えていることになるので、どちらの要因で株価は上昇しているのか?の検証です。
 もちろん、片側だけでなく相乗効果で両方ともが増えているのでしょうが。それぞれのサイドの寄与度はどの程度なのかをまとめると次のようになります。

 2014株価上昇率ランキング_convert_20150104224627

 5位のラオックスは計算過程で赤字決算のときがあったので空欄です。
 これを見ると、業績はほとんど寄与していないのに思惑や人気化だけで上昇したアクセルマーク、アサカ理研、アルデプロ。
 PERよりも業績アップが寄与しているアオイ電子、ディップ。
 両方ともがバランスよく増えた日本通信、朝日ラバーなどとなります。

 ではこのような状態の銘柄を今から選択しようとするとき、どれがよいのでしょうか?
 
 答えは直ぐには出ません。なぜなら投資スタンスによって変わってくるからです。

 短期トレードで人気化した銘柄をこのランキングから探すことは簡単です。しかし来年の今頃に、人気化することでこのランキングに登場する銘柄を探すことは可能でしょうか?
 情報を張り巡らして、出会った情報に瞬時に対応して、売りたい気持ちを抑えて一年間売らないで持っておく。これはなかなか難しく、本職どころではありません。頭の中は常に株でいっぱいでなければできないことです。

 この手法はあきらめたほうがよいと思います。

 では長期投資のスタンスに立ったときには?業績のよくなった企業がその傾向を継続させることはよく見られる事象です。であれば、今回のランキングのうち、同様の銘柄が来期も好調となる可能性は十分に考えられます。
 ただし、取捨選択が必要です。
 
 そのポイントは、「長期投資の基本はよいものを安く!」です。
 ここで良いものは業績のアップが寄与して株価が上昇したもの。アオイ電子、ディップなどです。もちろん来期以降の業績予想も加味します。これで篩いにかけることができます。
 反対に業績はぱっとしないのに、株価がPERの要因で大きく上昇したものは、少なくとも割安ではないため、選択肢には入りません。
 
 となると長期投資においては、アクセルマーク、アサカ理研、アルデプロなどは対象外となります。そのほかの銘柄で、来期以降の業績アップが見込めるもの。これを探すことになります。

 客観的に見るために、これらの寄与度、今後の業績を数値化して総合指数も算出しています。(ブログアップはしていませんが。。。)
 その結果は、10位までではディップ、アオイ電子の順となりました。
 またここにはありませんが11位から20位までを加えると。。。○○や△△がディップの前に食い込んできます。

 さて1年後上昇する銘柄はどれでしょうか?

 ベストテン銘柄はほんの一例ですが、これらの銘柄の来年を予想することで、長期投資における他の銘柄選択に利用できると考えています。
 ちなみに、昨年の今頃、13年のベスト15の中から14年も値上がりしているだろう銘柄を同じ手法で検証した結果、1位のディップがずばり的中しました。
 そして、私が作成したランキング中
  1-5位でポートフォリオを組んでいた場合73.77%の収益率
  6-10位は-35.54%の収益率
  11-15位は-38.92%でした。
 
 来週や来月の株価など分かりませんが、1年後の騰落はある程度予想できる。そんな結果になっています。
 14年のベスト20のうち、年末も上がっている銘柄はどれでしょうか?

 情報料1000円の有料となりますが、データ送信をいたします。
 詳細はメールでお問い合わせください。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

Posted on 2015/01/04 Sun. 22:45 [edit]

category: ● 魔法の貯金箱の選び方

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

04

2015年の展望 

2015年の展望

正月三が日の最終日、15年の展望を考えてみました。

各分野の展望がありますが、政治の分野などは全くわかりません。興味がないと言うわけではないのですが、一寸先は闇ですね。
要望としては、次のようなものがありますが。
個人的なことでなく本当に国のために活動して欲しい。
少し長めの視点で、将来の対策を今から考えて欲しい。
綺麗事で終わらさず、痛みを伴うことも表示してもらいたい。
などです。

と言うことで、経済の分野となりますが、ここでは様々な運用の基礎となる、そもそもの運用の必要性や目的について考えます。

端的に表現すると、「目先の収支でなく、数年後の自分のために今からシステムを作ること。」です。「今元気な日本経済下において、将来の厳しい時代を乗り切る準備をしておきましょう。」と言うことです。
短期的な動きでなく、長期的な状況を念頭に入れた運用とできるのかどうか?ここが大切な点です。

日本が厳しい時代となる要因は、財政悪化、少子高齢化、そして将来から目をそらす日々の思考です。
少子高齢化が進む中では、国内消費が盛り上がるとは思えません。国内消費の寄与度が6割弱あるGDPも大きく増えることはないでしょう。
となれば、すでに世界最悪の財政状況が今後はますます厳しくなる可能性は高い。と考えるべきです。財政の維持すら苦労をして、国民全体で痛みをどう負担するのかの押し付けあいとなる可能性が高いのです。

このような状況でも、特定の企業は別となることが考えられます。
日本が芳しくないと、円安になる可能性が高くなります。となれば円安メリットを受ける企業。また、為替レートに関係なく、海外で売り上げを増やすことができる企業は日本とともに縮むことはありません。

となれば、大企業だけ。。。と後ろ向きな発想となる方もいるかもしれませんが、この場面で株式を忘れてはいけません。
そもそも株式を持つ意味は、企業の成長とともに自身の資産価値を高めることができることです。

このような流れから、個別株を上手に利用することの重要性がますます高まっています。もちろん短期的なトレードでなく、長期投資です。

多くの方にこれらの思考を当たり前と思っていただけるように、ブログの更新を続けていこうと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2015/01/03 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

03

出た!95年がピーク。 

出た!95年がピーク。

次のような記事がありました。

日本のパチンコ・パチスロファンが1千万人を初めて切った、そんな調査結果が出た。1995年に比べれば3分の1に減っているのだという。
その原因となっているのは若者をはじめとする新規客が増えないこと。パチンコ業界では数年前から若者を呼び戻すため、パチンコ台に「AKB48」といったアイドルを起用したり、大ヒットアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」「新世紀エヴァンゲリオン」などを大量に投入したりしてきたが、効果は現れなかったという。



パチンコがどうこうはまあ別として、95に目が行きました。

様々な業界の売り上げや関連人口のピークの記事を見ると、95年または96年が頻出します。
では95年とはどんな年だったのか?
この年は、地下鉄サリン事件、阪神淡路大震災などがあった年です。また円高が進み、円高不況と呼ばれた年です。

そんな年に最高?と思うことでしょう。確かに景気では説明できません。では他に何か?

他のものを考えると、生産年齢人口がもっとも多かった!があります。と言うより、これしか見当たりません。
生産年齢人口とは、15歳から65歳のいわゆる現役世代の人数です。この世代は好む好まないによらず、もっとも消費支出が多くなります。であれば様々な売上がピークとなることが納得できます。

パチンコ人口も対象となる人間の数が多かった。それがもっとも大きな理由でしょう。

そう考えると、これから先の少子高齢化を考えると。。。

ぜひ同様の記事を見るときには95年、96年に注目して下さい。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2015/01/02 Fri. 23:54 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。