11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今年の振り返り(国内株式) 

今年の振り返り(国内株式)

みなさま、今年一年の株式運用はいかがでしたでしょうか。

常日頃言っておりますが、決してお勧めではありませんが、有名で分かりやすいことから日経平均を振り返ってみます。(月次終値)

2014年12月 17,450.77
2014年11月 17,459.85
2014年10月 16,413.76
2014年9月 16,173.52
2014年8月 15,424.59
2014年7月 15,620.77
2014年6月 15,162.10
2014年5月 14,632.38
2014年4月 14,304.11
2014年3月 14,827.83
2014年2月 14,841.07
2014年1月 14,914.53


3〜8月あたりはこの先どうなる?と思われた時もありましたが、結果を見ると10月末の黒田バズーカ2が効いたのでしょうか。
年初の始値16,147.54からみると、上昇となりました。

短期的には紆余曲折があるのに決まっているので、特に株式の場合は気になりません。大切なのは業績が悪くならないかどうかです。
そんなこともあり、6月にはフルインヴェストメント宣言なるものを出しました。
業績は悪くないが株価は冴えない。これは買い場ですから。

マクロ経済の後押し、消費税導入に向けた官からの後押しなども期待されたので、ギャンブルなどでなくまあ確率の高い選択だったと考えます。

15年も業績は底堅いとみられています。であれば、長期的視点では何も心配することはありません。
短期的な雑音は無視をして、業績アップに伴う株価上昇を気長に待つ。
これができるのが株式投資の良さですね。

では、良いお年をお迎え下さい。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2014/12/31 Wed. 23:57 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

31

今年を振り返って(金) 

今年を振り返って(金)

14年の金価格は次のようなものでした(月次平均値、ロンドン市場と円建て価格)

11月 1,176.36 4,426
10 1,223.03 4,289
09 1,240.07 4,319
08 1,296.50 4,329
07 1,311.98 4,332
06 1,278.48 4,239
05 1,288.22 4,263
04 1,299.09 4,322
03 1,336.32 4,446
02 1,299.84 4,306
01 1,243.93 4,204


これが最新値では、1,197.94ドルと4,880円となっています。
特に3月くらいと比べるとドル建ては下落していますが、円建てでは円安の影響もあり、かえって上昇しています。

私は基本的にドル建て価格を常日頃見ているので、金は弱いな。。と感じるのですが、お客さんと話すときは、金は継続して上昇している、となります。

経済全体の中で金を見るときには弱く、表面的には強い。どちらと考えるのかは難しいところですが、両面で考えなければいけないでしょう。

また金が上昇するのかどうかは、ドルと逆相関の関係になるので、今後も弱いと見て良いのでしょうが、地政学リスクや投機筋の動きなどで一方的なものにはなっていませんし、これからもならないでしょう。特に円建ての場合は為替レートも影響するので、方向性を予想することは難しいですね。


長期で放っておけばそのうちなんとかなる!と言うものではないです。短期的に繰り返しトレードを行わなければならないでしょう。
そう考えると、株式って楽ですね。
放っておけば短期的な要因はそのうち影響が無くなって、長期的に利益の増大さえあれば株価は上がっているのですから。

他の資産との性格を比べて見ることも、資産運用に役立つことです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2014/12/30 Tue. 23:44 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

30

今年を振り返って(債券、金利) 

今年を振り返って(債券、金利)

今年初めの長期金利は0.73%。それから1月にも低下して、6月にも低下して、そしてバズーカ2の後は、一旦上昇しましたが、その後は大きく低下。そして12月26日の瞬間値0.3%割れまで低下しました。

まあ、この理由は簡単と言えます。
日銀の金融緩和で、日銀が国債を買い占めして、品薄状態になっている、そう考えれば良いでしょう。
ここまでとは考えていませんでしたが、予想通りとも言えます。

そろそろ緩和から2年近くになり、当面の2年間がやってきますが、緩和は終わりそうにないです。
となれば低金利は続くと考えます。出口戦略が全く予想できないこと、日本の財政難とその引き受けを実質日銀が行っていることを考えると、金利上昇時はかえって危険?と思っています。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/29 Mon. 23:24 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

今年を振り返って(ドル円) 

今年を振り返って(ドル円)

14年も終わろうとしていますが、今年一年を少しづつ振り返って、ときに反省をしたり、理論の確認をしたり。。しようと思います。

為替レート、その中でも分かりやすいドル円を振り返ってみると、

終値
2014年12月 120.39
2014年11月 118.61
2014年10月 112.30
2014年9月 109.64
2014年8月 104.05
2014年7月 102.79
2014年6月 101.30
2014年5月 101.78
2014年4月 102.24
2014年3月 103.19
2014年2月 101.80
2014年1月 102.03

今から考えると、大きく円安となったのは9月以降ですね。
それまではほぼ動きがなかった、とも言えます。

ではこの要因は?と考えると、もちろん黒田バズーカ2が10月末に宣言されたこと。同時期にQEが終了したこと。米国経済が好調であることなどでしょうが、その本質は2年前の13年1月頃からすでにあったのではないかと考えます。

つまり、5月に明確となった金融緩和の方向性の違い。拡大を続ける日本の貿易赤字。開く金利差。景況感の差などです。
言い方を変えれば、短期的な要因で動いたのではなく、中期的な要因で2年ほどかけて円安になったと言うことです。
日本は13年から確実に姿を変えています。そこがスタートとなって中期的な影響が強くなり、その結果としての円安であったと言うことです。

そう考えると目先の120円が終着点でなく、今後は長期的な要因がじわりじわりと影響してくる。そう考えます。長期的には潜在成長力や購買力平価などが影響するので、少子高齢化が進む日本は決して強い存在であるとは言えません。ここに財政問題が加わるので、円安の可能性が高いのではないでしょうか。
地政学リスクや米国側からの円安牽制発言などの短期的な要因が強くなる局面ももちろんあるでしょう。しかしトレンドとしては円安。そう考えます。

15年のドル円レートはどうなるでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/28 Sun. 23:56 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  長期投資  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

28

外貨建て保険商品でも解約続出らしいです 

外貨建て保険商品でも解約続出らしいです

昨日は外資系保険会社で、営業員向けの研修ビデオの収録でした。

そこで聞くと、外貨建て保険において解約が続出しているとのことでした。
理由は円安になったことでの利益確定売りです。

2007年以来久しぶりの120円なので、その気持ちも分からないこともないのですが。。。
昨日の研修ビデオでも話していたのですが、やはり運用にはそれぞれの目的があるはずなのです。どんな目的にするのかは自由です。が、その目的に合わせて投資手法を決定する必要があります。

では生命保険における外貨建て保険の目的とは何でしょうか?これは、保険受け取りの際に、大きく円の価値が下がっている場面のリスクヘッジでしょう。

儲けると言う前に、保険としての死亡保障や長生きリスクに備える保障があって、円安リスクもヘッジする。のはずですが。

まあ、ほんと分からないではないですが、保険の世界でも将来のリスクヘッジよりも短期的な視点での利益確定売りが重要と感じているのですね。

様々な場面で、視点を長く長く持つこと。これは今の日本に必要ではないでしょうか。
もちろん株式投資はもっとも該当することです。

2015年は長く長く。これを目指してみましょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/27 Sat. 23:54 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

27

本日は統計発表ラッシュ 

本日は統計発表ラッシュ

本日は数々の統計が発表されています。
強弱交々といったところでしょうか。
指標名と予想、結果です。

11月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比] 2.5% 2.4%
11月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比] 2.7% 2.7%
11月 失業率 3.5% 3.5%
11月 有効求人倍率 1.10 1.12
11月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比] -3.6% -2.5%
11月 鉱工業生産・速報値 [前月比] 0.8% -0.6%
11月 小売業販売額 [前年同月比] 1.1% 0.4%
11月 大型小売店(既存店)販売額 [前年同月比] 0.6% 1.2%
11月 毎月勤労統計調査-現金給与総額 [前年同月比] 0.4% -1.5%

強かったものは有効求人倍率です。なんと22年半ぶり。あと少しでバブル時代へ!くらいの数値です。
一方、鉱工業生産は予想に反しマイナスとなりました。
速報値なので決定ではありませんが。
あと現金給与総額も減少です。

今ひとつ乗り切れない結果です。

いよいよ年末が迫ってきました。残りの相場はいかに?


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/26 Fri. 21:09 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

26

最高(最低?)記録更新 

最高(最低?)記録更新

国債利回りの話です。

25日午後の債券市場で、長期金利の指標である新発10年物国債の利回りが前日比0.015%低い(債券価格は高い)0.310%まで低下した。日銀が量的・質的金融緩和を導入した直後の昨年4月5日に付けた0.315%を下回り、過去最低を更新した。長期金利は日本にとどまらず、欧米でも低水準で推移している。



ちなみに、その後さらに金利が低下し、0.308%まで低下しています。
上がりはしないと思っていましたが、ここまで低下するとは。。。

日銀の買い占めがそれだけきついのか、実は日本に元気がないことが背景にあるのか。
いずれにしても、実質金利はさらに低下するため、運用を頑張らなければいけないことになります。

債券部門は儲からないので、株や外貨にお金が流れる動きも変わらないでしょう。

運用には大切な記録です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/25 Thu. 23:54 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

日本の不幸は、代表=優良と思ったこと。 

日本の不幸は、代表=優良と思ったこと。

サッカーや野球の話ではありません。スポーツ界では代表=優秀な選手ですべてにおいてトップクラスの実力です。
不幸なのは株の話です。

関係するのは、「米国株、5日続伸 ダウ64ドル高で初の1万8000ドル台 GDP5%増を好感」のニュースです。
NYダウは過去最高を記録しているのに、日経平均株価はようやくリーマン前に戻った程度。
最高である、1989年12月28日の38915円の半分にもなりません。

この違いは何でしょうか?
なぜ日経平均株価に長期投資をした方は報われていないのでしょうか?

それが、代表=優良と思ったことです。
日経平均は日本を代表する225銘柄となっていますが、優良ではなく、単に有名だったのです。

一方、ダウ平均は優良銘柄30種で構成すると明記されています。

もちろん景況の違いやインフレ率、銘柄入れ替えなど、ここまで差がついた要因は幾つか挙げられますが、結局はダウは優良で、日経平均は有名なだけであった。
私はそう考えています。

これが個別銘柄でも同じです。優良と有名の間には大きな差が生じます。長期になればなるほど広がります。
その点に気付くかどうか。。大きな分岐点です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/24 Wed. 22:07 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

24

財政について真剣に考えなければ・・・。消費税100%? 

財政について真剣に考えなければ・・・。消費税100%?

 将来の日本の財政と消費税についての記事がヤフーにありました。

 私は決してあおるスタンスではないのですが、ある程度財政については興味を持ってみています。数値関係も大体は認識しているつもりです。
 日本の将来を考えると、この記事は国民全員が共有しておかなければいけない最低限の数値であると考えています。
 今の生活が膨大な借金によって成り立っているのに、それを意識していないのではないでしょうか。その基盤を少し揺らそうとしただけで大ブーイングが起こる。

 良くないです。
 もちろん、公務員・議員の数や給与などに大きな問題があり、ここに手をつけていない政府は何を考えているのか?とも思いますが、では実際に支出のうちどの程度の割合を占めているのかを考えると、これだけで解決できるものではないのですよね・・・。

 記事のポイントをまとめましたので、そのショッキングではあるが、あながち的外れでもない数値などをご確認ください。


ポイント
 ・現在の状況 ・・・ 現在、国の借金は1000兆円を突破し、2015年3月末には1100兆円超に膨らむとみられている。そして、約110兆円の社会保障給付費(年金・医療・介護)は毎年約2.6兆円ずつ増え続けている。
 ・どれくらい消費税率をアップすれば政府債務の膨張をストップできるのか ・・・ 社会保障費を抑制せず、財政安定化のために2017年度に一気に消費税率を引き上げる場合、最終税率は33%(米アトランタ連銀のアントン・ブラウン氏らの研究による)。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のゲイリー・ハンセン教授らは35%と推計している。
 ・インフレ+財政引き締めをした場合 ・・・ インフレ率2%を達成、消費税率を5%ずつ5年おきに段階的に引き上げ、年金の所得代替率を30%にまで削減、高齢者の窓口負担を2割などを実行した場合でも、ピーク時の消費税率は32%。
 ・消費税引き上げが遅れると ・・・ 今回2%を先送りしたが、今度同じ効果を出すためには、1年引き上げを遅らせるごとに+0.9%が必要。つまり1年後なら2.9%アップでイーブン。
 ・消費税が100にならざるを得ないリミット ・・・ 増税や社会保障改革を実施せずに先送りした場合、対GDP比の政府債務を増やさないために、消費税率を100%に上げざるを得なくなる「ぎりぎりの年」は消費税10%なら2032年、5%なら2028年まで。つまり、今の消費税率が8%なので、2030年ごろが限界の年に・・・。
 ・経済成長での財政安定は? ・・・ 今の異次元金融緩和の下でも、インフレ率は2%に届かない。ここから考えても無理。


 ほんと大変なのですよ、ご存知ですが?
 ここから考えるに、金融緩和をバブルが起こるくらいまで続けて無理やりインフレにする。財政を収縮させながら、これを続ける。
 しかないかなと思います。もちろん国民生活は大変な状態です。
 しかし他に手はないのではないか・・・。


 全文は、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00000005-wordleaf-pol&p=1をどうぞ。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/23 Tue. 23:39 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

23

これは勉強になる!企業価値向上表彰への道。 

これは勉強になる!企業価値向上表彰への道。

 平成26年度の「企業価値向上表彰」ファイナリスト4社を東証が選定しています。
 東証のHPではその過程を解説を加えながら開示しています。

 実績と見合わないような・・・。他にもよい企業はたくさんありそうだが・・・。など心から信じ切れていないところもありますが、その選考過程はまさに長期投資の王道!納得できます。
 ぜひご覧になって一度読んでみてください。トレードではない、企業価値を追い求める株式投資手法がそこにあります。
詳しくは(http://ps.nikkei.co.jp/tseaward2014/03.html)を参照してもらうことになりますが、ここではその抜粋をご紹介します。


 選定するにあたっては、まずROE(自己資本利益率)の数値が良好な399社に対して経営体制の概要を確認する「一次アンケート」を実施し、資本コストの認識の有無などのアンケート項目で優れた回答が得られ、かつ財務数値に基づき計算した企業価値の創出が優れている53社を選抜した。そして、この53社に対して企業価値向上に向けた経営体制を詳しく確認する「二次アンケート」を実施した。ここでは、選定過程で実施されたこれらのアンケート調査の分析結果を紹介する。

1:アンケート対象企業の特徴(財務面)
 「東証1・2部」(上場会社平均)とアンケート対象企業(以下、一次アンケートの対象となった企業を「一次アンケート企業」、二次アンケートの対象となった企業を「二次アンケート企業」という)の財務面のデータを比較して、アンケート対象企業の特徴を浮き彫りにする。
 ○高い収益性により高ROEを実現している
 選考アンケート(一次・二次)は、過去数年のROEの平均値および成長率の高い上場会社に対して行われた。これらの企業のROEはなぜ高いのか。ROEを、売上高利益率、総資産回転率、財務レバレッジに分解して、「東証1・2部」「一次アンケート企業」「二次アンケート企業」で比較した。選定段階が進むにつれて高い資本効率を備えた企業の割合が高まっているが、その要因として最も際立っているのが売上高利益率である。選定過程に残る優れた企業群が、収益性の高さによって、高い資本効率を実現していることを裏付けているといえるだろう。
 ROEは収益性(売上高利益率)×効率性(総資産回転率)×安全性(財務レバレッジ)に分解できる。

○株主資本コストを上回る収益性を確保している
 株主から負託された資金はタダではない。そのコストである「株主資本コスト」を試算して、ROEとのスプレッド(差)を算出した。この数値を「エクイティ・スプレッド」といい、この数値が、株主が期待するリターンをどれだけ上回って利益を創造しているかの尺度になる。エクイティ・スプレッドの時系列の推移を見ると、「一次アンケート企業」「二次アンケート企業」ともに、近年、持続的にスプレッドを拡大させてきたことが見て取れる。一方、「東証1・2部」は、直前期こそプラスに転じているものの、マイナスの数値となっている年も多く、株主の期待に十分に応えられていない企業が多く存在していたことが推定される。

○設備投資や株主配分を積極的に実施している
 直前期の総資産に占める設備投資額の比率を見ると、「東証1・2部」の平均が4.5%であるのに対し、「一次アンケート企業」は4.7%、「二次アンケート企業」は6.1%となっている。「東証1・2部」と「一次アンケート企業」では平均値に大きな差異はないが、「二次アンケート企業」は「東証1・2部」や「一次アンケート企業」よりもかなり高い水準となっている。
 一方、直近年度の純資産配当率(DOE)を見ると、「東証1・2部」の平均が2.3%であるのに対し、「一次アンケート企業」は4.4%、「二次アンケート企業」は6.4%となっている。選定過程に残る優れた企業群が、積極的な成長投資を続けながら高ROEを実現しつつ、株主への配分にも余念がない、資本効率の高い経営を行っている姿が浮かんでくる。

2:アンケート対象企業の特徴(体制面)
 体制面にはどのような特徴が表れるだろうか。

○経営計画を策定し投資者が重視する指標を経営指標として掲げている
 経営計画の策定状況をまとめを見ると、「一次アンケート企業」では96.5%が経営計画を策定している(または予定)と回答しており、全上場会社の84.3%を上回っている。さらに、経営計画においてROEを目標指標に掲げている企業は、全上場会社では22.3%であったが、「一次アンケート企業」では36.6%、さらに「二次アンケート企業」では44.0%であった。つまり、アンケート対象となった企業は、単に結果としてROEが高いのではなく、経営計画を策定し、その中でROEを目標指標として掲げることで、戦略的にROEを高めるための施策を講じているといえるだろう。

○資本コストを意識して経営に取り組んでいる
 資本コストの意識においては、全上場会社では、実際に自社資本コストを認識している企業は61.1%であり、そのうち具体的な計算根拠を持っているのは67.2%であった。一方、「一次アンケート企業」を見ると、自社の資本コストを認識している企業は67.5%あり、そのうち具体的な計算根拠を持っているのは71.5%であった。また、「二次アンケート企業」はすべての企業が自社の資本コストを認識しており、80%が計算根拠を持っている。「一次アンケート企業」および「二次アンケート企業」では、全上場会社の平均と比較して、資本コストを意識している比率も、具体的な数値を把握している比率も高く、自社の資本コストを強く意識して経営に取り組んでいることが分かった。

○自社の資本政策について積極的に説明している
 自社の資本政策についての株主・投資者への説明の状況は、「二次アンケート企業」のうち、自社の資本政策に関して株主・投資者に対して説明していると回答した企業は78.0%であった。これに対し、全上場会社のうち、株主に資本政策の説明を行っていると回答した企業の比率は54.3%となっている。「二次アンケート企業」が、自社の資本政策に関して株主・投資者に積極的に説明し、深い対話を行うことを通じて、そこで得た知見を自社の経営戦略や財務戦略に役立てていることが推測される。

3:まとめ
 以上の通り、アンケート調査を基にアンケート回答企業に見られる財務面の特徴を分析するとともに、そうした「結果」につながった可能性のある内部体制面の特徴を取り上げた。アンケート回答企業の高いROEの背景には高い売上高利益率があり、積極的な設備投資、手厚い株主配分といった特徴も見られた。投資によって利益率を高めて、その果実を株主に配分する、優れた上場会社の姿といえよう。彼らに共通しているのは、投資者の視点を意識して丁寧な対話を行い、経営に生かす姿勢である。日本経済が一段の飛躍を遂げるためには、上場会社がこれまで以上に投資者の視点を意識して対話を深め、さらなる成長と発展を遂げていくことが重要になるのではないだろうか。



 どうでしょ、個人投資家もこのような分析を行ってよい企業を探す。そして安い時期を見計らって投資する。そしてその企業を応援しながら、企業の成長が株価の上昇に結びつくまで(=自身の資産価値が増加している)、気長に待つ。
 これが長期投資です。

 応援できる企業を探すことはもちろん大切ですが、成長する企業も重要な要素。
 ここがすっぽりと抜け落ちている方が多いのではないでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/22 Mon. 18:08 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

22

お国事情がよく出ています。年末の休場一覧 

お国事情がよく出ています。年末の休場一覧

盆と正月が一緒にやってきた~なんて言いますけど。毎年天皇誕生日とクリスマスは一緒にやって来るんですよね。
主要国の金融市場の休場?を一覧にしてみました。

投信などを買う時売る時にはちょっと混乱するかも。

12/23   日本  天皇誕生日
12/24   ユーロ圏  Christmas Eve  さすが、イブから休みなんですね
12/25   米国  Christmas Day
       ユーロ圏  Christmas Day
       イギリス  Christmas Day
       豪  Christmas Day
       NZ  Christmas Day
       カナダ  Christmas Day
       シンガポール  Christmas Day シンガポールもですか!
       南アフリカ  Christmas Day  南アもですか!
12/26   ユーロ圏  Christmas Holiday  長い!
       イギリス  Boxing Day  拳闘ではないです。プレゼントを空けるための日らしいです。
       豪  Boxing Day
       香港  Christmas Holiday  同じ英国圏でも違うんですね
       南アフリカ  Day Of Goodwill

公的な休みであって、個人的にはみなさん長~いクリスマス休暇の方もいるんでしょうね。
一方、経済統計は26日頃に集中して発表されます。
薄商いの中・・・などの記事で始まる乱高下がなければよいのですが。

みなさんはどんなクリスマスをお過ごしになりますか?
私は研修のビデオ取りとその準備で終わってしまいますが。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/12/21 Sun. 23:56 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 資産運用  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

21

NISA枠は3割ほど余っているらしい 

NISA枠は3割ほど余っているらしい

幾つかの銀行の方と話をしていると、NISAの開設はしたが実際に使っていない部分が全体の3割程度あるとのことでした。

NISAの利用が目的となる投資はお勧めできませんが、どうせ投資するなら、従来から何らかの該当商品を持っているならクロス取引をしてでもNISAは利用すべきだと思います。
20%の非課税はちょっとした運用収益を凌駕する効果があります。手取りベースで考えたときの効果はすごいものです。

私の周りを見ると、損した、儲からないと大きな声で騒ぐ人ほどNISAを利用していない。そんな気もしますが、みなさんいかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/20 Sat. 23:58 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 日本版ISA  個人投資家  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

20

ボーナスアップのニュースです。(私ではありませんが) 

ボーナスアップのニュースです。(私ではありませんが)

大手企業の冬のボーナス、24年ぶり5%超 経団連が最終集計

 経団連が19日発表した大手企業の冬の賞与・一時金(ボーナス)の最終集計によると、平均妥結額は昨冬比5・26%増の84万8405円となった。最終集計で伸び率が5%を超えたのは、バブル期の平成2年(6・77%)以来24年ぶり。
 18業種中15業種が昨冬比プラスで3業種がマイナス。25年年末のボーナスでは18業種中8業種がプラスで10業種がマイナスだった。経団連は「アベノミクスの効果が幅広い業種に波及している」とみている。

 今回集計した企業は主要20業種240社。18業種172社で妥結しているが、このうち15社は平均額不明などで除外している。



この記事を見て自分には関係ない、と思う方も多いでしょう。中小はどうなるんだ、と少々苦言も言いたくなるかもしれません。
まあ、大手が恩恵を受けることは間違いないでしょう。しかし、その大企業でさえバブル以降の伸びなのですから、ここは前向きでいいのでは。
ちなみに私はそもそもボーナスがないので羨ましい限りですが。。。

公平に中小企業のデータも欲しいところですね。
あと、収入は給与だけではありません。株からの配当金や投信の分配金も含めた収入のデータも欲しいところです。この金額はだいぶ収入増に貢献していると思うのですが。

この数字を入れると消費が上向きになり、業績アップとなることが期待できると考えているのですが。

何にしろ、消費が増え景気がよくなることを願います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/19 Fri. 23:53 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

19

イエレンさんからのありがたい一言 

イレレンさんからのありがたい一言


方向性はもう決まっているので、仕方のないことなのですが、利上げは株式市場のムードを悪化させます。
ましてや原油、ロシアと大きく揺れ動いている今はかなり強烈なパンチとなります。

そんな中届いたのが、FOMCの議長であるイエレンさんからの一言です。
それが「相当な期間(considerable time)」。

つまり次の利上げまでの期間です。FOMCで決められた金融政策の中に、この言葉があるかないかで、大きく株式市場は動くと予想されていました。

長期投資をしているので、直接関係が無いと言えば無いのですが、ここ数日のポートフォリオの痛み方は酷かったのでやはりありがたい一言でした。

ロシア急落のストップと併せ今日は安心して眠れます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/18 Thu. 23:35 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

18

値上げの関電は買い対象か? 

値上げの関電は買い対象か?

 関西電力は17日、来年4月から電気料金を再び引き上げる方針を明らかにした。同日記者会見した八木誠社長は、原子力発電所の再稼働時期が見通せないことを理由に「これ以上厳しい収支が続けば、財務基盤の毀損は一層深刻さを増し、電力の安定供給に支障をきたす恐れがある」と述べた。来月にも経済産業省に申請するとみられる。昨春に続く抜本的な料金引き上げで、関西経済に大きなダメージを与えそうだ。



 だそうです。
 一般的に値上げ企業は買い対象と考える方ですが、ちょっと関電は買い対象には入りそうにもありません。
上記の記事にもあるように、財務基盤の毀損しそうなくらい、と言ってるので、値上げ→利益増大→株価上昇→株主還元増加となるにはまだまだ、まだまだかかりそうだからです。これだけ赤字が連続すると本当に財務がぼろぼろでしょう。

 じゃあ逆に、原発が稼動すれば劇的に収支が改善するのかと言えばそうとも思えません。
 ですので買えません。

 それ以外にも
 ここまで原油価格が下がっているのに、火力発電ONLYとしても、なぜ利益が出せないのか?
株主のことなど二番で、厚い厚い従業員への還元が優先されているのでは。関電社員の高収入は存じておりますので。
 なども引っかかります。

 関西圏在住の身とすればほんと?なニュースです。
燃料価格の低下は最近で貴重なよいニュースのはずなのですが・・・。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/12/17 Wed. 23:23 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

17

政策金利が10.5%から17%に! 

政策金利が10.5%から17%に!

 政策金利が10.5%から17%に大幅に引き上げられました。
 どこの国かというと今原油価格の下落で苦しんでいるロシア。
 
 ここ一連の動きの中で、為替介入の停止、変動相場への移行、資金供給量の引き締めと矢継ぎ早に金融政策を出してきたロシアですが、次の対策として政策金利の引き上げ。それも17%という大幅な引き上げです。

 この目的は、ずばりロシアルーブルの暴落を引き止めるもの。引き上げ直前にはルーブルは対ドル で 9%超値を下げていますので。この下落幅は1998年にロシアがデフォルトに陥った時以来の下げ率となるものです。

 ロシアは約100ドルの原油価格を前提に国家予算を組んでいると言われています。現状の55ドルでは、収入半減となるため相当厳しい状況であることが予想されます。
 ただし、外貨準備は以前と違い4162億ドルあり(財政赤字の穴埋め用の準備基金と年金用の国民福祉基金に合わせて1690億ドル分を相殺すると)2472億ドル分の余裕があります。
 このため財政破綻でデフォルト・・・とはならないのでしょうが、心配なところです。借り入れに対する保険のような仕組みであるCDSの保障率も、645BPとウクライナ侵攻時よりも悪化しています。

 今回の原油安は
 サウジアラビアを中心とするOPECがアメリカのシェールガスをけん制するために、人為的に引きおこされている。
との見方もありますが、実はOPECとアメリカが裏で結託して
 ロシアとイラクをけん制しているとの見方もあります。

 実際のところどうなのかは分かりませんが、石油関連銘柄、資源関連銘柄を中心に悪影響が大きくなりそうです。一方、よい銘柄も売りたたかれているものが多くありそうです。
 こんな時こそ、長期視点で株式を仕入れておくことが大切なのでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/12/16 Tue. 23:56 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資とトレード  長期投資  個人投資家  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

16

昨日相談があったお客様が一番納得されたこと。 

昨日相談があったお客様が一番納得されたこと。

昨日はご主人に先立たれた退職直後の奥様の、今後の家計についての相談でした。

その中で株式投資の話となり、必要性をお話ししましたが、やはり株式投資は前向きになれず、ちょっと。。。とのことでした。
詳しく話を聞くと過去にも少し投資をしたが、いずれも大敗。こんなもの。。。と思っておられました。

他の点については、優しく聞く側に立つことが多いのですが、株式の投資手法に関しては黙っておれない性分です。これまでの株式投資の間違いを指摘しました。

これまでダメだった点は有名企業=優良企業と盲目的に思い込み、他の企業には目もくれなかったこと。
長期投資のふりをしながら、市場の噂に振り回されていたことなどです。

そこで株価を構成する黄金式の
株価=一株利益×市場心理•期待(PER)を教えてあげました。
そして長期投資をする場合は、左側の成長が不可欠なこと。これまでに投資をした銘柄は利益成長が小さかったこと。そして、長期投資の場合は右側の要素はほぼ雑音として片付けられること、をお話ししました。

この、長期投資には、多くの情報は雑音となることにもっとも納得されていました。


多くの方に是非気づいてもらいたい、株式投資の重要ポイントです。
ご存知でしたか?


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/15 Mon. 23:35 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

15

与党大勝! 

与党大勝!

どうやら与党大勝になりそうです。
次世代の党が減った分、民主党も伸ばしていますが、圧倒多数が変わらなかったと言うことで、与党の勝ちでしょう。

この結果を踏まえ、選挙に与える影響は?となりますが、そもそも長期投資であるならば、影響しないと言うのが私の考えです。
選挙結果を株式の変動に関連付ける方もいますが、それは短期的なトレードでの話。長期投資はほんと関係ありません。

では短期トレードの場合は?と言われると、それは分からない、が答えになります。
まあ期待としては、安定政権が続くことで先週のNYの下げを消してくれれば良いのですが。

さて、明日はどうなることでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/14 Sun. 23:41 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

14

今号の四季報には、 

今号の四季報には、

昨日発売の四季報、もうお買いになりましたか?

株式投資、特に長期投資にはバイブルとも言える四季報!ぜひ有効的にご活用下さい。

まあ基本的に中身は変わりませんが、巻頭の特集には役立つ記事が。
その中でも、秋号からの予想比増益ランキング、進捗率ランキング、営業増益率ランキングあたりは役立つでしょう。

もちろん、割安との比較、翌期以降の増益傾向の維持などがセットで入りますが、1年から2年程度の投資には良いと思います。
かなりの確率で当たることでしょう。


ぜひチェックしてみて下さい。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/13 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

13

原油安がおよぼす意外な影響(2) 

原油安がおよぼす意外な影響(2)

またもや原油価格が低下。WTIは57.49ドルで今週の相場が終了。
この傾向はまだ続きそう。40ドル代に突入することもありそうです。

昨日はハイイールド債分野に影響がありそうとの話を取り上げましたが、今日は第二弾。

影響がありそうなのはドル円レートです。

今の円安の主な要因は、
•金融政策の違い
•金利差の拡大
•アメリカ側からのこの水準への承認がある(非承認がない)
そして
•日本の貿易赤字 でしょう。

で、原油安ですが、今後より低下すると今の貿易赤字が解消する可能性が大きくなってきます。
となれば、円安要因の一つがなくなることが考えられ、円安が転換するかもです。

他の要因もあるので、強烈な円高に戻ることはないのでしょうが調整が入ることも考えられます。
今の水準では悩みどころですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/12/12 Fri. 23:51 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

12

原油安が及ぼす意外な影響 

原油安が及ぼす意外な影響

つい数ヶ月前まではゆうに100ドルを超えていた原油(WTI)があれよあれよと言う間に61ドルまで下落しています。
需要減もあるのでしょうが、供給過剰が大きな原因と思われます。先日のOPECでも減産合意がなされず、この状態はしばらく続きそうです。

この原油安の影響を被っているのがロシアです。あまりにもルーブル安が大きいので変動相場を取り入れる、通過供給を閉める、利上げを行うなどその対応にてんてこ舞いのようです。

一方、こんなところに原油安の影響?となっているのが、ハイイールド債です。アメリカのシェール開発部門を中心として、エネルギー関連企業がハイイールド債を多く発行しています。
株式投資においてもエネルギー関連企業の値下がりが目立ちますが、債券とて同じこと。収益力が悪化すると、そもそも財務的に弱く、不安定企業が発行するハイイールド債にも影響が及びます。

ハイイールド債市場に占めるエネルギー関連の割合が多いことから、その影響が全体に及んでいる、そんな状態です。
投信の形態でハイイールド債を保有している方が多いと思いますが、円安が進んでいる割には基準価額がパッとしない。そんなことはありませんか。
円安で見えにくくなっていますが、本体の状況を把握することも大切です。


エネルギー関連企業の株式を保有している方は辛い状況がしばらく続くと思いますが、長期投資を基本とするならば、そのうちに原油価格も戻ってくることでしょう。数年後かも知れませんが。。。

運用に波はつきものです。原油が高くなりガソリン高が家計を直撃するときの備えと思い、気長に待ちましょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/11 Thu. 20:50 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

11

久しぶりに大きな下げでした。 

久しぶりに大きな下げでした。

10日の日経平均株価は大幅続落。終値は前日比400円80銭安の1万7412円58銭でした。

その要因は、8日の年初来高値で高値警戒感が出ていたところに、前日の中国や欧米の株安が嫌気されたとなっています。

感想は、まあこんなもんでしょう。常に上がり続けることはありませんので。
ただこの下げがどれだけ自分の資産に影響するのかは確認しなければいけません。
たった一日の下げで、資産が大きく既存するような場合は、そもそもの株式投資へのスタンスを見直す必要があるのでは。
間違えないでいただきたいのですが、株式投資をやめましょうと言ってるわけではないことです。
スタンスを見直そうと言っているのです。

見直し点は二つ。
•日経平均などと言う、実態のよく分からない概念に投資するのでなく、実態が見え、優良か否かの判断がしやすい個別株に投資しましょう。
•短期的な変動に一喜一憂するのでなく、長期的視点で株式投資と付き合いましょう。

この二つができていれば、昨日のような下げも、まあよくある話、と受け流すことができます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/10 Wed. 23:57 [edit]

category: ● このブログのお勧めルート

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

10

景気と株価が一致していないのか? 

景気と株価が一致していないのか?

ここ数日、ネット系のニュースなどでよく見られるのが、「景気はボロボロなのに株価は堅調だ。これは政府、日銀、GPIFが作った完成相場だ。見かけだけのものなのでそのうち暴落するに違いない。」
とのものです。

んん、株式に対する無知さがよく出ていますね。
まず株式は他の資産と異なり、コアな部分があります。そして、「どうも実力以上に買われすぎているだの、割高だの」と話す時は、「EPSはこれくらいなのにPERがこれくらいなので、どう見てもいびつな状態だ。」
そう言わなければいけないのに、まったくこのような分析がされていません。ようは株価の動きだけを見て、過去の経験則から判断して割高だと言ってるのです。

また、個別株の話をせずに日経平均の話をしています。そもそも概念でしかないインデックスを取り上げて、景気と比較することから間違っていると思います。

では今は割高でないと私は言いたいのか?そう考える人もいるでしょう。
答えは「そんなこと知らん。」です。だってそれぞれの銘柄で状況は異なっていますから。他力本願の日経平均は知らん、と言うことです。
まあ、今期末のEPSは一割程度全体的に増えるとの報告が見られますので、割高でないでしょう。

国内景気が悪くても海外で稼ぐ企業の業績が良いのはなんの不思議もありませんから。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/09 Tue. 23:25 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

09

下方修正ですか。。。 

下方修正ですか。。。

本日、7〜9月期のGDP改定値が発表されました。

私は上方修正と思っていたのですが、
結果は、実質が前期比0.5%減、年率換算で1.9%減となり、速報値(前期比0.4%減、年率1.6%減)から下方修正となりました。

私が上方修正の理由と考えていた設備投資の落ち込み幅が、速報値より逆に拡大したのが主因です。
あれ。。。機械受注や鉱工業生産は持ち直していたはずなのに。。。です。

 物価の影響を反映し生活実感に近い名目GDPは前期比0.9%減(速報値0.8%減)、年率換算3.5%減(3.0%減)ですので、この指標に利用するGDPデフレーターはまだデフレのままなのですね。


 主な需要項目別にみると、設備投資は前期比0.4%減(0.2%減)に下方修正。
 人手不足で事業執行が遅れている公共投資も1.4%増(2.2%増)に下方修正。住宅投資も6.8%減(6.7%減)。
一方、個人消費は0.4%増、輸出は1.3%増とともに速報値と変わらず、小幅な伸びにとどまった。輸入は0.7%増(0.8%増)。

まあ、経済はそれほど強くないのでしょう。一部では好調なものも広がりがない状態ですね。
ただ、株式投資はGDPとあまり関係がないと言えます(選挙には影響あるのかな)。GDPは過去の数字、そして株式投資は常に先を見越すものだからです。

日本が全滅と言うことではないので、良い企業、業績好調な企業だけを選んで投資するとまったくGDPは気にすることありません。

本日の統計も参考程度で良いのではないでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/12/08 Mon. 17:43 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

08

本日は3時間みっちりと話してきました。 

本日は3時間みっちりと話してきました。

本日は株式投資について3時間みっちりと話してきました。参加者はファイナンシャルプランナーのみなさんでしたが、熱心に聞いていただきました。

内容は
日本のマクロ事情が株式投資に合致していること。
株式市場の本質は、企業の成長とともに個人の資産が増えること。
長期投資と、株式を使ったトレードとを区別すべきこと。
長期投資は他の運用に比べ簡単なこと。
長期投資はトレードに比べ簡単なこと。
長期投資の収益率は素晴らしいこと。
長期投資の目標は元本確保の達成と売るはずがない株式投資の達成。
不思議の貯金箱に置き換えると、分かりやすく、当たり前の行動となること。
横比較と縦比較を取り入れること。

そして
成長銘柄の選び方
割安の見つけ方
予想株価と予想収益率の算出

などです。

終了後のアンケートも見ましたが、私の言いたいことは伝わったのでは、と思いました。
一人でも多くの人に、株式投資の本質を知ってもらい、長期投資が日本に根付けばいいなと思います。

私の微力が役立てるなら、ぜひお呼び下さい。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/07 Sun. 21:40 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

07

今気になる銘柄・・ 

今気になる銘柄・・

 ここまでインデックスがあがると、ちょっと不安が出てきますが、個別株は別です。
 常に安くてよいものが存在します。そんな銘柄何かないかな・・・と探していました。

 2196エスクリと2146UTホールディングスがこれに合致するのでは・・・。両銘柄とも業績は好調。そして高値をつけた時もありましたが、直近で株価はかなり下がっています。

 これは掘り出し物なのか?それとも、どこかに落とし穴があるのか?いずれかですが、掘り出し物だと思います。

 他には、若干、業績不安があるものの7606ユナイテッドアローズですね。

 この辺りを中心にポートフォリオを組んでおけば、まあ大丈夫だろう、と思っております。

 いや違う。こんな落とし穴があるんだ・・・と思われる方はご連絡ください。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/06 Sat. 18:46 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

TB: 0    CM: 0

06

今月の雇用統計発表。そしてドル円相場は。。。 

今月の雇用統計発表。そしてドル円相場は。。。

 11月の米非農業部門雇用者数が発表されました。
 結果は+32.1万人(予想+23万人、前月+24.3万人)、失業率5.8%(予想5.8%、前月5.8%)でした。

 とりあえず強い!!強いですね。

 この結果を受け、アメリカの経済が強い→利上げ時期が近くなる→金利差拡大→ドル買い、円売りの発想で
121円台への円安となっています。

201412雇用統計後ドル円レート_convert_20141205234225

前日から120円にはなっていましたが、これで一層の円安が進みました。

 表面的な数値だけでなくU-6と言われる講義の失業率が改善していること。長期失業者が減少していること。 時間当たり賃金が増加していることなど、プラス要素の指標となっています。


 ここまで強いと、アメリカへの評価を大きく上方修正しなければいけないのでしょう。
 
 もちろん短期的な為替の動きや雇用統計が長期の株価に影響するものではありません。しかし今回の結果は間接的に重要なものでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/12/05 Fri. 23:53 [edit]

category: ● 統計の確認

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

05

ついに120円 

ついに120円

ドル円レートがついに120円をタッチしました。これは2007年7月以来のこと。単なる区切りではありますが、時代の変化を感じます。

2007年と言えば、サブプライム問題が起こり、8月のお盆明けには870円近い日経平均の暴落があった年。7月は小泉元首相就任以来日本が元気であった時代の終盤、サブプライム直前の時期です。

この頃のピークはドル円で125円、ユーロで160円でした。金融商品に携わる者とすれば平和で楽しい時代でした。

一旦節目をタッチしたドル円レートですが、次はどうなるのか?

金融政策の違い、長期金利差の拡大、貿易収支の方向性の違いなどから120円に向かって進むと言ってきたので、意外感はまったくありませんが、なんせスピードが早かった。このため次の動きはとなると。。。
少し頭の整理をする時間が欲しいと言うのが正直なところです。

プロのディーラーはそんな悠長なことを言ってられませんが、まあ私はプロでもなければ為替相場で生きているわけでもないので。
ゆっくり考えることにします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/04 Thu. 23:56 [edit]

category: ● 統計の確認

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

04

はやぶさ2の長期視点を見習わなければ 

はやぶさ2の長期視点を見習わなければ

はやぶさ2、打ち上げ成功

 小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。探査機は午後3時過ぎに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。小惑星「1999JU3」の地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が期待される。2020年の帰還を目指す。

 探査機は来年末に地球の引力を利用して加速し、30年夏に小惑星に到着。1年半にわたり探査し、採取した微小な物質を帰還カプセルに入れて持ち帰る。6年間の航行距離は約52億キロに及ぶ。
 H2Aは20回連続の成功となり、成功率は96・1%に向上し信頼性を高めた。



打ち上げ成功おめでとう!です。日本の技術力を発揮しなければ。そんな時代での朗報です。
驚くことは、帰還がオリンピック開催の2020年。何とも気の長い計画です。
これに見習うべきは視点の長さでしょう。無理やりかもしれませんが、株式投資にも必要な概念です。

短期的に当てにいくのでなく、2020年に支持されている企業はどうだろう?どんなサービスだろう?そう考えて、該当企業に投資をする。そんな考え方も大切で、楽しいものでしょう。

例えば現在中学生14歳の子供がいる家庭などは、子供と2020年の日本を想像しながら投資をし、20歳の記念にその株を贈与できるような体制を作ることはどうでしょうか。
自分の経験からの案も出しながら、子供の自由な発想を採用してみるのも面白いのでは。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/03 Wed. 23:39 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

03

実質で考えるか?名目で考えるか? 


実質で考えるか?名目で考えるか?

 

厚生労働省が2日発表した10月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代、賞与などすべての給与を合わせた1人当たりの現金給与総額(月平均)は前年同月比0・5%増の26万7935円と8カ月連続のプラスとなった。
 しかし、物価変動分を考慮した実質賃金指数は2・8%減。マイナスは16カ月連続で、消費税率の引き上げや円安による物価上昇に賃金の伸びが追いつかない状況が続いている。

 給与の内訳は、基本給などの所定内給与は0・4%増の24万2370円と5カ月連続で増加し、残業代など所定外給与は0・4%増の1万9673円と19カ月連続で増加した。賞与など特別に支払われた給与は6・0%増の5892円と好調だった。消費税増税後は個人消費の回復が遅れる一方、人手不足を背景に雇用環境の改善は続いている。10月の雇用は正社員などフルタイムで働く一般労働者が1・5%増、パートタイム労働者は1・7%増だった。



まさに、名目プラス、実質マイナスですね。
と言うことですが、そもそも名目と実質の違いは分かりますか?

名目とは表面的に表れる数値をそのまま利用するもの。一方実質とは名目値からインフレ分を差し引いたものです。
従来から実質GDPと名目GDPには着目されていましたが、最近はデフレからインフレへの転換に伴い、実質金利、実質所得などが注目されています。

インフレになると引き算の数字が多くなるため、実質値は小さくなります。今回の給与も、前年よりは増えているのだけど、実質的にはインフレに負けているので減っている、そんな状態です。

統計上の数値は実質値を利用することが多くありますが、生活する上での実感は名目値です。
ただし、デフレに馴染んだ日本人がインフレを感じ始めるのにともなって、実質値を実感する場面が今後も増えるのでしょう。

数年前までの、名目で賃金が減っている、が実質は増えている世の中と、名目は増えているが実質では減っている世の中。どちらが良いのでしょうね。
アベノミクスや日銀は後者を選んでいると言うことです。
私も元気が出ると言う意味で、後者を希望します。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/12/02 Tue. 23:53 [edit]

category: ● 統計の確認

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。