10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

気になる米国長期金利低下 

気になる米国長期金利低下

 株や商品や投信や、様々なリスク性商品で運用をするにあたり、目先の価格変動は仕方ないものです。間違いなくあります。長期投資を心がける場合、この目先の変動を一つ一つ気にしても仕方ありません。逆に気になるようではいけません。

 しかし、目先の変動。。。くらいに思っている間に、気づかぬうちに取り返しのつかない大きな暴落となっていた。。。

 この事態は避けなければいけません。目先だけで直ぐに盛り上がってくるのか?それとも奈落の底に突き落とされるのか?この判断は非常に難しく、非常に大切なものとなります。

 判断方法の一つは掛け算の右側が動いたのか、それとも左側が動いたのかのチェックです。右側であればあまり気にすることはないのですが、左側であれば、すばやい対応が必要となります。
 掛け算とは、株価=一株利益×PERの公式です。

 もう一つチェックしているものに、米国の長期金利があります。日本はすべてを日銀が買占めしている状態なので、参考となりませんが、米国の金利は参考にできます。
 金利が上昇、または横ばいの時は大きな崩れは気にすることはありません。

 しかし、大きく金利が低下してくると、注意が必要となります。
 そんなところでは、現在の状態は大変気になります。現在で2.18%と数日前に比べ15程度低下しています(債券価格上昇)。
 一方で株式はある程度堅調です。

 今後も一筋縄ではいかないのだろうな。そんな感覚を持ちながら、相場を見ています。

 2.1を切るようであれば長期投資であっても、ポジションを縮小したほうがよいかもしれません。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/30 Sun. 23:56 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

30

運用が不安な方へアドバイスするならば 

運用が不安な方へアドバイスするならば

先日個別相談がありました。多くの方が持つ悩みだと思うので、そのときのアドバイスをご紹介します。

相談者の状況は、夫婦二人子供なし、年齢40才台、主人=会社員、奥様=パート勤務、賃貸に居住、当面退職予定はなし、主人の運用知識は結構勉強されている、家計は黒字基調。

相談内容 企業の退職金制度が確定拠出に変わった。自分は積極的な運用としたいが、妻が保守的で自分の運用には賛同しない。どうやって運用に前向きになってもらえばよいか?

回答は次のようなものです。
相談者の考えるように、積極運用をすればよいと思う。理由は、緊急的に準備しなければいけない予備貯蓄はそれほど多くなくてもよい。リスクに充てられる資金を保有している。確定拠出だけでなく、保有する全資産のポートフォリオを改めて確認すると、大部分が預金系の運用となっているので、リスクを取ってもよい。

奥様へのアドバイス?説得?については、次のような点をご紹介しました。
1. 預金系は確かにリスクがないが、幅広い視点ではインフレリスクとの兼ね合いを考えることが必要。
2. 確定拠出は60歳まで引き出せないので、目先の上げ下げでなく、60際時点での資産の増加を目指すべき。
3. 時間分散の効果が利用できる。
4. 2.3.から、目先の下げ相場は多くの量を買うことができるとむしろ喜ぶべき。
5. 所得控除がほとんど無いので、確定拠出年金プラスマッチングは所得減税面で有利な行動となる。
6. 確定拠出での運用益の非課税効果は、収益が上がることを期待できる資産でなければ意味がない。

などです。特に2.3.4.はぜひ認識して欲しいものです。
奥様が納得してもらえれば良いのですが。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/29 Sat. 23:43 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

経済統計続々発表 

経済統計続々発表

月末にかけ、主要経済統計が続々と発表されています。

主なものをご紹介すると、
⚪︎10月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]
前回3.0% 予想2.9% 結果2.9% インフレ傾向が若干弱まってきています。原油関連の値下がりが影響しているので今後の動きは原油次第とも言えます。消費税の影響を除くと0.9%となり、目標の2%と離れてきているため、この傾向が続くと追加の緩和策?との予想も出てくるでしょう。

⚪︎10月 失業率 前回3.6% 予想3.6% 結果3.5%
⚪︎10月 有効求人倍率 前回1.09 予想1.09 結果1.10
労働関係の改善は堅調です。アベノミクスの効果の一つと言えるでしょう。バブル以降、有効求人倍率が1倍を超えたことはそう多くありません。株式市場に与える影響を重視すべきです。

⚪︎10月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比] 前回-5.6% 予想-5.0% 結果-4.0%
⚪︎10月 小売業販売額 [前年同月比] 前回2.3 予想1.4% 結果1.4%
⚪︎10月 新設住宅着工戸数 [前年同月比] 前回-14.3% 予想-15.0% 結果-12.3%

⚪︎10月 鉱工業生産・速報値 [前月比] 前回2.9 予想-0.6% 結果0.2%
個人部門は今だ浮き上がれず、一方法人部門は改善と言えます。GDP改定値がどうなるのか?の参考になるはずが、方向性見えず。そんな感じです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/28 Fri. 23:38 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

28

タカタまずいんじゃないの。。。 

タカタまずいんじゃないの。。。

エアバッグ大手のタカタにアメリカで強制リコールの指示が出ています。
日本でも経産省がリコール指示を出しているため、補修部品の供給が間に合わない事態に。。。

実は4ヶ月ほど前の7月8日にタカタのダメ出しをしているのですが、そのときの懸念が実現しました。
今後も特別損失の嵐でしょうから、少なくとも数年は買える銘柄ではありません。
参考までにそのときのアップ内容です。


通販会社ではありません。エアバッグやチャイルドシート製造メーカーのタカタです。

何処かで聞いたことがあるぞ。。。と思われた方も多いと思います。
最近エアバッグの不都合でリコールが大量に発生したことでニュースになった企業です。

もちろんIRでは、その詳細や今後の業績への影響など、とりあえずは情報を公開してもらいたいと思います。
そこで、チェックしてみました。
一応、必要なことは書いてありますが、あまり面白みはないですね。堅い感じで面白くはなかったです。
また、肝心のリコールについてはお断り程度のものはありますが、株主が実情を知ることは到底できないものです。

業績に関するコメントは現在精査中とのことで、仕方ない面もありますが、遅い気がします。
来期への影響は大きなものだと思うので、株主は気が気でならないことでしょう。
実際13年度決算は大きな最終赤字でしたが、この時も原因はリコール。
もう少し経営者はリコールについて深く考えるべきです。



現在の状態は社風なのでしょう。
企業は簡単には変われません。最悪の事態も想定すべきでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/27 Thu. 23:32 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

27

原油が安くなりましたね。 

原油が安くなりましたね。

つい数か月前までは100ドルを超えていた原油相場(WTI)が75ドルを下回る水準になっています。

この理由として、世界的な景気停滞がありますが、アメリカシェールガスの台頭を邪魔しようとするサウジアラビアの売り圧力があると言われています。
つまり価格を安くして、採算コストにタッチしないようにしようとする狙いです。本来その気になれば高く売れるものを無理やり安くしているのですから自分の首を締めることになります。

しかしそこは大金持ちのサウジアラビア、約一年分の外貨準備があるので体力勝負には負けることがないと思っているようです。

このトバッチリを受けているのが他の産油国、代表がロシアでしょう。ウクライナ問題を発端とする経済制裁の問題もありますが、原油や天然ガス安で困っていると言えます。
まあそう言う事情があるときは、長期的な視点で見れば投資のチャンスとも言えます。反対に短期的な視点で見れば、インドやトルコなど今の原油安がプラスに貢献しているところに注目となります。
運用においては常にこのような短期と長期の視点の違いに着目しなければなりません。

株式においても原油安の恩恵を受ける企業受けない企業があります。どちらを選ぶのかは自由ですが、着目点は見誤らわないようにして下さい。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/26 Wed. 23:10 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  投資とトレード  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

26

向日市の殺人容疑者がしているのは投資でなくトレード 

向日市の殺人容疑者がしているのは投資でなくトレード

 

京都府向日市で昨年12月、筧勇夫さんが青酸化合物によって殺害された事件で、妻の千佐子容疑者が数年前から、結婚や交際していた男性らの遺産の大半を先物取引などに投資していたことが、捜査関係者らへの取材でわかった。ただ、多額の損失を出していたといい、府警は、今回の事件が筧さんの遺産目的とみる根拠の一つとしている。



 とのニュースが、いろいろなソースで流れていますが、やめて欲しいと思います。
 やめて欲しいことは、まずこんなお金の調達方法を選択することです。問題外です。
 
 ちなみに向日市は自宅近所で、被害者宅の場所も大体わかります。なのでより身近に感じます。

 もう一つやめて欲しいことがあります。それはこれらの行為を投資と呼ぶことです。こんなニュースが流れるから多くの人が「投資」の言葉に拒否反応を起こすのです。
 「投資」とは企業の成長に伴って自分の資産価値が高まることを目的としたものです。そこには自分の資産価値を高めてくれる企業を直接・間接的に応援することが求められます。

 ではこの容疑者にそんな気持ちがあるのでしょうか?ありません。目先の資産価格の動きに一喜一憂するただのトレーダーです。
 単なるトレーダーで間違いありません。しかし日本のマスコミはこれを投資と表現する。ここから日本の不幸は始まっています。まじめに資産運用を志そうと考えている方ほど、投資から遠ざかっていってしまってる、そんな気がします。

 まずは、投資とトレードを区別すること。利用する材料が同じため、区別に難しいところがありますが日本の将来のためには必要なことであると考えます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/25 Tue. 23:54 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

そろそろ一年後を考える時期ですね 

そろそろ一年後を考える時期ですね

少し気が早いかもしれませんが、15年末でもっとも株価が上昇している銘柄はどれだろう?
そんなコンテストを今行っている勉強会で始めました。

もちろん一年後のことなので長期投資ではありません。しかし、単に株価だけを当てるゲームでもありません。
長期投資の学習、株価形成の理論を学んだ人には、とても良いシミュレーションです。

株価=一株利益(業績)× PER(市場心理、期待)の公式において、一年との期間を考えると、業績も影響があり、市場心理にも影響がある。だからこそ、どこに着目をして銘柄を選択するのか?ここがポイントで腕の見せ所となります。

コンテストの優勝者は、業績に着目をしたV字回復に近い企業を選んだ方となる可能性もあります。ここには、良い企業がより良い業績となること。ボロボロの企業がたまたま好業績となることの二つが該当するので、この点の選択も結果を大きく左右します。

また、市場心理の改善を原因として株価が上昇し、優勝する可能性もあります。ここでは、どの理由が心理の改善に結びつくのかの選択が鍵です。円高なのかアベノミクスなのか、それとも金融緩和なのかオリンピックなのか?首都圏なのの地方創生が成功して地方の企業となるのか?

この辺りの多くの点を期間に落とし込んで判断する必要があるので勉強になるのです。

一方、実際の投資においては、様々な要因を考えなければいけない。=難しい投資となる。と言えます。
長期なのか短期なのか?このどちらでもないので一年は非常に中途半端な時期と言えます。

繰り返しますが、"勉強には"とても良いテーマだと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/24 Mon. 12:25 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

24

総分配性向に価値を見出す人はどれだけいるのだろうか 

総分配性向に価値を見出す人はどれだけいるのだろうか

例えば東京ガスのIRを見ると「総分配性向を60%」にします!と書いてあります。実現できるかどうかは別として、この一文を見て、本当に実現できるのであれば東ガスに投資してみようかなと思うでしょうか。


その前に総分配性向がお分かりでしょうか。

これは、最終利益に対する配当性向と自社株買いの割合です。この内、配当性向は大丈夫でしょう。利益のうちどれだけを配当として現金株主にで還元するのか、その割合です。総分配性向の一部を占めることもイメージできると思います。

では自社株買いはどうでしょうか?
自社株買いが分配の一つ?改めて考えると不思議に思うかもしれません。

自社株買いが分配になる仕組みを理解すると長期投資のマスターへの道が開かれます。

ここで必要な知識は、利益を発行済株式数で割ると一株利益になること。
一株利益が大きくなると株価は連動して高くなることです。

自社株買いをして、世の中から株式を集め、これを償却すると発行済み株式が減り、一株利益が増え、株価が上昇する。
この結果、株主に分配されたと同じことになるのです。

この二つを合わせて、利益の6割を還元しようと東ガスは言っています。

単に株価だけを見て、上がった下がったと一喜一憂しているかぎり、総分配性向の意味は理解できません。
反対にこの考え方が理解できると、株なんて一株利益だけを見て、これが大きくなりそうな銘柄を選べばよいと言うことがわかります。

その意味で大切で、ぜひ理解したい考え方です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2014/11/23 Sun. 21:00 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

23

選挙までは株価が上がるらしいですね 

選挙まで株価が上がるらしいですね。

いよいよ解散総選挙です。
消費税だけを見るとどの政党も先送り一本で争点が見当たりません。しかしそれだけでなく、他の経済政策や外交方針も合わせてチェックし、投票する流れができればよいですね。


そんな中、アノマリーがあるようです。それは解散から選挙までは株価が上昇するもの。そんな話があるくらいなので、現実にそうなのでしょう。
ただし、それを目指すべきなのかどうかは別です。

良いか悪いか、当たるか当たらないかは関係ありません。自分のスタンスとしてどこを目指すのかが大切です。
イベントをきっかけにした株価の上昇を目指すことは悪いとは言いませんが、勝手にどうぞと、と言う感じです。
株価上昇の源泉は企業業績の上昇だと考え、そこを目指す投資をする場合、イベントでの株価の動きなどどうでも良いことです。
イベントで上がるのであれば下がることもワンセットです。それも踏まえた上でトライしようと言うのであればどうぞ。
ついでに言うとこんな運用方法をする限り、その次のイベントも視野において、常にニュースに耳を傾けなければいけません。悪くはありませんが、楽ではありません。
今回はうまく当たってもその次はどうか?そのまた次はどうか?


そんなこと考えて、これららの投資方法を決めていくべきですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/22 Sat. 23:51 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

22

カシオ9割、アマダ全額、サンゲツ10割以上 これって何? 

カシオ9割、アマダ全額、サンゲツ10割以上 これって何?

日経新聞の見出しです。何の数字だか分かりますか?

これは利益に対する配当と自社株買いの割合です。
昨年から話題になっていたアマダに続き、本日の見出しはカシオとサンゲツが加わりました。
日経新聞は比較的前向きな記事内容ですが、これは良いことなのでしょうか。

溜め込んだ自己資本を株主に還元することは良いことなのかどうかを考えるにあたっては、そもそも自己資本は株主のものだと言うことの理解が必要です。株主のものだけれども、これを企業に付託している。それが自己資本です。

ここから考えると、良い点は、本来の所有者の元に戻すこと。自己資本が大きくなり過ぎないことで、ROEなどの資本効率を示す数値が改善することなどです。

悪い点もあります。
株主から付託された自己資本の扱いに手を焼いて、扱いきれなかったから返還すると言えること。
そして、急に今頃になって始めていることなどです。
自己資本に見合う利益を生んでいるのであれば、返還する必要などないのですから。

株価に対しては前向きに考えれば良い、これから良くなる企業と考えてよいのでしょうが、そもそも良い企業だったのかと言うと違うのかもしれません。
今後良い状態が継続するのか、に注目すべきなのでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2014/11/21 Fri. 23:54 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 株式投資  個人投資家  長期投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

21

円安に思う 

円安に思う

黒田バズーカ2、そしてGDPショック、消費税先送りを経てドル円レートは118円台に進んでいます。

元々ドル円においては円安論者の私にとっては、これまで話きてきたことが現実化されていってるだけなので、大きなサプライズは感じていませんが、私の考える理論と今の円安の要因が一致しているのかどうかは気になるところです。

私の考えは、
①金融緩和の方向性の違い(拡大縮小の違いに加え、従来からの方針転換を含む)
②国際収支、特に貿易収支の変化
③長期金利差の拡大

この大きな要因は他の要因に比べ圧倒的に強力なものなので、トータルでは円安に進む。と言うものです。

但し注意すべきは、これらの話は短期的な変動要因でなく、中長期的な要因であることです。
中長期でジワジワと円安が進むのであれば、あまり気にならないのですが、短期的に速いスピードで円安が進んだため、これは果たしてどうなのか?と思うのです。

もし上記要因で進むのであれば、それほど大きな揺り返しはなく、安定的に円安に向かうでしょう。しかし他の要因で動いているのであれば、揺り返しがあってもおかしくありません。

判断に迷うところですが、長期要因4割、短期要員6割くらいの見方を持っています。

であれば、警戒をしながらもスタンスは円ショート。と言ったところでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/20 Thu. 13:41 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 株式投資  投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

20

ハシゴを外された日銀 

ハシゴを外された日銀

消費税増税の延期がいよいよ決定しましたが、日銀はさぞ無念でしょう。
さまさまなニュースでハシゴを外されただの、大人の対応をしているだの、黒田バズーカが失敗していたから第二段が打たれただのなど書かれていますが、バズーカ2の目的として日本経済の底上げを図ることが大切で、間接的に消費税対応の一環となることは間違いないと思います。

忘れてはいけないのは日銀はリスクを取ってバズーカ、バズーカ2を行っていることです。批判的な意見を見るとその点が抜けているのではないでしょうか。
出口どうするの?と考えると、これだけリスク資産を抱えることは簡単に決められるわけがありません。リスク覚悟でのバズーカです。
どうも日本の社会はリスクを取りに行っている人への配慮が足りない気がします。批判する人ほどリスクをとっていない人。そんな気がします。

本日の黒田総裁の会見でも言及されていましたが、財政規律にはもっと口を出したいことでしょう。特に基本安全だが状況によっては暴落の可能性がある国債は心配のタネ、私なら、「ハシゴを外すのも結構。しかし動かないあなたたちに変わってこれからは、私が財政部分もコントロールさせていただきます。もちろん間接的な脅しも混ぜ込みながら。」そう言うと思います。
実際、裏ではそう言っているのかもしれません。

政治家に財政規律を主導させるのは無理でしょうから、今後は日銀がどんどんプレッシャーをかければよいと思います。そうなるのであれば、ハシゴを外されたことが結果オーライになることでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/11/19 Wed. 23:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 株式投資  長期投資  個人投資家  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

19

企業価値向表彰のファイナリスト 

企業価値向表彰のファイナリスト

  東証が中心となって、企業価値向表彰のファイナリストを選定しています。

  長期投資の収益の源泉は利益成長です。またこれは、企業価値の向上とも言うことができます。
  その意味で今回の東証の取り組みを参考にして銘柄選定をすることは価値あることです。

  まずはその選考過程を簡単にご紹介すると、

①ROEを基にしたスクリーニング
 東証市場に上場する全上場会社の中から、過去数年間のROEの平均または成長率が良好な企業400社を選抜。

②簡易アンケートおよび財務数値を基にした選定
 ①で選抜した400社に対して、資本コストに係る認識等を確認する簡易アンケート調査を実施するとともに、所定の算式により連結財務諸表数値等から資本コスト(WACC)や企業価値創出額等を算定。この結果を踏まえて50社を選抜。

③経営態勢等に係る定性的な選定
 ②の方法により選抜した50社に対して、企業価値向上を図るための経営の実践状況を確認する詳細なアンケート調査を実施。アンケートの回答状況を踏まえ、数社をファイナリストとして選抜。ファイナリストは平成26年10月頃に発表予定。

④大賞の決定
 投資家からファイナリストに関する意見を募集。上場会社表彰選定委員会がファイナリストに対してインタビューを実施。インタビューの結果、資本コストをはじめとする投資家の視点を深く組み込んだ企業価値の向上を目指す経営を最も実践していると考えられる上場会社を大賞に選定。大賞は平成26年12月に発表予定。

このようになっています。
現在③まで進んでおり、ファイナリストに残った企業はTOTO、オムロン、ピジョン、東京ガスの4社です。さて大賞はどこでしょうか。

ただ、なぜこの4社?と感じる点は多々あります。
例えば東京ガスなどはROEは全般に低めで、業績連動の配当政策になっているとは到底思えませんし、営業利益率の高くありませんし、総分配性向を60%以上にするといいながら、どう考えても無理でしょうし・・・。
※タイムラインを作ったので参考にしてください。

9531東京ガス_convert_20141119112345

その他の3社もなかなか投資には結びつきそうにはありません。ピジョンは良さそうですが、何せ割高ですし。

長期投資には参考になるはずなのですが・・・
ちょっとがっかり、ちょっと?なノミネート企業です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/11/18 Tue. 23:55 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

tag: 長期投資  個人投資家  株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

18

ショック!GDPがマイナス成長に。 

ショック!GDPがマイナスに。

機械受注や鉱工業生産指数などから2%前後にはなると思っていましたが。。。
なんとマイナス。第三四半期のGDPが発表されました。


GDP年率1.6%減 7~9月、消費回復に遅れ

 内閣府が17日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.4%減、年率換算で1.6%減と2四半期連続のマイナスとなった。QUICKが集計した14日時点の民間予測のレンジ(0.8%増~3.5%増)の下限を大きく下回るマイナス成長となった。消費増税後の反動減からの回復が見込まれていた内需の不振が鮮明になっている。民間設備投資の減少が続いたうえ、天候不順によって個人消費の回復も遅れている。在庫の取り崩しが進んだことも見かけ上の成長率を押し下げた。

 生活実感に近い名目成長率は0.8%減、年率で3.0%減となった。
 実質成長率への寄与度で見ると、国内需要が0.5ポイント押し下げた半面、輸出から輸入を差し引いた外需は0.1ポイントの押し上げ要因となった。

 内需のうち個人消費は0.4%増と2四半期ぶりプラス。4月の消費増税の駆け込み需要の反動減は薄れつつあるものの、夏場の天候不順や物価上昇などが重荷となった。設備投資は0.2%減と2四半期連続のマイナス。生産回復の遅れによる稼働率の低下が響いた。
 住宅投資は6.7%減と2四半期連続で減ったが、減少幅は4~6月期の10.0%減から縮小した。住宅着工数の減少が続いている。公共投資は13年度補正予算や14年度予算の前倒し執行が進み、2.2%増と2四半期連続のプラスとなった。
 外需は輸出が1.3%増。スマートフォン向け電子部品などが伸びた。一方、輸入は0.8%増だった。その結果、成長率に対する外需寄与度は2四半期ぶりにプラスとなった。
総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは前年同期比でプラス2.1%となり、2四半期連続でプラスだった。国内の物価動向を表す国内需要デフレーターはプラス2.4%と3四半期連続のプラスだった。

 実質季節調整系列の金額ベースで見ると522兆8301億円で、13年10~12月期(526兆4687億円)以来の低い水準だった。




ショックと言ってもよいレベルでしょう。プロの事前予想もマイナスはなかったので。
それほど大きくは外さないはずですが、何か駆け込みの数値が悪かったのでしょうか。。。

もちろんこの結果を受け、株式市場は大幅下落です。そしてドル円は117円台に。

この数日消費税先送りのニュースが急に出てきたのは政府もこれを感づいていたのでしょう。
ただし、これで消費増税の先送りは確定ですね。であれば株高要因になるので、大きな下げはすぐに終わることも期待できます。
増税がなく、8%の水準でも日本経済はダメ、となるならば話は別ですが。

しかし、マイポートフォリオの企業の業績がGDPの発表を機に悪化するわけではありません。
であれば、長期的視点ではまったく気にすることはない。となります。
様々なニュースに対しのんびり構えていられる点が長期投資の良いところですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/17 Mon. 10:22 [edit]

category: ● 統計の確認

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

17

インデックスか個別株か?はジャンボ宝くじかロト6か?と同じ関係ですか? 

インデックスか個別株か?はジャンボ宝くじかロト6か?と同じ関係ですか?

  同じ株式投資をする時でも日経平均やTOPIXなどのインデックスを利用する場合と、個別株へ投資する場合との二つがあります。

  先日、どちらが良いのですか?との問いかけをネット上で見ました。
  その答は、ジャンボ宝くじとロト6のような関係などと同じなのであまり気にすることはない。となっていました。

  解説を読むと、ロト6は自分で番号を選ぶことができるので、何らかの法則を見つけたりまたはインスピレーションで勝つ確率が上がるような気がするけれども、実際はジャンボなどと同じ確率なんだ。だからどちらでも同じなんだ。
  こんな内容でした。

  確かに私も、ジャンボ宝くじは当たらないけれども、ロトは頑張れば何とかなるのではないかと考え、買う時はロト6と決めていますが、実は同じですね。。。それは分かっています。でもロト6を買うのです。


  では株式はどうでしょうか?この場合は全然違います。

  インデックスの場合簡単に言うと日本市場の平均点です。と言うことは平均以上が5割、平均以下が5割あります。であればこの悪いほうの5割をカットできればそれだけで平均が上がるはずです。

  そんなことができるのか?と思いますが、株の場合はできます。自分で厳選することで確率を変えることができるのです。
  ただし、短期的には判断できないので長期投資とすることが前提ですが。

  株価は一株利益の水準に連動する特性があります。これを利用して一株利益が大きくなりそうなもの。これを選ぶだけで少なくとも悪い5割のうちの大部分をカットすることができます。


  宝くじと株式投資は違いますよ。知っておいて下さい。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/16 Sun. 23:55 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

tag: 株式投資  個人投資家  投資銘柄選択  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

16

消費税引き上げ延長だが。 

消費税引き上げ延長だが。

マスコミ報道では消費税引きげの延長が決定的のようです。GDPの結果次第で決めるとしながら、発表を待たずに延長とされていますが、本当に決定?とも若干思っています。

一応決定と言うことで、消費税について考えてみると
良い面は
•当面の景気対策にはなるでしょう。直近の指標では4月の消費税の影響が残っていることが感じられましたので。
•直近でだれ気味であった経済の雰囲気は良くなるでしょう。

悪い面は
•財政への懸念です。プライマリーバランスの改善、均衡化の国際公約がありますが、今回の延長を機になし崩しになることが心配です。

このようになるのでしょうが、根本的には消費税が上がることと景気はそれほどリンクしていないのかも。。。とも思っています。
引きげ当初は個人消費の動向に影響することは間違いないでしょう。しかしそのうちに慣れてくると、消費行動は消費税の金額でなく別の要素で決まることが多いのではないでしょうか。
例えば、実質給与が少ない、欲しい物自体が少ない、将来の暮らしが心配、教育費や子育て費用が圧迫しているなどでしょうか。
であれば、消費税がどうなろうと個人消費は別の理由で動くことになります。
実際、今回の延長で中長期的に消費が上向くのか。。。動かなかった時どうなるのか。。。心配ですね。

また、現実問題として国家財政が大赤字の中で生きているわけですから、すなわち借金しながら生きているわけで。その中で借金負担を減らす行動に文句を言って良いのだろうか。あまりにも無責任な気もします。


消費税は早々に10%にしてしまって、その中で他の問題点をどう改善するのか?それを考えることも大切だと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/15 Sat. 12:30 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 個人投資家  投資とトレード  長期投資  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

15

「アベ相場2年、株式市場に過熱警報サイン点灯」は役立つ記事? 

「アベ相場2年、株式市場に過熱警報サイン点灯」は役立つ記事?

「アベ相場2年、株式市場に過熱警報サイン点灯」の見出しで日経新聞に記事がありました。
抜粋してご紹介すると、

 株式市場で気がかりなサインがともった。代表的なテクニカル指標である移動平均乖離(かいり)率が異常値を示し、相場全体に強い過熱ゾーンに入ったことを印象づけた。

 きょう14日は野田佳彦前首相による衆院解散表明から2年。日経平均株価は連日で高値を更新し、上昇力を増している。一見、力強さが目に付く地合いだが、客観的な相場指標からは短期的な危うさも顕在化しつつある。25日移動平均からの上方乖離率は10.03%となり、今年に入り初めて10%を超えた。
 アベ相場以降で上方乖離率が10%を超えたのはたった1日。昨年5月22日の10.06%だ。その翌日には米連邦準備理事会のバーナンキ議長(当時)の量的緩和縮小発言がきっかけとなり、日経平均が1143円安となった。

 14日はオプション11月物の特別清算指数が朝方に算出されたことで、取引時間中は先物の売買が減少した。ここで明らかとなったのは利益確定売りに動きたい実需筋の姿勢だ。円相場が1ドル=116円台まで下落したにもかかわらず、日経平均の終値は取引開始直後の高値を抜けなかった。株価下落に転じていた局面でも、「機関投資家が押し目買いを入れる動きは少なかった」という。

 明確な買い手が存在すれば、利益確定売りをこなしながら上昇する可能性もあるが、海外投資家が一段と買い上げる動きを続けるかには疑問も残る。
 海外勢は4~7日に日経平均先物とTOPIX先物を1兆3000億円超も買い越し、同期間の現物株の買越額(7691億円)を大幅に上回った。短期筋主体の買いであったことが示されており、弱気に傾けば今年1月のように一気に先物売りを広げる可能性もある。信託銀行も売り越しており、「年金系のマネーは上値では利食いを出すことが改めて示された」との声があった。

 テクニカル指標が発する警報は杞憂に終わるか。それとも相場の景色が変わるか。目先1週間、投資眼が試されるかもしれない。



役立たない記事ではないですね。今の状況がよく表されています。確かに目先、上値を追うのは厳しいのかもしれません。
しかし、すべてに当てはまるのか?となるとそうではありません。この話は短期トレードそして日経平均株価の話です。
同じインデックスでもTOPIXは別の話かもしれません。個別株となるとより別の話です。そして、長期投資の場合はまったくと言ってよいほど別の話です。

短期トレードをする場合はこのような記事も気にかけながら瞬時の判断が必要となりますが、長期投資は業績さえ悪くならなければOKです。

但し今回の記事が長期投資にも役立つ点が一つあります。それは割高な時には買わない!の参考とすることです。個別銘柄では割高でないものもありますが、一般的には割高になっている可能性が高いです。
今投資をする際はより注意深く!と言うことですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/14 Fri. 23:31 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

14

数日で半値戻し、サンドラッグ 

数日で半値戻し

 10日の引け後発表された14年9月中間期の連結決算が2ケタ減益となったことを嫌気されたことで、11日には一時500円安の4680円まで売られる場面がみられたサンドラッグですが、その後下落分の半値近くの戻しとなりました。

 中間期決算は、売上高2120億7200万円(前年同期比2.4%減)、営業利益109億4100万円(同19.6%減)、純利益68億9900万円(同16.5%減)。主力のドラッグストア事業は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動、大型台風・豪雨などの天候不順による季節商材の不調などが響いた。マーチャンダイジングの改善に取り組むとともに、生産性向上や効率的販促への見直しなどによる経費の削減を進めたが、光熱費高騰などの費用増が重しとなった。



まあ、理解できる動きです。これまでの堅調さや安定さが特徴であったサンドラッグなので、サプライズと言えますから。
単純計算で純利益の16%分までの下落は仕方ないと思っていました。

但しこれは短期的な観点。長期的に見ると通期決算予定は、売上高4647億円(前期比3.8%増)、営業利益289億円(同3.0%増)、純利益183億8000万円(同16.7%増)となっています。

 よくよく考えると、それほどの大事でないと考えたのか、翌日以降株価はかなり戻りました。

2014111409142331e.jpg

もちろん、今回は冷静に考え我慢をした人に軍配が上がりましたが、この後再び下がるのかもしれません。今後の業績の動きには注意が必要ですが、直近の決算だけでなく、せめて通期、また翌年以降の決算予想も確認しなければいけませんね。

どの時期の決算を参考とするのか?これも短期トレードと長期投資の違いでしょう。

もし短期トレードを考えているのであれば、今回の決算発表の後、速攻売りに出すべきです。もちろん成り行きで。しかし、長期投資の場合は一歩引いた視点でもう一度チェックをしてから判断をするべき。
そんな違いを知っておきましょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/13 Thu. 23:50 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

13

企業価値向上ファイナリスト、TOTOのIRをチェックしました 

企業価値向上ファイナリスト、TOTOのIRをチェックしました

東証と日経新聞がコラボして行なっている、企業価値向上表彰に最終ファイナリストとして残っているTOTOのIRをチェックしました。

良かった点。
•機能的で見やすい。
•中期計画が分かりやすい。
•個人投資家の皆様へ、との独立したページがある。
•過去の業績などが10年分準備されている。
•IRに関するお問い合わせ先がIRのTOPページに大きく載っている。
•企業の存在価値がしっかりとアピールされている。など。

?な点。
•中期計画の中で、ROEは純利益ベースだがROAは営業利益ベースになっている。
•配当政策が安定配当なのか利益連動型なのか、よくよく見ればどっちつかずのあやふやな表現となっている。
•一株利益の水位が時系列ではない。
•言うほどROEは高くない。

などでしょうか。

あと、過去に投資をしていれば株主がどんなに良い目にあっているのか!など株主として夢を見ることができませんね。夢を見せてくれる企業はどこにあるのでしょうか?


投資対象としては、09年に弱い面を露呈しているため、今後の荒波に耐えられるのか?などが引っかかります。長期間株主になっていられるのか。信頼できるのか?強い自信は持てませんね。


点数

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は、76/100点です。


にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!





Posted on 2014/11/12 Wed. 23:54 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

TB: 0    CM: 0

12

政治が騒がしくなってきました。有望銘柄は? 

政治が騒がしくなってきました。有望銘柄は?

消費税引き上げを決定付けるGDPの発表が来週に迫ってきました。
また、この数日、解散か?とのニュースも盛んにされています。政治が騒がしくなってきました。

このような背景が生まれると、決まってタイトルのように有望銘柄は?のような記事が登場しますが、本当に役立つニュースなのか再考する必要があると思います。

まず、そのようなニュースの利用価値です。
例えば、自民が圧勝すると株価が上がる?それとも下がる?とのテーマを考えるとき、様々な意見が生まれます。しかし、その根拠は雰囲気から導くものがほとんどです。
ではその雰囲気は使えるネタでしょうか?
市場参加者の期待や思惑の変動が株価変動につながる短期トレードやインデックスへの投資においては、雰囲気も立派なネタだと思います。但しあくまでも一時的なネタであり、長期投資においてはなんの役にも立たないものであること。そもそもしっかりとした根拠はそこに無いことなどを長期投資を志す方は再認識する必要があります。
また、個別株、個別企業の業績に影響を及ぼすネタかと言うとほぼ関係のないニュースと言えます。

すなわち、短期トレーダーにはイベントではあるけれども、長期投資家にはまったく関係がないことなのです。日本のマスコミや投資情報雑誌は上記のような点を、投資とトレードの区別なしに論じるため、中途半端な内容になりがちですが、(もう一度繰り返します)長期投資家にはまったくと言ってよいほど関係のないニュースです。

そう思いながら、「やってるやってる」と一歩引いたところから日々のニュースに触れ合うこともよいものです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/11 Tue. 23:40 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

11

配当は無配に!しかし優待は残す?それはおかしいのでは、ゼンショさん。 

配当は無配に!しかし優待は残す?それはおかしいのでは、ゼンショさん。

予想通りでしょうが、今になってすき家などを運営するゼンショHDが経常赤字見通しを発表しました。
そもそもゼンショを応援して、ゼンショの利益成長とともに自分の資産を大きくしようと考える長期投資家などいないでしょうから、赤字転落も別に構わないし、このニュースで真っ青になる方もいないことでしょう。

しかし気になる点も多々あります。
新聞記事、会社発表リリースの抜粋を確認してみます。


ゼンショHD、今期経常を一転赤字に下方修正、配当も無配転落

 ゼンショHD <7550> が11月10日大引け後に業績・配当修正を発表。15年3月期の連結経常損益を従来予想の68.1億円の黒字から24.1億円の赤字(前期は79.5億円の黒字)に下方修正した。

会社リリース
 修正の理由 当第2四半期累計期間の営業利益につきましては、既存店売上高前年比が想定を下回ったことが主要因となり、当初予想を下回る見込みです。通期は、すき家において、10/1より深夜複数人体制をとれない店舗の深夜営業を休止したことによる利益損失の拡大が見込まれることに加え、グループ計の既存店売上高前年比の想定を103.6%から102.5%に変更したこと、牛肉を中心とした食材価格のさらなる高騰が予想されること等により、当初予想を下回る見込みです。
当社グループは、株主の皆様に対する安定した利益還元を経営の重要政策の一つと考え、積極的な業容の拡大と内部留保金の充実を図りながら、業績に応じた利益配分を行うことを基本方針としております。しかしながら、前述のとおり、2015年3月期において、多額の当期純損失が見込まれることから、誠に遺憾ではございますが、当第2四半期および期末の1株当たり配当予想を無配とさせていただきます。
なお、株主優待制度につきましては、変更はございません。

特別損失の計上について 店舗に係る減損損失および除却損等の特別損失を第2四半期においては1,436百万円を計上し、通期においては2,924百万円の計上を見込んでおります。
その他、今回の業績予想及び配当予想に関する経営責任を明確にするため、下記の通り代表取締役会長兼社長、その他取締役及び執行役員の報酬を減額いたします。
(1)報酬の減額内容  代表取締役会長兼社長の月額30%の減額  その他取締役の月額10%の減額  執行役員の月額7%の減額
(2)対象期間 2014年12月から2015年5月まで    




これは変と思う点は二つ。
一つは、以前から赤字、少なくとも大幅減益は分かっていたでしょうに。。店舗が空いていないんだから。もしこれで普通の決算だったら粉飾を疑う場面ですらあります。
それを今頃。。。

もう一つは、無配だけれど優待は残すこと。
ええ。。。私には理解できません。優待はコストがかかるのですから、無配になった今、優待も廃止して、少しでも赤字を減らすべきです。

しかしそんな考えはないようです。
株主還元の意味合いを取り違えていますね。

また投資家サイドとしても、今回の件をしっかりと受け止めなければいけません。

株価は大暴落する中で優待を受け取ることがそんなに価値のあることなのか?
優待の存在を投資価値と考えていないだろうか?


企業も、個人も改めて優待について考えるべきでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/10 Mon. 23:46 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

10

ベルリンの壁から25年 

ベルリンの壁から25年

1989年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25年です。

ちょうど私は大学を卒業するかしないかの頃で、社会の動きにようやく目を向け始めたころだったので、比較てよく覚えています。

25年も前のことなんですね。。。そっちの方がビックリかも。

25年の歳月があれば、ほんといろんなことが変わるものですね。冷戦からの変化を考えると、次の25年も大きく変わるのでしょうね。まあ、私なんぞに予想もできませんが。

そう考えると、長期株式投資は利益にひたすら注目をしておればなんとかなりそうなので、まだ簡単とも感じます。
ちょうど私の社会に出てからの期間と重なるので、一つの区切りとして意識をしてみたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/09 Sun. 22:00 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

本日の投資に関するニュース、トレードに関するニュース 

本日の投資に関するニュース、トレードに関するニュース

 自分は企業を応援し、企業と共に成長する目的で株式投資を行うのか?それとも、単に株式をサヤを得る目的で売買のツールとして利用するトレードを行うのか?
 この違いをはっきりとさせることが成功への第一歩です。

 株式投資に関連する数多くのニュースがありますが、マスコミからの発信段階ではこの二つを区別して発信してくれません。このため、自分自身が情報を入手する段階でその区別をするより仕方ありません。

 ということで、本日の日経新聞からそのいくつからをピックアップしてみました。参考にしてください。

 ・まず一面の日中首脳会談ですが、しいて言えばトレードでしょう。長期的には中国に進出している企業利益に反映するかも知れませんが、今の段階ではどの企業がメリットを受けるのか判断できません。
 よって、雰囲気だけで中国関連企業がネタとして買われ、売られるトレードの要素が強いです。
 ・一面、二面の上場企業経常益1割増!これは投資に関連するニュースです。直近の業績の見通しはとても大切です。ただし、記事で取り上げられている企業に限ったものです。全体的にインデックスがどうなるのかは長期個別株投資にはあまり関係ありません。またこの中でキーワードとされていた「偏り」は重要だと思います。すべてが増益でないことを銘柄選択においては忘れてはいけません。
 ・5面のシティ個人部門を三井住友銀行に売却交渉。
 これはまだ決定事項でなく、実際に売却されたとしてもどれだけ利益増に貢献するのか未定なので、投資のニュースではありません。ネタにしても弱いと思いますが、トレードのニュースです。
 ・肥後銀行、鹿児島銀行の統合が地銀再編につながるのか・・・とのニュースは当該銘柄を保有している方には大きな投資のニュースでしょう。しかし銀行の将来の利益成長が見えない私には関係のないニュースです。統合して一株利益が大幅増!そんな世界ではないと思います。規模が大きくなることと収益力がアップすることとは別の問題です。
 ・6面の追加緩和 物価2%へ執念。
 これは投資に関係します。銘柄選びはさておき、国策でインフレにすると言っている一方で、金融緩和で金利を上げないと言ってるのですから、別の言い方では、「株式投資をしなさいよ!」とのメッセージと考えてもよいでしょう。インフレで苦しい、困ったと嘆く前に自分ができることを考えるべきでしょう。
 ・13面ワタミ最終赤字に。
 これはまさに投資に関連します。ワタミをもっている方は、再び成長路線に戻るまで一反離れるべきでしょう。また、ワタミだけでなく、他の居酒屋、外食チェーンにもチェックを入れるべきです。人口減の影響が本当に出てきているのであれば、働き手が減少すると考えられる建築業や運送業の将来についても考えてみるべきでしょう。
 ・まだまだ紹介したいところがあるのですが、最後に、20面の仕組み債が大量償還、21面の不動産証券株に過熱感はトレードのニュースです。短期で売買する人は要チェックです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/08 Sat. 16:30 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

08

恒例の雇用統計発表! 

恒例の雇用統計発表!

早いもので、11月の第一金曜日、米国雇用統計の発表日となりました。

早速結果です。
非農業部門雇用者数は+21.4万人、失業率5.8%でした。

良い面で考えると
•9カ月連続で20万人を超えたこと。
•失業率が、予想5.9%に対し低下したこと。
•U6と呼ばれる指標が着実に減少していること。などです。
※U6:(完全失業者+縁辺労働者+経済情勢のためにパートタイムで就業している者)/(労働力人口+縁辺労働者)

悪い面は、
•雇用者数が予想23.1万人より悪かった。です。

ドル円レートは、
20141107230848ea0.jpg

のように強弱が入り混じっています。

今後はどうなるでしょうか。長期投資に今日の結果は関係ありませんが、気にはなりますね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/07 Fri. 23:12 [edit]

category: ● 統計の確認

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

07

オバマ敗退 

オバマ敗退

アメリカ中間選挙で民主党が敗退、共和党が圧勝しました。
経済はまあまあ良いのに。。。オバマの手法はアメリカ人からも評価されていなかったのでしょう。

この結果、ねじれ国会が解消したことはよかったと思います。
これまで、進まなかった諸々の事柄が進むことでしょう。外交面も強いアメリカが戻ることでしょう。

但し、経済面は一波乱あるかもしれません。
と言うのは共和党は強いアメリカとともに、強いドルを目指すと思われるからです。

量的緩和はもう終了しているので良いのですが、利上げ時期の予想は早まるかもですね。
取り敢えず、ドルが強くなる=金や円がが弱くなる、と思えばよいです。

直近の円安はまさに共和党効果ですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/06 Thu. 22:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

06

理解不能。。。 

理解不能。。。

少し古いデータになりますが、野村総研がNISAについての意識調査をしています。
7000人からデータを集めていますが、その中の質問項目の一つに「投資のイメージは?」があります。
複数回答なので100%にはなりませんが、結果は次のようになっています。

20141106114642682.jpg

予想通り、リスクが高いやら、素人には難しいやら、損をするやら、ギャンブルみたいやら、、、
長期個別株投資はギャンブルではないんですよ!ともっと声を大にしてアピールすることがいるようです。

それは一旦置いておき、今回理解不能としたのは、右側のNISAのイメージとの対比です。

回答内容が大きく変わっていますね。

例えば投資をリスクが高いと感じる方が39.1 %いるのに対し、NISAでは15.9%です。
ええ?となりませんか?
同じく損をするは、26.8 %が13.4%に!
(おいおいNISAを使うと損失が減るのかい!)
ギャンブルに至っては、23.7%が11.3%まで低下しています。

NISAってそんな特別な制度でしたっけ。リスクが減るのでしたっけ。
ほんと、呆れてしまう結果です。それだけ従来の投資に対するイメージが悪いのでしょう。

複雑な気持ちになる調査でした。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/05 Wed. 23:45 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

セミナーで聞いた考えさせられる一言 

セミナーで聞いた考えさせられる一言

 先日受講した格付けセミナーの中での気になる一言を追加でご紹介します。

 A.営業利益率5%しかないの?この責任をどう取るの?融資を引き上げさせていただくことになるかも・・・。

 J.営業利益率は3%か。まあ合格でしょ、これからも引き続き頑張ってください。


 だそうです。分かりやすくA・Jとしました。もちろんアメリカと日本です。
 
 単に日米の違いをご紹介されただけなのですが、そんなものかと聞き過ごすわけにはいきません。
 これが両国の常識だとすると、株式投資においては重大事項です。
 アメリカ金融市場の真ん中におられた講師です。まさにこれが現実なのでしょう。

 短期トレードでは関係ありませんが、長期投資は利益成長が命。営業利益率は利益創出に大きく関係していますので。

 アメリカ市場の銘柄研究も真剣に行うことが求められるのでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/04 Tue. 23:50 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

TB: 0    CM: 0

04

シナリオ通りで一安心 

シナリオ通りで一安心

 黒田バズーカ第二弾により、日経平均は急上昇しましたが、今のところシナリオクリアと言うことで一安心です。
 そのシナリオは、6月27日にアップした「再びフルインベストメント宣言!」です。

 ブログはマクロの観点からの分析のみでしたが、この頃に行ったセミナーでは、「マクロ以外にも国策があるでしょ。」「すなわち消費税増税に向けた、GPIFの投資割合の見直し、日銀の追加緩和、政府の財政出動、税制のバックアップなどがあるからです。」と言ってたもので。。。

 10月に入ってからの暴落には肝を冷やしましたが、とりあえずはクリアです。

 ただ、あまりにも無理やり仕向けた間があるので、このまま一本調子で上昇とはならないのではないでしょうか。
 マクロ環境などを背景に、全体的なPER水準の上昇&定着となればよいのですが、これを機会と売りポジションをねらっている投機筋もいることでしょうし。

そんな中でもマクロ的には
 ・実質金利がマイナス(名目金利-CPI)
 ・米国経済の好調さ
 ・有効求人倍率が1倍以上
などの面が維持されているので引き続きプラス方向で考えています。
ただし
 ・GDPギャップの解消
 ・潜在成長率>長期金利
 などは若干不明瞭なところに転落しているので、気がかりではありますが。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/03 Mon. 23:02 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

TB: 0    CM: 0

03

格付けの重要性を再認識 

格付けの重要性を再認識

昨日は、格付けに関する勉強会でした。

債券発行には大きな影響を与える意識はありましたが、それ意外にも。

大切なことはトリガー条項ですね。
格下げがあると、諸事項の制限が発生し、最悪融資の期間利益の喪失となります。
すなわち、強制返還ですね。

格下げになると日々の経営に制限が加わり、これがさらなる格下げを引き起こし。。。
一旦悪循環に陥るとその流れを食い止めることは簡単ではないとのことです。

BBBからBBに転落するとデフォルト率が大きく上昇するのは、心理的な側面があること、機関投資家などの保有制限がかかること、そしてトリガー発令による悪循環に入ることなどがあるのでしょう。


また、株式投資との関連でいくと、常に成長に着目をするのが株式市場またはアナリスト。後ろ向きの情報に着目するのが格付けなので、整合性はあまり大きくない、とのことでした。
特に私は危ない会社に投資して、V字回復を期待する手法は取らないのでなおさらです。
常に優良銘柄を安く、としか考えていませんので。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/11/02 Sun. 18:55 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  本当の株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

02

黒田バズーカ2だけではない 

黒田バズーカ2だけではない

黒田バズーカ第二弾のインパクトが大き過ぎて霞んでしまいましたが、GPIFの運用方針の変更も株価上昇を後押ししたと思います。

運用比率目安の変化は
旧 新
国内債券 60 35
国内株式 12 25
海外債券 11 15
海外株式 12 25
マネープール 5 0

となっています。
もちろん中心値であり、乖離幅も認められています。

国内外の株式比率は倍増以上ですから、どの程度の期間で変更するのかが気になりますが、インパクトは大きいですね。


ちなみに海外での株式での運用例として
カナダ49%
カルパース63% などがあります。

債券を持ってると安全。
そんな時代ではないですね。
金利上昇による価格変動リスク、利回りが取れない収益機会の損失のリスクなどもあります。

自分たちの大切なお金をリスクに晒すのか、と文句を言う人もいますが私は特に問題があるとは考えません。
特に今は株式投資の時代であることを考えると、こんなものではないでしょうか。


これ以外には、アメリカのGDPが比較的よかったことなどもあります。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/11/01 Sat. 16:13 [edit]

category: ● 統計の確認

TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。