03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

TDKの急落への対応 

TDK急落への対応

 TDK<6762>が急落しています。午前9時32分には210円安(4.67%安)の4285円に。
 日経平均が堅調に推移している中での大きな下落なので、この理由を考えることは今後の投資に役立つ思われます。

 28日に決算発表がありましたが、その内容から確認すると、14年3月期の
  売上高 9845.3億円(前期比16.9%増)
  営業利益 366.2億円(同66.0%増)
  純利益 162.9億円(前期は11.95億円)  と、まったく申し分ない決算です。
 
 次に15年3月期の会社予想は
  売上高 1兆500億円(前期比6.7%増)
  営業利益 570億円(同55.7%増)
  純利益 340億円(同2.1倍)  とこれまた、まったく申し分ない決算です。むしろすごい業績回復と言えます。


  先週明け21日の株価4615円でのPERを確認すると
  対14年3月 → 35.65倍
  対15年3月(予) → 17.08倍  と低くはありませんが、特に割高とも言えません。

  
 ではなぜ急落なのでしょうか?

  その理由として、今期予想が市場コンセンサスに届かなかったことが嫌気された。ようです。
  ちなみに市場が期待する予想数値は
   営業利益 600億円弱
   純利益 390億円弱   でした。


 現実に株価急落なので、市場予想の影響力がとても大きいことが分かります。
 でも、決算は良いのに・・・。

 このようなケースは、株式市場においてよく見られることです。だから、株式投資は難しい、株式投資は化かし合い、株式投資は美人投票などと言われるのでしょう。

 では個人投資家はどうすべきなのか?その対策は3つしかないと思っています。

 1.業績は急回復なのに株価は急落!こんな世界付き合ってられない!と始めから関わらない。
 2.28日の決算発表を予想する。かつ市場コンセンサスと比較してよいのか悪いのかを予想する。で、今日の株価下落を予想して、金曜日中に売っておく。または、先週の株価がさえないことと、コンセンサスを下回ることをリンクさせ、先週半ばに売っておく。
 3.長期投資と割り切る。であればここ数日や数週間は、コンセンサスに届かないことをネタに売られるのでしょうが、そのうち業績に見合ったPERに落ち着いてくるはずです。
   18倍くらいは、まあ、ありえる水準だろうと予想する時、会社予想一株益270.4×18倍=4867円の株価は、割高でない適正水準だと考えられます。であれば、そのうちこの水準に戻るんじゃない!と考えると市場予想との相違などまったく心配しなくてもよい、株式投資ができます。

 
 上記1は、長期投資推奨ファイナンシャルプランナーからすると、お勧めできません。
 2は、できればそれに越したことはないのですが、まず不可能。特に相場に張り付くことができない本職が他にある個人投資家には無理なことです。きれいさっぱり忘れてしまいましょう。
 3 これは本職が別の個人投資家にも十分可能な対応です。

 やはり、プロでない個人投資家は、長期投資にこだわって、長期投資の手法を頑として実践すべきなのです。
 であれば、今期予想のPER35倍などのところでは投資していないはずです。また投資した場合でも、1年後の利益を念頭に投資しているはずです。その時は会社発表の利益であっても、PERは20倍以内。何もあわてることはないでしょう。
 そもそも、不安定なTDKが投資対象に入るのかどうかは、まったく別の問題ですが。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



  
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/30 Wed. 17:00 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

30

身構えざるを得ない一週間 

身構えざるを得ない一週間

 本日より、ゴールデンウィーク前半がスタートしますが、株価下落の可能性を心配しながらの期間とならざるを得ないですね。

 短期的な市況に影響を及ぼす、金融政策関連では
  日本銀行・・・金融政策決定会合(30日)
  FRB・・・FOMC(30日)
  ユーロ・・・政策金利決定(5/8日)
 と連続して、金融政策が決定されます。日本は現状維持、アメリカは緩和縮小継続、ユーロは微妙と個人的に予想していますが、これが予想と外れた場合、株価は大きく動いてしまう可能性があります。

 また、金利決定の根拠となる指標としては
  アメリカ雇用統計・・・5/2(金)も控えています。
  ちなみに市場予想は、(非農業部門)雇用者数は前月比 21 万 5000 人の 増加。失業率は6.67%となっています。
  あとは、30日のアメリカGDP速報もあります。寒波の影響があった期間を含むので、どう出るのか?

 これらの指標は要注目ですが、これ以外に気になる点は、NY市場です。
 アマゾン・ドット・コムが4-6月期に営業損失を計上する見通しを発表したことから9.9%の大幅安になりました。ハイテク株を中心に上げ相場が目立って来たため、他の銘柄の決算状況では調整色が強くなるかも。
 日本株も決算が相次ぎますので、これによっては大きな影響があります。
 オリエンタルランドのように、前期はよくても今期がどうなるのか?注目点は15年3月に移っているので、やはり気になるところです。

 まだあります。
 近年セルインメイ(sell in May)がかなり定着したことです。まさに昨年のトラウマとして多くの人が懸念していると思います。
 そもそもの根拠は、ヘッジファンドの決算がある・・・。程度しかないのですが、現実はどう考えてもセルインメイが正解となっています。
 根拠のないことでも、多くの市場参加者がそれが正しいと思うのであれば、現実に起こる点が金融市場の怖いところ。ちょっと身構えてしまいます。

 その他、ユーロ危機の発端となったギリシャでのデモも2010年のゴールデンウィークの最中でした。

 ウクライナ関係を中心に地政学的リスクにつながる事件がどこで起こっても不思議ではない状態です。この点も気になります。

 
 投資のニュース、トレードのニュースが入り混じっていますが、注目、心配、そんな言葉が浮かんでくるゴールデンウィークです。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/29 Tue. 23:50 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

オリエンタルランドの決算がピンチ 

オリエンタルランドの決算がピンチ

 朝日新聞によると
 ランドもシーも新改装目白押し TDR好業績で投資倍増
 オリエンタルランドは28日、新アトラクションの導入や改装などテーマパーク事業に今年度から10年間で5千億円を投じると発表した。ここ数年の年間投資額は200億~300億円ほど。投資額をほぼ倍増させ、魅力をさらに高める狙いだ。
 この日発表した14年3月期決算は、売上高が前年比19・7%増の4735億円、営業利益が同40・5%増の1144億円でともに過去最高となった。開業30周年記念イベントなどの効果で来園者数が初めて3千万人を突破し、約3130万人に達した。
 15年3月期の来園者数は10・5%減の約2800万人と見込むが、同社は今後の積極投資で10年後までに毎年、年間来園者数が3千万人を超すことを目指す。

 とのことです。ここから悪いイメージは受けません。


 一方、日経新聞は
 オリエンタルランドは28日、2015年3月期の連結純利益が前期比21%減の555億円になる見通しだと発表した。前期に東京ディズニーリゾートの開園30周年を記念する企画で大幅な集客増になった反動で、来園者数が1割強減るとみているため。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(24日時点、14社合計)の596億円を下回る。
 売上高は12%減の4176億円、営業利益は27%減の831億円の見通し。配当は前期比横ばいの120円(中間・期末ともに60円)とした。

 このように、今期末の減益から記事をスタートさせています。
 いくら今年が調子よいからといって、最終利益21%減は大き過ぎる決算です。順調であったオリエンタルランドに再考のタイミングが来たのかもしれません。

 ただし、同時発表の中期計画では、新規アトラクションの導入などにより、17年3月期の連結営業利益は1000億円規模を目指すとなっています。
 3年後に、営業益831億円→1000億円であれば問題はありません。継続して保有することも検討課題となります。

 さあ、今後当面の株価はどうなるのか?長期的な株価はどうなるのか?
 言うなれば、日経新聞の衝撃的な減益記事があたるのか?朝日新聞のノー天気記事があたるのか?悩ましい局面に差し掛かりました。

 
 営業利益率が堅調な点から入場者数さえあれば、大丈夫であると考えていますが、これ以上の入場者数増が物理的に可能なのか?利益率はまだのびるのか?
 検証点はこのようなところになると思いますが、短期マイナス長期プラスの株価予想と思っています。つまり、長期投資をイメージするのであれば、株価が安くなったところで押し目買いが考えられるのでしょう。
 14年3月期の一株利益ベースでのPERは18.68倍。20倍程度のPERは維持すると思うので、予想一株利益670円×PER20倍=13400円から考え、13500円になれば押し目買いに入っても良いのではと思います。

 一方、私の予想を超える、ディズニー愛を持つ投資家が多いのであればここまで株価は下がることもないでしょう。その時は、愛のない私はあきらめるだけです。


 みなさんはいかがお考えでしょうか。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 
 

Posted on 2014/04/28 Mon. 23:56 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  本当の株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

28

富士重工のIRチェック 

富士重工のIRチェック

スバルレヴォーグが人気化しているスバル(=富士重工)のIRをチェックしました。

各所に工夫を凝らした、前向きなIRです。
中期計画も分かりやすいところにあります。
製造、販売の月次データもいいですね。
個人投資家へのメッセージや、配当の状況なども分かりやすかったです。
変わりどころとしては、IR内の人気ページのランキング。本当に必要なのか疑問に思うところもありますが、ランキング上位のページは、チョット見てみようかと思うことも確かですね。

このように、全体的にはとても良かったのですが、富士重工の株主になればこんないいことがあるんですよ!とのアピールはまだまだ足りないですね。
将来への夢を抱かせることもあって欲しいです。また、過去の何処かで株主となり、現在もこれを続けていれば→すごいことになっているでしょ。
こんな歴史を載せることもいいと思います。

あと一歩が欲しかったです。
株主って素晴らしいんだ!そうアピールしているIRにはなかなか巡り合えません。


 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆


合計 72/100点です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/27 Sun. 23:57 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

27

NTTドコモの暗(小)と暗(大) 

NTTドコモの暗(小)と暗(大)

 ドコモに関する、暗(小)と暗(大)、二つの記事が出ました。
 
 まず暗(小)から。

 NTTドコモは13年度の決算を発表した。営業収益(=売上)は0.2%減、営業利益は同2.1%減の8,192億円となった。
 当期純利益は同5.35%減の4,647億円。

 このような結果ですが、株式投資的にはギリギリ許容範囲だと思います。
 スマートフォン販売数は同3.7ポイント増の1,378万台だったこと。純増数についてはiPhoneの導入後、大幅に改善。下期前年同期比約80%増となったこと。現状でも配当利回りが高いこと(3.8%予)などがプラス面で寄与します。
 減益は決して誉められることではないため、明か暗かと言われると暗です。しかし上記のプラス要因のことも考えて暗(小)としました。株価の暴落まではいかないと思います。


 一方、暗(大)はインドからの撤退に関するニュースです。

 保有するインドの通信事業者「Tata Teleservices Limited」の株式を売却し、インド市場から撤退することです。
 経緯などは記者会見で次のように説明されていますが、一言で言うと下手、でしょうか。

 「新興国の雄であるインドの経済成長を見込んで、これまで投資してきた。短期での収益は考えておらず、中長期的な投資だった。ドコモの培った3Gの通信技術や経験、サービスをインドでも活かしていく考えだった。ショップにおける売り方に至るまで踏み込んで改善を繰り返した結果、販売シェアはインド国内で4位まで上がった。しかし競争が激化する一方でARPUは低く、加えて通信行政が混乱した影響が響いた。政府の汚職を契機にして、割り当てられていた周波数が取り上げられてしまい、再配布の際にはオークションにかけられた。利用料が高騰するなど、全く想定外のことも起こった。まだこれから成長していく市場だとは思うが、当初予測していたものではないと判断し、苦渋の決断を下した」と説明した。

 この点を暗(大)としたことは、今後の成長が期待できないものになったからです。
 配当は確かに魅力的ですが、それだけでは心細いのも事実です。この点を補ってきたのが、海外の収益貢献です。

 これまでも、海外に将来を求めては失敗することの繰り返し。オランダ、イギリス、アメリカと先進国で敗れただけでなく、今回は発展が期待できるインドでの敗北。そろそろ、経済環境ではなく、ドコモの能力が足りていない。そんな結論に達してもよいのではないでしょうか。(実はダメだと言われながらもちょっと期待していました。。。)
 残るは投資額が小さなKGテレコム(台湾)とどうでもよいような韓国だけです。

 海外からの収益が今後も見込めない状況が確定すると、あとは国内での顧客奪い合いがどうなるのか?いつまでこの配当が続けられるのか?に注目が集まる、面白くない株式投資になってきます。

 その意味で暗(大)です。少なくとも私の中ではドコモへの選択肢はなくなりました。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/04/26 Sat. 23:52 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

26

消費増税以降の物価指数 

消費増税以降の物価指数

消費税が上がると、表面的な物価は値上がりします。
すると物価指数は値上げの理由いかんによらず、上昇します。これから一年間は、消費税が原因なのか、それ以外が原因なのか分かりにくい時期となりますが、日々の生活における支出が増えていくことは間違いありません。

また、給与の上昇や預金金利の上昇がインフレをカバーしてくれるのではまだよいのですが、32年ぶりの実質金利マイナスの時代です。
その意味では今回のインフレは、悪性のインフレと言って良いでしょう。悪性のインフレには対処が必要となります。その意味でも株式投資の重要性が増してきます。


そんな4月以降のインフレの第一弾となる指標が発表されました。

東京都区部限定となりますが、2.7%の上昇でした。先月までが、1.3%程度だったので、1.4パーセント程消費税の影響があったと考えられます。
全国版は、5月末にならなければ4月以降のデータが出てきませんが 、参考として2.7%を覚えておけば良いでしょう。
そして、0.03%の定期預金で運用する場合には、確実に2.67%自分の資産が目減りしていくことも。。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/25 Fri. 23:12 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

株式投資家目線からの電気料金値上げ 

株式投資家目線からの電気料金値上げ

 東日本大震災以降、何度このような文章を見たのだろうか・・・。

 関西居住の私は関西電力なのですが、ほんとやっていられません。

 
 ~電気料金の値上げについて 認可をいただいた料金等のお知らせ

 弊社は、火力燃料費の増加等により、電気料金の値上げを経済産業大臣に申請し、国の審査を受けておりましたが、平均9.75%の値上げにて認可をいただき、平成25年5月1日から実施させていただくこととなりました。
 お客さまに多大なご負担をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
 弊社は、今後も引き続き、安全確保を大前提に原子力プラントの再稼動に全力で取り組むとともに、さらなる徹底した経営効率化を実現し、電力の安全・安定供給に全力を尽くしてまいります。あわせまして、お客さまの省エネルギーニーズにお応えする効率的な電気の使い方に関するご提案に取り組んでまいります。
 何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。~


 このご時勢、9.75%ですよ。何とかしてもらわなければ・・・。
 
 ちなみに、私はこんな不満を表明していますが、原発反対の方は同調しないで下さい。
 売り上げにつながらないが、コストだけは同じようにかかる原発を抱える中では、文句は言えないところがあります。この状態を承認した上で、原発反対なのでしょうから。
 
 ちなみに私は原発承認派です。安全第一は分かるのですが、極端すぎる意見にはどうも納得が出来ません。


 生活者目線では、上記のようなコメントとなるでしょう。

 では、株主目線または株式投資家目線からはどのようなコメントになるでしょうか。
 一言、「このご時勢に、自社の高コスト体制もそっちのけで値上げ申請ができる電力会社はいいよね。」となります。これだけ堂々と値上げできる、神経と仕組みとすべてが、「いいよね」となります。

 別の面から見れば、「こんなに強い会社はないよね!」となります。
 デフレからインフレに変化する世の中において、何のためらいもなく値上げができる会社は強い会社と考えられます。ホントうらやましい、と思っている他業種の経営者は多いはずです。

 強い会社は投資先候補となります。消費する電気料金が値上げになるのであれば、その分を株価上昇や配当でカバーすることが対応のひとつになります。
 
 文句ばっかりたれていないで、そんな目線を持つことも必要でしょう。


 ただし、今の将来への展望が不透明な中では、電力株はちょっと買えませんね。
 そこまでの思い切りは、今の資産状況からはとても無理です。
 あきらめましょうか。。。

 いや、もう一つ手段があります。
 それは、国内電力会社よりは自由度が高く、海外進出もできる成長性を持ちながら、困った時は値上げができる利権的な性格を持ち合わせる海外の電力会社株です。
 ありがたいことに、電力業界の高配当傾向は同じように存在しています。むしろ国内よりも高く4%や5%などの獲得も十分可能です。

 電力会社は強いな→株主になって自分の資産形成に役立てよう→でもその他の事情が悪すぎるな→海外電力会社に目をつけるとすごい会社がある→この会社の収益で電気料金アップをまかなおう。
 こんな思考回路です。

 もちろん海外市場での売買になるので、個人的にはむつかしい点もあります。でも、そんな時は海外の電力株を投資対象の中心としている投資信託を使う手があります。
 手数料分はマイナスになりますが、自分ではできないのですから仕方がありません。その分も稼いでくれるのか?これに期待をする以外ないと思います。

 
 電気料金の請求書を眺めたときに、このような発想ができるようになることが、株式投資家目線ですね。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/24 Thu. 23:54 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

24

増益&高配当利回り銘柄をスクリーニング 

増益&高配当利回り銘柄をスクリーニング

 今、高配当銘柄に何があるのだろう・・・?と思い、スクリーニングしてみました。
 
 こればかりは、ヤフーファイナンスの高配当利回り銘柄ランキングが使えません。
 ヤフーのランキングは過去一年の確定配当を使っているため、分割があった企業は、「分割前配当÷分割後株価」で計算され、とんでもない利回りに・・・。
 また業績急悪化で株価下落となった企業は、「業績悪化前の配当÷悪化発表後の株価」となり、これまた結構素晴らしい(もちろん見かけだけ)配当利回りとなります。

 
 これから投資を考える時の配当利回りの計算は
 「予想配当額÷現在の株価」で計算しなければいけません。
 これを全銘柄対象で計算し、ランキングにするとなると・・・。
 ここは四季報のCDROMに登場してもらうほかありません。

 で計算してみました。念には念をいれて、前々期→前期が5%以上の増益、かつ、前期→今期予想が5%以上の増益。2期共に黒字の条件も加えました。

 結果は、

  3%以上の配当利回りの場合28社が該当(数が多いので銘柄は割愛します)

  4.5%以上にハードルをあげると、ウェッズ(7551)と極東証券(8706)の2社となりました。

  証券会社は相場状況からの影響が大きいので、安心できないところがあります。
  残るは、ウェッズ(7551)。JQ上場である点と本業以外の老人ホーム経営をしている点がマイナス評価ですが・・・。とりあえず様子は見ていこうと思います。

 
 自分の好きな条件で検索してみると、結構楽しいですよ。
 いろんなところの推奨銘柄を追いかけるよりも、よっぽどいいんじゃないかと思っています。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/23 Wed. 23:54 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  高配当利回り 
TB: 0    CM: 0

23

商船三井のIRより転載 

商船三井のIRより転載

 中国による船舶差し押さえから数日が経過しましたが、昨日には商船三井のWEB上に、この件についての経緯がアップされていました。
 
 
中国当局による当社船差し押さえの件

2014年4月19日、当社運航の鉄鉱石運搬船'BAOSTEEL EMOTION'が中国浙江省にて中国当局の差し押さえを受けました。
これは、大同海運(1999年に合併したナビックスライン㈱の前身)が中国船主(中威輪船公司)から定期傭船し、その後日本政府が徴用した後に滅失した貨物船2隻につき、当該中国船主ら原告に対して総額29億円の損害賠償金を支払うよう、中国上海市高級人民法院から判決を受けていたことに関連してのものです。当社は中国最高人民法院に対して再審請求を行っていましたが、同請求が却下されたため、原告側に示談交渉を働きかけていたところでした。

(参考)
本件の経緯
 商船三井の前身の一社である大同海運は、1936年6月及び10月に中威輪船公司から順豊号及び新太平号を定期傭船する契約を締結したが、傭船期間未了のまま日本政府が徴用。両船とも徴用中に沈没或いは消息不明になった。
 1964年、中威輪船公司代表者の相続人が日本政府を相手として東京簡易裁判所に調停を申し立てたが、1967年不調に終わった。1970年には原告は東京地方裁判所に損害賠償請求を提訴したが、東京地裁は1974年に消滅時効の成立を理由として棄却した。その後、原告は東京高等裁判所に控訴したが、1976年に取り下げ、東京地裁の判決が確定した。
 1987年初に中国の民法における時効制度が通知され、1988年末が損害賠償の提訴の期限となったため、中威輪船公司代表者の相続人が、1988年末に大同海運の後継会社であるナビックスライン(株)(現在の商船三井)を被告として、上海海事法院に定期傭船契約上の債務不履行等による損害賠償請求を提起した。
 2007年12月7日上海海事法院にて、原告中威輪船公司に対して約29.2億円の損害賠償を当社に命ずる一審判決が出された。当社は、同判決を不服として上海市高級人民法院(第二審)に控訴した。
 2010年8月6日、上海市高級人民法院より第一審判決を支持する第二審判決が出された。当社は、最高人民法院に本件の再審申立てを行ったが、2011年1月17日に、同申立てを却下する旨の決定を受けた。
 これを受け、当社は上海海事法院と連絡を取りつつ、和解解決を実現すべく原告側に示談交渉を働きかけていたが、今般、突然差し押さえの執行を受けた。



 あらためてこの事件について思うところは
  ○今回の差し押さえは、戦後秩序の構築・邁進に向けた動きに逆行するもの。ありえないものである。
  ○しかし、経緯をよく見ると、2011年には損害賠償支払いの判決が確定している。この時点でなぜ社会問題化にならなかったのか?判決後の動きも大切であるが、判決時も大切。政府・マスコミは強く反省すべき。
  ○商船三井側の弁護士は無能なのか?有能であっても、中共独裁のもとでは法は役立たないのか。
  ○そもそも、他国(中華民国時代、現中国は存在していなかった)が治めていた時期の、他国の法を今の中国が判断する権利があるのか?
  などです。


 また、IRとは?について思うところは
  ○IRの役割として、株主に情報発信すること。株主に安心を与えること。があると思います。その点、営業日ベースでは早いうちからリリースがあり、株主は幾ばくかは安心できたと考える(何も分からないことが最悪なので)。
  ○しかし、経過だけのシンプルすぎるものではないか。
  ○他のところでコメントしたものなども、すべて掲載すべき。
  ○会社のリリースのページに掲載されていたが、IRのページでは言及なし。この件は、株主には関係ないことなのか?
  ○業績との関係についてIRに記載すべき。

  IR担当者の方、いかがでしょうか。


 まあ、厳しい目で見れば、このようなリスクがあることは、進出企業にとって想定内のはず。であれば、巨額の賠償金を支払って、ここ数年赤字続きの決算がさらに悪化することはあきらめるべき。
 進出する企業がバカなのか、その株主で居続ける投資家がバカなのか?

 企業経営陣を追求するのは、一般生活者ではなく、株主なのかも知れません。
であれば、株主でない私はあれこれ言う権利なし。今できることは、中共の暴徒ぶりを心に刻んで、今後の投資先企業の判断に役立てることだけでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

Posted on 2014/04/22 Tue. 23:51 [edit]

category: ● IR担当者のみなさまへ

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

22

13年度貿易赤字13兆円超に思う 

13年度貿易赤字13兆円超に思う

 21日発表の貿易統計(通関ベース)で、13年度の貿易収支が13兆7488億円の赤字になったことが発表されました。年度ベースでは3年連続赤字。比較可能な1979年以降で最大の赤字額です。

 もっとも大きな要因は、原発停止によるエネルギー増加、円安による輸入価格の上昇でしょうが、13年の貿易量がドル円が70~80円台で推移していた12年より減少していることを考えると、別の柱があるのでしょう。
 それが、製造業の海外シフトと国内需要の伸び。半導体や携帯電話などの国内生産から撤退した製品の輸入が大幅に増加したことです。

 国内需要が伸びていることもあるので、悪いとは決めつけられないのでしょうが、貿易赤字が経常赤字に影響を及ぼし、経常赤字も継続的に拡大するようになれば、これは別問題です。
 日本には多額の債務残高の問題がありますので。


 株式投資目線で見ると、当面は円安基調は変わらないと考えます。実質の売上や利益が増えない企業でも、円安により名目的な利益は増えるんだろうなとも思います。
 であれば、該当企業の株価も底堅いんだろうなと思います。

 マクロの流れを自社の価値向上に上手につなげることができる企業が、長い目で見たときの投資対象だろうなと思うので、今後の銘柄選択にはそんな視点も入れていこうと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/21 Mon. 23:48 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

21

中国が商船三井の船舶差し押さえ 

中国が商船三井の船舶差し押さえ

いよいよ実害が出てきましたね。この動きが続き、業績に影響を及ぼしてくるとなると、トレードのニュースが投資のニュースに変わってきます。
日中戦争前の賠償を今?
こんなことを許すと、世界中で大変なことになります。確か、政治の世界と経済の世界は別とつい先日言っていたような気がしますが。。。実害を受ける前に中国で営業をしている企業は一考すべきでしょう。


記事の概要は以下のようなものです。
日中戦争が始まる前年の1936年に日本の海運会社に船舶を貸し出した中国の船舶会社の親族が未払いの賃貸料などを求め、勝訴した裁判をめぐり、上海市の上海海事法院(裁判所)は19日、海運会社の流れをくむ日本の海運大手「商船三井」が所有する貨物船1隻を浙江省の港で差し押さえた。上海市当局が20日、発表した。
 戦後補償をめぐる裁判で、日本企業の資産が中国側に差し押さえられたのは初めてとみられる。戦時中に日本に強制連行されたと主張する中国人元労働者らの訴えも相次いでおり、被告となった日本企業を揺さぶる狙いがありそうだ。
 海事法院に差し押さえられた商船三井の船舶は、中国向けに鉱石を輸送する大型ばら積み船「バオスティール・エモーション」
 中国側によると、当時の船舶会社「中威輪船公司」が日本の「大同海運」に船舶2隻を貸し出したが、大同側は用船料を支払わず、船舶はその後、旧日本海軍が使用し、沈没した。
 88年に「中威」の創業者親族が20億元(現在のレートで約330億円)の損害賠償を求めて提訴した。
 大同の流れをくむ商船三井側は、「船舶は旧日本軍に徴用されており、賠償責任はない」と主張したが、海事法院は大同が船舶を不法占有したと認定、2007年に約29億2千万円の賠償を商船三井に対して命じていた。10年に上訴審で1審支持の判決が出て確定したものの、商船三井側は賠償を拒否していた。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/04/20 Sun. 22:43 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

20

これは衝撃的!~ヤフーファイナンスより~ 

これは衝撃的!~ヤフーファイナンスより~

 かねてから分かってはいたのですが、改めてチェックさせていただきました。

 チェックするのはヤフー>ファイナンスのページにある、「プロが選ぶチャンス銘柄(株価予想)」です。
 このページをさらにクリックしていくと、「投資の達人」としても紹介されています。

 期間を決めて(1日や1週間など)、筆者がお勧めの銘柄を紹介するというコーナー。そうそうたるメンバーが(正直聞いたことのない人も多いのですが・・・)お勧め銘柄を、理由付きで紹介してくれています。

 主催者であるヤフーの素晴らしいところは、過去の予想に対する勝率や推奨銘柄を指示通りに売り買いしたときのトータルでの成績を載せていることです。
 そしてヤフーのマヌケなところは、こんな企画をヤメずに継続していることです。

 
 なぜ衝撃的なのか、なぜヤフーがマヌケなのかは、その結果を見ていただければ分かります。
 まあとりあえず、ランキングにしたので見てください。

 プロが選ぶチャンス銘柄140419

 まずは勝率からです。株価予想を勝ち負けで見たとき、猿でも幼稚園児でも確率5割になることはお分かりになると思います。この点を押さえた上で、
 データの確認できた25名をランキングにすると・・・。

 あらら、5割の勝率をキープしているのは、上位8人だけ残り17人は下回っています。
 さらに、厳密には5割ではプロとしてだめなので、5割超とすると、該当者は6人のみ・・・。

 タイトルが「プロが選ぶ・・・」ですよ。投資の世界のプロは、本職か本職でないかの違いだから、能力が優れているとは一言も言っていないんだ!
 そう言うなら仕方ありませんが、プロの二文字が虚しすぎます。

 でも、騰落率で勝っていれば問題ないだろう!と言うことで、パフォーマンスもランキングにしてみました。

 プロが選ぶチャンス銘柄騰落率140419

 同じような結果で、上位7名がかろうじてプラスの結果となっています。
 ちなみに直近3ヶ月間の日経平均は-7.75%ですが、この予想は買いだけでなく、売り推奨もあるので、あまり参考にはならないでしょう。
 まあ、合格ラインを対日経平均としても、これを上回ったのは10名のみ。これでは・・・。

 
 この結果はどう考えればよいのでしょう。答えは2つ・・・でしょうか。

 1、人選ミス。プロでない人を選んでいる。
 2、所詮トレードなんてそう簡単に当たるものではない。そもそも無理。

 私は2が答えであると思います。株は売って買ってするものだよ。とも言われますが、これは嘘。中長期でじっくり持つほうが高収益となります。

 こんな企画をさも正論のように続けるから、株式市場からまともな真の意味での投資家がいなくなっていくのですよ。日本のためを思うなら、違う企画にすべきでは、ヤフーさん!
 また、参加者も恥ずかしくないのでしょうか。なにか変な世の中です。

 最後に、上位2名には脱帽です。機会があればその手法やポリーシーを研究してみたいものです。他の方と混ぜてゴメンナサイ。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/04/19 Sat. 22:17 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

19

IPOを勝った、負けたで表現している限り、株式投資なんてする人は増えませんよ! 

IPOを勝った、負けたで表現している限り、株式投資なんてする人は増えませんよ!


 本日の日経WEB版の1番人気記事がこれ。
 「閑散極める日本株、IPO3連敗が示す個人の戦意喪失」

 やはりみんな気にしているんですよ。日本の株式市場が少しでも盛り上がって欲しい。そう思っているんですよ。

 しかしこの記事の中では
 「東証1部に新規株式公開(IPO)したジョイフル本田の初値は売り出し(公開)価格を2%下回った。公開価格に対して初値が上回った(勝ち)か下回った(負け)かを判定するとこれで3連敗。約2年4カ月ぶりの連敗記録で、個人の投資意欲喪失を象徴する動きとなった。」
 と書いているんですよね。。。

 なぜ個人投資家が盛り上がらないのか?
 僕は、
  あまりにも「株式=投機的なトレード」との認識が広まりすぎて、まともな投資家が株式の利用を端から拒否している。少なくとも心理的には大きな壁を感じている。
 これが原因だと思っています。もちろんトレードが不必要であるなどはこれっぽっちも思っていません。大切なのは多種多様な投資家がさまざまな目的を持って株式を利用することです。
 
 しかしあまりにも偏りすぎているので、普通の投資家が寄ってこないのです。極端すぎるんだと思います。

 そこで、上記の日経の記事です。買った負けたで株式市場を表現している状態で、新しい投資家が育つ訳ありません。そりゃ売買も盛り上がらないでしょう。

 頼みの綱は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用方針の見直し?外国人の買い?
 そんな記事を書いて、まともな生活者が寄り付くわけ無いでしょ。

 
 まあ、次の部分は納得しましたが。
 「日経平均が急落した前週(4月第2週)の主体別売買動向で、個人は4765億円の買い越しだった。「逆張り」姿勢と見てとれるが実際には「下げ始めで買い、その後の急落で損失を被った投資家が多い」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)との見方がある。」

 そうなんですよね、自分なりの理論価格もない、投資スパンのイメージもない。そんな中での逆張りはやってはいけないことです。
 自分なりに基準があっての上での逆張りであるなら、買った後に急落してもほっとけばいいんです。それで気分が暗くなる必要はまったく無いんですよね。
 何か変?そんな気持ちが繰り返されます。


 あともう一つ、次の記事にも違和感アリアリです。

 「少額投資非課税制度の影響もありそうだ。NISA口座を通じて買われた上位銘柄の武田薬品工業やトヨタ自動車は個別の悪材料もあって年初来安値圏にある。「売れずに含み損を抱えたままの状態となり、次の投資に二の足を踏む投資家が多い。市場が沈滞ムードを抜け出すには時間がかかりそうだ。」

 NISAはそもそも、基本的に5年間は持ち続けましょうね、とのスタンスで投資しているはず。目先のトレーをもっとも嫌う制度のはず。
 そして、上位銘柄はキャピタル狙いでなく、配当狙いですよね。
 であれば、今足元の売買高が減っていることに、NISAの話を持ってきますか?

 
 もし、日本の株式市場を厚みのある、元気なものにしたいのであれば、東証、日経、金融庁などのお偉い方からその考え方を変えていかないければダメなのではないでしょうか。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2014/04/18 Fri. 23:25 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

18

これはどう判断すればよいのか? 

これはどう判断すればよいのか?

 次のニュース、前向きに考えればよいのか?それともダメなことなのか?


 富士重工業は15日、新型スポーツワゴン車「レヴォーグ」の発売を6月20日に延期すると発表した。
 5月から発売する予定だったが、自動ブレーキ機能を持つ安全装置「アイサイト」の生産が間に合わないため、という。レヴォーグは、高速道路を走行中に車線からはみ出さないようにハンドルを自動調整する機能などを加えたアイサイトを搭載。月間販売目標の3200台に対し、予約受け付けを始めた1月4日から3月末までで1万1000台を受注する人気で、生産体制を強化することにした


 販売好調なのですね。増益率、割安さの面で富士重工業は◎です。好調すぎて販売延期。これは良いことのような気もします。

 しかし、視点を変えれば計画ミス。計画設定能力の欠落であり、企業として信頼できるものではないとも言えます。いくら表面的に好調でも、これを機会にキャンセルが続出すればどうなるのか・・・。

 当初から少量生産しかしないので、予約しても長いですよとアナウンスしていたのであれば、ブランドの構築に結びつく良いことです。
 しかし、延期とは・・・。そこまでしてレヴォーグを買う必要があるのか。他にも良い車は数多くあるのではないか。そう考えると、悪いニュースになります。

 短期的な面、長期的な面で見方は変わってくるでしょうが、いずれにしても判断に悩むところです。ここは素直にたくさんの方の意見を聞いてみたい。そうとも思います。
 株価が答えをだすのでしょうが・・・。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

Posted on 2014/04/17 Thu. 23:55 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

17

大暴落から一年が経過 

大暴落から一年が経過

 昨日のNY金市場はファンドの動きに久々に荒れた展開となりました。思えば一年前の4月15日、前週末に始まったファンドの売りが強まり、1日で140.3ドル、率にして9.3%の下げと歴史的な下げを記録した日です。
 今から考えても、あの下げは何だったのか?と思います。

 日本、アメリカとも株式市場が活況に湧いていた時期です。その中の下げ=米ドルや株にシフト、だったのでしょうが、冷静に考えると昨年の今頃がもっとも加熱し、割高水準まで株価が買い進められていた時期となります。
 ファンド関係者たるもの、そのあたりは気づかずに?それとも無視をして?もはや金の時代が終わった・・・。これからは株の時代だ!と思っていたのでしょうか。

 その後5月には、アメリカ量的緩和のテーパリングに関するコメントが当時のバーナンキ議長から発表され、株式市場はボロボロに引き裂かれ、金が復権したことはご承知のとおりだと思います。

 ファンドを売った市場参加者は、こんなことなら売らなければよかった・・・と思っていることでしょう。

 まあ、プロでも将来のことは分からない。たいへん近視眼的に相場に対峙している。と言うことでしょうか。
 怖い世界ですね。

 これを、避けるためには企業業績が株価に反映される長期投資とすること。だと思いますがみなさまはいかがお考えでしょうか。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/16 Wed. 23:44 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

16

生産年齢人口32年前の水準に 

生産年齢人口、32年前の水準に

 総務省が15日発表した2013年10月時点の推計人口によると、数値を公表し始めた1950年以降、15~64歳の生産年齢人口が32年ぶりに8千万人を割り込んだ。一方で65歳以上の高齢者(老年人口)は過去最高の25.1%に達した。
 15~64歳の生産年齢人口は前年より116万5千人減って7901万人。総人口に占める割合は62.1%。
 65歳以上の高齢者は前年より110万5千人増えて3189万8千人。総人口に占める割合は25.1%と過去最高を更新した。
 定住外国人を含む総人口は1億2729万8千人で3年続けての減少。前年比で21万7千人減り、減少幅は3年連続で20万人を超えた。



 さて、この記事をどう捉えればよいのか?いろいろな考え方がありますが、私はかなり重要な問題、日本の将来に悪い影響を及ぼす問題、株式投資にも大きく関連する問題であると考えます。

 日本は人口減の世の中に突入していますが、「人口減」の単語だけではこの重要性が認識できません。
 「少子高齢化」も問題の所在があやふやな表現だと思います。
 もっとも日本の状況を的確に表現する言葉は「生産年齢人口及び若年人口が大きく減少し、老齢人口は言うほど減少しない世の中。」となります。

 例えば、日本全体で家庭用電化製品がもっとも売れたのはいつかご存知ですか?自動車販売は、アクセサリー類は、家具は?

 「それは、バブルの時、1989年か90年だろう。」この答えがもっとも多いと思います。しかしこれは間違い。
 正しくは1995年(平成7年)、または96年です。
 1995年に起こった出来事といえば、オウム事件と阪神淡路大震災が思い出されます。日本中が閉塞感に包まれ、何か違う、何かがおかしい。そんなふうに感じていたときの最高値です。
 ではこの年に最高値となる要因は何なのか?これを探してみると何も見当たりません。考えられるのは唯一つ。「生産年齢人口のピークであったこと。」だけです。

 経済は案外単純なのかもしれません。国内の個人消費が盛り上がるためには、たくさんの人口が買物をすること。一人あたりたくさん買物をすること。この2つです。
 1995年はもっとも消費をする現役世代がもっとも多くいた。そんな年なのです。

 この事実から、生産年齢人口が32年前の水準になったとのニュースは、大きな問題であることがわかると思います。そして今後も生産年齢人口がドンドン減少していく日本は、個人消費がドンドン減っていく世の中であり、GDPが増えない世の中なのです。
 数日前の日経新聞には、0.9%ずつ日本の全員が消費を増やせば人口減がカバーできるとありましたが、はたしてこれは可能なのか?消費に回す資金の問題、欲しいものは何か?とのマインドの問題。いずれからも簡単ではありません。

 
 これを株式投資に置き換えると、世界とのつながりを持つ企業を選ぶことがいかに大切なのかがクローズアップされます。国内消費だけで勝負する企業は、ダメではありませんが成功のハードルが高くなる。この点を認識しなければいけません。

 生産年齢人口減を少しでも遅らせる対策が必要だと考えるのですが・・・。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/15 Tue. 23:34 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

15

サンドラッグのIRをチェック 

サンドラッグのIRをチェック

 97年の上場以来増収を続けているサンドラッグ。過去10年間で売上高・経常利益とも約3倍に成長したサンドラッグ。
連結売上げ5,000億を目指すサンドラッグ。

 こんなサンドラッグのIRをチェックしてみました。
 
 会社情報の中の「数字で見るサンドラッグ」には上記のような、自慢が載せられています。また継続的にROEが15%以上となっている事実も紹介されています。
 IRのページでなく、会社情報の中にあることに少し引っかかりますが、この点は評価できるでしょう。自社の素晴らしさがアピールできないようなIRはダメです。

 過去のデータも10年分以上準備されています。

 これらの点は評価できます。

 一方残念な点もあります。
 
 上記のような数字は、誇るべきアピールポイントだと思うのですが、あまりにもあっさりと記載されており、ほぼスルー状態です。
 これから株主になろうかと言う投資家にもっともっとアピールすべきでしょう。「こんなに素晴らし企業なんだ。」「株主の資産も企業の成長とともに増えているんだ。10年間で株価は1300円が4000円になっているんだ。」「その間、配当は、333円も出ているんだ。」「定期預金をしている場合ではないでしょ。サンドラッグの株主になりましょう。」
 など、アピールできる点はたくさんあるのに、ほんとうに勿体ないですね。

 もう1点残念な点は、今後の増益基調が見えないことです。
 健康志向、高齢化社会におけるドラッグストアの必要性、ポストコンビニとしてのドラッグストアなどマクロ的な視点でもいいです。
 出店計画、配送業務におけるコストダウンの見通し、利益率の向上など、財務的なイメージでもいいです。
 中期計画などを提示し、これまでも達成してきました。次の目標は○○です。過去の達成実績を見て下さい。でもいいと思います。
 
 このような将来への展望がどこにもないんですね・・・。この点はかなりがっかりです。過去がよいのは分かる。けれども将来の安心も欲しい。これが投資家心理だと思います。
 デタラメを並べることは論外ですが、イメージできる資料の掲示は不可欠です。


 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は 52/100点です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 
 

Posted on 2014/04/14 Mon. 23:59 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  本当の株式投資  投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

14

金とマクロ経済について勉強してきました 

金とマクロ経済について勉強してきました

 金(gold)については日本国内第一人者の亀井幸一郎氏の勉強会に参加してきました。

 マクロ経済、やアメリカ金融政策の行方について、そして金について学んできました。
 
 例えば、今後自動車はどうなるのか?10年後には燃料電池自動車や電気自動車が基本となって、ガソリン車は「まだそんなものに乗っているの?」と驚かれる時代になるだろう。
 このテーマだけでも、
  →石油等が主な産業の中東の影響力はどうなるのだろうか?
  →ロシアも同じことが言えるのではないか?
  →アメリカのシェールガスに関しても、大きなインパクトなのか?
 などの発想ができます。
 また、株式投資の銘柄選択では、バッテリー関連の重要性、収益性。そして炭素繊維などのボディ素材の存在価値がクローズアップされるのではないか。このようなことを視野に入れた選択が必要になるのではないか・・・。
 このような話がありました。

 しかし、繊維関連、バッテリー関連は利益創出能力がどう見ても劣っている・・・としか思えない現状があります(私見です)。となると、これらの業種を選ぶべきなのかどうか・・・。
 などなど考えさせられる勉強会でした。


 また、金については
 ・主要通貨の中で、円建て価格だけは1980年1月21日の最高値を更新していない。すなわち円>金>他通貨となる。
 ・過去はこの通りであるが、将来的にもこの関係が維持できるのか?
 ・京都人は金が日本一大好き。

 このような話がありました。
 3ヶ月に一度開催されるこの勉強会は続けて参加しようと思います。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/13 Sun. 23:57 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

13

納税額ランキングを作ってみました 

納税額ランキングを作ってみました

 消費増税が始まりましたが、日本と言う制度の維持において、そして将来の発展において、納税は欠かせません。納税主体は個人だけでなく、法人も同じことです。もし法人の納税がなければ・・・。大変な世の中になりますね。

 と言うことで、四季報を利用して納税額ランキングを作ってみました。
 特別損失や過去の繰越損失などの制度があるため、単純に利益が大きければ納税額が大きいとならないのでは?そんな思いがあったので利益のランキングとともに比較してみました。

 どの企業がランキングに登場しているのでしょうか。好き嫌いはあるかと思いますが、納税で国を支えているとの意味ではリスペクトすべき対象だと考えます。
 感謝の心を持ってこれらの銘柄を見つめてみましょう。

 ランキングは以下の通りです。
 納税額等ランキング

 ※納税の対象は、法人税、地方税、事業税の合計
 ※納税額平均は、前期、2期前、3期前の平均額

 企業の規模?一般的に言われる優良銘柄?時価総額が大きな企業?まあこのようなおなじみの顔ぶれが並んでいますが、これらの企業が様々な面で日本を支えていることは事実でしょう。

 具体的な銘柄では、前期で見ると、トヨタが納税額、利益共にTOP。一方利益は大きかったメガバンク系は、前期も平均も納税額では大きくランクを下げています。みずほFGは平均で15位までのランキングにさえ入っていません。

 一方、国際石油開発帝などは納税額では高いランキングになっています。

 
 このランキングが株価に直結するのかは、利益の伸びや割安の状況が関係するので、直結しないのでしょう。しかし、応援したい企業のランキングと重なることは間違いありません。

 こんな見方も時には良いと思います。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/12 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

12

個人弱らせる超高速株取引、との記事 

個人弱らせる超高速株取引 下げ局面で買い手不在

 との記事が日経にありました。気になる部分は次ようなところです。

 11日の株式市場では日経平均株価が大幅反落し、1万4000円の節目を割り込んだ。前日の米国株急落や円高などが重なった結果だが、下げ要因として指摘されていることがもう一つある。「コンピューターの自動プログラムを駆使する超高速取引が、個人投資家の買い余力をじわじわ細らせている」というのだ。

 →何度も言っておりますが、超高速取引に参入して、機関投資家と対峙するのは、個人投資家でなく個人トレーダーと表現すべき。
 個人投資家(特に長期投資家)には関係のない話です。しかしこれを個人投資家と考えると、トレーダーだけでなく長期投資を心がける人にも悪影響があります。



 個人投資家の「主力株離れ」は日々の売買代金ランキングにも表れる。3月3日は日本マイクロニクスなど4社がトップ10入りしたほか、4月以降も日本通信やDLEなどが頻繁に顔を出す。これらの銘柄が年初から11日までの67営業日で、売買代金上位10位に入った回数をみるとクルーズが25日、日本マイクロが23日などとなっている。累積売買代金は時価総額の数十倍にも達している。

 →「主力株」なる概念ははたして必要なのか?時価総額が大きく売買代金が大きい銘柄が主力株であるということは分かります。しかし、主力株は決して優良株ではないし、推奨銘柄でもない。
 「主力」と聞くと、名実ともに大黒柱!そんなイメージが湧くが、これから株式投資を始める方には、主力=優良ではないことから説明しなければいけない。かえって株式投資の普及を阻害しているのではないか。



 株価上昇で売り、下落局面で買う逆張りの投資手法が多い個人は、11日のような相場では主力株の買いに動いてもよさそうなもの。だが、この日の松井証券の全顧客の買い・売りの金額の比率は54対46で「あまり押し目買いが入らなかった」

 →逆張りが多いのは、個人の中でも中長期投資を目指す方。そして投資とトレードを区別できずに相場に飲み込まれている方だと考えます。今回はトレーダーの話であるのに、逆張りを持ってくるとは、まるで株式投資失敗のすすめ・・・の記事です。
 成功を収めているトレーダーは個人であっても、逆張りでなく順張りをしています。
 そもそも相場観を大切にしているトレーダーは成功していないはず。トレードに大切なのは相場観を持つことでも、企業を好きになることでも、応援することでもありません。単に利ざやを稼げる仕組みを発見し、実行することです。
 これを投資を混同するからおかしくなるのです。


 超高速取引といえば、大量の注文で相場に流動性を供給する半面、株価の乱高下も引き起こすというのが一般的なイメージだ。だが足元で起きているのは、超高速取引が個人を相場から遠ざけ、弱らせているという構造的な現象。下値で買い支える個人マネーの力がそがれると、相場の不安定さは一段と増す。

 →超高速取引が個人投資家を当座けているのではなく、このような記事が、個人投資家を株式投資から遠ざけているのではないでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/11 Fri. 23:55 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

11

どうなるファーストリテイリング? 

どうなるファーストリテイリング?

第二四半期の決算発表で、通期の最終利益が発表されました。
内容は「2014年8月期の連結純利益が前期比3%減の880億円になりそうだと発表した。従来予想は2%増の920億円。採算の悪化で一転減益見通しに下方修正した。」

明日からの動きに注目ですね。
減益と言っても、しっかりと利益は880億円をあげています。が、PERが40倍を越えている点が非常に気になります。40倍を超えるようなPERは成長することを前提として成り立っているからです。
成長期待が途絶えてしまうと、極端な話、30倍程度まで下落することも覚悟しなければ。。。そんな気もします。

この通りになるのであれば、株価は25%程度下落して26000円程度まで下がるかも。

成長銘柄はちょっとしたことで、大きく傷つきます。
これは、ファーストリテイリングへの投資における重要なニュースです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/10 Thu. 23:50 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

10

セミナーでこんなことを話しました 

セミナーでこんなことを話しました

 本日は日本FP協会京都支部が主催するマネー塾で、講師を担当させてもらいました。
 テーマはもちろん長期個別株投資です。

 今日お伝えしたかったことは、
  ・株式投資には、企業の株主になって企業の価値の向上とともに株価の上昇が見込める。これを自身の資産形成に利用できる「投資」と、株式や企業に愛着もなにもないけれど、これを機械的に売買することで株価のサヤを積み上げる「トレード」に別れる。
  ・この2つのどちらを利用してもよいが、区別をせずに混同して利用するとロクなことがない。
  ・銘柄選択の時点から、それぞれのロジックでアプローチすべきである。

 と言うことです。

 これを伝えるために、株式を持つとどのような権利を手に入れられるのか?との説明を使いました。
 具体的には
  ①株式を持つことでステークスホルダーになり、経営の一角に参画することができる。
  ②企業の収益を受け取ることができる。
  ③企業価値の向上とともに、保有株式の価値が上昇する。これを資産形成に利用することができる。
  ④流通市場が整備されているので、いつでも現金化ができる。

 この4点の中でも、基本は①~③を利用する目的で株式を保有する。そして緊急的な手段として④を利用する。これを心がけるべきです。とお伝えしました。
 また、現状は①~③を無視して、④だけに注目することが主となっているが、本来は間違っている。
 とも、お伝えしました。


 参加されたみなさんが、株式投資を多角的に見て、自分にあった方法を選択するキッカケとなれば幸いです。その意味では、当初の目的が達成できたセミナーだったと思います。

 こんな株式投資をもっともっと日本中に広めていきたいと思っています。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/09 Wed. 23:54 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

09

今日の気になるニュースは・・・経常収支でしょうか。 

今日の気になるニュースは・・・経常収支でしょうか。

 今日は気になるニュースが2つありました。
 2月の経常収支と日銀の緩和政策です。いずれも、気になりますが、金融政策は短期~中期における株価への影響。そして経常収支は中期~長期にかけての影響となります。
 すぐには関係ないのでしょうが、どちらかと言えば長期投資の観点から経常収支に軍配を上げます。


 2つの概略は以下のようになっています。


◎2月経常収支、5カ月ぶり黒字 6127億円、輸入増が一服

 財務省が発表した2月の国際収支速報では、海外との総合的な取引状況を表す経常収支が6127億円の黒字となった。黒字は5カ月ぶり。4月の消費増税前の駆け込み需要に合わせた生産財などの輸入増が一服した。海外景気の持ち直しを映し輸出も回復の兆しが出ている。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2月に5334億円の赤字となった。1月は2兆3454億円の赤字だったのと比べ大きく減った。
 輸入の伸びが鈍化したのが影響した。輸入は6兆4745億円と前年同月比で14.1%多い。ただ伸び率は1月の30.3%から下がった。企業が消費増税後の反動減を見込み、生産を減らし始めたのが主因とみられる。輸出は5兆9411億円と15.7%増えた。円安に加えて、米国や欧州景気が持ち直し傾向で輸出増に寄与した。輸出の伸びが輸入を超えるのは1年1カ月ぶりだ。海外からの配当金などを示す第一次所得収支は505億円増え1兆4593億円の黒字だった。黒字額の拡大は3カ月連続。


◎日銀、金融政策を現状維持 景気「緩やかな回復続けている」

 日銀は7~8日に開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を全員一致で決めた。マネタリーベース(資金供給量)を年60兆~70兆円に相当するペースで増やす方針を維持。長期国債や株価指数連動型上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)などの買い入れを通じて、資金供給量を増加させる。

 景気に関しては「消費税率引き上げの影響による振れを伴いつつも、基調的には緩やかな回復を続けている」との判断を示し、前月までの「緩やかな回復を続けており、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もみられている」から表現を変えた。その上で、先行きについては「消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動の影響を受けつつも、基調的には緩やかな回復を続けていく」との見通しを示した。



 経常収支については、赤字だから即ダメということではありませんが、世界一の借金を背負っている日本においては、借金+経常赤字はかなり危ない状態だと考えます。
 劇的な改善策はないかもしれませんが、様々な政策の積み重ねで、少なくとも黒字ベースの維持をすべきだと思います。例えると原発の安全性問題も重要な問題ですが、それよりも経常収支を黒字に近づける政策の方が優先する。なので原発再開もやむを得ない。そんな感じでしょうか。
 次は年間の収支がどうなったのか?ここに注目が集まります。

 金融政策は、当面株価に悪い影響があるかもしれません。
 ただ、それはあくまでも市場参加者の熱意の増減の話であって、長期的な企業業績が悪くなると言うことではありません。この点から、長期投資に特化している場合には、あり気にしなくても良いニュースです。
 短期でトレードを行う場合は大きなニュースなのでしょうが、あまりにも他力本願と言う感じがして、好きではありません。日銀に相場の未来を託すことはダメだと思います。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/04/08 Tue. 23:55 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資  株式投資 
TB: 0    CM: 0

08

ダントーホールディングスのIRをチェックしてみた 

ダントーホールディングスのIRをチェックしてみた

 本日、淡路島(兵庫県)に行ってきました。
 まあ、決して都会とはいえませんが、良い所です。ちなみに母方の一族は淡路島が地元となるので、私は淡路島人、とも言えなくはありません。

 そんな淡路島には、まさか上場企業はないだろうと思っていると、一つありました。
 タイルの販売や不動産関連業務を行う、ダントーホールディングスです。(今期からホールディングスは大阪本社ですが)

 しかし、決算は赤字続きで、今期は営業赤字ながらも経常と最終をようやく黒字転換した状態です。上場廃止?が視野に入ってきたので、無理やり黒字にした?そう思えなくもありませんが・・・。

 せっかくの黒字転換も、今期予想は再び最終赤字に。原材料費の高騰が響いているようなので、今後も期待は難しそうです。

 そんな中でもIRだけは、しっかりとしているか?と期待しながらのチェックだったのですが・・・。ダメでした。

 決算短信は10年分あったのですが、それ以外は・・・皆無でした。
 これでは到底株主になってみようとは思えません。久しぶりの皆無でした。

 そんな企業でも株価は動き、25年中では高値160円程度、安値80円程度と倍近い上下があります。本来の企業の株主になって・・・と言うのからは遠く遠く離れた世界でも株価は動き続けることを改めて感じました。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/07 Mon. 23:17 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  本当の株式投資  長期投資  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

07

数少ない、長期投資限定株式投資講座!残り募集枠あとわずか 

数少ない、長期投資限定株式投資講座!残り募集枠あとわずか

 数少ない長期投資限定の株式投資講座の開催まであと僅かとなりました。
 大阪近辺の方でご興味のある方は急いでお申込みください。

 この講座は・・・
  株式投資ってギャンブルじゃないの?どうせ負けるに違いないと思っている方
  株式投資は一切関わらないとのこだわりを持っている方
  株式なんてそんな難しいものは無理。そう思っている方
  株式投資を始めたいけれど何から始めればよいのか・・・とお悩みの方
  これまで株式投資がうまくいかなかった。どこが悪いんだろう・・・とお悩みの方
  株式投資の素晴らしさを活かし資産形成に役立てたい!と思っている方
  株式投資はどうやって教えればよいのだろう・・・とお悩みの方   

 に最適です。

 と言うのは、この講座は一般的な株式投資の勉強会に必須のチャートやテクニカル分析などの話が一切ないからです。ゲノムだエコだとのテーマを追いかける話もありません。売ることを考えながら投資するような株式投資の話もしません。本職が疎かになるような手法も取りません。

 言うなれば株式投資の本質である「投資」の部分、企業価値の増加とともに上昇する株価をクローズアップします。「投資」にこだわる時に適用される手法を学習します。

 折しも、少額投資非課税制度(NISA)が始まりました。この制度は少なくとも5年間株式を持ち続けると最大限に効果を発揮することができる、「売らない株式投資」に適した制度です。勉強会ではNISAに役立つ投資手法の学習をします。
 インフレや国の借金のため、豊かな生活とすることがますます難しくなるこれからの日本においては、上手に株式投資を利用することは大きな大きな武器となります。
 「投資」にこだわる手法を徹底すると、「株式投資は素晴らしい」「株式投資は簡単だ」「株式投資ってギャンブルじゃなかったのね」「株式投資は経営や社員としての行動にも役立つんだ」などの発見があること間違いなしです。


 これまで株式投資をしたことがない方はもちろんのこと、株式投資経験者であっても「投資」にこだわる株式投資は多くの方が「投資初心者」です。「投資」の基礎から、実践に使える手法、情報収集の方法まで、生活に役立つ勉強をします。
 こんな株式投資教室、その名も株式「投資」クラブin大阪も第三期生の募集を迎えることになりました。お友達、家族、恋人などお誘いの上、ご参加下さい。


興味のある方は、info@makeit-fp.jpまでお問い合わせ、お申し込み下さい。


開催概要

日 時 : 第1回勉強会 4月17日(木) 19:00~21:00
      第2回勉強会 5月15日(木) 19:00~21:00
       以降、毎月第3または第2木曜日を中心に月に一度、全6回講座開催します。
会 場 : 大阪産業創造館 (http://www.sansokan.jp/map/) 〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
     中央線堺筋本町駅1号出口または2号出口から、北へ徒歩3分。
     堺筋線堺筋本町駅12号出口から、本町通を東へ徒歩3分。
      ※大阪市中心部の他の会場に変更となる場合もあります

費 用 : 2000円/1回あたり(資料代含む)。勉強会当日に集金いたします。

定 員 : 20名程度

申し込み: 資料準備等の都合があるので、事前申し込みをお願いします。
      メールアドレスinfo@makeit-fp.jpまで、
      参加者名、連絡先電話番号、(できれば勤務先名も)をご連絡下さい。

主催者(講師): 長期投資推奨ファイナンシャルプランナー CFP認定者 山副耕一

主なカリキュラム:
  ・株式投資の必要性(私たちを取り巻く経済環境)
  ・2つの株式投資(投資とトレード)
  ・株価の構成式
  ・株式投資の素晴らしさ
  ・割安さの判断
  ・成長銘柄の選択
  ・株式投資に必要な財務諸表の見方
  ・個別株投資VSインデックス投資
  ・投資候補銘柄の選択基準
  ・予想収益率の算出
  ・売り時の判断
  ・投資確認シートの作成
  ・候補銘柄についての議論


 ご友人お誘いの上、奮ってご参加ください。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/06 Sun. 23:58 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

06

黒田バズーカ砲が放たれてから1年が経過 

黒田バズーカ砲が放たれてから1年が経過

 13年4月4日、黒田バズーカ砲が放たれてから1年間が経過しました。

 その間
 4月~5月の株価上昇
 5月23日の急落
 量的緩和縮小の開始
 新興国経済の乱調など、さまざまなことがありましたが、みなさんの株価はいかがだったでしょうか。


 ちょうど一年前、黒田バスーカ砲の発表を受け、3月下旬頃から検討していたポートフォリオを勉強会で、推奨銘柄ということで推奨しました。

 全23銘柄で、配当狙いのもの、値上がり狙いのもの、円安メリット狙いのものなどからピックアップしています。
 1年間放っておいたのですが、この期に集計をしてみました。

 結果は以下の通りです。

 黒田バズーカ時の推奨_convert_20140406085444

 もちろん、値下がりした銘柄もありますが、トータルでは単純株価平均で33.3%の上昇。同時期の日経平均が21%の値上がりであったことを考えると、まあ合格点でしょうか。
 配当が2.2%相当あるので、これも加味するともう少し収益率は上昇します。

 反省点は、地方取引所の二部や新興市場は、流動性の面でやはり厳しいかな、、、と思う点です。
 また、好業績と思いながら減益となった銘柄もあり、ここは大変難しいのですが、今後の課題であると思いました。

 ここから減益銘柄を省いて、今後もこのメンバーで長期投資をしてみたいと思います。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/05 Sat. 23:40 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

05

アメリカ雇用統計発表!~結局単なるネタなのか?~ 

アメリカ雇用統計発表!~結局単なるネタなのか?~

 恒例のアメリカ雇用統計が発表されました。
 今回からは夏時間になったので、日本時間では夜の9時30分です。

 非農業部門雇用者数は、予想20.0万人に対し、19.2万人。
 失業率は、予想6.6%に対し、6.7%。

 予想通りといえば予想通り、良いか悪いかは大阪風に言うと、「どうでっか?」「ボチボチでんな。」みたいな。


 これを受けドル円レートは次のように動いております。
 201404雇用統計後ドル円レート_convert_20140405101510

 発表後は小刻みに、比較的大きな上下の繰り返し。迷っているんでしょうね、市場参加者も。面白い結果を待っていたのに、予想通り!→面白くない!→とりあえず適当に張っておくか。→ありゃ、俺の予想と違う動きだぞ。→これはヤバイ反対売買をしなければ→今後は円高かい!
 こんな感じでしょうか。


 結局トレーダー達のネタ、またはイベントなんだなと改めて感じます。
 私も気になるので、また職業上欠かさずチェックはしますが、個別企業の将来の業績にどれだけ影響があるのかどうかは、「ない」と思っています。

 よって、長期投資を志す方はこんな指標気にしなくても大丈夫ですよ。
 のんびり行きましょう。

 と言いながら、毎月のチェックは続けていきますが・・・。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/04/04 Fri. 23:50 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

04

ECBは動かず 

ECBは動かず

 第一集は何かと経済的イベントが多いですね。
 第一木曜日はユーロ圏の政策金利などを決める、ECBGの会合が。そして金曜日はアメリカ雇用統計の発表が。またこれに先立つ水曜日はADPの雇用統計も発表されます。

 第一弾の水曜日のADPは、3月分は前月比で19万1000人の増加。市場予想の19万5000人増は下回ったが、2月の数字は速報値の13万9000人の増加から17万8000人増に上方修正。

 第二弾のECBの決定会合では、低インフレ率を根拠に、利下げ利下げと言われ続けなららも、動かず。(ユーロ圏経済は結構強いのか。ECBが頑固なのか。)

 となりました。

 ウクライナ問題などを含め、まだまだ流動的なマクロが続きますね。

 
 もちろんこれらの動きは、間接的には企業業績に影響を与えますが、直接的には関係のないこと。
 長期&個別株投資を目指している方は、特に気にする必要がないニュースです。

 日々のニュースに振り回されることがない!これが長期投資のメリットの1つです。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/03 Thu. 23:56 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

03

今の株式投資教育に足りないもの 

今の株式投資教育に足りないもの

 今の日本の株式投資教育に足りないもの

 そもそも
  ・長期株式投資の定義
  ・短期トレードと長期株式投資の区別
  ・(上記と同じく)株式を使ったトレーダーと投資家の区別

 用語は
  ・PBR=株価純資産倍率、PCFR=株価キャッシュフロー倍率、PSR=株価売上倍率と○○倍率と言うが
   PER=株価収益率と言うデタラメと、これを修正しようとしない動き。
   
 ツールは
  ・10年程度のPER(高値、安値)の時系列データ。
  ・10年程度のROEの時系列データ。
  ・トレードでなく投資に特化した株式講座。
  ・トレードでなく投資に特化したテキスト。

 以上


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 
 

Posted on 2014/04/02 Wed. 23:41 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

02

消費税のニュースばかりでうんざり 

消費税のニュースばかりでうんざり

 今日から4月。もちろん消費税増税の日です。

 帰宅して、夜遅くのニュースを見ましたが、24時間営業のドンキの深夜の様子や切り替えの瞬間の映像。いなげやがシステムエラーで営業ができなかった。増税でとても困るとの街頭インタビュー。
 こんな消費税関連ばかりでウンザリです。

 ドンキで切り替え前にギリギリに駆け込んで良かったです!って何円の差なのでしょうか。良くて数十円では。これに意地になりダッシュで駆け込む姿をテレビで映される恥ずかしさ。よくもまあ平気なものです。

 それよりも、社会保険料のアップや日々の電気代のアップの方が気になるのは私だけでしょうか。
 昨日は、電車での移動、昼と夜の外食、コンビニで挽きたてコーヒーの購入、キッチン浄水器のカートリッジ購入、雑誌の購入の消費活動をしましたが、家に帰るまで消費税が上がったことは忘れていました。
 毎日毎日値段の決まったものだけを繰り返し買うのであれば、消費税のアップが分かるのでしょうが、元々の値段が分からないものばかり。高いのか安いのかも分かりません。消費税が3%上がったから必要な物を買わないということもありませんが。

 消費税のバカ騒ぎよりも、履正社と平安高校の決勝進出のほうが見たかったのですが、結局ニュースでも見ることができませんでした。


 所得税か消費税かは別として、税収が必要なことは明確。そのくせ電気料金アップに繋がる原発は反対、多額の税金を収めている企業は格下のように見下げる。こんなマスコミも世論も観点がずれているような気がします。

 
 まあ、こんなバカ騒ぎも1ヶ月もすれば、消費税が上がったことも忘れてしまう世の中になると思っているのですが・・・。短観は厳しい目に反応してますね。

 どちらかと言えば、4月以降の業績に楽観的な見方をしています。なので、消費税をネタにしての保有銘柄の売却は行いません。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/01 Tue. 23:59 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。