FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

第3QのGDPのポイント 

第4QのGDPのポイント

 第4QのGDPが発表されました。結果は年率換算1.0%増となり、2%台の予想が中心だった民間調査機関よりも減速となりました。

 今回のGDPは消費増税の駆け込み需要が発生し始めている時期、そして円安で輸出額がプラスに寄与する時期ということで、第3Qよりは良くなると見られていましたが・・・。
 建築関係の方と話していると、やはり駆け込み需要が明らかに発生していて、前回の消費増税時よりも強いと言う方が多くいます。この分野やニュースにもしばしば登場する自動車関連は強いのでしょう。しかしその他がついてこない。

 また、過去最大の貿易赤字が計上されていることも伸びない原因となっています。
 そんなところでしょうか。


 株式との関係を見ていきましょう。
 初めに、GDPは国全体の大きな数値であるため、個別企業の業績動向がまったく同じになる訳ではありません。全銘柄に投資しなければいけないルールなどどこにも存在しないので、GDPがどうなろうと、常に好業績で成長が見込める企業に割安な時期に投資する。
 「投資」はこの原則を愚直に実行するだけです。
 との点を確認しておきます。本来はGDPなど「投資」にはあまり関係のないニュースです。

 ただし、少しくらいは関係する。また今後の大きな方向性を考える時には参考になる。その二点で「投資」にも一応影響するかな・・・との点もあるので、知っておいても悪くありません。

 
 今後の方向性を見るときには、今回期待された、駆け込み需要が予想よりも少なかったことが一つのポイントとなります。これにより、4月以降の消費増税と相まった反動減が穏やかになることは、プラス方向に考えてもよいのでしょう。「投資」においては、急激な上昇下落が繰り返されるよりも、安定した伸びの方が望まれるからです。

 もう一つのポイントはなんと言っても、名実逆転が解消されたことです。
 GDPには表面上の数値を加工せずにそのまま表す名目GDPと、これをインフレ率(正しくはデフレータ)で割り算した後の数値を利用する、実質GDPがあります。

 一般的には、実質値を利用するので、年率1%成長となっていますが、名目成長率は0.4%増、年率で1.6%増でした。インフレになると名目値が上回り、デフレになると実質値が上回ります。
 今回は名目値が上回ったので、GDPの面からもインフレの世の中に変わったと言えます。改めてインフレの認識を持つ必要が生じます。

 消費税導入後も穏やかでも経済成長することを願いながら、この辺りにします。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



スポンサーサイト

Posted on 2014/02/17 Mon. 23:30 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。