01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

消費者物価指数発表 

消費者物価指数発表

 日本を含む世界各国で経済データが発表されていますが、現在私が気になるものの1つに消費者物価指数(CPI)があります。
 毎月末に前月分が発表されますが、1月分の前年同月比の結果は、12月分※( )の数値、と横ばいまたは下落の、総合1.4(1.6)、コア1.3(1.3)、コアコア0.7(0.7)となりました。

 あまり進んでいなかったので、まずは一安心でした。

 ただし、12月末時点で0.7%を超えていた長期金利は0.6%を下回る水準になっているので、実質金利(名目金利-インフレ率)はむしろマイナス幅の拡大となっています。この点は将来への気がかりな点の1つです。

 実質金利の計算において、どの名目金利を取るのかはいくつかの考え方がありますが、

  定期預金を取った場合、0.03%-1.3%=-1.27%
  10年国債をとった場合、0.6%-1.3%=-0.7%などとなります。

 この点は個人の生活にじわじわと影響を及ぼします。
 つまり、預貯金にかじりつくしかしない方は、100%の確立で1.27%が目減りしていくからです。株式投資が危ない危ないと言っても100%の確率でマイナスになることなどありません。
 100%の確率で起こる目減りにどう対応するのか?この点はしっかりと考えなければいけません。

 一方、政府にとっては歓迎すべきことなのかもしれません。
 例えば-2%程度のお金の価値が毎年、複利で目減りするとなると、1000が10年で820。20年で673、30年で552まで減少します。
 この数値は預貯金の価値が減少することを示すと同時に、借金の実質的な大きさが減っていくことも意味します。

 すなわち、現在の債務残高が1000兆あるものでも30年この状態を続ければ借金は実質半減するのです。

 もちろん新しい借金が増えると計算は違った結果になるので、単純にはいきませんが政府が狙っている?その点は頭の片隅においておくべき?


  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

 
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/28 Fri. 23:01 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

28

本日の勉強会 

本日の勉強会

 本日はFP資格保有者の勉強会に講師として行きました。

 そこでの学習内容は
  ・投資とトレードを区別することから始めること。区別しない曖昧なものは結局自分が損をする。
  ・区別をした時に、投資に関する教科書的なもの、マスコミの記事このようなものが圧倒的に少ないことに気がつく。
  ・投資は不思議の貯金箱を買うのと同じである。
  ・投資に絞ると、一般的な株式投資の教科書とはまったく違う世界が見えてくる。
  ・例えば、割安についても投資とトレードではまったく見方が異なる。
  ・投資についての普及をもっとしていきたい。

 このようなものでした。

 今までの株式投資の概念に固まっている方は、
  良くて「この人何言ってるの?」
  悪いと「こんなこじつけで決め付けよって!。」との評判になるかも・・・と思いながらの勉強会でしたが
 投資について、前向きに考えてくれる方も多くおられたようなので一安心でした。

 これからも、いろいろな場所に出かけていって、投資の普及に努めたいと思います。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/27 Thu. 23:54 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

27

ビットコインは株式と同じようなもの? 

ビットコインは株式と同じようなもの?

本日は、ビットコインの話題で持ちきりですね。
誠に勉強不足としか言えないのですが、ビットコインについてはほぼ無知な状態です。そろそろ勉強会に行かなければ。。。と思っていた矢先ですが、これが幸いなのか、もちろん損害はありませんでした。

いろいろな記事を見ていると、実態のないものだからもともと怪しげ。乗り遅れた頭の固い人の負け惜しみ、など色々なものがありますが、理論上は一応成り立っていたのでしょうね。

実態があるのかないのか?との話になると他の運用資産にも関係が生じてきます。デリバティブはもちろん、通貨も価値がコロコロ変わるあってないようなものと言えます。
株式も実態があるのかと言われると、悩みますね。株式は決算上の利益が根拠になっているので実態があると言えますし、企業の存在が実態であるとも言えます。

ではほぼ姿がない企業は?確かに固定資産もほとんど持たず、法人格だけが書類上に存在する企業もありますね。


しかし、あまり実態を追求すると今の金融は何も語れず、前に進めないことも確かです。

今私達は、大いなる実験の手のヒラの上で動き回っているだけかもしれませんが、そうだとしても私にはどうすることもできません。

あまり深く考えると眠れなくなるので、今日は寝ることにします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/26 Wed. 23:44 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  株式投資  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

26

マネックス証券松本社長&山副のセミナー情報 

マネックス証券松本社長&山副のセミナー情報

 東証のプラスユー全国キャラバンとFP協会京都支部が
「暮らしに役立てる投資!NISA元年の今、考えてみませんか?」をテーマにコラボセミナーを行います。
 ご家族、ご友人をお誘いの上是非お越しください。
 

概要:
 東証は、お金のこと、日本経済の今後を真剣に考えるセミナー『+YOU(プラス・ユー)ニッポン応援全国キャラバン』を展開しています。日本経済ってこの先どうなるの?アベノミクスの今後の行方は? 証券投資がなぜ今重要なの? 長期投資とは? NISAって何? といった疑問にお答えするセミナーです。
今回は、第一部にマネックス証券の松本大社長CEO、第二部に地元京都で活動されている長期投資推奨 ファイナンシャル・プランナーの山副耕一氏が、講師として皆さんの街にお伺いしてわかりやすくお話しします!
今後の暮らしに投資を活用できるかな?自分の投資スタンスって?子供に教える投資って何?具体的なポイントはどこ?こんな悩みを持つ方々の、幅広いご参加お待ちしております。

日時:2014年3月16日(日)13:30~16:15(13:00開場)

場所:キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

講師・テーマ

第一部 マネックス証券 代表取締役社長CEO 松本 大 氏
『「世界のお金の流れ」と「資産運用の今後」』(仮題)

第二部 ファイナンシャル・プランナー 山副 耕一 氏
『株式投資ってこんなに素晴らしい!』

参加料: 無料

御申込: インターネット又はお電話でお申込みください
【インターネット】http://plusyou.tse.or.jp/events/
【お電話】050-3377-8091・7081

主催:東京証券取引所、日本FP協会京都支部

後援:京都府金融広報委員会


プラスユーとは:
 日本経済とは、何か特別な存在ではなく、一人ひとりが支えているものです。いわば、“一人ひとりがニッポン経済”であり、だからこそ“あなた(YOU:ユー)”にもっと主体的に“関わって(+:プラス)”もらいたい。日本経済を支えるかけがえのない一人であるあなたが、企業支援を通じて、日本経済を応援することで、“日本の未来を切り開いていきましょう!”というメッセージがこの「+YOU(プラス・ユー)」という言葉には込められています。

講師紹介:
 松本 大(まつもと おおき) マネックス証券代表取締役社長CEO
ソロモン・ブラザーズ・アジア証券を経て、90年にゴールドマン・サックス証券に入社し、94年に同社の史上最年少ゼネラル・パートナー兼東京支店常務取締役に就任。そして、99年にソニー株式会社との共同出資でマネックス証券を設立。
2004年には日興ビーンズ証券株式会社との経営統合により、マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社を設立し、2005年よりマネックス・ビーンズ証券(現在のマネックス証券)の代表取締役社長CEOに就任。

 山副 耕一(やまぞえ こういち)☆長期投資推奨☆ファイナンシャル・プランナー 20年前にファイナンシャルプランナーの上級資格、CFP資格を取得後、街のファイナン シャルプランナーとして活動中。前FP協会京都支部支部長。 近年は「子供に伝えたい株式投資」を軸とする、一般生活者が豊かな生活に役立てられる長期株式投資の普及に努める。長期株式投資のブログ執筆や勉強会を各地で主催。分かりやすく、目からウロコのセミナーに定評。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/25 Tue. 23:51 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  投資とトレード  個人投資家  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

25

長期投資家を育てるために必要なこと 

長期投資家を育てるために必要なこと

 22日の日経新聞朝刊 大機小機に 「長期投資家を育てる」とのタイトルで次のような記事(抜粋)がありました。
 
 少額投資非課税制度の効果で多くの個人資金が株式市場に流入している。できればこの資金が長期間、市場内にとどまることを期待したい。
 長期投資は多くの人々にメリットをもたらす。株価が底上げされると同時に変動率は低下する。企業にとっても戦略の選択肢を広げる。短期の業績や株価に制約されずに戦略を選べるからだ。

 なのに市場関係者の間では、短期投資に偏重する傾向が強い。取引所も手数料を得るために、短期間に売買を繰り返す投資家を歓迎する傾向にあるとされる。市場の流動性を高めるという観点からも重要だ。運用会社の上司もファンドマネジャーに対する評価とインセンティブ付与の基準として短期の運用成績に注目する。市場には長期投資を忌避する性向があると考えたほうがよい。

 このような状況下で個人の長期投資を促すには工夫が必要だ。長期保有を促す税制の導入や、フランスで採用された長期保有する株主の議決権を増やすといった工夫も検討すべきだろう。
 運用会社ではファンドマネジャーが長期投資しやすい評価制度の導入が必要だし、証券会社は顧客に長期保有を促すような営業評価制度の採用を真剣に考えるべきである。
 企業も短期的な事業報告に終始することなく、長期戦略とそれに基づいた投資の進捗状況、期待される成果などについて情報開示すべきだ。長期的な視点に立った情報は不確実性を含むが、提供されないよりはされた方がよい。その際には、投資家に誤解を与えないような工夫が必要であり、投資家も情報の不確実性に対し寛容であるべきだろう。



 いいこと書いていますね。
 日本企業の安定株主には日本人を。日本企業の利益分配は外国人にでなく日本人に渡るように。そして日本で消費に回るように。そのためにも長期株式投資が普及するように。
 これも是非加えてもらいたいと思います。

 では昨日に続いて、長期投資が普及するために何があればよいか?
 私の提言も加えさせていただきます。

 それは日経新聞が率先して、投資とトレード、投資家とトレーダーの区別をすることです。企業への愛着などこれっぽっちもなく、株式を単なる買売の道具としか考えない市場参加者を、日経新聞が投資家と呼ぶからいけないのです。そんなおのトレーダーと書いておけばよいのです。真面目に企業の株主となって、企業の成長を自分の資産形成に利用しようと考えて株式を買う、この人達だけを投資家と呼べばよいのです。
 これだけで日本は変わると思います。

 誤解のないように断っておきますが、わたしはトレーダーを否定したり、軽蔑しているわけではありません。それぞれの市場参加者がそれぞれの方法で、株式投資に向きあえばよいと考えています。株式投資は音楽と同じです。フォークが良いのかロックが良いのか?そんなものに答えはありません。他人の好きなモノを否定せずに尊重すれば良いのです。
 
 ただし、フォークギターがしたいのに、ギターショップにはエレキギターしか並んでいない状況はよくありません。反対にエレキギターを学びたいのに、フォークギターの楽典しか売っていない状況もよくありません。

 今の日本は、真面目に投資を志す方でも、その目に映るものはトレードばかり。これでは、株式投資をやってみようと思う方も、始めから参入しようとはしません。
 投資もトレードもバランスよく、並んでいなければいけないと思います。

 で、日経新聞の出番です。この記事は投資家へ向けたもの。この記事は同じ株式を売買してもトレードとして動かされているもの。この2つを分ければよいのです。そうすると投資がしたい個人投資家の層が厚くなり、日本の株式市場もより良いものになると考えます。

 日経さんいかがでしょうか。日経がトレーダーを投資家と呼ぶ限り、始めから寄り付こうともしない将来の投資家が産み出され続けます。いつまでたっても株式投資はギャンブルのようなもの。そう考える方が産み出され続けます。

 こんな良い記事が出るのですから、ここらで英断を下してはいかがでしょうか。でなければ、「お前が言うか!」と言われ続けますよ。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/02/24 Mon. 21:40 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  長期投資  本当の株式投資  安定株主  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

24

長期譲渡を作ればいいのに。 

長期譲渡を作ればよいのに。

政府は長期投資を普及したい、企業も長期安定個人株主を確保したい。成長戦略の一環として資金を企業に供給したい。長期投資に有利な種類株の導入も検討されているようです。
このような状況は、この1,2年徐々に強く現れてきているような気がします。

長期投資に有利なNISAの導入などはその顕著な例です。

ではどうすれば良いのか?いくつかの案が頭には浮かんでいますが、その中でも
✔︎長期譲渡の導入が良いと考えます。

あるものを売却したときの受け取り代金から、かかった経費を差し引いたものが譲渡所得。今の税制では、何を売るのかによって、不動産、株式等、それ以外のもの、と3種類に区分します。
かつ、株式以外は5年を境に短期譲渡と長期譲渡に区分し、長期が有利になる仕組みになっています。

しかし不思議なことに株式等だけが短期と長期を区別しません。株はギャンブラーがするもの!の時代の名残でしょうか。
私の提言は株式の譲渡にも長期の区分を設けること。そして非課税に近いものとすること。です。すでに他の譲渡では存在しているので、難しくはないと思います。

もともと、長期投資には素晴らしい点がたくさんあるのですが、長期譲渡を導入するだけで、加速度的に長期投資が普及すると思いますが、いかがでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/02/23 Sun. 23:42 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

23

成長&安定のトラスト・テックのIR 

成長&安定のトラスト・テックのIR

 今後成長が見込める企業で、なおかつ安定感のある企業と言うことでトラスト・テックに注目しました。
 果たして株主に温かい企業なのでしょうか?

 この会社は技術者派遣を行っていますが、IRは非常に整理され、色合いを含め見やすいものでした。
 またなんといっても配当性向が高い、直近の平均は60%超え!かつ業績連動とするとしているので、今後も配当面では株主の方を見た経営が続くとの安心感があります。
 配当利回りは少し下がりましたが、3.3%程度。一本調子に株価は上昇していますがこの日等がある限り大きな下落はないと考えられます。

 となるとあとは利益成長があるのかどうか?になりますが中期経営計画もしっかりと準備されていて将来のイメージがつきやすくなっています。

 個人株主説明会関連の資料も充実しており、この面でも個人株主を向いているなと感じました。

 希望を言うと、この配当性向と配当利回りをもっとアピールすれば良いのではと思います。
 過去に株主となった人はこれだけ美味しい思いをしました。
 そして中期経営計画通りに利益成長があった場合には、これだけの収益がある予定です。

 こんなアピールがやはり必要でしょう。
 もちろん中期経営計画が達成される背景を事細かに説明して。安定個人投資家を集めるということはそういうことだと思うのですがいかがでしょうか。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は、60/100点です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/22 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  本当の株式投資  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

22

これは安心材料!14年度業績「上向く」57% 

これは安心材料!14年度業績「上向く」57% 

長期個別株投資を心がける場合、市場心理の変化や短期的なニュースはほとんど気にすることはありません。
一方、企業業績の動向はとても重要なニュースです。
その意味で、この日経の記事は安心をもらえるものです。

消費増税の影響、一時的との見方多く
 主要上場企業の6割が2014年度の業績が伸びると見込んでいる。日本経済新聞社が主要企業の最高財務責任者(CFO)を対象に実施した調査で明らかになった。4月の消費増税の影響は一時的で、秋以降には影響がなくなるとの回答が多かった。また、9割の企業がM&A(合併・買収)に関心があり、5割近くが対象地域に東南アジアを選んだ。成長を通じた利益の拡大で、企業価値を高める経営姿勢が浮かび上がった。



先日の勉強会でも話題になっていましたが、消費税後の企業業績がどうなるのかと。特に不動産関連で良さそうな銘柄があったものですから。
当面の影響は避けられなくても、一年程度で業績が戻るのであれば大きな問題ではありません。
不安点は数多くありますが、少し安心感を持たせてくれる記事でした。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/02/21 Fri. 20:36 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

21

弱い指標が気になるが・・・ 

弱い指標が気になるが・・・

 ここに来て、ムードではなく弱い指標が連続そていることが気になるのですが。14年3月期をそろそろ通り越して、15年3月期を市場参加者が視野に入れ始めるのであれば、業績面でも市場参加者の思惑面でも株価は軟調になる可能性が出てきているよう感じます。
 アルゼンチンショックと言いながら、実は単に景気後退局面?

 もちろん市場全体の話であり、成長する優良銘柄を割安価格で投資する長期個別株投資においては関係のない話です。むしろ、割安で買える銘柄が多いだけ喜ばしい事かもしれません。

 気になる弱い指標の幾つかです。

○中国2月 製造業購買担当者景気指数速報値・・・結果48.3
 好不況の分かれ目となる50を2カ月連続で下回った。前月の確報値(49.5)より1.2ポイント悪化した。景気回復を下支えしてきたインフラ投資の伸びが鈍っていることに加え、鋼材在庫が積み上がるなど需要回復が遅れていることが背景にある。

○ドイツ2月 製造業購買担当者景気指数・・・結果54.7 予想56.3 前回56.5

○アメリカ2月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数・・・結果-6.3 予想8.0 前回9.4

○アメリカ1月 住宅着工件数 [年率換算件数]・・・結果88万件 予想95万円 前回99.9万件

○アメリカ1月 住宅着工件数 [前月比]・・・結果-16.0%万件 予想-4.9%万円 前回-9.8%万件


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/20 Thu. 23:45 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

20

これは分かりやすい! 中国シャドーバンキング、理財商品について 

これは分かりやすい! 中国シャドーバンキング、理財商品について

 今問題のシャドウバンキングと理財商品。
 これって何?と聞かれた時に、正しく説明することは大変難しいです。私などは半分ごまかし、半分簡便にして「正式な融資を受けられない企業の設備投資や不動産開発に使われる、中国版の消費者金融みたいなもんですね。ただややこしいのは、まっとうな銀行がこれを売っていることです。もちろん中国ですから、細かいことは投資家にも分かりません。」と言ってます。

 今回、投信の運用会社のピクテ投信が誰でも見ることができる資料として公表しているものに、大変わかり易いかつ詳しいものがありましたのでご紹介します。
 この他にもピクテは多くの資料をホームページ上で公表しており、大変参考になります。

 
 以下ピクテ(http://www.pictet.co.jp/archives/36537?pcmm20140220)よりの抜粋です。


 理財商品をはじめとするシャドーバンキングは情報開示が不十分な面はありますが、中国当局の規制の流れを見ると、緩やかながら市場の整備が進展している面もあるようです。

 2月13日、中国人民銀行(中央銀行)は商業銀行が運用、販売する理財商品の債券投資に関し新たな規制を公表し、銀行に対しバランスシート上の資産と簿外に保有する資産を厳格に区別するよう求めました。この規制は、銀行が簿外に保有する資産のリスクを抑制することが狙いとみられます。
人民銀は銀行が簿外の理財商品勘定で一時的に資金不足に陥った際に、バランスシート上の資産を動かして穴埋めする行為を特に懸念している模様です。

なお、中国の銀行規制当局によると、銀行が運用する理財商品の総額は2013年9月末で9兆9,000億元(167兆3,000億円)となっています。

銀行による理財商品の始まりは2000年代前半に見られ、2005年には理財商品を業務として容認したともとれる規制が公布されています。

その後リーマン・ショックにより低迷した景気の下支えのために公共投資を増やした2009年ごろまでは海外運用を認めたり、認可制を報告制に緩めるなど、理財商品に関する規制は緩和傾向でした。
しかし2009〜10年頃を境に理財商品の明確化、規制が強化されています。例えば、2009年には中国銀行業監督管理委員会が理財商品の投資対象として(1)固定利付債(2)銀行の貸付資産(正常債権のみ)(3)信託貸付(4)資産ポートフォリオ(5)集合資金信託(6)派生商品、なおQDIIも含むとしています。

また、銀行に課せられる貸出総量規制(貸出を預金の75%に制限)を回避する目的で利用されていた銀信合作は2010年にオンバランス化が求められるなど透明化への試みも見られます。

また預貸比率を一時的に回避するため発行していた超短期(1ヵ月)の理財商品は2012年に発行が制限、禁止されています。そして、2013年からは3月の8号文で情報開示の強化が図られています。

このように、中国当局の理財商品に対する対応は整備が進んでいる面も見られますが、理財商品の投資先などの情報開示が不十分なこと、仕組みがサブプライム問題を引き起こした商品との類似(違いもあるが)している点、さらに銀行に預金保険制度が無いなど解決すべき問題は山積みと見られます。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/19 Wed. 23:03 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

19

「+YOU全国キャラバン」をご存知ですか? 

「+YOU全国キャラバン」をご存知ですか?

 +YOU(プラスユー)全国キャラバンをご存知ですか?
 これは東証が行っているセミナー活動で、目的は株主の立場から企業を、そして日本を応援する長期投資の普及です。
 
 日本全国の都道府県を有力講師陣がセミナーして回っています。
 主な講師にはさわかみ投信の澤上氏、コモンズ投信の渋沢氏、レオス投信の藤野氏、セゾン投信の中野氏、マネックス証券の松本氏などの方々が名前を連ねています。

 投信の中でも上記のような投信は、インデックスに影響されない投資銘柄を、独自の拘りで探し出し、長期保有をする代表的な投信となっています。
 セミナーでは自身が考える長期投資、そして銘柄選択のポリシーなどなかなか聞けない話が盛り沢山です。

 セミナースケジュールの確認、申込は http://plusyou.tse.or.jp/events/schedule/ から行うことができます。


 もちろん参加費無料、その後の勧誘メールなどはありません。
 みなさんのお住まいの近くに、キャラバン隊が来たときには、ご家族、ご友人を引き連れて参加してみてください。
 そして投資につてもう一度考える機会としてみてください。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/18 Tue. 23:42 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  長期投資  本当の株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

18

第3QのGDPのポイント 

第4QのGDPのポイント

 第4QのGDPが発表されました。結果は年率換算1.0%増となり、2%台の予想が中心だった民間調査機関よりも減速となりました。

 今回のGDPは消費増税の駆け込み需要が発生し始めている時期、そして円安で輸出額がプラスに寄与する時期ということで、第3Qよりは良くなると見られていましたが・・・。
 建築関係の方と話していると、やはり駆け込み需要が明らかに発生していて、前回の消費増税時よりも強いと言う方が多くいます。この分野やニュースにもしばしば登場する自動車関連は強いのでしょう。しかしその他がついてこない。

 また、過去最大の貿易赤字が計上されていることも伸びない原因となっています。
 そんなところでしょうか。


 株式との関係を見ていきましょう。
 初めに、GDPは国全体の大きな数値であるため、個別企業の業績動向がまったく同じになる訳ではありません。全銘柄に投資しなければいけないルールなどどこにも存在しないので、GDPがどうなろうと、常に好業績で成長が見込める企業に割安な時期に投資する。
 「投資」はこの原則を愚直に実行するだけです。
 との点を確認しておきます。本来はGDPなど「投資」にはあまり関係のないニュースです。

 ただし、少しくらいは関係する。また今後の大きな方向性を考える時には参考になる。その二点で「投資」にも一応影響するかな・・・との点もあるので、知っておいても悪くありません。

 
 今後の方向性を見るときには、今回期待された、駆け込み需要が予想よりも少なかったことが一つのポイントとなります。これにより、4月以降の消費増税と相まった反動減が穏やかになることは、プラス方向に考えてもよいのでしょう。「投資」においては、急激な上昇下落が繰り返されるよりも、安定した伸びの方が望まれるからです。

 もう一つのポイントはなんと言っても、名実逆転が解消されたことです。
 GDPには表面上の数値を加工せずにそのまま表す名目GDPと、これをインフレ率(正しくはデフレータ)で割り算した後の数値を利用する、実質GDPがあります。

 一般的には、実質値を利用するので、年率1%成長となっていますが、名目成長率は0.4%増、年率で1.6%増でした。インフレになると名目値が上回り、デフレになると実質値が上回ります。
 今回は名目値が上回ったので、GDPの面からもインフレの世の中に変わったと言えます。改めてインフレの認識を持つ必要が生じます。

 消費税導入後も穏やかでも経済成長することを願いながら、この辺りにします。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/02/17 Mon. 23:30 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

17

ビジネスワンのIR 

ビジネスワンのIR

 本当に株主目線に立ったIRを探し始め、100社を超えるIRを見てきましたが、なかなかこれは!と言うものにはめぐり逢えません。

 本日は、成長&割安株でご紹介したビジネスワン。Qボードは初めてですが・・・。

 ソフトウェア事業、マンション管理事業、不動産開発事業、ファイナンス事業など複数の異なる業種を持つホールディング会社です。ホールディングスは、文字通り複数事業が混ざっているので分かりにくいのがネックです。これを解消して、今後の成長を確信できるのかどうか?
 革新できれば良いIRだし、できなければ良くないIR。そう考えて良いと思います。


 まず会社情報を確認すると、単なる持ち株会社でなく、上記部門の事業部を持ち、営業本部がこれをすべて管理、監督、調整、シナジー効果の増加を図っているとのこと。これが良いのかどうかは分かりませんが、一つの特徴なのでしょう。

 決算情報は7期分あるので、まあ良しとしましょう。社長からのメッセージ短いですが・・・。終わり。

 これで終わりです。何とシンプルなIRだこと。これが感想です。Qボードだからこんなものなのか。。

 短信を奥深くまで見ていくと、セグメント毎の利益状況も一応分かるのですが、これはトップに出してもらいたい。またシナジー効果が働くのかどうかがポイントなはずなので、その辺り、どんな効果があるのか?利益に置き換えるとどの程度になるのか?
 気になるところですね。是非アピールしてもらいたいです。

 これでは、「とりあえず俺を信じて投資してくれ!細かいことは言わずに・・・。」のような感じです。
 業績は良さそうなのですが、なかなか踏み切れないのではないでしょうか。

 
 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は、36/100点です。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




 

Posted on 2014/02/16 Sun. 23:59 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  個人投資家  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

16

中国の理財商品デフォルト 

中国の理財商品デフォルト

 1月31日にもうダメだろうと言われていた、中国工商銀行販売の理財商品(30億元)は、謎の第三者投資家の出現によりデフォルトが回避されました。
 謎の第三者は直接または間接的に政府の資金に間違いないでしょうが、こんなことがいつまで続くのか?すべて政府が立て替え払いをするならば、中国の財務残高はおよそ3倍に膨らんでしまう。そんな指摘もあります。
 (それでも、欧米諸国よりマシ。日本よりははるかにマシですが・・・)

 しかし、2月7日に償還を迎えた中国建設銀行(CCB)販売の理財商品(2.89億元)は、支払いがありませんでした。

 そもそも理財商品とは簡単に言うと、正規ルートでない貸付(対企業、対不動産など)のための資金準備のために発行する小口の金融商品です。
 集めた資金の買い付け先である石炭会社、山西聯盛能源が破綻状態なので、理財商品の元本支払いができない。この結果のデフォルトです。

 正規のルートであれば、政府や地方政府の支援など堂々とできるのでしょうが、これができないところにこの問題の深層があります。正規ではないが実質的には正規のようなもの・・・これは困ります。

 この石炭会社への融資は、国内の信託会社6社で総額50億元(8億2460万ドル)以上であることも新たに判明しました。当然。このために集められた他の理財商品(CCB販売分で12億元相当分?)も厳しい結果となることが予想されます。これらの商品は数週間以内に償還期限を迎えるということですから、問題が拡大するのはこれからとなります。


 中国のことですから、どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか?法律で認められていない対応がどれだけ行われるのか?そんなことは分かりません。
 そもそも、契約が前提の法治国家ではないのですから、こんな国の金融商品を買うほうが間違っている。先進諸国と同列で扱うこと自体間違っていると思います。破綻しても自己責任で。と言うことです。


 ただし、元々おかしな商品でも、他国経済に大きな影響がる可能性は十分考えられます。額が大きすぎるので、「投資」にこだわる方にも注目しておいたほうが良いニュースかも知れません。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2014/02/15 Sat. 23:20 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

15

成長&割安 マネースクエアジャパンのIRをチェックしました 

成長&割安 マネースクエアジャパンのIRをチェックしました

 先日ご紹介した、成長&割安株のマネースクエアジャパンのIRをチェックしました。

 この企業は、FX取引の企業です。
 IRを見ると、「市場の変化に翻弄されない資産形成としてのFXを目指てきた、これからも目指します。」と書かれているのですが、「投資」にこだわる僕として、これは成り立つのか・・・。

 レバレッジを低くする、できるだけリスクを抑えるトレードとする、などのを工夫すればある程度安定した取引が可能になるかもしれませんが、そもそもFXを行う方が安定を目指すのか・・・。などなどの疑問は残ります。

 順調に口座数や預かり資産が伸びてきているので、僕にはよく分からない世界があるのかもしれません。

 
 ディスクローズなどの姿勢は前向きに感じられます。
 通期の予想を出さない代わりに、月次の売上、口座数、預かり残高を出しているので、足元の動き及び数年間の比較は可能です。
 企業の方針などは分かりやすく、よく分かります。

 ただし、投資家目線で・・・この企業の株主になってみませんか・・・の点は抜け落ちていますね。

 これが工夫できれば、トレーダーに提供するサービスの収益を株価形成に活かす!との面白い形での株式の保有となると思います。



点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は、64/100点です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/14 Fri. 23:00 [edit]

category: ● このブログのお勧めルート

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

14

企業、国内が復調 4~12月単独最終益7割増 

企業、国内が復調 4~12月単独最終益7割増

これは「投資」のニュースですね。
個別企業でなく、インデックス的な観点ですが、業績×PERで株価が構成されることを考えると、業績がアップするのかダウンするのかは重要な問題です。
記事を確認してみます。


 企業グループの中で親会社自身が国内で稼ぐ利益の復調ぶりが鮮明だ。円安の追い風や合理化努力などで、海外子会社の伸びだけでなく、国内でも利益を上げる力を取り戻しつつある。
10日時点で4~12月期の単独決算を開示した3月期企業(金融など除く)の税引き利益を集計すると、比較可能な128社の合計で約2兆4000億円と前年同期比7割増えた。好況だった金融危機前の07年4~12月期を初めて上回った
 単独決算は未公表でも、地域別に分けて営業利益を開示する企業がある。主力輸出企業10社の合計でみれば、13年4~12月期は国内の利益が海外の利益を上回った。金融危機以降で初めてだ。収益の軸足が海外に移りつつあったが、国内の稼ぐ力が急回復している。

 企業業績は連結ベースでみるのが一般的だが、単独ベースが重視される場面もある。株式配当の場合、原資となる利益剰余金などは単独の貸借対照表が基準になる。企業が法人税などを納税する際も、多くは単独の業績がベースになる。また、労使の賃金交渉の際に単独の業績を参照する例も少なくない。今後、単独の利益も拡大基調になる企業が増えれば、税収増や賃上げといった流れにつながる可能性も出てくる。


アベノミクスは掛け声ばかりで、全く景気は改善していない。と言う声も聞かれますが、しっかりと利益水準は増えています。この事実をしっかり認識して、株式投資に臨みたいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/13 Thu. 23:35 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

13

成長&割安の王道銘柄はこれだ 2 

成長&割安の王道銘柄はこれだ 2

昨日に続き、誰がなんと言おうとも、長期株式投資には成長&割安銘柄に投資をして、あとは成長する様子を優しく見守ることです。

シンプルですが、どんな分析にも負けない投資手法です。

今回もこれに該当する銘柄をご紹介します。

4827 ビジネスワン
ROEは前期、今期予想の平均が21.4%。利益成長率は前期25%、今期予想34%と成長力は非常に素晴らしいものがあります。
こんな優良企業のPERはなんと5.41倍。

株式投資の失敗は、銘柄選びと投資時期の失敗。これさえ防ぐことができれば、暮らしを豊かにするパートナーとなります。

いかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/12 Wed. 23:26 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

12

成長&割安の王道銘柄はこれだ 

成長&割安の王道銘柄はこれだ

 長期投資において必要なもの、それは誰が何と言おうと「成長&割安」です。

 長期投資の株価上昇のパワーは、業績アップ、それを割安な時に買う。あとは長く持つ。
 単純に言えばこれで完結します。


 友人から、こんな銘柄はどうだろうと投げかけられ、チェックした結果、
 8728 マネースクウェア・ジャパンとなりました。

 前期利益との比較では、PER15.67倍ですが、対今期末では7.71倍。
 ROEが30倍を超えていること、2年連続で100%を超える増益率であることを考えると、超割安!

 投資先企業がトレードを取り扱う会社とは皮肉なものですが、定量的な判断では、ピカイチでしょう。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/02/11 Tue. 23:51 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

11

学習塾のリソー教育、売り上げ83億円水増し 

学習塾のリソー教育、売り上げ83億円水増し

 東証1部上場の「リソー教育」(東京)による粉飾決算問題で、同社が設置した第三者委員会は10日、同社が過去6年間に売り上げを計約83億円水増ししていたとする調査結果を公表した。
 トーマスでは、実際には行わなかった授業の講習料を返金せずに売り上げに計上。名門会でも、無料で行う「サービス授業」を通常の有料授業として計上していた。売り上げ目標達成のため、リソー教育の常務ら複数の幹部が不適切な会計処理を指示していたという。


投資を心がける投資家にとって、粉飾は絶対に許されないことです。
粉飾がある度に、広く告知し、そのような企業への投資は問題外であると言うことを徹底する必要があります。

粉飾をすると、株主から退場宣告を突きつけられる。それが当たり前になるような市場にならなければいけません。
投資先企業の選択は、決算を元に決定します。よほどのことがない限り、個人投資家は粉飾を見抜くことはできません。頑張って研究すればその実力は付くでしょうが、本職を別に持つ個人投資家はそこまで時間をかける必要はないと考えます。
なので、全幅の信頼を決算に求めることになるのです。

返金をしていない授業料は逆に売上に計上しなければいけない。ならばどこが粉飾?と疑問となる点もありますが、粉飾をした企業には一切投資をしない。この点は大切にしましょう。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/02/10 Mon. 23:33 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  IR 
TB: 0    CM: 0

10

27日に資金切れ! 

27日に資金切れ

 米政府が借金できる上限が昨年5月に到来。その後は新たな借金はできないが金庫の中の現金や、売上で入ってくる資金を回しながらやりくりしていたが、10月にそれも限界に。
 その後は当面の新借金の限度額を取り払うごまかし策を取ってきましたが、このごまかしの期限も2月7日まで。
 再び金庫の中身でやりくりをすることになっていますが、今回は貯蓄時間が短かったため?2月27日に金庫がカラになるとの記事がありました。


 ねじれ国会になっているアメリカで期限までの解決は可能なのでしょうか?
 解決できなければ、再び格下げなどで相場が荒れることも十分に考えられます。ようやくアルゼンチンショックが通りすぎようとしているのに・・・。何とかならないものでしょうか?
 戻りかけると、下落。また戻りかけると下落。それも投資先企業本来の問題でなく、他の問題ばかり・・・。

 だからこそ、他の影響が無くなる長期投資、企業自身の業績に株価が連動する長期投資なのですが、やはり気になるものです。

 ここはアメリカ議会の合意、ソチ五輪の無事終了、中韓が先進国になることなどを祈ることとしましょう。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/02/09 Sun. 23:34 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

09

新生銀、私募投信販売7年ぶり再開 

新生銀、私募投信販売7年ぶり再開

日系電子版に次のようなニュースがありました。個人的には??なのですが。

 新生銀行は7年ぶりに私募投資信託の販売を再開する。米国の企業向け貸付債権などに投資する投信を販売し、今後も商品を充実させる。富裕層の間で資産運用ニーズが高まっていることから、取扱商品の幅を広げて対応を強化する。
 今回販売するのは「新生インベスコ・バンクローン・ファンド」で5000万円から投資できる。ルクセンブルク籍のファンドを通じ、米国やカナダの企業向け担保付き貸付債権などに投資する。このファンドは昨年末時点の利回りが4%台後半で、高い配当収入が期待できるという。
 2008年秋のリーマン・ショックなどで投資環境が悪化したため、新生銀は07年4月に富裕層向け投信を出して以来、取り扱いをやめていた。



変?と思う点は次の通りです。
•公募でなく私募のファンドですよね。広告を出した途端、またメディアで広報した途端に公募のような気がするのですが。その後の投資家の人数を絞れば良いのでしょうか??
•企業向け担保付き債権で北米向けですよね。利回り4%が高いインカムだと、富裕層は思うのでしょうか?少し工夫すればこれぐらいの利回りは。。。
•リーマンのときに取り扱いをやめたのはなぜ?投資家が極端なリスクオフになり、どんなに良い商品でも売れなかったと言うのであれば納得ですが、投資先の収益状況が悪化した、なのであればこれは結構ハイリスク?であれば
、4%は物足りないのでは。

こんなことを考えました。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/02/08 Sat. 23:49 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 1

08

1月の雇用統計結果 

1月の雇用統計結果

非農業部門雇用者増減  11万3千人
失業率 6.6%でした。

エコノミスト予想(ロイター調査) が次のようだったので、悪かった、と言えるでしょう。
非農業部門雇用者増減 +185,000、失業率6.7 %。

これを受けて、ドル円レートは円高に!ですが、その後は急激に戻しました。その後始まった株式市場、先物は堅調。
どうなっているのかまだ掴めていません。

この状況の解説をこれからチェックしたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

Posted on 2014/02/07 Fri. 23:45 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

07

株価を高騰させた「期待」が崩壊 by 野口氏に疑問あり 

株価を高騰させた「期待」が崩壊 by 野口氏 に疑問あり

本日のダイヤモンドオンラインに野口悠紀雄氏の寄稿がありました。

要旨と疑問点は次のようなものです。

 新興国をめぐる国際的投機資金の流れの変調を受けて、世界各国の株価が暴落している。日本でも、株価の急落現象が起きている。日本の場合、実体経済の本格的な回復ではなく「期待」によって株価が高騰してきた面が強いため、とりわけ変化が急だ。以下では、その背景を分析することとしたい。

→昨年からの上昇が期待によってのものであれば、株価上昇前にPERは20倍程度あったので、今では30倍はゆうに超えていなければいけないことになると思うのですが。。。
少なくとも株式においては、企業利益の実態を表すEPSが上昇しているので、この表現はおかしいでしょう。

●13年春頃に高まった期待が12月ごろから崩壊
 人々の期待の変化は、13年春頃まで急上昇し、その後一進一退状態になった。株価が停滞したのは、13年5月頃以降、円安の進展が止まり、QE3テイパリング予想も広まったからだ。
ところで、株価については、通常、水準が問題とされ、上昇率にはあまり注意が払われない。しかし、投機的な株式投資は、配当ではなく、売買益を狙うものだ。そうした投資で問題となるのは、価格上昇率である。そこで、株価についても上昇率を見ることが有益だろう。


→この寄稿は投資家向けでなく、トレーダー向けのもの?


平均株価は11月初めから12月末にかけて上昇したのだが、対前年比増加率で見ると、11月末にピークとなってその後は下落しているのである。これは、QE3テイパリングの影響と考えられる。平均株価が1万5000円台でも対前年比増加率がこのように低下してしまうのは、12年12月の平均株価水準がすでにかなり上昇していたからである。

→グラフがないので、わかりにくいかもしれませんが確かに上昇率は低下しています。しかし、急激な上昇率(70%)はないものの1月末でも20%はあります。決してマイナスにはなっていません。


今後はどうなるだろうか。[図表2]には、今後の日経平均株価が1万5000円で変わらないと仮定した場合の対前年比の推移も示してある。図からはっきりわかるように、この仮定の下では、上昇率は、今後急速に低下する。そして、2014年5月にはゼロになる。

→1万5000円台に固定すると当然ですが。。。そんな前提は意味があるのか?


 株価水準が下落すれば、誰でもバブルが崩壊したとわかる。しかし、一定水準の株価が続いている限り、事態は均衡していると感じる。しかし、株式投資が売買益目的のものであるとすると、株価上昇率がゼロに近くなってしまうというのは、株式が投機の対象として魅力を失うことを意味するのだ。

→また投機ですか。。。しかし全体のインデックスとしての動きと個別の動きは別ですよね。。


なお、ここの計算では「今後の株価が1万5000円を続ける」と仮定した。実は、その仮定さえ問題となる。株式投資が売買益目的のものであれば、売買益を確定するための売りが発生するからだ。それは、株価を引き下げる。つまり、実際には株価は下落してしまう可能性が高い。

→しかし常に売りは存在してますよね。でも買いも存在するんですよね。そこは無視ですか。全員が売りと言うのでしょうか?

以降はデータの見方でどちらにも取れることが書かれていたので、省略しますが、こんな寄稿がダイヤモンドに載るのか。。。と感じました。
トレーダー向けの記事であれば、インデックスが動いていないのではなく、損する人と得する人がほぼイーブンだった結果なので、そこに向かう価値がないと感じるでしょうか。。。

何か変、な文章でした。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2014/02/06 Thu. 23:15 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

06

パナ買いは根拠あるのか? 

パナ買いは根拠あるのか?

本日パナソニックが大きく上昇し、東証一部上昇率ランキングTOPとなりました。
ひとえに昨日発表の第3四半期決済が良かったからです。


確かに決算内容は良かったです。しかし、ここまで上げる価値があるのか?これは冷静に分析する必要があります。
もちろん、トレードとして単にパナ株を売買の道具としてしか考えていない場合は話が別です。サプライズ大切ですね。人気化の流れに乗ることも大切です。株価上昇を伴った売買高の急増も大切です。
ここに根拠を求める気もありませんし、求める価値もないでしょう。
私が言いたいのは投資先として、パナの株主になろうと考えている人の話です。


第3四半期のEPSは150円程度ですが、通期予想は43.26。前期末のBPSが546.81なので割り算をするとROEは7.91%!です。ようやく平均レベルです。
これまでが悪かったので、よく見えますが、冷静に見ると平均です。平均を運用対象に求める投資家は買えば良いのですが。。。

では平均に対するPERはどの程度が妥当でしょうか?そもそも平均など眼中にないので、PER5倍程度で十分だと考えていますが、まあ妥協して、、、それでも10倍、よく行って12倍だと考えます。
予想EPSが43円なので430円から516円。この辺りが妥当でしょう。

パナの本日の終値が1262円です。
来期以降も劇的なV字回復が予想されるなら別ですが、ここで投資する人の考えが私にはまったく理解できません。。。

いかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/05 Wed. 21:49 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

05

きつい下げでした・・・ 

きつい下げでした・・・

 今日は本当にきつい下げでした。

 私のポートフォリオも、大型も小型も・・・軒並み下げました。
 業績が悪化しているとの様相がある銘柄は一銘柄もないので、あまり心配はしていないのですが。

 こんな風な下げでも、冷静に見ていられるのが「投資」のよさです。
 そもそも根拠のある銘柄しか選んでいないので、本当に心配はしていないです。
 あまりにもリスクオフになると、復活までに時間がかかるのでできれば避けて欲しいのですが。

 ここまで下げると、いくつかの優良銘柄が割安水準になってくるので、これを探しにいく作業が忙しくなります。

 
 まあ、のんびりと長期投資をしていきたいと改めて思いました。


  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/02/04 Tue. 23:23 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

04

買ってはいけない株 byダイヤモンド 

買ってはいけない株 byダイヤモンド

 今週のダイヤモンドに「「買っていい株、買ってはいけない株」の特集がありましたが、お読みになられましたでしょうか。
 
 すべてその理由が書いてあるので、まあ分かりやすい記事です。考え方は投資家それぞれありますが、多方面からのアプローチがあり良かったと思います。

 また、買っていい株だけでなく、買ってはいけない株もあったのが良かったですね。広告の関係やもろもろで、あまり個別株のネガティブなことは書きにくいのでしょうが、ズバッと書かれていて気持ちいいですね。

 買ってはいけない方の基準は「割高で下ブレ懸念の株」と「値動きが荒く、赤字の株」です。

 もっともな、当たり前の話ですが、その根拠にこれから業績相場になるから、これらの銘柄を買ってはいけないと言うものでした。
 この点は私は賛同しません。金融相場であろうとも業績相場であろうとも、「投資」にこだわる場合には赤字企業はもっての他!これが私の基準です。
 一方、短期の「トレード」を行う方は、赤字であろうと何であろうと関係ない。これと思ったものを買いに行って、すぐに逃げる。が基本です。
 そう考えると、ダイヤモンドといえども中途半端なんですね。投資なのかトレードなのか?はっきりさせるべきです。

 そもそも今が業績相場、金融相場と決定づけるのも、ファッション誌の今年のはやりの色は・・・と同レベルだと思っています。

 「長期個別株投資」をするのだから、赤字企業は一切手を出してはいけない!これで十分だと思います。

 参考までにワースト5をそれぞれ紹介すると、
 「割高で下ブレ懸念の株」
  1. 3825 リミックスポイント
  2. 9132 第一中央汽船
  3. 2395 新日本科学
  4. 4571 ナノキャリア
  5. 5202 日本板硝子

 「値動きが荒く、赤字の株」
  1. 4571 ナノキャリア
  2. 2370 メディネット
  3. 6786 リアルビジョン
  4. 6335 東京機械製作所
  5. 7853 YAMATO

 間違っても「投資」目的で買わないでくださいね。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/03 Mon. 22:07 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

03

本当なら大事です。新興国投信、解約殺到 

本当なら大事です。新興国投信、解約殺到

 次のような記事があり、大変気になっています。本当であれば、今後の市場がより荒れる可能性が高いと考えなければいけないかもしれません。

 
 新興国投信、解約殺到=株式は6500億円流出
 【ニューヨーク時事】米金融大手バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチがまとめた報告書によると、1月29日までの1週間に新興国の株式を運用対象とした世界の投資信託から64億ドル(約6500億円)が流出した。流出の規模は2年5カ月ぶりの高水準で、最近の新興国不安を受けて投資家の解約が殺到した。

 新興国債券を対象とした投資信託からは27億ドルが流出した。これは7カ月ぶりの高水準。



 ・殺到・・・殺到の定義は決まっていないので、この表現を使っても間違いではないと思いますが、本当に殺到?とは思います。だって世界中で6500億円でしょ。

 ・2年5ヶ月ぶり・・・昨年の5月後半から6月、7月にかけてのリスクオフへの動きのほうが大きかったように感じているので、2年5が月ぶり?は若干違和感があります。2年5ヶ月前は11年8月で米国債が格下げになった時ですね。日本はのんびりしているが、諸外国は重大問題だと考えているのか・・・。

 ・投信の解約と価格・・・補足しておきたいのは、解約が殺到した場合、それが株式であれば、株価は間違いなく値下がりします。しかし、投信だった場合、大枠では基準価額の下落とはならないことを確認しておきたいと思います。なぜなら、基準価額=純資産総額÷口数で求めるためです。

 解約で純資産が減っても、その分口数が減るのであれば、基準価額に対してはニュートラルです。

 新興国投信の純資産の動きと基準価額の動き。そして新興国株式市場の動きをチェックしないといけませんね。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




 

Posted on 2014/02/02 Sun. 23:42 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

02

こんな素晴らしい会社のPERが10.2倍!日本電産リード 

こんな素晴らしい会社のPERが10.2倍!日本電産リード

 年明けから、経済指標などの影響で株式市場が揺れ、アルゼンチンが追い打ちをかけ、トルコがバズーカ砲を撃ちなんとか救ったものの、FOMCの結果が不評で・・・

 とインデックスは揺れに揺れていますが、個別株への長期投資はある意味関係のない世界です。
 ひたすらに、良い会社を割安で買う。そして持つ。この繰り返しです。この簡単なことに気付いた人から、株式投資は簡単になり、大きな収益を上げることとなります。


 今回注目したのが、日本電産リード。電産系のグループの1つです。
 こんないい会社が、何故か放っておかれています。理由は??分かりませんが、地味だから???

 これは狙い目ですね。増収増益の上方修正も十分可能性があります。

 単に良い会社!と言っても分からないでしょう。もちろん過去の裏付けが必要となります。
 そこで登場するのが、企業業績タイムライン!早速ご紹介します。

 6833日本電産リード_convert_20140202060845

 どうですか。ROEベースで15%はらくらくクリアしそう。それ以上の16%台も!
 また過去の安定性もまずまずですね。企業としてROE15%厳守の文化ができていると感じます。

 この6833の株価がなんと1,279円(1/31現在)です。
 14年決算期予想と比べるとPER10.17倍!
 15年と比べると9.14倍!です。
 おまけに配当利回り(予想)も2.74%!

 なぜ、こんな銘柄に投資せずにわざわざむtかしいところに走るのでしょうか?
 なぜ、定期預金で置いとくのでしょうか?

 成長する銘柄に割安で投資する。あとは長く持つ!株式投資なんてそれだけなんですけどね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/02/01 Sat. 23:23 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。