09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

イオンの株主優待 

イオンの株主優待

 実は、株主優待はあまり好きになれないのですが・・・

 その理由は
  ①株主還元は現金(配当)で、の原則が好きだから。
  ②株主優待を厚く実施している企業と、利益成長企業が一致しているとは思えないから。
  ③自社の活動と関係のない優待が多く、株主の立場から考えて必要と思えない。
  ④一回きりの割引などが多く、ファンを作るための優待となっていない。
  ⑤郵送など見えないコストがかなり発生しているのではないか。

 こんなところです。

 ただし、イオンの株主優待は上記の③④をクリアしているかな?とも思えるのでご紹介します。

 以下イオンのIRより

 イオンオーナーズカードは、イオン株式会社の株式を100株以上お持ちの株主さまに発行している株主ご優待カードです。

 特典1 まいにちのお買い物がおトク! 3・4・5・7%のキャッシュバック

 100株以上所有の株主さまの「株主ご優待カード」です。お買物の際に、オーナーズカードをご提示いただき、現金又はWAON(イオンの電子マネー)、イオンマークのカードでのクレジット払い、イオン商品券、マイカル商品券、イオンギフトカードでお支払いください。

 持株数に応じて、お買上げ金額合計に下記の返金率を乗じた金額を半年ごとに返金します。但し、専門店など一部の会社・店舗では現金払いのみ特典適用になります。

 3% 100~499株
 4% 500~999株
 5% 1,000~2,999株
 7% 3,000株以上

特典2 毎月20日・30日はさらにおトク! 「お客さま感謝デー」の5%OFF

 イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどの店舗では「お客さま感謝デー(毎月20日・30日)での5%割引」特典に重ねて、上記キャッシュバック特典が受けられます。現金、WAON、イオンカードなどお客さま感謝デーの特典適用となる支払方法でお支払ください。


 どうでしょうか?頻繁にイオンを利用する方には悪くない制度だと思います。一回きりの割引でなく、年間を通じて買い物の度にキャッシュバックがある点が良いですね。

 頻繁に行くが、その選択肢は多く、自社の店舗にぜひ来てもらいたい。そんな業態には最適だと思います。スーパーだけでなく、百貨店、ドラッグストア、コーヒーショップ、コンビニなどもピッタリ合致すると思います。

 ちなみに、食品の表示方法や画一店舗が地方の情緒をダメにしている点などにおいて、イオンはあまり好きになれないのですが・・・。まあ良い点は見習わなければいけませんね。



 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/31 Thu. 23:48 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

31

みずほのIRはどうなっている? 

みずほのIRはどうなっている?

 何かと話題のみずほ銀行(上場会社はみずほFG)ですが、IRはどうなっているんだろう?こんな時の反応はどうなっているのだろう?

 と言うことで、IRを確認してみました。

 意外?さすが?なしっかりとしたIRでした。

 記者会見でおなじみとなった、報酬半減の佐藤会長が優しく、トップからのメッセージを伝えてくれたり、個人株主へ分かりやすくIRを案内してくれたりしています。なんだか良い人に見えます。


 社会的責任についても、その取り組みが事細かに記されています。(今となっては虚しく見えますが・・・。)
 また、投資家向けに今回の事件のかなり詳細な報告書がアップされています。まあまあ速い動きといえるでしょう。内容を見ると、結局オリコと自動車ディーラーが窓口になっているローンなので私たちは分からなかった・・・との言い訳にも見えますが、それはそれでほぼ実態なのでしょう。

 しかし、自動車ローンはこれからどうするんでしょうか?高級車の取り扱いをすればするほど、組関係者の可能性が高くなりそうだからです。収益源として大口の取引が減ってしまうかもしれませんね。

 金融機関と組関係者の関係は考えれば考える程、厄介ですね。ローンはダメ、であれば組関係者の子供の教育ローンはどうなるんでしょうね。親がどんな形でも、子供には罪はない!・・・何処か補助金か何かで聞いたような。そんな考え方もできますね。
 契約者でなく、保証人はどうなんでしょうか?

 では、生命保険はどうでしょうか。損害保険はどうでしょうか?同じ損保でもマネロンに使えそうな、ちょっとは利殖性のある商品もあれば、掛け捨ての自動車保険もありますね。自動車保険にも自己の損害を補償するものや、事故被害者を救うための保険もありますよね。運転者が組関係でも被害者に罪はない!あれ、どこかで聞いたような・・・。

 もし自動車保険がだめなら、法律で強制加入となっている自賠責はどうなんでしょうか?一応保険ですから。

 話は飛びましたが、IR自体は非常に良くできたものです。今となっては虚しく響くところも多々ありますが。。。

 ちなみに、IR如何でも私は銀行は投資対象に入れたことがありません。財務状況が非常に分かりにくいこと、金融行政に縛られること、見せかけのROEであること、今後の成長戦略が見えないこと、今後金利上昇した場合に保有債券の処分をどうするのか?債券売買で稼いでいた利益の減少をどこで補うのか?などなど、とても成長産業だとは思えないからです。

 同じ銀行でもセブン銀行のように、分かりやすいところは別ですが。

 

点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は 76/100点です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/30 Wed. 23:14 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  IR 
TB: 0    CM: 0

30

グラフで見る、王将の利益推移は? 

グラフで見る、王将の利益推移は?

 昨日に続き、利益の伸びと株価の関係を対数グラフを使って確認してみます。
 今日は、餃子の王将。元々は京都大宮の駅前で始まった中華料理店ですが、(特に昔の王将を知っている人には)成長には程遠いイメージではないでしょうか。

 しかし、実際の数値は素晴らしいものがあります。順調に成長した結果、もし10年前に株主になっていれば、投資金額720円で株主になった私に、今期末には一株利益=253円、配当=80円がプレゼントされる予定です。
 これを率に直すと、益利回り35.14%、配当利回り11.11%にもなります。王将の株主であり続ける限り、これくらいの水準のプレゼントを受け取ることができると、期待できます。さらに王将の利益がまだまだ成長するのであれば、これ以上の利回りを期待することも十分可能です。

 こんな王将の株主がその権利を放棄するとは到底思えません。長期株式投資の目標である、自分だけの素晴らしい利回りの獲得ができた瞬間です。この瞬間を目指してみなさんも長期投資をしましょう。

 ただ今から株主になる方には、同じような成長が期待できるのかどうか?ここは悩みどころです。
 そこで利益成長率をグラフでチェックしてみました。

 9936王将推移グラフ

 いかがでしょうか?
 純利益やROEの数値的にはしっかりと出ているような気がするのですが、グラフで見ると明らかに伸びがストップしています。これを見て株価水準も変わらずの状態となっています。

 売上は伸びているので、問題は利益率ですね。なぜ利益率が伸び悩んでいるのか確認が必要ですが、少なくともこのグラフからは、利益の伸び、株価の伸びは期待できないと言えるのではないでしょうか。


 こんな株式の見方も面白くありませんか。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/29 Tue. 23:30 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

これは簡単!グラフで見る割高水準 

これは簡単!グラフで見る割高水準

 ややこしい数字の羅列も時には役立ちますが、分かりやすさの面ではグラフが1番ですね。

 長期投資をすれば、利益水準と株価は比例するのですよ。ほぼ同じように伸びていくのですよ。この点を理解している人はあまり多くありません。そこで誰もが一目で納得できるように、服飾店舗を展開する、利益創出が比較的安定しているパル(2726)の売上と利益と株価の高値と安値の長期的な推移を1つのグラフにしてみました。

 このグラフを見れば一目瞭然ですね。

 2726パル推移グラフノーマル

 いかがでしょうか?

 って、分かるか!

 そんな声が聞こえてきそうです。たしかにこのグラフに連動性を見出すことは困難です。同一年の株価の高値と安値さえも連動していないようです。
 利益と株価の間に連動性はないのか・・・。それともグラフが悪いのか。。。


 実はグラフが悪いんです。
 と言うのも、普通のグラフは「額」の変化を縦軸に表現しています。しかし、株式の世界は普通「額」でなく「率」で勝負します。
 また利益と株価のようにそもそもの水準が異なる場合、比べようがありません。
 ではグラフは諦めるしかないのか・・・。

 待って下さい、グラフの中には「額」の変化を取るものだけでなく、「率」の変化を縦軸に取るものがあります。それが対数グラフとよばれるもの。「率」で表すと、連動性が異なる水準のものでも簡単に判断できます。
 「率」で勝負の株式の世界は、普通グラフと言ったら対数を使うべき!です。残念なことに一般的ではありませんが。。。

 では同じ状態を対数グラフで表してみました。

2726パル推移グラフ

 慣れないと変なグラフですが、これがなかなかのスグレモノです。
 傾きが急であれば高成長。なだらかになっていれば成長鈍化、と簡単にわかります。
 (青い丸は後ほど使うので今は無視をして下さい。)

 利益のラインを株価高値のラインが前後していますが、利益水準と株価のおよその連動性が確認できると思います。他の企業もデータを取ってみると、利益と株価が連動している企業がたくさんあります。

 
 では今回のタイトルである割高状態の確認です。
 簡単ですね。利益のラインと株価のラインの間隔が縮まれば割高、離れれば割安と見ることができます。
 あとはこの2つの関係がどうなっていることが自然な姿なのかを考えれば良いのです。

 パルはこの判断が難しいので、題材として取り上げました。左の青丸あたりが適正な水準であれば、ここ直近が安すぎであり、今後はかなり上昇余地があると考えられます。

 一方、右側の青丸あたりが適正水準なのであれば、この1年でかなり割高な所まできてしまった。そう考えることができます。利益成長よりも株価上昇の方が急角度なので。


 時代背景、パルの成長率を考えると、右側が適正水準だと僕は考えています。
 であれば、株価は割高水準である、かつ利益の伸びが鈍化している。この2つの点から、パルの株価の伸びは押さえられる可能性が高い!そう考えますがいかがでしょうか。

 都合の良いことに、株価は2013年10月28日までしかありませんが、利益は1年先行して予想が出されてます。利益の先行部分が株価の先行きを示唆してくれるのであれば、こんなに簡単な投資はそうそうありません。(もちろん目先の雑音には惑わされない長期投資限定です。)



 対数グラフの利用も長期株式投資の1つの手法です。銘柄選び、および今後の株価をイメージするのに便利なツールなのです。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2013/10/28 Mon. 22:31 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  安定株主  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

28

澤上さんの話を聞いてきました 

澤上さんの話を聞いてきました

 本日はさわかみ投信の澤上さんの話を聞いてきました。

 企業を応援する株式投資の話が盛りだくさんで良い話でした。
 その中でも、いくつか特に良かったフレーズをご紹介すると

  ・来週中に、国民全員が10万円を普段買うもの以外で無理やり消費すること。これが法律で通ったとすると、景気なんてすぐに良くなるのに・・・。ちなみにその時の消費額は12兆円。日本のGDP480兆円とすると2.5%分の押し上げ効果。これ以外の成長率と合わせ、4%を超える経済成長が可能に!
   ⇒ 大賛成です。

  ・ストックのある今のうちに、貯蓄を投資に結びつけることが大切!日本の将来を担う企業の株主に個人投資家がなり、安定株主として応援する。
   ⇒ 大賛成です。(お隣の国のようにならないために。)

  ・日本の個人貯蓄は740兆円で、ダントツで世界一。経済規模が3倍のアメリカより大きく、100兆程度のドイツやイギリスなどは日本の足元にも及ばない。この資産の大部分が0.02%しか金利が付かないしょうもない預貯金に眠っている。どう考えてもおかしい。
   ⇒ 大賛成です。日本人の個人資産は莫大。それを1番分かっていないのは日本人。

  ・今後の銘柄選びは、業種でなく経営(企業)で選ぶこと。高度経済成長期はどの企業も伸びたが、成熟期は企業間で差が出る。業種で追いかけても仕方ない。
   ⇒大賛成です。


 じゃあ、具体的にどうするのか?どんな観点で銘柄選びをすれば良いのかなどのコメントは(いつも通り)ありませんでしたが、なかなか良い講演会でした。

 こんなマクロの話も大切ですね。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2013/10/27 Sun. 23:17 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

27

大阪FPの日(R)に登場します 

大阪FPの日(R)に登場します

 みなさんFPの日(R)をごぞんじでしょうか。
 毎年11月を中心に、日本FP協会の各支部が日本全国で、ファイナンシャルプランナーの普及による国民の豊かな生活を実現するためにイベントを行うものです。主に講演と個別相談となっていますが、各支部いろいろな工夫をこらしていますので、お近くの支部へ出かけてみて下さい。
 イベントは各支部とも参加費無料、その後の金融商品の勧誘や特定金融機関に偏った話などは一切ありませんので、安心してご参加していただけます。申し込み方法等、詳しくは( http://fpday.jp/ )をご確認下さい。


 そのFPの日の大阪支部のイベント(11月9日土曜)に登場します。

 セミナータイトルは「物価上昇に備える賢い株式投資術」
 主な内容は
  ・インフレの確認
  ・インフレの要因は
  ・円安の影響
  ・本当に円安になるの?
  ・インフレから生活を守るために
  ・本当に株式投資は良いのですか?
  ・なぜ株価はそんなに高いのですか?
  ・株式投資ってギャンブルのようなものでは?
  ・株式投資はこんなに素晴らしい
  ・長期株式投資のポイント
  ・長期株式投資のまとめ

 こんな感じです。どちらかと言えば、株式投資に不慣れな方でも分かるような内容ですが、お時間のある方は是非お越しください。これからの日本のテーマは何と言ってもインフレ!デフレからインフレへの時代の移り変わりは、さまざまな点で意識改革を図らなければいけません。

 第一部の「物価上昇に備える家計防衛術」(八束和音氏)と合わせて、有意義なイベントになると思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/26 Sat. 23:21 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

26

明日のセミナー内容は 

明日のセミナー内容は

 明日は、京都で「NISA&長期株式投資で資産形成」のタイトルでセミナーを行います。

 株式投資講座、セミナーは数多くあれど、長期投資にこだわった、テクニカル的な要素は一切触れない株式投資講座、セミナーはそう多くないと思います。と言うよりも、日本中を探しても皆無ではないでしょうか。

 レジュメができあがったので、主な内容をご紹介すると
  ・NISA概要
     ・・・ 制度概要やメリット、デメリット

  ・NISAを上手に使うポイント
     ・・・ 5年間売れない!の意味をもう一度確認する

  ・株式投資の時代がやってきた
     ・・・ インフレの確認

  ・本当に株式投資ってよいのですか?
     ・・・ インフレと株式投資の関係、株式投資を分析する

  ・株式投資のメリット
     ・・・他の資産に対する優越性、株式投資の特性

  ・長期株式投資のポイント
     ・・・ 長期投資における着目点

  ・日経平均に勝てるか?
     ・・・ ほんの少しの気付きと努力で日経平均に勝てます


  一人でも多く、長期株式投資を行う投資家が増えることを願って頑張ってきたいと思います。
  

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/25 Fri. 23:50 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  本当の株式投資  投資とトレード  投資銘柄選択  日本版ISA 
TB: 0    CM: 0

25

キャノンが下方修正、さあどうすべきなのか 

キヤノンが再び下方修正 13年12月期、純利益7%増どまり

 キヤノンは24日、2013年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比7%増の2400億円になりそうだと発表した。従来予想を200億円下回る。下方修正は今期2度目。海外でデジタルカメラの販売回復が遅れているのが主因。事務機は日米で好調を維持、円安も収益を下支えし、増益は確保する。

 売上高は前期比8%増の3兆7500億円と従来予想から1000億円引き下げた。修正幅の7割強はカメラ事業が占める。欧州や中国での需要低迷が長期化。7月にコンパクトカメラの販売予想を下方修正したのに続き、一眼レフなどのレンズ交換式カメラの年間販売予想を900万台から100万台引き下げた。
 一眼レフは利益率が高い分、販売減は利益の減少に結びつきやすい。カメラ事業の営業利益見通しは2118億円と、従来予想から426億円下方修正した。
 一方、事務機事業は日本や米国で高付加価値のカラー複写機を中心に販売が好調だ。円安効果も大きく、年間の営業利益押し上げ額は2178億円と、全体(3600億円)の6割を占める。


 このようなニュースがありました。
 もしキャノンを保有している場合はどのように考えればよいでしょうか?

 まず、長期投資の対象銘柄にキャノンが候補となった場合でも、とても素晴らしい高成長(ROEベースで15%以上)は期待していないはずです。これといった、すごい成長分野を持つわけでもないキャノンに今更すごい高成長は望めないでしょう。

 ではキャノンを買う目的は何か?
 候補に上がるものとして
  1.ある程度の収益の安定的な創出。
  2.自社株買いや配当性向など株主還元の期待。

 この2つだと思います。

 であれば今回の減益も、この2つを基準にしてキャノンから降りるのか?それとも株主であり続けるのか?を決めれば良いと思います。

 1のある程度の利益創出ですが、今回の減益を利用して単純計算すると、ROEでかろうじて9%の確保となります。できれば10%以上は欲しいところですが・・・。
 微妙なラインですが、かろうじて利益を出している方に入るでしょう。(本当に微妙なところなので、これではいけないと言う方もおられるかもしれません。)

 2については本決算を迎えなければ何とも言えないのですが、これまでの実績、キャノンという企業の文化からすると、大丈夫ではないかと考えます。

 そう考えると、株主を続ける?降りる?の2つの選択肢の内、6:4で株主を続ける選択肢になると思われます。
 10:0とは到底言えないので、もっと素晴らしい企業が見つかれば乗り換える!との考え方も正解でしょう。

 難しい状況ですが、それほど素晴らしい決算はあまり期待していないので、安値で買いさえしていれば、保有なのでしょうか。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/24 Thu. 23:21 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  本当の株式投資  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

24

雇用統計その後 

雇用統計その後

 非常に弱い雇用統計が昨晩出されましたが、その後はどうなったのでしょうか?
 景気回復が弱い→量的緩和の縮小は遠のいた→ドルジャブジャブ状態続く→ドルの価値が低下→ドル安
 このような、セオリーの元、ドル安方向に急激に進みましたが、その後はドル高・円安方向に。結局急落前の水準を回復(理由は分かりません)。

 そこまでは確認しましたが、その後はどうなったのでしょうか。

 201310雇用統計後ドル円レートその後_convert_20131023043344

 その後は再びドル安に。これは終わりなき程ドル安が進むかなと思いきや一旦反転、そして再び反転、そしてまた反転と、めまぐるしく動いています。



 もし私が、この相場で設けてやろう!と参戦していたらどんな行動を取っただろう?と考えました。
 雇用統計の結果から、年内量的緩和の縮小は無いと判断しました。であれば、ドル安が進むであろう。市場もそう判断しているので、ドル売りに出たでしょう。その思い半ばにして反転。その思いを捨てることができず持ち続けて、損失確定。その後は、これだけドル高に戻るということは、市場は実は織り込み済みだったのか、、、と気を取り直してドル買いで勝負。しかし、その予想がすぐに外れあわてて売却。

 そんなこんなで、投資資金の80%程度を失って、沈んだまま能登半島まで出張。。。だったでしょう。

 短期勝負をする時には、私の書いたシナリオや思い込みはかえって弊害になるのでしょう。ひたすらチャートを眺め、チャートの形から判断する。これが正解になると思います。シナリオなんて持ってはダメです。
 ただし、それも言うほど簡単なことではありません。チャートでの判断を元に、売買を繰り返した結果、結局損をしていた。または収益ゼロであった。そんなこともたくさんあることでしょう。

 改めて、短期で市場に向かうよりも、株式を利用して長期投資とした方が、よほど簡単だな。。改めて、今も感じています。
 みなさんはどんな投資手法を取っていますか?


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/23 Wed. 04:51 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

23

待ちに待った?米国雇用統計発表! 

待ちに待った?米国雇用統計発表!

 米政府機関の一部閉鎖の影響から延期されていた米雇用統計が、いよいよ発表されました。どちらかと言えば、誤差に近い数値をネタにし、たお祭りのようなものと感じていますが、重要指標であることには間違いありません。
 延期になっても、盛り上がるのか?チャートは大きく動くのか?
 結果は次のようになりました。

 市場の予想は、失業率:7.3%、非農業部門雇用者数:18万人増がコンセンサス.
でしたが、結果は予想外の
 非農業部門雇用者14.8万人増。失業率は7.2%。

 うーん、これは量的緩和の縮小が遠のきましたね。そして、超ハト派のイエレン氏の議長就任が加われば、緩和縮小どころかもっと強烈な緩和が登場する可能性も。。。
 ますます緩和縮小スケジュールは混迷を深めてきました。

 為替レートはこの発表を受け、セオリー通り円高に!と思っていると、あれよあれよという間に円安水準に逆戻りです。
 とてもこんな相場に付き合ってられない!改めて感じた雇用統計発表でした。

 この後の予想ですか?答えは簡単ただ一つ!
 そんなもの分からない!です。

 コアな部分があって、これに微調整されて株価が決定する株式投資ってなんて簡単なんだ、そうとも改めて思いました。

 
 201310雇用統計後ドル円レート_convert_20131022224525


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

 

Posted on 2013/10/22 Tue. 22:47 [edit]

category: ● このブログのお勧めルート

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

22

見たくない!かも知れませんが・・・値上げ、値上げ、値上げです 

見たくない!かも知れませんが・・・値上げ、値上げ、値上げです

  10月に入っても、商品値上げのニュースが続いています。
  主なものを、取り上げました。


・明治、森永乳業、雪印メグミルクの乳業大手3社は、10月1日から牛乳などの出荷価格を1%から4%程度値上げ。
・輸入小麦の政府売り渡し価格が、10月から平均4.1%アップ。
・白鶴酒造や菊正宗酒造など大手清酒メーカーは、10月1日出荷分から日本酒等の価格2%から7%程度引き上げる。  ・JTBや日本旅行など旅行会社では、10月以降出発の海外パック旅行価格を、前年比で3%から10%値上げする。   ・東京海上日動火災保険では、いったん事故を起こすと、その後の保険料の負担が大きく増えることに。
・卵も、2013年夏から値段が上がり、1kgあたりの相場は220円以上に達した。
・輸入冷凍エビの価格が高騰。足元の取引価格は前年の2倍以上に。
・関西2府4県の豆腐メーカー18社も、輸入大豆高騰で豆腐や油揚げの価格を約2割引き上げる。
・日清オイリオグループはスーパーなどへのごま油の出荷価格を10月から10%以上値上げする。
・都市ガス4社は、「平均的な家庭」1カ月分の使用量換算で6~11円の値上げ。
・Apple はアプリ開発者に向けて日本版 App Store・Mac App Store で値上げを実施すると通達。
・衣料品などに使う合成繊維の国内価格が上昇。先月に比べ2~4%高い。
・日本郵便は来年4月の消費税率引き上げに伴い、はがき料金を現在の50円から52円に上げる方針。
・ディズニーランド入場料、来年から消費税増税を期に値上げ。
・カツオ節大手「にんべん」は家庭用の削り節を8月1日出荷分から平均10~20%値上げする。値上げは6年ぶり。
・味の素「ほんだし」23年ぶり値上げ カツオ需要増え。1グラムあたり約6~7%。1990年6月以来約23年ぶり。
・ヤクルトが、乳酸菌シロタ株の増量とともに、希望小売価格(税別)を5円引き上げて40円に。価格改定は22年ぶり。
・キユーピーは17日、9月2日出荷分からジャムの一部商品を値上げすると発表。上げ幅は約4~7%。
・味の素は原材料コストから、マヨネーズ等を約3~9%値上げ。約5年ぶり。最大手キユーピーは既に値上げを発表。
・モスバーガー、ハンバーガーなど定番45商品を10円値上げ
・日本製紙、印刷・情報用紙を10%以上値上げへ
・永谷園やマルコメなどが通販商品を値上げした
・メルシャン4年ぶりワイン値上げ。昨年末以降の円安で輸入価格が大幅上昇したため。
・丸大食品がハムやソーセージなど142品目。内容量を少なくする実質値上げを含めて平均8%の値上げ。

  しかし、文句ばかりを言っても仕方ありません。何らかの防衛策が必要です。
  金融商品を利用した対策は2つ!
   1.株式
   2.海外の資産に投資する商品  です。

 そう考えると、これは投資のニュースです。

 もう一つ。
 インフレ時に選ぶ企業は価格支配力のある企業。であれば、ここに登場した企業は値上げすることができる優良企業の可能性が出てきます。
 もちろんこれだけでなく、さまざまな角度からの検証が必要ですが。
 世の中には価格転嫁ができず、インフレは悪影響!の企業も数多くあります。そんな中で、インフレ対応の株式投資を考える時には大切な資料となることでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/21 Mon. 23:37 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

21

サンドラッグのIR 

サンドラッグのIR

 順調に店舗を拡大しているサンドラッグ。業界内の競争も激しいところですが、そのIRを見てみました。
 
 まず社長の挨拶ですが、
 会社情報のページには「代表取締役会長、才津達郎からアクセスして頂いた皆さんへのご挨拶です。」。
 そして、IRのページでは「代表取締役会長、才津達郎から株主・投資家の皆様へご挨拶です。」と、タイトルが違っていました。個人的にはこのような心配りが、店舗の運営や来店のしやすさにつながると思います。始めから好印象が持てますね。
 言葉だけかもしれませんが、その言葉すらぶっきらぼうであったり、温かみを感じさせない企業は応援する気にはなれません。大切なことではないでしょうか。

 また4つの企業理念として、経営の理念・経営の姿勢・経営の使命・経営の手段が分かりやすく紹介されていまし。長きにわたって株主として応援する投資先の企業には、応援する価値が必要です。この点もとても分かりやすいものでした。

 その他も、見やすいレイアウトで清潔感が漂うIRでした。

 いくつか注文するとすれば、企業情報のページにある、経営成績推移のグラフがなぜIRのページにはないのだろうか?です。グラフ自体は非常に分かりやすいものなので、同じものでも良いと思います、どちらかと言えば、IRページに必要だと思うのですが・・・。

 もう1点は、決算報告会の中継を是非してもらいたいと思います。動画でなくても良いので、決算発表会の資料や質問及び質問への回答などは是非欲しいと思います。これからは、個人投資家も企業を応援する立場での株式投資を行う場合、企業をより知らなければいけません。
 決算書だけでは、素人はなかなか理解ができないので、補助資料としてぜひとも準備してもらいたいです。

 最後になりますが、株主になった場合のイメージを打ち出してもらいたいですね。商品のディスプレイは、利用方法や生活の中での利用をイメージできるようなものにしているのに、株主に対しては何のイメージもない。安定株主になってもらいたいのであれば、株主になった場合のメリットやデメリットなど、取り敢えずイメージしていただきい。
 上場各社には是非そうしていただきたいものです。

 
 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は 80/100点です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/20 Sun. 23:47 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  IR  本当の株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

20

今後のアメリカ市場の動き 

今後のアメリカ市場の動き

本日は、金(ゴールド)の第一人者である亀井幸一郎先生をお招きしての勉強会に参加していました。
大変有意義な話でしたので、概要、私なりの見解をアレンジしてご紹介します、

⚪米国予算について
 →当面は問題を先送りしたが、超党派による委員会が12/13までに中長期の財政協議を行うことになっている。注目は最後の最後まで今回の妥協案に反対票を投じた共和党下院予算委員長のポール・ライアンが委員会のメンバーになっていること。果たして、委員会は機能するのであろうか・・・。
 また14年会計年度の予算は、14年1月15日までの暫定予算で動き出したが・・・。この期日が近づけばまた同じことが繰り返されるのではないかとの懸念がある。

⚪米国債発行について
 →14年2月7日までは縛りなく発行できるが、単なる先送りなので、この期限が来た時はまた同じことが繰り返される。ただし、新規国債発行ができなくても内部の資金繰りは可能なので、今回5月から10月まで引っ張ったように、4~5ヶ月くらいの猶予期間は存在する。
 万一格下げになるようなことがあれば、その影響はやはり大きいものになる。

⚪米国景気について
 →8月後半辺りから、住宅関連などあまり良くない指標が出てきている。また、失業率も州ごとに見れば、9%台の悪い数値となっているところが数多くあり、実はあまり良くないのでは。年末のクリスマス商戦が注目される。

⚪量的緩和縮小について
→9月のFOMC(金融政策を決める会議)までは、9月から、遅くとも年内に縮小を始めるとの見方が大多数であったが、あまり良くない景気指標、ゴタゴタの続く議会や政府などを背景に金融緩和縮小は遠のいたのではないか、との見方が多くなってきている。
また、次期議長は初の女性議長となるイエレン氏であるが、彼女は超ハト派。ハト派とはインフレリスクに目をつむっても景気下支えを重視する考え方。言い換えれば積極的な緩和策を進める考えを持つ人。このため、金融緩和縮小どころか、今後の景気指標によってはさらなる拡大もあるかも知れない・・・。もし、緩和継続となれば不健全な状態ではあるが、株価上昇に結びつくのではないか。
 次の10月末、12月中旬のFOMCに否応でも注目が集まる。

⚪金価格について
 →ゴールドマン・サックスは量的緩和縮小を主な理由に、米ドルの価値向上→金価格の下落を予想しているが、縮小シナリオが崩れたとき金価格には大きな上昇圧力がかかるのではないか。
 プラス要因として、中国(個人、中央銀行とも)猛烈な勢いで金を購入している。時価総額ベースで約14兆円の金と紙幣増刷を繰り返し、毎月8兆円超の資産買入れを行っているアメリカ。または毎月7兆円以上の資産買入れを行っている日本銀行などとのアンバランスさがある。
 当面は下落圧力が強いが、反転する時が出るのではないか。


さあ、一応の解決?となりましたが、混沌は続くようです。ボラティリティは比較的大きなものが出るのではないでしょうか。一方、新規投資においてはチャンスとなるときでもあります。

アメリカの動きは、日本国内株の中期的な先行きにも大きな影響があります。直接企業業績とは関係ないのですが、無視することはできない存在になっています。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/19 Sat. 23:20 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

19

四国銀行のIRは 

四国銀行のIRは

本日は高知県まで行ってましたので、高知と言えば四国銀行。なので四国銀行です。
予断になりますが、四国の銀行は面白いですね。都道府県の名前がついている銀行は第二地銀で、第一地銀は県名以外の名前です。伊予銀行、阿波銀行と昔の国の名前が着いていたかと思うと、高知の四国銀行、香川の百十四銀行とバラエティーに富んでいます。

そんなことはさておき、四国銀行のIRはと言うと、株主の立場が全くと言っていいほど忘れ去られている。そんな感じがします。

銀行に必要なものは?と考えると、絶対に潰れないこと、社会に貢献すること、との答えが帰ってきそうなIRです。確かにそれも間違いないですが、株主のことも少しは考えていただきたい。そんなIRです。

株主へも説明義務があります。少なくともIRとの言葉は使って欲しいですね。
ディスクロージャー誌だけでなく、IRとして過去の業績やセグメントを載せてもらいたいです。

安定的な財務も必要ですが、株主への利益を始めとした還元も力を入れて欲しい。ですね。

点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は 36/100 です。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2013/10/18 Fri. 23:28 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  IR  安定株主  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

18

年配者への投信はインデックスだけ? 

年配者への投信販売はインデックスだけ?

先日、某銀行の方と話をしていたのですが、金融庁が年配者への投信販売の指針を明確に示せ、と各銀行にプレッシャーをかけているとのことです。
適合性の原則からある程度はリスクに見あったものが売られていると思っているのですが。。。。

その中で、株式へ投資する商品については、例えばインデッスクのみにするとか。。。とこれまた暗に示唆しているというか。。。
その理由は分かりやすいから。

これは、通貨選択型を見越しての指導だと思いますが、優先すべきは分かりやすさなのか?と疑問に思います。運用においてはそれよりも大切なことがあるだろう!と思わずにはいられません。

また、理解をせずに買うのは高齢者だけでなく、一部の若者層もです。それを無視して、高齢者だけ。。。

そんなことを金融庁が言うから日本に本当の投資が育たないんですよ。金融庁さん。また、極端な売り方をするから金融庁から指導されるのですよ、金融機関さん。

思わずそう言いたくなる話でした。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/17 Thu. 23:15 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

17

理財商品が危ない 

理財商品が危ない

14日の夜にあったテレビ番組、未来世紀ジャパンを見ました。
多くの部分は中国のゴーストタウンを取り上げていました。これはこれで規模の大きな馬鹿げたものなのですが、話はこの馬鹿げた無駄投資を支える資金が「理財商品」と呼ばれる、中国独自の金融商品と紹介されていました。

投資商品ですが、銀行で預金のような形で売っています。(街角でも売っているので、さすが中国ですが。。。)
この理財商品の中で、返金されないものが出始めていて、一部で問題になってきているのですが、改めてこれはヤバイ、と感じた点があります。

運用先が全く分からない点ももちろんヤバイです。証券化が何重にも行われ、証券のバックボーンが何なのかわからなくなったサブプライムローンと比較されることもありますが、明らかに理財商品が悪い意味で上です。

もう一つ。この商品の満期が非常に短いことが気になりました。30日や60日がゴロゴロしています。これはまずいです。不動産に投資するにしても、事業に投資するにしても、30日や60日で結果が出るものではありません。また途中で資金が流出することが安定した投資の下支えになるわけがありません。

要は何に投資されているのか分からない、どころではなく何にも投資されておらずに、自転車操業に使われていると考えられます。
大元の投資先もうまく回っていないのですが、そのツケが回ってくるのも時間の問題。そう感じました。
中国だからできるのですが、メチャクチャです。子供銀行券が真面目な金融商品として出回っているようなものです。

中国に関連する企業、中国に投資している方、真剣に考えた方が良いのでは。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/16 Wed. 21:53 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

16

ヤフーのIR 

ヤフーのIRは?

普段はポータルサイトとして利用しているヤフーですが、そのページの一番下の方に、投資家情報のボタンがあります。なかなかお目にかからず、クリックしたことがある方も少ないかと思います。

全体的には整然としたIRで見やすいレイアウトです。決算報告会などの資料は充実していて、セグメントの分析など行いやすいです。
また社長と他業種の方とのコラボインタビュー形式で、社会的存在価値をアピールしているところなども良いのではないでしょうか。
分かりやすく、過去のデータなども見つけることができました。

気になる点は、好業績であるにも関わらず、ROEが低下傾向であることです。高いレベルでの低下なのですが、大きくなってしまったBPSに対する利益成長がないということでしょう。

ここらで自己資本の画期的な利用方法を打ち出してもらいたいものです。

もう一点は、過去これだけ良い業績を連続して叩き出してきたのですから、もっと自慢しても良いのでは、と言うことです。あの時株主になっていれば、今はこんなすごいことになっています。と紹介してもいいとおもいます。そんなことが長期の株主をヤフーだけでなく、他の企業にも増やす一歩となると思うのですが。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は 80/100点です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/15 Tue. 20:32 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  IR  安定株主  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

15

結構重要な運命の日が近づいてくる 

結構重要な日が近づいてくる

アメリカ議会は相変わらず正常化していません。国家施設の休業だけなら、当事者以外ではそれほど大きな問題ではないのでしょうが、債務上限の問題はそうはいきません。万一デフォルトともなれば。。。

政府機関の閉鎖の例は過去にもありましたが、米国債のデフォルトは例がないため、どれだけ影響があるのかは分かりません。能力的な問題でなく制度的な問題であるため、格付けも考慮するとの話もあります。一方リーマンショックに匹敵する大問題になるとの話もあります。
米国債を原資産とするデリバティブとの関係も考慮しなければいけないでしょう。金利変動がどうなるのか?にも注意が必要です。金利が大きく動くのであれば、金利を原資産とするデリバティブにも問題が波及する可能性もあります。また、米国債を担保としている時の取り扱いもどうなるのか。そんなことも考えなければいけません。

先週末はダウ平均も323ドル上昇したように、どちらかと言えば楽観ムードが支配していたように感じます。しかし、週末になるとムードは沈滞し、うまく話がまとまらなかったとのニュースばかりです。

その意味で今から開く米国株式市場が要注目です。

ドキドキしながらこの数日を過ごすことになるのでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/14 Mon. 22:53 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

14

投資信託と個別株投資 

投資信託と個別株投資

 昨日に引き続き、投資信託について考えてみたいと思います。

 一般的に言われる投資信託のデメリットには
 ・コストがかかる。
 ・数が多く、選ぶのに大変。さらに、販売会社の取扱商品しか買えない。
  等があります。

 一方、メリットには
 ・プロに運用判断を任せることができる。
 ・小口から投資ができ、分散効果も期待できる。
  等があります。

 これ以外の点、特にデメリットについて考えてみると、
 ・ファンドマネージャが数々の制約に縛られて、能力を発揮しきれていない。
 ・運用対象などがクリアすぎて、先を見越された状況になることもある。
 ・投資額が大きすぎて、優良銘柄以外にも分散せざるを得ないことがある。
 ・投資対象が多すぎて、良い悪いの判断ができない。
   =どの商品が良い商品なのか判断することができない。結果論に頼る他力本願の投資となる。
 ・アクティブ型と言っても、現実にはインデックスとほぼ変わらない運用となることが非常に多い。
 ・運用環境の悪化を予想した場合でも、運用資産の売却・現金保有の判断をファンドマネージャーが行えない。
 

 このように、デメリットのほうが多い、だから個別銘柄を優先的に投資しましょう。です。一方で、海外の株式や国内外債券など個人の小口資金では対応できない投資に関しては、投信しかない。そんな感じです。
 理想とすれば、どんなに頑張っても自分の力が投信の運用(コスト控除後)には届かない。それが分かっているので投資信託で。との世の中になればよいのでしょうが、なかなか遠い世界のようです。



 では、投信の中でもどんな投信が良いのか。私なりの見解をご紹介すると。

 ・あまり分散投資していない(50銘柄以下)株式型投資信託。
 ・運用対象選びに一株利益の伸びを謳っている株式型投資信託。
 ・成長銘柄選びを謳っているとともに、過去の成長の度合いを明示している投資信託。
 ・マネープールとしての数%を除く現金保有割合を高めることができる投資信託。

 などでしょうか。
 すべての投信に投資価値がないとは思っていませんが、良い商品に出会うことは簡単ではない。これが実態です。安心して任せることができる投信を知っていますか?
 


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/13 Sun. 23:12 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

13

投信、資金流入5兆円 個人の買いで6年ぶり高水準 

投信、資金流入5兆円 個人の買いで6年ぶり高水準

 だそうです。
 
 具体的には、
 公募投信の2013年度上期(4~9月)の純資金流入額は5兆2947億円と半期ベースで07年度上期以来6年ぶりの高水準に。前年同期の4.5倍で、半年間で昨年1年の総額4兆6877億円を上回った。株式相場の先高期待を背景に、相場が乱高下した5月下旬以降も個人投資家の資金流入が続いた。
 9月には株価指数連動型などNISAをにらんだ投信の設定が相次ぎ、月間の公募投信の設定本数は117本と94年2月(120本)以来の高水準になった。

 です。今日は個別銘柄株式投資と投信について書いてみます。


 個別銘柄への投資と投信を通じての株式投資、どちらが良いのですか?と尋ねられることがありますが、私の答えは一貫しています。
 「能力的、財政的、時間的に可能であれば個別株投資をしましょう。どうしても無理であれば投信を使わざるを得ません。ただその時に、投信運用会社、運用商品のポリシーをしっかりと確認し、投資対象となる素晴らしい商品を選びましょう。」です。

 できるのであれば、もちろん投信よりも個別株です。その大きな理由はコストの違い、ベスト5やベスト10が選べるかどうか、と言うことです。決して投信をダメだと思っていません。できるだけ上手に利用すべきだと思います。しかし優先は個別株です。

 コストについては、特に言うことはないと思います。投信は販売手数料・信託報酬とプロの金融機関を利用している分、そこにはコストが必ず発生します。「手数料が高い」だの「運用が下手くそな割にはコストを取り過ぎ」だの言う方もおられますが、そんなキレイ事を言うつもりはありません。最初から分かっていることですからここに文句をいうのは筋違いです。嫌ならはじめから使わなければ良いだけのことです。
 しかしコスト負担が収益率に大きな影響を与えることは間違いありません。だから、できるだけ個別株を利用しましょう!なのです。

 かつては個別銘柄投資は売買手数料も高く、口座管理料も必要でしたが、現在は上手に証券会社を選ぶことができれば、いずれのコストもほぼゼロに近いものとなります。
 この事実が分かっているですから、やはり個別銘柄投資でしょう。



 もう一つのポイント、ベスト5やベスト10です。
 自分の大切な資産を運用するのですから、もっとも素晴らしい投資先だと考えられる銘柄から順番に投資することが基本です。
 分散投資は、単なる分散ではありません。そこにゴミを入れてしまってはいけないのです。素晴らしい投資先の中から分散投資をしなければいけないのです。

 この観点では、投資信託は運用資金が多すぎてベスト5やベスト10の運用ができないとの実質的な問題がクローズアップされます。どうしても、買いたくない銘柄にも投資せざるをえない現状があります。
 また、素晴らしい銘柄だけを厳選して投資しているのか?このチェックが非常に難しい点もマイナスポイントです。投資銘柄を決定するファンドマネージャーは、優秀な能力を持つ方が多くおられますが、全員ではありません。また会社の都合や法規上の都合により、100能力を発揮できるかというと、そうではありません。機動的な動きが難しいことも多々あります。

 このように考えると、自分自身のイメージが表現できる個別銘柄への投資を推奨することになります。
 でも、銘柄選びって難しいんでしょ、私には・・・。そう思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。ちゃんと学習すれば、ちょっとの努力で株式投資はマスターできます。どちらかと言うと、ファンドマネージャーや運用会社のステイタスを高めるための宣伝に乗せられているような・・・、そんな気がします。
 


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/12 Sat. 23:03 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

12

キャノン業績タイムライン 

キャノン業績タイムライン

 キャノン業績タイムラインも制作してみました。

 7751キャノン_convert_20131012063134

 この様にしてみると、ROEベースで15%等の高い成長は少し期待しにくいのかな・・・。IRにもこれが柱!との記述はなかったし・・・。と感じます。
 ただし、ありとあらゆる手を使って、ROE10%前後は維持できる、いや維持してくれるのかな・・・・とも感じます。これまたIRの中期経営計画にあったように、すべての分野でシェアを上げることで、10%であれば大丈夫と考えてよいのでしょう。

 もし、達成できない見通しの場合には、自社株買いをしたり、配当性向を調整したり、違った形での株主還元をもって調整してくれる、そんな期待が十分に保てます。
 これを邪道だという人もいるかも知れませんが、佳B糠に対する影響としては、どんな形であれROEが一定の数値を維持すると、一定の一株利益が創出され、一定の株価は導かれる。そんな関係が成り立つので、優しい目で見守っても良いのではないでしょうか。

 その結果、4年後の世界をイメージすると、PERが割安に放置されていることも加え、キャピタルの収益率で14%(年複利)程度。インカム利回りが4.5%程度は獲得できるので、十分投資対象に上がる銘柄になると考えます。

 私の使っているプリンターはキャノン。これをフルに利用し、インクカートリッジを何度も何度も交換することで、キャノンの収益への貢献をしていこうと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/11 Fri. 23:30 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

11

ジャネット•イエレン氏を指名 

ジャネット・イエレン氏を指名

来年に任期満了を向かえるベン•バーナンキFRB議長の後任に、ジャネット・イエレンFRB副議長が指名されることになりました。
 まだ、米議会上院の承認手続きが残っていますが、今回もめている下院は通さないので、正式就任されることになるのでしょう。
就任されれば、100年のFRBの歴史で初の女性議長です。「ハト派」の彼女はと、バーナンキ議長の敷いた現在の金融緩和路線を踏襲するのでしょう。
緩和縮小の方向は変わらないでしょうが、急激な変化とはならないようです。

直接的に個別株には影響しませんが、株式市場全体には大きく関係するニュースですね。正式決定に注目です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/10 Thu. 22:08 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

10

配当支払いが5年ぶり最高に!これが意味する••• 

上場企業からの配当支払いが5年ぶり最高に、これが意味する•••

ことは何でしょうか?どのように活かしていけば良いのでしょうか?
まずは、詳細を確認すると、

 上場企業が2013年4~9月期に稼いだ利益のうち、株主に「中間配当」として配分する額が前年同期より2割増え約2兆9100億円、5年ぶりに過去最高になる見通しだ。期末配当とあわせた年間でも約6兆5000億円となり過去最高だった08年3月期の水準を抜く。

これは、注目すべきニュースです。考え方とすれば、配当を利用しようと前向きに考えるべきだと言うことです。
消費税も上がることになった一方で、給与は上がらない。また、インフレが進み、生活は苦しくなる。そんな不満が渦巻いていますが、不満を言ってばかりでは何も解決しません。
何らかの解決法を見つけることを考えるべきですが、その解決法の一つに株式投資、配当を利用しましょうと言うことです。

生活環境が悪くなるすべてを解決できるわけではありませんが、結構なカバーにはなります。
日経新聞の記事は次のようにも書いています。

 上場企業の中間配当総額は、消費税を1%増税した際の税収(約2.7兆円)に匹敵する。「個人が配当増加分を消費に回せば、景気を押し上げる好循環につながる」との指摘も出ている。


配当が出れば、給与減の影響をいくばくかはカバーできます。ただし、それだけでは勿体無いです。もっと上手に使えば、配当はより豊かな生活の助けとなります。

現在の配当の効率をチェックすることがまず一つです。現在預貯金では0.03%程度ですが、配当を利用すれば3%くらいは簡単に手に入ります。
もちろん、元本保証などのリスク面は大きく違いますが、100倍の利回り差があるのですから、検討課題には上げてみるべきです。

また、成長する優良企業を見つけることができた場合、投資金額に対する将来の配当金額の割合は素晴らしいものに変化する可能性があります。10%を超えることも、決して夢ではありません。

これからの暮らしに、株式を、配当を上手に利用してみましょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/09 Wed. 23:57 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  個人投資家  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

100年、200年と永続的に発展を続け、世界中で親しまれ、尊敬される「真のグローバルエクセレントカンパニー」キャノン 

100年、200年と永続的に発展を続け、世界中で親しまれ、尊敬される「真のグローバルエクセレントカンパニー」

 タイトルが長くなってしまいましたが、キャノンIRの御手洗会長メッセージの一部を引用しました。
 いや、素晴らしいじゃないですか。

 長期投資を株主が目指すとき、投資先の企業も長く反映し続けてもらわなければ長期投資は成り立ちません。その自覚がある企業こそ、長期投資先となる企業ではないでしょうか。
 長期投資は企業と株主が手を取り合って進んでいった先に見えるもの。そんな感銘を受けたメッセージでした。

 また、長期投資は株式を買うことでなく、企業に投資をすることです。であれば、企業の姿、考えが常に私達に伝わるようにしていただきたいものです。だからこそ、IRがそして企業のメッセージが必要なのです。

 企業からの情報発信にはメッセージや理念に加え、具体的な経営計画が望まれます。この点においても、キャノンのIRは分かりやすく、情報が伝わりやすい体制となっていることは大きく評価できます。

 他にも、見やすいレイアウトや、10年分の財務データがダウンロードできることなど、評価できる点がたくさんあったIRでした。



 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆☆

総合点は 88/100点です


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/08 Tue. 23:58 [edit]

category: ● このブログのお勧めルート

tag: IR  個人投資家  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

08

NISA口座への日経モニター調査 

NISA口座 長期投資に意欲

 少し古くなりましたが、10/2の日経新聞朝刊記事の抜粋です。
 前向きなモニターなはずなので、日本全国の平均的な数値ではないのでしょうが・・・。
 前向きに考えられる内容です。


 日本経済新聞社が「日経生活モニター」に登録している読者に調査したところ、NISAを利用したいとの回答は44%に達した。約8割が5年以上の長期投資を検討し、最も買いたい商品は「日本株」が首位。
 NISAという制度を「内容を含め知っている」のは57%。「名前は知っている」とした人を合わせると97%に達した。利用目的は「余裕資金の運用」と「老後資金」がともに4割前後だった。
 老後資金をつくるため堅実に長期投資したいと考える人が多い。NISAでどんな運用をしたいかを聞いたところ「そこそこの値上がりを狙う」が58%と最も多く、運用期間は「5年は続ける」「5~10年」「10年超」の合計が82%に達した。
「大幅な値上がりを狙う」は16%、投資期間は「5年を待たない」は18%にとどまり、NISAを短期売買で活用しようという人は限られた。
 こうした姿勢はNISAで運用したい金融商品にもみてとれる。最も買いたい商品を単一回答で聞いたところ「日本株」が53%と群を抜いて多かった。目先の値上がり益よりも、安定した値動きで配当や株主優待に期待するとの声が目立つ。


 ですが、本当に5年も持ち続けるの?が私の本音です。
 売る方も買う方も、今や長期投資は掛け声ばかり。長期投資に適する投資手法は銘柄選択が伴っているのか?と思うからです。

 単に長く持ち続けることが長期投資ではありません。
 将来利益成長が見込める銘柄、かつ愛することができる銘柄がすくすくと育っていく期間を優しい目で見守って行くことが、長期投資の基本姿勢です。

 どうせやるなら、しっかりとした成果が出て、非課税のメリットを受けることができるようになってもらいたいですね。またそのように本当の長期投資を普及させていきたいと考えています。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/07 Mon. 23:11 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  日本版ISA  株式投資 
TB: 0    CM: 0

07

エムスリーの業績タイムライン 

エムスリーの業績タイムラインです。

みなさん株式投資をしていますか?
それは投資ですか?トレードですか?もしかして、最悪パターンの投資のつもりのトレードではないですか?

投資とトレードの違いは数多くありますが、企業を信じ、資産価値の向上を共に願うのが投資。株価が上がれば即売ってしまうのがトレードです。

トレードの目標は株価が上昇すること。投資の目的は企業の利益が増えること。その点も違います。

であれば、投資を行う場合、将来の利益成長が見込める企業を選ぶことが大切になります。「今年から頑張ります。」こんなもっともあてにならないことを言われても、投資候補にはなりません。実績が伴わなければ。。。


また、どんなに良い投資先でも、割高なところで買えば、収益は見込めません。

であれば、どの水準が割高、割安のなのか指標が必要となります。

であれば、タイムラインなしではとても銘柄選択はできないはずです。

日本中の医師を抱え込んだエムスリー。実に綺麗な実績です。
これを割安なところでつかめれば。。。

まあ綺麗な実績を見てください。


2413エムスリー_convert_20131003135546



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/10/06 Sun. 23:57 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

06

FPフェアーに参加して 

FPフェアーに参加して

本日、明日と東京でFPフェアーが開催されています。
その前夜祭から参加をしました。

その中のセッションで日経新聞編集委員の前田氏の講演を聞きに行きました。
非常に面白い話でしたが、その中でもオリンピックと出生率についての話があり、過去の開催国において、オリンピック前後は出生率が高くなっているとのデータを紹介していました。

理由はわかりませんが、確かにオリンピックがあると、気分は高まる気がします。その結果、国民が元気になり、出生率が高くなる。らしいです。

これは、株式市場にも影響があると思います。
一つ目の理由は、人口の増加と経済成長率との間には関連があるということです。厳密には生産年齢人口の増加なので、すぐに!ではないのでしょうが、やはり日本経済、株式市場にとっては良いニュースでしょう。

もう一つは気分の問題、専門用語ではリスクオンの状態になることです。人間は案外単純なものだと思います。オリンピックが来るので、何となく楽しい、で何となく株式も魅了的に見える。そんな雰囲気がこれから作られる気がします。

もちろん気分だけで、何となく投資しましょうとは言っていません。厳選はどの時代でも必要です。何となくの雰囲気プラス厳選を実行すると、より良い結果となりそうだ、そんな風に感じます。

そんな気になった講演でした。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/05 Sat. 23:32 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

本当にやってしまった••• 

本当にやってしまった•••

4日に予定されていた9月の米雇用統計の発表を延期するとの発表がありました。
よりもよってこの時期に。。。
これを受けて、ドルは下落、日本の株式市場へも影響を及ぼしています。新たな公表日は未定と言うのも、嫌な感じです。

こんなことで17日にも訪れると言われている、債務上限修正法案のリミットが乗り切れるのか。。。

 雇用統計の担当部署である労働統計局だけでなく、貿易収支や小売売上高などの統計を所管する商務省も、乳製品先物と牛など決済の際に利用する価格情報や穀物価格へ関連する情報を算出する農務省もその機能の大部分がストップしてるとのことです。

また、公務員は無給の一時待機となっている人もいるため、消費活動の低下を通じ、アメリカGDPが0.7ポイント下がってしまうことも問題です。

アメリカ国会議員は自国だけでなく、世界中の人々の信頼を担っていることをもっと自覚しなければ!

ここまで、影響が大きくなると、短期トレードの話でしょ、と言ってられないニュースです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/04 Fri. 09:47 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

04

メルコの業績タイムライン 

メルコの業績タイムライン

事務所のパソコンがどうも遅い。かなり古くなってきているので、そろそろ。。。その前にハードディスクに保存を。こんな時、パソコンショップではバッファローの周辺機器が目立ちますね。お値段もそこそこしますが、安心感はピカイチです。

業績も安定感があるのかな。投資対象になるのかな。と思いながら、タイムラインを作成してみました。
上場企業名はメルコHLDとなります。結果は次の通りです。

6676メルコ_convert_20131003140055

んん。。。良い時は素晴らしい成績ですが、悪い時との差が極端ですね。。。

長期投資になるほど、安定感が欲しくなります。長く使う商品ほど安心感が欲しいことと同じです。
メルコの株価を見ながら、短期勝負として買いに出ることは可能です。しかし、長期投資の場合、一か八かの勝負ではありません。高成長に加え、安定感も欲しいものです。

メルコに投資をしてもとても安心して見ていられない。そんな風に感じました。残念ながら投資対象にはなりません。


Posted on 2013/10/03 Thu. 21:16 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

03

恒例の雇用統計報告が今月は無理?かも 

恒例の雇用統計報告が今月は無理?かも

 アメリカの予算が9月中に成立しなかったこと。また暫定予算執行の特例法案も成立しなかったことで、アメリカ政府機関の一部が営業停止となっています。

 NYの自由の女神見学や図書館博物館だけかと思いきや、統計作成部門も営業停止となっているため、本来であれば10月4日(日本時間21:30)に発表されるはずであった9月分アメリカ雇用統計の発表が延期されるかも・・・。そんな恐れが出ています。

 9月のFOMCでは量的緩和縮小が見送られましたが、近いうちに縮小に向かうことは既定路線と見られています。が、いつから緩和なのか?については、10月29~30日のFOMCなのか、12月のFOMCなのか、はたまた・・・。
 市場参加者の間で意見が別れており、もっとも注目が集まる雇用統計の数値を見た上で判断する方が多くいるはずです。

 そんな大事な時期に、雇用統計が発表されない???

 予算成立がなければ、政府機関の一部が閉鎖されることは分かっていたはず。なのに、成立への歩み寄りをしなかった。アメリカの国会議員もよほど頑固なのか、よほどバカなのかどちらかなのでしょう。この性格は治らないとすると、次回の雇用統計も怪しくなります。
 さらに、中旬には米国債発行制限高の引き上げが必要となります。これも、ぶっ飛ばすことになるのか・・・。

 アメリカ議会のバカさ問題は、シリア問題や量的緩和縮小問題を超える大きな問題になる可能性も高まってきました。こんなことで世界中の長期株式投資を行っている投資家の邪魔をしないで欲しいものです。

 企業業績には関係無くとも、投資に影響するニュースです。一刻も早い解決を望みます。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/10/02 Wed. 17:52 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。