08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

NISAによる相場への影響 

NISAによる相場への影響

 いよいよ明日からNISA口座の本申し込みが始まります。
 これまで予約された分を、明日各金融機関が税務署に持ち込むことになるため、税務署はさぞ大変なことに。(ろくにチェックをしないのであれば話は別ですが・・・)

 一人一口座と言いながら、複数の金融機関で予約している方も間違いないいることでしょう。その場合、時間差があれば良いのですが、10/1の同時受付日の時は大変なことに。
 一説では、税務署が複数の金融機関の中から、個人投資家に相談なしに口座設定金融機関を適当に決めて、「ここにしました。」と通知するとのことです。4年間は変更できないので不本意な方も出てくることでしょう。


 こんなNISAですが、相場への影響はどうなるのでしょうか。もちろん、NISAの裏側にある証券投資課税の10%⇒20%(復興特別税除く)を忘れてはいけません。
 日経新聞は、「NISAで円安拍車?投信通じ円売り1兆円超増」との記事を出していますが・・・。

 その根拠は、現預金で眠る約1600兆円の個人金融資産を中長期の投資へと誘い、経済成長に必要なリスクマネーを供給する仕掛けがNISAだから。実際、受け付け初日の10月1日時点でNISA口座開設数は322万に達する(証券業協会調べ)見込みとなるようです。アンケート調査からの推計では年間投資額が合計5兆6000億円(野村総合研究所調べ)にのぼるとの数字があります。
 この投資資金の中でも海外の資産に投資する(=円安方向に影響する)金額が、2014年度は投信を通じて6兆円の円売りが出そう。13年度より1兆7000億円増える見通しで「対ドルで4円弱の円安効果がある」と分析する。(野村證券調べ)


 まあこのように分析していますが、問題なのは新規資金なのか、それとも既存資金の乗り換えなのかでしょう?NISAができることで、新規に投資をしてみようと考えている方が多ければそれなりの効果があるのですが、これまでの投資資金の中から、取り敢えず非課税なので振り替えておこう。そんな投資家ばかりでは、影響は小さくなることに。

 私のまわりでは、「NISAがあるから、新たに投資を始めてみよう!」こんなセリフはCMからしか聞こえないのですが・・・。
 どうせなら非課税、が多いのであれば12月は売り一色?そんな懸念も生じます。ただし、所詮100万円が限度額。5年続けるとある程度の資金量になりますが、当初の100万円だけでは・・・。果たしてこの数字がインパクトあるものなのか?

 
 そんなこんなで個人的には、相場への影響は限定的と考えています。理想は真っ当な投資資金が株式市場に向かうことなのですが・・・。そうなるように私は話をしてまわろうと思っていますが。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2013/09/30 Mon. 23:37 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  日本版ISA  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

30

アメリカで議会機能不全 

アメリカで議会機能不全

 米下院の野党共和党は28日、上院が27日に可決した2014会計年度(13年10月~14年9月)暫定予算案の受け入れを拒否し、 オバマ政権が重要政策に掲げる医療保険改革法の1年延期を盛り込んだ暫定予算案を提出した。28日中に採決の見通し。 ただ、下院で可決されても、民主党が多数を占める上院を通過する可能性は低く、30日までに予算が成立せず、10月1日から政府機関が閉鎖される公算が大きくなった。
 政府機関が閉鎖されれば1996年以来、17年ぶり。共和党の動きを受けて、カーニー大統領報道官は声明を出し 「共和党はこれまで40回以上、医療保険改革の延期などの試みに失敗しており、この要求がいかに無謀か分かっているはずだ」と批判。政府閉鎖を回避するよう要請した。



 とのことです。日本はようやくねじれ国会状態が解消しましたが、アメリカはまだまだネジレ!。
 この大切な時期に、何をしているのやら・・・

 アメリカ国会は、リーマン・ショック後も金融機関救済のための大切な法案をまさかの否決した実績があるだけに、今後も経済のがんとなる可能性があります。

 アメリカは予算に加え、国債発行の上限問題も残されています。
 トレードを行う時には、海の向こうの国会事情も考慮しなければいけない!大変です。

 しかし、視点を長期に伸ばすと、アメリカ国会のゴタゴタも基本的には関係ありません。どちらがより簡単なのか?答えは明らかに長期投資です。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/09/29 Sun. 23:16 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

29

NISA&長期株式投資で資産形成 

NISA&長期株式投資で資産形成

 14年1月から新非課税制度「NISA」が始まります。NISAの開始は、投資初心者も、これまでうまく株式投資ができなかった方も、株式投資を見つめなおす絶好のチャンスです。
 ギャンブルのような株式投資ではなく、株式投資の本質をもう一度考えてみるセミナーです。

 株式投資の本質を知ることで、長期株式投資の素晴らしさ、優秀さ、簡単さに気がつきます。ほんの少しスタンスを長期にすることで、株式投資の世界は大きく変わります。 
 一般的な株式投資講座のような「チャート」や「テクニカル分析」の話は一切ありません。「応援できる優良企業に長期投資をして、企業価値の成長とともに資産形成を行う。」
 こんな話を、株式投資初心者の方にも分かりやすくお伝えします。奮ってご参加下さい。

   参加費 : 無料
   日 時 : 10月26日(日)午後1時~3時 (12:30開場)
   会 場 : 京都リビング新聞社5階カルチャールーム
       (京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町330番地 京都リビング新聞社ビル)             定 員 : 40名      
   主 催 : 独立系FP会社 メイキット有限会社
   申込み : メール(info@makeit-fp.jp)またはFAX(075-958-2707)にてお申込み下さい。               (氏名、連絡先(電話とメールアドレス)、参加人数、年齢をご記入下さい。)
   備 考 : 事前予約が必要となります。
         申し込み人数が多数の場合は抽選にて決定します。

   講演内容 ・NISA制度について
        ・資産運用の必要性
        ・株式投資を使った資産運用
        ・それは投資?それともトレード?(株式投資の本質への回帰)
        ・株式投資のメリット 等

   講師紹介
   氏  名   京都リビング新聞家計簿診断コーナーでお馴染み
          山副 耕一(やまぞえこういち) 昭和41年生(47歳)
          mail :  info@makeit-fp.jp  
          ブログ : 子供に伝えたい株式投資 http://makeity.blog.fc2.com/
   資  格  CFP®(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)
          一級ファイナンシャル・プランニング技能士


Posted on 2013/09/28 Sat. 23:01 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  日本版ISA 
TB: 0    CM: 0

28

明日は住宅関係セミナーです 

明日は住宅関係セミナーです

 明日は、京都新聞主催、国交省協賛の住宅取得セミナーの講師として講演をします。
 
 消費税導入により、購入意欲衰退を食い止めるための助成金の説明が国交省から。住宅ローンの基礎知識を京都銀行が。そして、住宅取得に関する夢の実現や心がけ。購入後の繰り上げ返済などについて私が講演します。

 一見すると住宅取得と株式は関係ないようですが、根っこの部分では、豊かな生活のため、夢の実現のためという点では共通する部分があります。
 無理なく買えるのであれば、住宅購入は前向きに考えれば良いと思います。


 ただし、セミナーの中で釘を差しておこうと思っているのは繰り上げ返済についてです。もちろん借金の返済は悪いことではないのですが、低い金利で住宅ローンを借りている場合、ローン金利を上回る運用が可能なのであれば、繰上げ返済などする必要がないことです。
 何でもかんでも繰り上げ返済のススメの風潮があるような気がしますが、そうではないのですよ。特にインフレ時代になるとそんな常識も変わるのですよ。とお伝えしたいと考えています。

 

Posted on 2013/09/27 Fri. 23:34 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家 
TB: 0    CM: 0

27

物価関連のニュースが気になるこの頃 

物価関連のニュースが気になるこの頃

 アベクロコンビによる、経済政策により、ようやくデフレが脱出できるのか??そんな微妙な時期ですが、新聞記事にも物価関連のものが気になります。

 株式投資において、物価変動は大きな問題です。優良銘柄を選び出す作業以前に、株の時期、債券の時期というものが存在するからです。株式の時代が来ることで、投資結果が良くなる可能性が格段に高まります。
 デフレ⇒インフレの時代はまさに株式の時期です。今からでも決して遅くはありません。温存してきた優良銘柄のカードを出すチャンスはまだまだ続きます。

 インフレ=給与増となるに越したことはないのですが、その時代はまだ先のことであり、実現したとしても国民全員が享受できる性格のものではありません。物価はドンドン上がるが、給料はそれほど増えない!こんな状況が続く可能性が十分にあるのです。
 これをすべて政府のせいにして、国が悪い、政治が悪いと責任転嫁することに精を出す方も増えると思いますが、そこには何の意味もありません。やはり、自分自身で防衛策を取る事が必要です。

 その防衛策の1つが株式投資を行うこと。
 物価が上がれば、値上げが出来る企業の売上は増えます。
 優良な企業であれば、売上増以上に利益を大きくすることができます。
 利益が大きくなれば、株価は上昇し、投資家の資産は大きくなります。

 この点をしっかりと理解できる方がこれからも豊かな生活をすることができるのではないでしょうか。


 本日の日経新聞から物価関連のニュースを拾ってみました。いずれも投資に直結する知識が身につく記事となっています。


◎8月の企業向けサービス、15カ月ぶり価格上昇

 日銀が25日発表した8月の企業向けサービス価格指数(速報、2005年平均=100)は、変動の大きい国際運輸を除くベースで前年同月比0.1%上昇の95.7になった。プラスに転じるのは12年5月以来15カ月ぶり。テレビ広告や企業向けのリース・レンタル料金の上昇が全体を押し上げた。モノよりも価格が上がりにくいとされるサービス分野にまで物価上昇の波が及んできた。
 国際運輸を含めた総平均は前年同月比0.6%上昇の96.1だった。プラスは5月以降4カ月連続だ。

 

◎ヤクルト、22年ぶり値上げへ背中押した市場の声

 ヤクルト本社が11月、乳酸菌飲料「ヤクルト」を約22年ぶりに値上げする。このところの原料高に円安が重なり、仕入れコストが上昇した。
 11月4日にヤクルトを刷新し、1本35円の希望小売価格を5円引き上げて40円にする。1本当たりに含まれる独自の乳酸菌「シロタ株」の量を約3割増やし、商品名も「New(ニュー)ヤクルト」とすることで顧客離れを防ぐ。「ヤクルトカロリーハーフ」も5本パックは175円から200円に引き上げる。
 会社が表向き掲げる値上げ理由は原料コストの上昇だ。容器材料のポリスチレン市況の上昇や円安が響いた。期初計画では生産性の改善で吸収する方針だったが、原料高が想定を超えたもようだ。

 国内でこれといった競合相手のいないヤクルトにとって、値上げは収益改善の切り札だった。このため、以前から証券アナリストから値上げを求める声が上がっていた。2014年3月期の営業利益は前期比26%増の290億円を見込むが、過半を稼ぐのはアジアを中心にした海外食品事業。国内は3期連続の減益を見込む。12年に151億円をかけて兵庫県に工場を新設した際には、市場から「利益の上がらないところに資金を投じている」との批判も寄せられていた。

 ヤクルト株は値上げ方針が伝わった直後に急騰、25日終値は4870円と値上げが表面化する前に比べ13%高い。市場で一定の評価を得た形だ。JPモルガン証券の角田律子シニアアナリストは「今後の採算改善と、株主還元の強化など経営陣の意識の変化を期待したい」と話す。利益成長の戦略を明確に打ち出し、市場に向き合う姿勢を続ければダノンの存在を過度に意識する必要はなくなるはずだ。



◎沈まぬ100円ショップ、賃金伸びず需要膨らむ

 「まさか、大丸のスーツがメーカー品より高く売れる日が来るとは」。神奈川県海老名市に住む渡辺孝四(78)は感慨深げだ。
 戦後の復興が軌道に乗り始めた昭和34年。大丸東京店に勤務していた渡辺は、日本初のプライベートブランド商品「トロージャン」を売る店頭にいた。モノ不足の時代。当時主流のメーカー品の半額に抑えPBの「安さ」を売り込んだ。

 それから半世紀あまり。イタリアの高級生地を使うトロージャンの価格は10万円。メーカー品の売れ筋の2倍だが、3~8月の販売は前年同期比5割増えた。
 安さが売り物だった流通大手のPBが変貌している。セブン&アイ・ホールディングスのPB「セブンゴールド」の食パンは1枚40円とメーカー品の2倍。それでも、計画の1.5倍の売れ行きだ。今秋にはセブンが火を付けた値上げに山崎製パンなどのメーカーが追随した。「多少高くてもいいモノを求める消費者の需要は今後高まる」。セブン&アイ会長の鈴木敏文はこう言い切る。

 スーパー・コンビニエンスストア市場に占めるイオンとセブンのシェアはデフレ期の15年で2割から4割に高まった。寡占をテコに、価格決定を主導する流通の巨人。早大教授の野口智雄も「PBがデフレ脱却を主導する」と見るが、小売りの現場に目をこらすと、別の風景も見えてくる。

 デフレ時代に伸長したもう一つの雄、100円ショップ。円安による製品輸入のコスト増で青息吐息と思いきや、業績は堅調だ。大創産業など大手4社は今年度、合計200店超を新たに出店する。出店数は昨年度の2倍だ。
 いまなぜ、100円ショップが好調なのか。大手セリア社長の河合宏光に疑問をぶつけるとこんな答えが返ってきた。「賃金は上がらないのに物価は上がる。家計の購買力が衰え『100円』への需要は高まる」。
 歴史をひもとくと、100円ショップの主張にはそれなりの説得力がある。昭和恐慌後の1930年前後のデフレ局面。日銀物価指数は31年を底に上昇し始め株価も反転した。だが、商工省(現経済産業省)算出の全国賃金指数は下落傾向が止まらず、31年の水準を上回るには6年を要した。

「日本はデフレ状況ではなくなりつつある」。首相の安倍晋三は5日、こう語った。賃金から物価上昇分を差し引いた実質賃金が上がり「良い脱デフレ」が実現するのはいつか。
 高価格PBが増え続けるなかで、たくましく生きる100円ショップ。その姿は、日本がデフレという言葉を忘れるにはまだ時間がかかることを示唆しているように見える。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/09/26 Thu. 11:59 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  本当の株式投資  長期投資  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

26

昭文社の企業業績タイムライン 

昭文社の企業業績タイムライン

 投資において、投資対象企業となるのかどうか?これは過去の実績を確認し、直近の方向性を確認し、合格ラインに達した企業の中から将来性を判断します。

 長期投資を心がければ心がけるほど、過去の長めの実績を確認することが必要となります。

 そこで登場するのが、企業業績タイムライン。このように業績を時系列形式で一覧にすることで、この企業の姿が浮き彫りになります。

 
 今回、スマホの普及で重宝される地図データを保有し、マップルで有名な昭文社の企業業績タイムラインをチェックしてみました。
 結果は次のようになりました。

9475昭文社_convert_20130926092259

 トレードの対象としての判断はこのデータからはできませんが、投資の面から考えると、合格点には程遠いものでした。笑いが止まらないくらい地図データが売れていると予想したのですが・・・。どうも違ったようです。

 不合格点
  ①ROE低すぎ・・・問題外の数値です。それもその数値が続いています。
  ②PBR低すぎ・・・企業の実績だけでなく、市場の評価も「この企業は成長しない。」「どこかで自己資本が毀損されることがある。」そう判断しているのでしょう。
  ③成長鈍化・・・ここ数年一株利益が年々減少しています。
  ④割高・・・その割には、株価は高い水準のままです。

 
 総評すると、「長期投資の対象とは決してならない企業」です。株価は見ていませんが、昭文社に長期投資しているが、株価が全然上がらない・・・そう嘆いている方はおられませんか。
 単に長くもっておれば良い、長期投資はそんなものではありません。

 長期投資の価値がある企業なのかどうかの判断が必要です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/09/25 Wed. 23:26 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

25

これはビックリ!東京エレク と米アプライド が統合 

これはビックリ!東京エレク と米アプライド が統合

 東京エレクトロン と米アプライドマテリアルズ が経営統合すると発表しました。
 半導体製造装置の世界3位と首位が統合することで、業界内で圧倒的な規模を確保し、コスト削減などで相乗効果を狙うとのことです。
 
 統合が完了すると、統合新会社の時価総額は290億ドル(=2.8兆円)。売上高は126億ドル(1兆2300億円)、従業員は2万7000人。売上高シェアは約25%となり、2位の蘭ASML の2倍に増えることになります。

 具体的な統合手順は、三角合併方式で統合し、統合持ち株会社を第3国のオランダに設立。東京エレクの普通株1株に対し、統合持ち株会社の3.25株を交換した上で、アプライドの普通株1株に対し、この統合持ち株会社の普通株1株を交付。
 これにより、統合完了後の新会社株の保有内訳は、アプライドの株主が68%、東京エレクの株主が32%に。
 持ち株会社の傘下に、東京と米カリフォルニア州サンタクララにそれぞれ本社を置く事業会社2社がぶらさがり、東京証券取引所とナスダック証券取引所に上場するとのことです。

 
 短期的には、間違いなく注目銘柄でしょう。統合効果も規模も交渉力もコスト削減も良い方向に向くと予想されています。株主にとってはビッグニュースですね。社員にとっては正念場でしょうが・・・。

 ただし、冷静に見ると東京エレクトロンは、今や投資対象となるような優良企業ではありません。業績は安定せず、波の高さが徐々に切り下がってきています。
 また、半導体の業界もそれほど収益が伸びるような業界ではありません。
 
 統合は、確かに前向きなニュースですが、直ぐに飛びつかずに様子を見てから投資するスタンスのほうが良いと思います。または、統合などしなくても良い企業に投資する選択肢を考えるべきでしょう。

 現段階だけで飛びつくのは、投機的要素が多くあると考えます。
 数年後、東京エレクの株価はどうなっているでしょうか?この点は注目したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/09/24 Tue. 23:12 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  本当の株式投資  長期投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

24

ようやく気付いた?NISAのポイント 

ようやく気付いた?NISAのポイント


次のような記事(抜粋)が23日の日経新聞にありました。


活況NISAになぜ「あの欠点」が埋め込まれたのか 編集委員 田村正之

 NISAの予約が活況だ。ただしNISAには意識的に埋め込まれた「ある制度上の欠点」がある。なぜ欠点が作られたのか。日米の投資信託のコスト差や、NISAのお手本となった英国での抜本的な投信改革の状況も見ながら考えていく。

 今年3月。ある居酒屋で金融庁幹部と同席したとき、聞いてみた。「NISAの機能の一部を、わざと使いづらくしていますよね」。幹部は「そうしないと、投信の状況を改善できませんから」とはっきりうなずいた。
 通常なら投資家は「“お上”が投資のあり方に口だしするな」と憤るべきだろう。しかし、今の投信販売はそうも言い切れない領域に入っている可能性がある。
 ひふみ投信の藤野氏は「銀行が投信販売を始めた後、投信はじっくり売られるようになると期待された。でも実際は違った。銀行も手数料重視のビジネスモデルになった」と暗たんとした表情だ。
「販売の人間はどうしても手数料の高くとれるものを売ってしまう。

 ここで冒頭の「ある欠点」に話を戻す。NISAにはそもそもお手本となった英国と違って非課税期間が原則5年という大きな欠点があるが、それとは違って、あえて意識的に埋め込まれた欠点がある。購入した金融商品はいつでも売却できるが、その分の非課税枠を使って再投資はできないことだ。

 例えば100万円の非課税枠でA商品60万円、B商品40万円を買った場合。Bを売却しても、その分の40万円で再投資はできない。つまり商品の買い替えや資産配分の見直しが難しい。
 これはNISAをかなり使いづらくしている。NISAがそうされたのは、「再投資が可能な仕組みにすると、金融機関が販売手数料目当ての乗り換え販売をするし、相変わらず分配金を運用益以上に出すことで売れ行きを高めようとする」(金融庁)という危機意識からだ。

 そこに「高コスト問題」が加わる。最初の販売でも、乗り換え時でも、やはり手数料が高いものが優先されがちな点である。
 松井証券の松井道夫社長は昨年6月、日本経済新聞電子版の「ここが変だよ日本の投資信託」というコラムで「日本の投信は投資家のためではない。売り手である証券、銀行のためのものだ」とばっさり書いた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言うことです。
NISAが公表された当初から、本ブログで伝えてきたことですが、NISAの使い勝手の悪さは。政府からの「売ってはいけません。本当の長期投資をここで行いましょう。」とのメッセージなのです。
そして、1年あたり100万円の投資上限額が5年続くとの点は、「分散投資。それも時間分散の投資をしましょう。」とのメッセージなのです。

今回の日経新聞の記事は一人一人の投資家がしっかりと考えなければいけないことです。
この機会に本当の長期投資を目指さなければいけないのです。そして、もっとも投資コストの低い株式投資を利用すべきなのです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2013/09/23 Mon. 23:45 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  投資銘柄選択  日本版ISA 
TB: 0    CM: 0

23

自社株買いの企業に注目 

自社株買いの企業に注目

 日経新聞によると、企業の自社株買いが1~9月で1.7兆円と実に5年ぶりに高水準になっているとのことです。

 その要因の1つは、企業業績が改善したことにより、手元資金に余裕が出てきたことです。
 例えば、
  ・キャノンは2週間で500億円
  ・ロートは上場来初の自社株買い
  ・キリンホールディングスは8年ぶりに自社株買いを実施し、半年近くで500億円。従来は海外M&Aなどに積極的に取り組んできたが、方針を転換し、事業売却で得た資金などを自社株買いへ。
  ・日本たばこ産業は、政府が東日本大震災の復興財源のため市場に放出した自社株を約2500億円取得。
  ・JR東日本は4年ぶりに自社株買いを実施。債務負担が減り、自社株買いを含めた株主還元比率を高められるとの経営判断が背景。


 自社株買いを行うと、どのようなメリットがあるのかご存知でしょうか。
 まずは、自己資本が減少(消却の場合)し、自己資本をどれだけ効率的に利用しているのかを示すROEが高くなることです。自己資本100、利益10の場合ROEは10/100=10%ですが、自社株買いを(極端ですが)10行った場合、10/90=11.11%となります。企業は株主から預託されている資本をどれだけ効率的に利用しているのかを常に問われるため、ROEの向上につながる自社株買いは効果があります。

 2つ目は一株利益(EPS)のアップです。株主が保有する株式の価値は一株利益で表現することもできます。企業が産み出す利益を、発行済株式数で割ったものがEPSとなるため、自社株買いによってEPSをアップさせることができます。「投資」の側面で見た場合、EPSと株価は連動するため、自社株買いは株価の上昇要因ともなります。株価が上昇すると当然のように株主の資産は増加します。

 このように株式の価値、投資先企業の価値との面で自社株買いは効果を示しますが、これ以外にも「株価は今割安だ!みなさんが買わないのであれば、私達が買います!」とのアピール効果。買い主体が現れることの需給改善効果などがあります。

 

 株主から預託されている資本の利用方法は、自社株買いにとどまらず、設備投資やM&Aなどもあります。また現在の課題となっている賃上げ、そして配当を引き上げる原資にも利用可能です。
 積み上げてきた自己資本をどのように利用するのか?また、借り入れをどのように利用して最大限の利益を産み出すのか?企業経営者には厳しい目を向けなければなりません。

 世界的に見れば、日本企業は株主配分が不十分だと言われます。今後も株主への還元策を実行しながら、将来の利益創出を実行できる。そんな企業が投資対象となります。
 
 自社株買いを短期的な観点で見るのでなく、「投資」の側面から見ることも大切です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2013/09/22 Sun. 23:31 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

22

電力新時代がやってくるのか? 

電力新時代がやってくるのか?

次のような記事が日経新聞にありました。(9/21日経新聞より引用、抜粋)

関電が首都圏参入 電力小売り 越境競争が本格化

 関西電力は20日、首都圏で電力の小売事業に参入すると発表した。全額出資の新電力(特定規模電気事業者)を通じて2014年4月をメドに自家発電を備える企業などから余剰電力を調達し、オフィスビルなどに販売する。価格は東京電力より割安に設定する見通し。中部電力も首都圏進出を発表したばかり。関電の参入で電力大手の地域をまたいだ販売競争が激化する。
政府は16年にも家庭向け電力小売りも自由化する方針。関電は首都圏で家庭向けにも参入する可能性があるほか、小規模な火力発電所の建設も検討する。
 関電が首都圏に進出するのは危機感の表れだ。今年4月に企業向け電力料金を平均17.26%引き上げて以降、契約終了に伴う顧客の流出件数は累計1500件超と過去最高のペース。大阪ガスが3割を出資する新電力最大手のエネット(東京・港)などが関電より割安な料金を提示して顧客を拡大している。
関電にとって首都圏は魅力的な市場だ。12年度の東電の販売電力量は2690億キロワット時と、関電の2倍近い。中部電力が今年8月、三菱商事子会社の電力小売事業者、ダイヤモンドパワー(東京・中央)を買収し、首都圏への参入を発表したのも同じ理由からだ。

 電力業界は長く10社による地域独占状態が続いてきた。00年以降、工場など大口契約については地域を越えた「越境販売」が認められたが、具体的な動きはほとんどなかった。今後は鉄鋼や製紙など異業種大手の参入も加速しそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

従来、「株式投資は家訓として禁止されているので、やらない。」と言いながら、電力会社だけは別。との方が多くおられました。
「だって、電力会社はつぶれないでしょ。それにすごい配当ももらえるし。」と言うのがその理由です。

しかし、時代はかわります。最大手の東京電力が大震災を期にダメになり、今や破綻に近い会社となってしまいました。
また、日本の中では高い配当利回りを維持していましたが、株主への還元重視の時代が来ると、電力会社以上の配当とする企業も多く見られるようになりました。

このように電力会社投資のメリットが失われて行く一方、従来から抱えているデメリットの解消が進むのか?この記事は、電力会社が投資対象となるのか?の点において、投資に直結するニュースです。


従来から抱えていたデメリットとは、成長期待の欠如です。安定の裏返しでもありますが、制限エリア内に限定された営業では、成長など期待できません。
企業の存在が脅かされるようになり、却ってよかったのでしょうか。きせいきせいの一本槍でなく、企業も国も意識が変わりつつある兆候なのでしょう。


しかし、これまでに染み込んだ企業体質がどこまで変わるのか?規制がどこまで自由になるのか?業績にはどこまで反映するのか?などなどのハードルがあります。

あくまでも、スタート地点に立つまでの第一歩を踏み出したに過ぎませんが、前向きに見守りたいニュースです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!






Posted on 2013/09/21 Sat. 22:36 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

21

成長企業エムスリーのIRは 

成長企業エムスリーのIRは?

今の時代の寵児にエムスリーがあります。この企業の特徴は20万人超の医師を会員に持つことです。
この圧倒的な会員をバックに様々な事業を展開しています。

そんなエムスリーのIRは、清潔感溢れるものでした。必要十分なデータは揃っていました。さらに良かったのは、決算説明会資料で、将来の成長戦略が明確に提示されていたことです。やはこれがなければ株式投資はできないですね。

交換の持てるIRですが、やはり株式投資に慣れていない方には成長戦略の意味がわかりにくいと思います。成長の可能性は高いんだと分かったところで、株価との関係は?となると思うのです。
成長すると株価も上がるんだ!それを分かりやすく伝えることが必要だと思います。

エムスリーだけでなく全ての企業に当てはまることだと思いますが、企業業績と株価の関係をしめすこと。長期に渡る株主がどれだけのメリットを得ているのかを示すこと。
今の日本に必要なことだと思います。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は 68/100点です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



Posted on 2013/09/20 Fri. 23:02 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  長期投資  個人投資家  投資銘柄選択  安定株主 
TB: 0    CM: 0

20

金融緩和縮小ならず 

金融緩和縮小ならず

全世界が注目するFOMCが終了しました。
現在850億ドルの緩和をどこまで縮小するのか?国債だけにとどめるのか、不動産担保証券まで広げるのか?注目はそのような点でほぼ固まっていたような気がします。要するに縮小するのは確定。そんな雰囲気です。

直近の経済指標は、良い数値と悪い数値が五分五分。決定的な8月の雇用統計も、非農業部門雇用者数は予想に届きませんでしたが、失業率は改善していました。

そんな中発表された結果は、量的緩和縮小せず!でした。
バーナンキ議長は、「最近の労働市場を巡る状況は、我々全員が望むような状況からはなお程遠い」と言っているため、雇用者数を重視したということでしょう。

そもそも失業率の改善は、「雇用が増えたことよりも労働参加率の低下による部分が多い」とも発言しています。
失業率はあくまでも、働くことを希望しているが職がない割合です。仕事探しを諦めてしまった人やリタイアした人は分母から除外されるため、実態よりも低めの数値が出ることがありますが、その傾向が強かったのでしょう。

今後は、FF金利の引き上げ時期も、「失業率6.5%を目処」としていましたが、今回「失業率6.5%を著しく下回るまでは実現しない可能性もある」としています。

この発表を受けて、株式は急騰。金市場も急騰。ブラジルレアルなどの新興国通貨も軒並みドルに対し上昇しています。
ただ、短期的にはサプライズでじょうしょうしても、中長期的には全く分かりません。今回は決定が先延ばしになっただけで、年内には縮小が始まると予想されているからです。
再び縮小時期予想の思惑が支配する相場になるため、乱高下が続く可能性があります。

次回FOMCは10月30日。しかし、記者会見が予定されていないためQE3縮小に着手するのであればその次の12月18日?年内いっぱいは荒れそうです。


では、この乱高下とどう付き合いましょうか?
株、債券、為替の全てに影響する事柄であるため、一般的には全ての市場参加者に関係します。

唯一と言える、この乱高下と付き合わない方法は、企業利益の成長をパワーの源とする長期株式投資を実践することです。これにこだわると、当面の乱高下は気にせずに株式市場と向き合うことができます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2013/09/19 Thu. 22:26 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

19

四季報が手に入って直ぐにすべきこと 

四季報が手に入って直ぐにすべきこと


 長期株式投資は基本的に売ることを考えません。
「売らない」でなく「売るわけがない」状態に投資銘柄が変身していく様子を見守ることが長期投資だからです。
 
 しかし、「売るわけがない」に変身しなさそうな銘柄に関しては、その判断を下さなければならない時期があります。
 当初の予定を下回る成長となるのであれば、残念ですが他のより良い銘柄にチェンジすることも必要です。この過程で役立つものが四季報です。
 毎日保有銘柄の状況を眺めても意味がありませんが、年に4回ぐらいはそれほど大きな手間ではないでしょう。本業の合間に十分可能な作業だと思います。

 そこで、3月20日に私的に発表した、総合ポートフォリオ(配当狙い、値上がり狙い、円安狙いの混合)の状況をチェックしました。幾つもの銘柄が手軽にチェックできるところは、四季報の良い所です。各銘柄欄の横に矢印で表示があります。これを見れば一目瞭然です。

 その結果、全24銘柄のうち予想経常利益が、前号と変わらず=18銘柄。前号よりアップ=3銘柄。ダウンが3銘柄となりました。
 変わらずとアップのところは、取り敢えずHOLDです。

 問題はダウンした3銘柄。具体的には3848データアプリ、4751サイバーエージェント、2751テンポスバスターズの3社です。
 誰でも簡単にできるチェックはROEの動きなので、ご紹介がてらチェックしてみました。
 チェック方法は、投資当初のROEと修正ROEを比べてみるだけです。

 3848データアプリ・・・18→16.5なのでギリギリhold
 4751サイバーエージェント・・・33.8→24.5とかなりダウン。株価は調子良いが、売るほうが賢明と判断。
 2751テンポスバスターズ・・・25.5→25.3なのでhold

 この様に考えました。これであれば、本職が他の業種の方でも、あまり株式投資に詳しくない方も、自称、不精な方も可能でしょう。

 こんな風な四季報の使い方もあります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/09/18 Wed. 08:06 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  四季報  長期投資  株式投資 
TB: 0    CM: 0

18

四季報の限界 

四季報の限界

昨日は、四季報が入手できた日にすべきこと。とのテーマについてお話しました。
長期投資に役立つ四季報ですが、「タイムリー」との観点で見れば、限界も存在します。

昨日の業績悪化のチェックも、最終校了時点でのデータであり、それ以降の動きについては、追いかけきれていないことがあります。四季報発刊以降に悪いニュースはないか、投資の判断過程でチェックが必要となります。


校了以降の業績悪化企業を探してみると、2475WDBがあります。この企業は理系中心の派遣企業ですが、9月6日に次のように業績の下方修正を発表しました。

平成26年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

前回発表予想 今回修正予想 増減額 増減率 (%)
売上高 26,340 26,000 △340 △1.3
営業利益 2,399 2,010 △389 △16.2
経常利益 2,411 2,010 △401 △16.6
最終利益 1,367 1,100 △267 △19.5
EPS 139.00 111.81

(注)百万円未満切り捨て
(注)平成 25 年 4 月 1 日付で普通株式 1 株につき 200 株の割合で株式分割を行っているため、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して 1 株 当たり当期純利益を算定。


多くの場合四季報が前兆を感じ、秋号に減益予測を出すのですが、今回は、
・四季報のリサーチ力不足
・業績悪化スピードが早かった
・会社発表予測が低すぎる。
このようなことが原因です。
一番気軽な四季報だけでなく、企業のプレスリリース、quickなどのコンセンサス情報なども幅広くチェックしたいものです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/09/17 Tue. 12:28 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  四季報  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

17

次期FRB議長は誰に? 

次期FRB議長は誰に?

 現在の米連邦準備制度理事会(FRB)の議長はバーナンキ氏ですが、来年1月に任期満了を迎えます。もう一期はやらない、と本人が明言しているため、新しく議長が決定されることになります。

 現在のところ、ハーバード大学学長を経て、米国家経済会議委員長を歴任したラリー・サマーズ元財務長官、ジャネット・イエレンFRB副議長が本命で、コーン氏、ガイトナー氏、はたまた海外から議長を招聘する誰かなどが大穴として候補に上がっています。
 
 しかし、強いドルを従来から主張する大本命のラリー・サマーズ元財務長官が候補から外れるとのニュースが昨晩遅くに伝わると、量的緩和の縮小開始が遠のいた?との見方からでしょうか、為替市場は大きく円高に動きました。

 有力候補であったサマーズ氏ですが、クリントン政権下での財務長官時代に打ち出した政策が2008年の金融危機を招く一因になったとの見方が一部にあり、大統領がもしサマーズ氏を指名した場合、必須要件の米上院の承認が取れるのかどうかは分からないと言われていました。

 一方イエレン氏は、現在のバーナンキ議長とも相性がよく、量的緩和政策をめぐり、世界中が不安定になっているこの大切な次期には安定した次期議長であると言われています。
 ちなみにイエレン氏は女性です。彼女が任命された場合、100年の歴史を持つFRBで初の女性議長が誕生します。世の中は変わっていくものですね。

 これで次期議長の氏名は、1週間ほど延期されますが、この難局を乗り切る議長は誰になるのでしょうか。
 18日のFOMCで、量的緩和の縮小開始があるのかどうかと併せて注目されます。

 
 もちろん、FRBの議長が誰になろうとも、直接、個別企業の業績には影響しません。誰が議長になろうとも、しっかりとしたビジネスモデルがあり、常に時代に合わせてブラッシュアップしていく企業は存在し、そのような企業は大きく成長していきます。

 次期議長が誰になるのか要注目!とニュースにはありますが、個別株での長期投資を志す方には関係のないニュースです。
 一方このニュースだけで為替レートが大きく動いていることから分かるように、トレードを行う方には大切なニュースです。トレーダー方に連休はありません。台風の動きも気になるところですが、次期議長も外せないニュースです。

 私の場合は、仕事柄、直近の世界経済の動きについて語る必要が有るため、その意味で重要なニュースです。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 多くの方に、長期株式投資を知ってもらいたいと思います。
 ↑クリックよろしくお願いします。

Posted on 2013/09/16 Mon. 11:45 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  本当の株式投資  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

16

リーマン・ショックから5年 

リーマン・ショックから5年

 2008年のリーマン・ショックから5年が経過しました。

 週明け月曜日の9/15日にチャプター11を正式に申請したことから、9/15となっていますが、その二日前の9/13(土)(※アメリカ時間)には、リーマンの破綻をアメリカ政府が食い止めないとの報道があったこと。また、休日にもかかわらず、アメリカ金融市場がオープンしたことなどから、私は日本時間の14日がリーマン・ショックの破綻日であると思い込んでいます。
 
 細かな日付の話は置いておき、リーマン前の動きを新聞から拾ってみると、

● 「リーマン買収、バンカメが中国ファンドと共同で検討 英紙報道」
 日経新聞 2008年9月13日

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は12日、経営難に陥った米証券大手リーマン・ブラザーズの買収交渉に関して、米銀大手バンク・オブ・アメリカとともに投資ファンドのJCフラワーズ、中国の政府系ファンドである中国投資有限責任公司(CIC)が共同で入札を検討していると報じた。英銀大手バークレイズも興味を示しているという。
 バンカメが率いるグループは株価が急落しているリーマンの資産内容を詳細に調べており、関係筋は同紙に「唯一の問題は(売却)価格がいくらになるのかだ」と語っている。CICはJCフラワーズに資産運用を委託するなど関係が深い。中国からの出資が決まれば、外資の参入に神経をとがらせる米議会などでも波紋を広げそうだ。


 と言うことで、「リーマンは(ベアスターンズのように間接的な意味を含めれば)救われる。前日まで多くの市場関係者はそう考えていたことが分かります。
 だからこそ、急展開に対し市場を開いたのです。キリスト教の地域において休日に市場を開く意味は、とても大きなものがあります。

 もう一つ。


●「AIG、迅速な資産売却が必要」日経新聞ネット
 2008年9月12日 ニューヨーク、ウォール・ストリート・ジャーナル紙

 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は行動しなければならない。しかも迅速に。同社は、6月に最高経営責任者(CEO)に就任したロバート・ウィルムスタッド氏が9月後半に新たな戦略を発表するとしていたが、市場はそれを待てる雰囲気ではない。日を追うごとに、そして株価が下落するにつれ、同社の選択肢は狭まっている。同社株の11日終値は前日比0.05ドル(0.29%)高の17.55ドル。その後の時間外取引はは下げに転じ、終値比2.05%安の17.19ドルで取引された。同社の株価は1週間もたたないうちに25%下落し、同社債券のデフォルトに備えたクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは、経営難に陥っているリーマン・ブラザーズ・ホールディングスを上回った。


 もう一つ、同じように危機に面しながら救われた(翌16日に公的管理下へ)AIGの存在があります。
 リーマンとの違いは一言で言って、CDSの存在です。リーマンが潰れても、多くの投資家が痛みを伴うだけで何とか済みますが、AIGが破綻するということはCDS市場が破綻する。それは世界の金融市場がメルトダウンしてしまうことを意味していたからです。
 
 2つ同時に来られたので、やばい方を残した(リーマンの破綻も十分やばかったのですが・・・)。そう考えると良いのでしょう。
 
 直前9/10の韓国産業銀行(KDB)の裏切りが、リーマンを救えなかった原因でもあるのですが・・・。



 何れにしても、世界経済はまた株価は表面的にはリーマンショックを乗り越え、リーマン前の水準を超えています。(健全な状態ではないのでしょうが・・・。)
 これからも、何が起こるかわからないので、金融指標の急変には注意が必要なのでしょう。

 ともかく、今後は明るい未来があって欲しいものです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/09/15 Sun. 22:17 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  投資とトレード  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

15

四季報秋号の発売日です 

四季報秋号の発売日です

 会社四季報秋号の発売日がやって来ました。
 従来は9月15日ですが、15日が休日とのことで今回は12日でした。

 中身はいつもの通りですが、特集記事として

①サプライズ銘柄 データランキング
【01】四半期 高進捗率ランキング
【02】会社予想比増額率ランキング
【03】夏号予想比増額率ランキング
【04】営業増益率ランキング
【05】低PERランキング
【06】低PBRランキング
【07】移動平均線乖離率ランキング

②特集1  特許出願件数と研究開発効率度・業種別ランキング
③特集2  時価総額で見る業界勢力図異変!

④企業の継続性」にリスクのある会社一覧

⑤上場廃止リスクがある会社一覧
 監理銘柄、特設注意、上場廃止猶予銘柄、整理銘柄

以上のようなものがあります。

 この内、長期投資に役立つものは、①-5、②でしょうか。少し視点を中期に置くと①-1や①-4が役立ちそうです。
 ④⑤に関してはもっとも選んではいけない銘柄なので、最終確認に利用する。そんな感じでしょうか。



 四季報は若干重いので嫌、と言う方は
    ⇒ ここからどうぞ。



 少しでも安いほうが・・・、そんな方も
    ⇒ ここからどうぞ。





 
 

Posted on 2013/09/14 Sat. 16:02 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資  四季報 
TB: 0    CM: 0

14

金価格が急落 

金価格が続落

 ドルベースの金価格がこの2日で急落し、1315ドル程度になっています。数日前は1370ドル近くあったことから考えると、急落に近い下がり方です。

 良い方のニュースも合わせて金を取り巻く背景を考えると、
  良・・・中国やインドの景況感が改善している。
      ゴールドマンが強気のレポートを出した。
  悪・・・チェート上の壁を下抜けた。
      量的緩和縮小が視野に入ってきている。
      シリア問題の緊張が解消された。

 このようなものでしょうか。
 一般的には良い方のニュースから、値上がりしてもよさそうなものですが、下がった。と言うことは金市場参加者は量的緩和の縮小開始を予想しているのでしょうか。
 あと4日後の18日に量的緩和の方針が決定されますが、どうなるのでしょうか。
 先日発表の雇用統計も、細かいところまでチェックするとあまり悪くはないようです。下馬評では緩和縮小が多くなっているようなので、金市場もその一環なのでしょうか。

 では、実際に量的緩和の縮小開始が始まった場合、どうなるのでしょうか?

 アメリカ株式市場にはあまり影響がない気がしきます。一瞬は売られるかもしれませんが、続かないと考えます。雨降って地固まる、みたいな感じでしょうか。これまでは思惑ばかりだったので、ブレが生じていましたが、結果が出ると、落とし所が見つかり、安定するような気がします。

 債券市場はほぼ間違いなく下落(=金利上昇)でしょう。数年で実質成長率+インフレ率の4.5~5%になっても、何も不思議ではないでしょう。

 金市場はドルの信認がバラマキ縮小とともに緩和するとの点で、強い上昇は見られない。そう思っています。

 
 こんなことを考えることは大変面白いですね。と言いたいところですが、私にとって面白いものも、金融を本職としていない方にとっては、難しすぎてよく分からない世界でしょう。

 ではどうするか?

 やはり成長する資産を保有して、長期投資とする。これに尽きると思います。長期投資に向けたの視点、体制、銘柄選択、が完了すると、短期的な動きはあまり気にしなくても良いようになります。
 
 私の本日の予想も、単なる予想であり、当たるのかどうか分からないことばかりです。それであれば、長期投資にどっぷりと浸かってしまったほうが楽なのでは。
 そう思います。

 

Posted on 2013/09/13 Fri. 22:31 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  長期投資  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

13

なぜインデックスが好きなの? 

投資の世界において、「日経平均などのインデックス投資がオススメですよ。」「特に初心者にはおすすめです。」そんな声を良く聞きます。しかし、よくよく冷静に考えると、??なのですが、識者は誰も指摘しようとしません。日経平均株価を非難することは、天下の日経新聞を避難することになるのか?
まさかそんなことはないと思いますが、非難の声が少ないのは事実です。

僕は日経平均などの国内株インデックスに投資することなど、愚の骨頂だと思っています。いろいろな理由がありますが、その一つが先日アップした次の集計結果です。

日経新聞検証130910_convert_20130910075735

先日までは、利益創出の力によってグループ分けされた企業間の、グループとしての結果の違いについて見てきましたが、日経平均株価とぜひ比べてください。
上場後5年以内のグループは少し性格が異なるので外して考えると、5年間の騰落率で見た場合、いずれのグループも日経平均を上回る上昇率となっています。
一方、5月高値から8月末日までの下落局面で見た場合、いずれのグループも日経平均よりも小さな下落率となっています。

投資先の商品は、より値上がりが期待でき、より下落率が少ないものを選ぶべきであることは、容易に想像できます。であれば、今回の結果から日経平均に連動するインデックス運用の価値の無さがお分かりになると思います。

日経平均など単なる寄せ集め所帯であり、そこに優秀さなど存在しないのです。
日経平均を上回るためには離陸期にある、限定された一部の銘柄をズバリ選ぶ必要があるのであれば、技術的な問題、時間的な問題などを考慮して、単純な日経平均を選ぶことも選択肢に入ります。

しかし、集計表からは、離陸期、成長期、安定成長期のいずれもが、日経平均よりもよく上がり、あまり下がっていないのです。

ベスト15を選び出すことは難しいかもしれませんが、ベスト75位までの銘柄で良いのです。これは少しの努力をするだけで実現可能なことです。
このほんの少しの努力すら面倒くさいという方は、株式投資などすべきではない。そう思いますがいかがでしょうか。



Posted on 2013/09/12 Thu. 23:17 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

12

ダウ平均、採用3銘柄入れ替え 

ダウ平均、採用3銘柄入れ替え

 昨日に引き続き、インデクス運用の銘柄入れ替えについて。

 国内株式の代表的なインデクスは日経平均株価。ではアメリカ株式市場の代表的なインデクスは?と言われるとやはり「ダウ平均」でしょうか。
 日経平均株価よりも古くからあり、有名な指標であったので、年配者の中には日経平均株価のことを日経ダウと言う方もおられるとか。

 このダウ平均の正式名称は「ダウ工業株30種平均」。ここから新しい発見が生まれそうです。
 まずは30銘柄だけなのか・・・でしょう。全銘柄でない点は日経平均株価と似ていますね。
 そして、工業株なのか・・・、でしょう。しかし、実際に採用銘柄は

 3M、アルコア、アメリカン・エキスプレス、AT&T、バンク・オブ・アメリカ、
ボーイング、キャタピラー、シェブロン、シスコシステムズ、ザ コカ・コーラカンパニー
イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール、エクソンモービル、ゼネラル・エレクトリック、
ヒューレット・パッカード、ホーム・デポ、IBM、インテル、ジョンソン・エンド・ジョンソン
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、マクドナルド、メルク、マイクロソフト、ファイザー
プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、トラベラーズ・カンパニーズ、ユナイテッド・テクノロジーズ
ユイテッドヘルス・グループ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ウォルマート・ストアーズ
ウォルト・ディズニー(入れ替え前)
 
 となっており、工業との言葉はあまり気にしなくても良いです。名実ともにアメリカを代表する銘柄が採用されており、厳選とまではいかなくても、優良銘柄が採用されている印象があります。
 この点は取り敢えず有名な会社を、各セクターからまんべんなく選んでいる日経平均株価とは大きく異なっています。


 このダウ平均ですが、金融のバンク・オブ・アメリカ、ITのヒューレット・パッカード、非鉄のアルコアの3銘柄が除外され、金融のゴールドマンサックス、クレジットのVISA、スポーツのナイキが採用されました。

 ちなみに、昨年の入れ替えではクラフト・フーズに替わって、ユナイテッドヘルス・グループが採用された。
ニューヨーク株式市場でゴールドマン株は3.5%高。ナイキは2.2%高、ビザは3.4%高で終了した。

 30種なだけに、日経平均株価よりは掴みどころのある&成長期待のあるインデックスなのでしょう。

 このニュース、投資にかなり近いニュースですね。

Posted on 2013/09/11 Wed. 23:40 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

11

日経平均採用銘柄の定期入れ替え 

日経平均採用銘柄の定期入れ替え

 日本経済新聞社は6日、日経平均株価を構成する225銘柄のうち2銘柄を定期見直しにより入れ替えると発表した。三菱製紙、東急不動産を除外し、日東電工、東急不動産ホールディングスを新たに採用する。

 三菱製紙は市場流動性の低下、東急不動産は経営再編による上場廃止のため除外する。これに対し銘柄入れ替え基準に従い、東急不動産の事業を継承する東急不動産ホールディングスを採用するとともにセクター間の銘柄数の過不足調整により、素材セクターの日東電工を採用する。
 26日に東急不動産を除外し、日東電工を採用、10月2日に三菱製紙を除外し、東急不動産ホールディングスを採用する。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 毎年恒例?の日経平均採用銘柄の入れ替えのニュースです。
 
 株式投資に慣れていない方のために簡単に解説を行うと、
 市場全体の動きを表すインデックス。国内株式の代表的なインデックスに「日経平均株価」と「東証株価指数=TOPIX」があります。東証一部上場の企業のインデックスという点は同じですが、TOPIXが全銘柄を対象としていることに対し、日経平均株価は別名の日経225が示すように225社だけをピックアップして作られている点が、1番大きな違いです。
 (その他にも平均株価と時価総額などもありますが。)
 東証一部上場企業1760社の内、225社が選び出さえれているため、日本を代表する優良企業が選出されているオールスターチームだ!と勘違いされている方も多いのですが、これは間違いです。

 代表的な225社となっているだけで、優秀な225社とは一切言っておりませんので。このため、「セクター間の過不足を調整する」なんて言葉が関係してきます。

 
 この日経平均株価、もっとも有名なインデックスであることには違いありませんが、225社の象徴的な数字でしかありません。
 その昔、「日経平均株価を下さい。」と証券会社の店頭で言ったものなら、「そんな商品はありませんが、ただの象徴です。」と笑い飛ばされるのが落ちでしたが、金融商品の開発により、現在では日経平均株価に連動するETFや投資信託が発売されるようになっています。
 このため「日経平均株価下さい。」は十分成立する言葉になっています。

 しかし、インデックスとは象徴であることに間違いありません。何が言いたいのか。それは、細かな分析ができないと言うことです。そうです単なる象徴の数字を分析などできません。

 インデックスに投資をするということは、イメージとしての日本の株式市場に投資をしている。そこには優秀な企業もゴミのような企業も混在していることを忘れてはいけません。
 それを承知で日経平均株価を買うとき、到底「投資」とはなりません。「投資」とは優秀な銘柄を厳選して買うことだからです。

 日経平均株価の話をするとき、「投資」の話題のような気がしますが、どちらかと言えば「トレード」の側面が強いとも言えます。このイメージへの投資はまわりの経済環境にいともたやすく振り回されるからです。





 

Posted on 2013/09/10 Tue. 23:31 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

10

企業の成長 VOL4 

企業の成長 VOL4

 前回までは、離陸期、成長期、安定成長期の企業群をご紹介しました。その後も日経新聞では企画が続いており、グループが移動した企業や、海外のライバル企業との比較などが行われています。

 本日付けで①から⑨まで進んでいますが、ここまでの段階であれば多くの方は、「それがどうしたの」「あっそう、こんな企業が元気なんですね。」で終わってしまうと思います。
 それはこの記事が持つ価値を理解していないから。そして、株価との比較がなされていないから、です。

 業績が良い=株価が上昇する。この思考回路が叩き込まれていないため、価値に気づかないのです。別の観点では、利益成長のある企業に長期投資を実行せず、
 ・目先の株価のサヤばかりをギャンブル感覚で追い求める。
 ・株はスピードと材料が勝負!とどうでも良いニュースに敏感に反応する。
 ・チャートを穴のあくほど眺め、他の市場参加者の心の中を読み取ろうとしている。
 このような行為に走っているのです。

 これではダメだ。「業績が良い=株価が上昇する」を検証しなければ・・・、と言うことで検証してみました。

 恣意的にならないように
 ・各グループの中から、日経新聞に紹介された各30銘柄を検証対象とし、
 ・調べるだけ時間の無駄な成熟期は省き、
 ・長期投資に関する記事なので、5年間の投資成果として、5年前の8月末日と今年の8月末日の株価の比較、
 ・今年5月22日の高値から8月末までの下落率もチェック。
 としています。その結果が次の集計表です。

 日経新聞検証130910_convert_20130910075735


 驚くべき、いや当然の?結果が出ました。

 5年前の8月はリーマン・ショックが起こる直前。その後のユーロ危機、東日本大震災と、時期的には決して良いとは言えません。この中で、日経平均株価が1.02倍とほぼ横ばいであるのに対し、「離陸期」のグループは平均して株価が10倍以上。「成長期」のグループはほぼ2倍になっています。一方、「成長安定期」は日経平均株価とあまり変わらない1.06倍です。
 これに付随する、5年間前より株価が下落している企業の数は「離陸期」が3社に対し、「安定成長期」は17社。

 まさに、長期投資を成功させたいのであれば、利益成長する企業を選びましょう。こんな簡単で明確な答えが出てきました。

 一方、5月22日高値からの下落率はこの正反対。成長が大きいほど下落率が大きくなっています。
 この理由として、成長銘柄は多くの人が注目をして割高なところまで買い進められる事が多い。リスクオフに転換した時は利が乗っている銘柄から売却しようとの心理が働く、などが考えられます。安定成長期の株はもともと注目されていないので買われていなかった。不人気銘柄であったとも言えるかも知れません。

 何れにしても、企業業績と株価は長期的に見れば連動する。このことが示されたと言えます。
 どの株を選べばよいのかよく分からない・・・、とおっしゃる方がおられますが、もう大丈夫ですね。
 利益成長しそうな企業を選べばよいのです。ただし、割高な時に買うのは避けて下さい。

 株式投資って意外と簡単でしょ。ちゃんとした投資教育を受けていないから難しく感じるのです。ギャンブル化した短期の市場に参加しようとするから難しくなるのです。

 これから先、株価との関係を日経新聞が掲載するのかどうかわかりませんが、分かる人には分かる。そんな素晴らしい連載です。

Posted on 2013/09/09 Mon. 22:54 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

09

2020年東京オリンピックおめでとう 

2020年東京オリンピックおめでとう

 昨日の前哨戦が効いたのか、東京に決定しました。まずは一安心です。これを記念して、直接分かりやすく恩恵を受けそうな会社・・・これはスポーツのアシックスかな。
 と言うことで、IRをチェックしました。
 「祝 東京オリンピック」ぐらいはあるでしょうね。何しろ恩恵を受ける&盛り上げを担う会社だから。
 さて、どうでしょうか。


トップページには、頑張れ日本!がありましたが、祝東京オリンピックはありませんでした。リリースには社長からのメッセージコメントがありましたが。。。
是非準備して欲しかったですね。

全体的にはシンプルなIRでしたが、やはり気になるのは今後の業績です。これは「アシックス・グロース・プラン(AGP)2015」に詳しく書かれていましたが、素人の私には分かりにくいものでした。
じっくり読んでみましたが、どうも机上の空論のような。。。

15年にROE15%が目標となっていましたが果たしてどうでしょうか。
オリンピックの後押しがあってもむつかしいような気がしました。

IRからは投資する気にならない。そんな結果でした。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は52/100点です。

Posted on 2013/09/08 Sun. 23:39 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

08

JR東海のIRは? 

JR東海のIRは?

 いよいよオリンピック開催地の発表がありますが、なんとか東京に決まって欲しいものです。
 もし東京に決まったら株式市場は賑わうでしょうね(一瞬かも、2020年後は逆に下落かもですが。。。)。

 すぐに雰囲気だけで買われるもの、オリンピック開催で業績にプラスの効果が見られるもの、これは実際に投資をする時に厳選することになりますが、その中でもオリンピック開催時に恩恵を受ける銘柄にJR東海があると思い、IRをチェックしました。

 開催地は東京ですが、海外からの観光客は京都まで足を伸ばすでしょう。またアジアからの観光客は一旦福岡に入って、そこから新幹線で東京まで。
 日本の観光といえば何と言っても「新幹線」。ここに恩恵があると思うのですが。

 もちろんまだ先のことで、今の段階から影響はないでしょう。
 まあ、東京決定を祈念して、と言うことでJR東海をチェックしました。


 イメージ的に新幹線の躍動感が欲しいところですが、鉄道の本分は安全輸送にあり。そんな雰囲気が漂うどちらかと言えば硬い目のIRでした。
 月次データや過去の決算のデータなど、半分お役所らしくしっかりと準備されていましたが、株主のためというよりも義務的に載せている感じ。
 その反面お役所らしくこの株式に夢を感じる部分はほとんどありませんでした。(安全第一と言われれば仕方ないかも・・・)

 なかなか評価の難しいIRですね。業績は堅調なので十分投資対象に入るのでしょうが。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は60/100点です。

Posted on 2013/09/07 Sat. 23:18 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  本当の株式投資  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

07

米国雇用統計発表! 

米国雇用統計発表!

 長期投資に関係ないと言えるのですが、今月はQE(量的緩和)からの出口の近さ、遠さを測る重要な統計発表です。
 事前予想は、非農業部門雇用者数は+18万人、失業率7.4%でしたが、どうだったんでしょうか。



 結果は・・・非農業部門雇用者数は+16.9万人、失業率7.3%でした。一言で言えば「弱かった」ですね。

 弱い=金融緩和、量的緩和はそれほど近くない=今後も強力なドルのバラマキが当分続く=ドルの価値が下がる=ドル安の発想で一瞬にして1円ドル安が進みました。せっかく久し振りに100円にタッチしたのに・・。

 また、金利面から考えると
 統計が悪かった=景気が弱い=金利低下(実際10年債で10bp=0.1%低下しています。)=ドルの優位性が小さくなる=ドル売り=ドル安。

 このような流れですが、いずれも円高ドル安に動いています。

 チャートを載せておくので、9時半ちょうどに動き出す為替レートをお楽しみ下さい。もちろんこの後どうなのかは誰にもわかりません。

 外れる可能性大ですが、私見では、なんだかんだと言って強い指標もあるので、再び100円を目指して戻り始める。みなさんはいかがお考えでしょうか。

 ・・・ただ、シリア問題もあるので、9月のFOMCでの緩和政策縮小はなくなったかも。12月か・・・。


201308雇用統計後ドル円レート_convert_20130906222058



 

Posted on 2013/09/06 Fri. 22:23 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

06

ジブリの法則」に戦々恐々 第1金曜にTV放映、円高・株安…的中率9割 

ジブリの法則」に戦々恐々 第1金曜にTV放映、円高・株安…的中率9割

 アニメ界の巨匠、宮崎駿監督の電撃引退が発表されたことから、急遽、6日夜にジブリ映画「紅の豚」が放映されることになったとのことです。
 これを、ジブリが豚をぶつけてきた・・・と表現するところもあり、市場関係者は戦々恐々らしいですね(笑)

 6日の夜は、第一金曜日。毎月第一金曜日といえば、定期的にアメリカの雇用統計が発表される日です。「金曜ロードShow!」でジブリ作品の放映があると、為替や株式市場が大荒れになるという「ジブリの法則」が原因だからです。
 もし「ジブリの法則通りなら、円高ドル安らしいです。」しかし・・・。法則が、単なる“都市伝説”と一蹴できないほどの的中率を誇るため、金融機関の為替ディーラーも真剣に悩んでいるとかいないとか。
 2010年以降、統計と放映の重複は計10回、うち予想を下回ったのは9回で的中率は90%にも。この間の統計発表は全部で44回あり、予想を下回ったのは約60%の26回なので、確かに重複日は際立って予想を下回っています。

 
 まあ、こんな悩みもたまにはよいのでは。

 ただし、押さえておきたい点は、これは「トレード」に邁進する市場参加者の悩みであること。「投資」を志す方には、関係のない話です。
 ジブリの話がなくとも、雇用統計の結果だけで市場は大きくブレます。今週末は雇用統計に加え、シリアへの軍事介入やオリンピック開催地決定などの要因もあるため、どっちにしろ短期的な動きは大きくなるでしょう。
 ドキドキ感が好きな方にはたまらない週末ですが、長期投資を志す方は何ということもない普通の週末です。

 本日の私は、淡路島まで余裕時間なしの往復のあと、京都で勉強会。グルーポンは今買う価値があるの?どんな利益構造なの?会社の想いはどこにあるの?長期保有した場合の収益率はどの程度になるの?と1時間半の間、みなさんで有意義な長期投資の議論をしていました。

 週末よりも今日のほうが楽しい時間となるんだろうな。そう思っています。

Posted on 2013/09/05 Thu. 23:01 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

NISAが始まる今、「暮らしに役立つ株式投資」を考えてみませんか 

NISAが始まる今、「暮らしに役立つ株式投資」を考えてみませんか

 10月26日に京都で、株式投資セミナーを行います。
 テーマは、「NISA&長期株式投資で資産形成を!」
 
 NISAの導入を、株式投資を真剣に考えてみる切っ掛けにしてみてはいかがでしょうか。
 ギャンブルのような株式投資ではなく、株式投資の本質をもう一度考えてみる。自分の生活に必要な株式とは?自分の資産形成に役立つ株式投資とは?このようなことを考える切っ掛けです。

 もちろん、チャートやテクニカル分析の話は一切ありません。株式投資の本質である、「応援できる優良企業に長期投資をする。」そんな話をお伝えします。
 奮ってご参加下さい。


 参加費 : 無料
 日時 : 10月26日(日)午後1時~3時 (12:30開場)
 会場 : 京都リビング新聞社5階カルチャールーム
       (京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町330番地 京都リビング新聞社ビル)     
 定員 : 40名
 主催 : ファイナンシャル・プランニング メイキット有限会社
 申し込み : メール(info@makeit-fp.jp)またはFAX(075-958-2707)にてお申込み下さい。
        (氏名、連絡先(電話とメールアドレス)、参加人数、年齢をご記入下さい。)
 備考 : 申し込み人数が多数の場合は抽選にて決定します。
 講演内容 : ・NISA制度について
        ・資産運用の必要性
        ・株式投資を使った資産運用
        ・それは投資?それともトレード?(株式投資の本質への回帰)
        ・株式投資のメリット 等

 

Posted on 2013/09/04 Wed. 23:06 [edit]

category: ● セミナー情報

tag: 日本版ISA  長期投資  投資銘柄選択  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

04

日経新聞記事の検証 

日経新聞記事の検証

 四季報やその他ツールを使って、自分でスクリーニングすることも良いのですが、日経新聞などの記事を利用することも、とても有効な手法です。
 ただし、投資の記事とトレードの記事が混在していることには注意が必要ですが・・・。

 先日から取り上げている企業の成長段階を示す記事は紛れも無く「投資」に関する記事です。大変役立つものだと思います。
 その意味を是非知っていただきたく思い、実際に株価で検証してみました。

 
 比較したのは5年前の8月末日と今年の8月末の株価(分割分は調整しています)。5年前は、ちょうどリーマン・ショックが起こる前の比較的株価が高かったとき。それ以降は、リーマンショック・ユーロ危機・東日本大震災と茨の5年間でしたが、その間株価はどう動いたのか?

 驚きの(納得の?)結果となりました。

 まずは成長著しい離陸期のグループですが(5年前には上場しておらず株価がなかった企業を除く)、5年前に比べ、株価の上昇勝率の平均はなんと10.38倍!5年で10倍です!中にはガンホーや日創プロニティのように30倍を超える企業もあったので、これを除いたとしても、平均5.22倍。すごいという他ありません。
 ちなみに値下がり銘柄は15銘柄中1銘柄のみ。これも素晴らしいです。

 一方、離陸期に比べると少し利益成長が劣る成長期の卑近は1.9倍。5年で倍、そんな感じでしょうか。値下がり銘柄は30銘柄中6銘柄となっていました。

 しかし、この間の日経平均株価と比べると、5年で倍!も捨てたものではありません。この間の日経平均株価は1.02倍。ほとんど変わりがなかったからです。


 ただし、注意点もあります。
 値下がりに関してもチェック必要と考え、直近の日経平均株価の高値である5月22日と離陸期銘柄の8月末を比べました。その結果、日経平均株価は14.32%の下落。離陸期銘柄は15.3%の下落となり、株価急落時には成長銘柄であっても影響する結果となりました。

 その中でも、上場して5年が経過していない離陸期銘柄をチェックすると、21.3%の下落・・・。上場後間もない企業は大きく値上がりするかも知れないが、大きく下げるかもしれない。そんな不安定さがはっきりとした結果となりました。

 離陸期銘柄は値下がりに弱かったのですが、成長期の銘柄は9.16%の下落でした。下がっている事実には間違いありませんが、日経平均や離陸期銘柄に比べ強かった。そんな結果となりました。

 皆さんの投資スタイルに合わせ、銘柄選定してみましょう。


Posted on 2013/09/03 Tue. 23:20 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

03

出た!オリンピック銘柄 

出た!オリンピック銘柄

 いよいよ7年後のオリンピック開催地が決定します。ぜひ東京に決まって欲しい、そう願っています。
 株式市場においては、やはり、なのでしょう。オリンピック銘柄が数多いサイトでクローズアップされています。
 ここでは産経新聞の記事をご紹介します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京五輪銘柄」42%上昇 建設、不動産…平均株価上回る

 2020年夏季五輪の開催都市に東京が決まったことを想定し、建設や不動産、観光などの「五輪銘柄」の株価が上昇している。五輪関連施設の整備や、外国人観光客の増加が見込まれることが要因で、証券会社がピックアップした五輪関連企業の株価上昇率は、日経平均株価を上回っている。ただ、五輪招致を逃した場合、株価が下落する可能性もある。

 岡三証券が建設や不動産、スポーツメーカーなど五輪関連の企業約80社を選び、株価の値動きを指数化した「東京五輪関連株指数」によると、1月4日から8月30日の株価上昇率は42・5%で、日経平均の上昇率の25・3%を上回っている。指数を構成する大手ゼネコンの清水建設や大成建設の株価は、8月に入ってからともに年初来高値を更新するなど、「個人投資家からの五輪関連銘柄の問い合わせが急増している」(大手証券)という。

 東京開催が決まれば、日本経済に与える影響は大きい。東京都の試算によると、五輪開催に伴う経済効果は今年9月から7年間で約3兆円。建設、不動産業界にとっては、競技場や選手村などの大型工事や、会場周辺の再開発などの商機が見込まれる。ドイツ証券の大谷洋司シニアアナリストは「東京開催が決まれば、首都高速道路などのインフラの再構築も加速化する」と期待する。また、「TOKYO」の知名度が上昇すれば、訪日外国人観光客が増加し、観光、ホテルなどのサービス業にも好影響が期待される。
 一方、招致できなかった場合、「招致成功を見込んできた投資家にとっては、はしごを外された結果となり、日経平均を500円程度押し下げる可能性がある」(大和証券の木野内栄治投資戦略部担当部長)との指摘もある。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 非常に納得できる、その気になるニュースです。

 ただし・・・。
 もうご想像できるかもしれませんが、ゆっくり冷静に考えると???な点があります。

 まず、この記事を見て、オリンピック銘柄を買ってみようと思った投資家は、「投資」として株式を買うのでしょうか?「トレード」として買うのでしょうか?多分、そのうち、首尾よく株価が上昇すれば売ってしまえ!と考えているトレードでしょう。

 さまざまなサイトで、さまざまな銘柄が紹介されていますが、代表的なものは次のような企業です。
【1802】 (株)大林組
【1801】 大成建設(株)
【1803】 清水建設(株)
【1812】 鹿島
【1860】 戸田建設(株)
【1883】 前田道路(株)
【1884】 日本道路(株)
【5233】 太平洋セメント(株)
【5232】 住友大阪セメント(株)
【9020】 東日本旅客鉄道(株)
【9009】 京成電鉄(株)
【9006】 京浜急行電鉄(株)
【9708】 (株)帝国ホテル
【9722】 藤田観光(株)
【9603】 (株)エイチ・アイ・エス
【9726】 KNT−CTホールディングス(株)
【9373】 (株)ニッコウトラベル
【9706】 日本空港ビルデング(株)
【7936】 (株)アシックス
【8022】 ミズノ(株)
【8114】 (株)デサント
【3028】 (株)アルペン
【8281】 ゼビオ(株)

 もし、投資として考えるのであれば、単に売上に貢献しそう、だけではダメです。オリンピックで具体的にどれだけ売上額が増えるのか?それは従来の売上に対してどれくらいの割合なのか?今の株価は割高なのか、割安なのか。
 考えることはたくさんあります。

 オリンピック言うイベントだけで経済が大きく動くほど日本経済のパイは小さくないと思います。

 興味が有る方は買われてもいいと思いますが、少なくとも「投資」の観点からは違った買い方になることは忘れてはいけません。



Posted on 2013/09/02 Mon. 21:48 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  本当の株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

02

企業の成長 VOL3 

企業の成長 VOL3

今回は第三段階にある「安定成長期」です。
成長に注目すると良いイメージですが、安定に注目すると決して無条件に前向きにはなれません。この段階には全体の6割にあたる1926社が該当するとのことですが、投資的にはギリギリのラインでしょうか。

有名で日本を支える企業が並びますが、5年間の平均成長率ではマイナスの企業やROE平均が10%に届かない企業が多く出てきます。このため、上り調子なのかどうか?安定性はあるのか?このような点でより厳選しなければいけません。
割安であれば投資価値は高まりますが、普通の株価水準であれば、投資は難しいかも。。。

代表的な企業は次のようになっています。
コマツ 伊藤忠
コメリ GSユアサ
ヒロセ電気 日清食品HD
コスモ石油 資生堂
京セラ 三菱電機
近鉄 TOTO
電通 川崎重工
富士通 トヨタ
Jフロント TDK
新日鉄住金 太平洋セメント
吉野家HD Dガレージ
JFE リコー
富士フィルム 三井化学
昭和シェル石油 ヤマハ
神戸製鋼 NEC

Posted on 2013/09/01 Sun. 02:21 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。