07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

企業の成長 VOL2 

企業の成長 VOL2

今日は企業の成長の内、第二段階の準備段階にある企業群のご紹介です。第一グループの「離陸期」に対し、日経新聞では「成長期」と表現しています。

離陸期の企業は、今後も同じような利益成長が続くのかどうか?こんな心配がつきまといます。と言うのは、多くの離陸期の企業が高い利益成長を前提として高い株価水準まで買い進められているからです。もし、利益成長がストップするのであれば、高い株価がマイナス要因となり、株価が大きく下落することが考えられます。

その点、あまり割高でない銘柄も多く見られる「成長期」は、チャンスと言えるかも知れません。
将来の有望銘柄はこのグループにあるかも知れません。

「投資」にはとても役立つニュースです。

「成長期」の企業
ABCマート ぐるなび
ひらまつ 王将フード
鬼ゴム 日医工
シスメックス 富士通ゼネラル
しまむら 良品計画
ジーテクト 久光薬品
ナカニシ フォスター
いすゞ ヤオコー
ツガミ ファナック
楽天 ケーズHD
小糸製作所 テルモ
第一興商 シマノ
アシックス ファミリーマート
SMC 浜ゴム
マツキヨHD 日野自動車

なかなか良さそうな企業がならんでいますね。

スポンサーサイト

Posted on 2013/08/31 Sat. 21:29 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

31

公的年金運用益2.2兆円也 

公的年金運用益2.2兆円 4~6月、国内株など好調

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、13年4~6月期の運用実績を発表した。運用資産別では、国内株式は運用利回りがプラス9.70%、外国株式はプラス6.14%。一方、国内債券はマイナス1.48%、9451億円の損失で、比較可能な2008年度以降では最大のマイナス幅となった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事から参考にすることは、減らすことが許されないはずの性格の年金原資でも株式の運用を組み入れていることです。国内外の株式の運用比率は28.6%になりますが、一般家庭においてもこの程度の株式を保有することは必要だと考えるべきです。
運用のプロに学ぶことの一つです。

無くしてはならない資金だから。。。と株式投資に躊躇される方、そもそも選択肢に一切いれていない方、株式投資をしたくても、どのようにすれば良いのか分からないので、投資したことがない方。全ての人に知ってもらいたいことです。

長期投資にこだわる場合、株式投資は理論的に説明できる、目先に動かされない運用となります。
また、配当利回りは預貯金と比較にならないくらい高い銘柄があります。
GPIFは6月7日に運用の目安とする資産構成割合を変更。国内債券の比率を7ポイント引き下げて60%にしたほか、国内株式を1ポイント引き上げて12%としました。

もちろんうまく運用ができないときもあったのですが、リバランスと成長銘柄の選択を辛抱続き行うことで、安定かつ効率性が実現しています。

個人はもう少し積極的に株式の保有を念頭におけば良いのはないでしょうか。




Posted on 2013/08/30 Fri. 23:52 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 公的年金の運用に学ぶ 
TB: 0    CM: 0

30

会社の成長段階から投資候補企業を見つけよう。 

会社の成長段階から投資候補企業を見つけよう!

先日、企業の成長段階。すなわち元気な若い会社なのか、安定感のある熟年の会社なのか?
これを設立からの期間でなく、利益成長で測ろうとの記事が日経新聞にあり、ブログで取り上げました。

この記事に対し、もっと多くの銘柄が紹介されておれば。。。とのコメントを残しましたが、希望通り?全銘柄ではありませんが、他の企業もその後の紙面で紹介されていました。

ぜひみなさんに知ってもらいたい。そう思い一覧にします。今後の銘柄選びにご利用ください。

力強い上昇力が期待できる離陸期にあるのは次の企業です。
リブセンス ガンホー
クックパッド UBIC
KLab エイチーム
ピーエスシー ブレインP
クルーズ トレンダ
北の達人 エムスリー
カカクコム イーブック
ユーグレナ エスクリ
日本駐車場 日本ERI
日創プロニ エニグモ
桧家HD Drシーラボ
リソー教育 IDホーム
エーアイテイ 日本オラクル
日本M&A 日本管理C
ファーストリテ ヤフー

長くなりましたので、まずは離陸期だけにしますが、真っ先に投資対象候補となる企業ばかりです。
もちろんこの中から、今後も同じように利益が出る企業。株価が割高でない企業などを厳選しなければいけません。

私たちの資産形成の手助けとなる企業は、どの企業でしょうか。

Posted on 2013/08/29 Thu. 23:32 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

29

◆主力株が全面安、シリア緊迫で投資心理萎縮 

◆主力株が全面安、シリア緊迫で投資心理萎縮

 28日の東京株式市場はシリア情勢の緊迫化に揺れた。日経平均株価は取引時間中に一時下げ幅が350円を超え、6月27日以来の安値水準である1万3100円台まで下げる場面があった。内戦の続くシリアに米国が軍事介入へ踏み切るとの観測から、投資家にリスク回避の動きが拡大した。原油高や新興国景気に対する懸念に加えて、新たに出てきた火種に投資家心理はますます萎縮しつつある。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてシリア問題はどうなるのでしょうか。数日中に砲撃!しかし政権転覆は意図していない!とアンバランスな状況ですが。
 なぜ人間は戦争をするのか?人間を殺すのか?悩むところですが、これが現実ですね。こんな時のために国連や安全保障理事会があると思いますが、常任理事国が本気で戦争をなくそうと思っていない。時に自分たちが率先して紛争をふっかけている。これではダメですね。
 費用対効果で見れば、国連などなくても良いのでは・・・と感じます。

 
 で、これからも続くであろう紛争に対し株式投資はどのようなスタンスで良いのでしょうか?

 トレードにおいては、このような紛争とそれに伴うマネーの動きに追随をして後追いするまたとないチャンスなのでしょうが、投資においては基本的に関係のない話でしょう。半年単位などでは影響が残るかもしれませんが、5年程度のスパンで考えた時に、シリア問題は個別企業の業績にほとんど影響しない、単なる過去の出来事になるからです。
 このため、あせって狼狽売りを出す必要は全くありません。どんと構えていて下さい。むしろ、保有株の売りよりも、新規の買いの方がテーマとなるでしょう。
 
 大きな紛争のときには、市場参加者が挙ってリスクオフの状態。すなわち株式から遠ざかる状態となります。この時に優良銘柄が安くで買えるまたとないチャンスがやってきます。

 もちろん適当はダメです。

 1.優良銘柄限定
 2.自分で価値あると考える指値基準を持ち、これに合致すること
 3.長期投資限定

 以上のような、条件が必要となります。

 さあこのチャンスをものにしましょう。

 

Posted on 2013/08/28 Wed. 23:21 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  株式投資  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

28

グリー株はどうなる(IR) 

グリー株はどうなる(IR)

 一週間ほど前ですが、21日、ゲーム大手のグリーが急落し、ディー・エヌ・エーも大きく売られました。21日付の日本経済新聞が大手ゲームソフト会社などについて「グリーなどを経由せずにスマートフォン(スマホ)向けゲームの顧客開拓で連携する」と報道したことなどが直接の原因と見られていますが、それ以前から決算は悪化しています。

 グリーの下落は、トレードの面からは、信用取引での影響が懸念されます。このブログはトレードに関してはノータッチなので詳細はカットしますが、買い残が多くあるため、見切り売りで大きく値を下げ、他の銘柄にも売りが波及する。そんな可能性には注意が必要です。

 一方、投資の側面においては、順調に利益成長してきた銘柄がなぜ急に悪化しているのか?その原因を探り、反面教師とすることが大切です。


 そんな背景もあり、グリーの行き先には興味を持っています。その第一弾ということで、まずはIRから確認してみたいと思います。

 IR全体の雰囲気は、派手なゲーム業界からはかけ離れたいたってシンプルなものでした。特に面白くするなどの工夫は見られませんでした。
 データは、そもそも上場から間もないので少ないのですが。。。。

 一つ希望を出すと、ゲーム関係にあまり詳しくない投資家からすれば、グリーと任天堂はどう違うのか?ガンホーとはどう違うのか?ではモバゲーとは??
 もっと幅を広げるとラインやFBとはどう違うのか?

 ここが知りたいですね。これを知らなければ投資対象にはなりません。少しでも多くの個人投資家(個人トレーダーではないので注意)を増やすためには、必要なことです。これはグリーが説明すべきことではないのかもしれませんが、少なくともグリーの特徴や強み、これをピックアップしてもらいたいものです。

 一応事業概要はありましたが、これでは正直よくわかりませんでした。

 ちょっと残念なIRでした。



点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は48/100点です。

Posted on 2013/08/27 Tue. 23:48 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  個人投資家  投資銘柄選択  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

27

株式を100万円分下さい! 


株式を100万円分下さい!

日本株で運用する投資信託を、100万円分下さい!これは可能です。投資信託は口数を細かく調整できるので、100万円分ぽっきっりは難しくとも、ほぼ100万円分買うことができます。

一方、トヨタ株を100万円分下さい!これは難しいですね。と言うのは、個別株は各単元株数が決まっており、例えばトヨタであれば100株単位の整数倍で購入することになっています。
本日のトヨタ株の終値は6210円でしたので、少なくとも62万1千円(プラス)相当の投資資金が必要となります。

一般的な投資においては、100株単位となっていることで大きく困ることはないのですが、14年より新たに導入されるNISAを利用する場合には少しデメリットとなってしまいます。
NISAを利用した投資の非課税枠は年間100万円までと決まっているからです。トヨタ株を100株だけ買うと、残る非課税枠は約38万円。この中で銘柄選択をしなければいけません。
分散投資を意識すると2銘柄では少ないかな。。。せめて5銘柄くらいは。。と思った場合にはトヨタ株を組み入れることはほぼ不可能となります。

であれば、NISAはやはり投信で。。。となりそうですが、そんな株式のデメリットに救世主が出てきました。

今はSMBC日興証券、かつオンライントレードでの適用となりますが、新しい株式の購入方法が「キンカブ」。この方法で株を買えば、単元に縛られない金額指定、および株数指定での購入ができます。

これであれば、優良銘柄を20万円ずつ5種類!といった買い方もOK。本来であれば439万円必要な住友不動産の株も100万円分だけ購入できます。

この制度を使わなくとも、全3546銘柄中3445銘柄が100万円以内で投信可。50万円以下は3151銘柄。20万円以下は2131銘柄とかなり分散投資がしやすくなっていますが、これから先キンカブに類似した制度が多くの証券会社で登場すると思われます。このようなニュースには注目したいですね。

Posted on 2013/08/26 Mon. 23:00 [edit]

category: ● 日本版ISA(非課税制度)対応の株式投資

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資銘柄選択  長期投資  日本版ISA 
TB: 0    CM: 0

26

4社に1社が若返り 

4社に1社が若返り

人間にも成長があるように、企業にも成長があります。
企業の設立からの年月で成長度合いを測ることもありますが、日経新聞が07年のリーマンショック前の利益水準と現在の利益水準を比べ、その成長力で企業の若さを調べているので、ご紹介します。

利益水準に注目することは投資にとってもっとも大切なことです。そのためにはこの記事とても役立つデータとなります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 人間が青年期から壮年期へと移行していくように、企業も急成長から安定、停滞へと段階が移っていく例が多い。だが、リストラや独自事業の追求などを通じ、企業も成長段階で「若返る」ことが可能だ。成熟した重厚長大産業でも、金融危機前の好況時よりも稼ぐ力を強めたところは多い。
  稼ぐ力が強い方を成長段階が若いとみなし、順に「離陸期」「成長期」「安定成長期」「成熟期」と分類。07年度時点の平均値の企業を「安定成長期」の入り口にいると仮定し、13年度(同5年分)までの変化の度合いを比べた。
13年度の上場企業の平均は「安定成長期」の中ほど。全体では金融危機の影響も残ったが、比較可能な2418社のうち4社に1社にあたる657社は、収益力を高めることに成功している。

 中でも見逃せないのは、円高などの逆風に揺れた製造業でも、若返りが目立つ点だ。代表例が三菱自動車。国内で軽自動車販売が好調なうえ、不採算の欧州生産から撤退した効果などで収益力を取り戻した。航空エンジンが好調なIHIも同様だ。米国で好調な富士重工業は「安定成長期」から「成長期」へ、さらに1段階の若返りに成功した。
 他社にまねできない事業モデルを生かす企業も稼ぐ力を強めた。サンリオはキャラクター商品の販売からライセンス収入に軸足を移した。オリエンタルランドもリピーター需要を取り込み、それぞれ「安定成長期」から「成長期」へと戻った。
 ファーストリテイリングや日本オラクルは、収益成長力の高さから「離陸期」に位置する。この段階には、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなどネット企業も名を多く連ねる。
 「成長期」の企業は、ニッポン株式会社の成長を支える「次のエース候補」といえる。ニトリホールディングスやユニ・チャームなど、業界内でも競争力が高い企業がこのステージにいる。

 一方、段階が進んだ企業もある。日本郵船やパナソニックなどは「成熟期」。市況悪化や新興国リスクなど競争条件の変化に見舞われ、収益力はやや低下傾向だ。
 成熟期にいること自体は問題ではなく、戦略次第で再び収益力を高めることも可能だ。同じ会社で過去と比べれば、稼ぐ力の変化をみるうえで一つの参考になる。

 日本企業は08年のリーマン・ショック後、身を縮める経営で採算立て直しを優先した。収益力を一段と高めるには、過去最高水準に積み上がった手元資金を成長投資に生かす戦略も欠かせない。



いかがでしたか?みなさんが投資している企業や狙いを定めている企業はありましたか?他の企業もどの段階にあるのか紹介してあればありがたいのですが。

まあ、ここになくても、利益の伸びを考えれば大体の位置は分かります。常に利益に注目をすることがたいせつですね。




Posted on 2013/08/25 Sun. 10:32 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

今年のジャクソンホールは少し寂しい 

今年のジャクソンホールは少し寂しい

 毎年、米ワイオミング州ジャクソンホールでカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムが行われます。
2012年QE3の開始もこのシンポジウムでのバーナンキ議長演説から始まりました。しかし今年は少し状況が異なっていて、大きなネタがない大会になりそうです。

と言うのは、1988年以降毎年このシンポジウムに出席しているバーナンキ議長が今回欠席するからです。
米金融当局から政策の手掛かりやシグナルがないので、世界的なリフレーションがどの程度、持続していくか?くらいがネタになります。

ただし、黒田総裁は出席するので、どんなメッセージが出されるのかには注目が集まります。それにより、為替相場に動きがありそうです。


もちろん、長期的な株価の動きには関係しませんが、ジワジワと株価に影響はあるかもしれません。また、短期的な株価の投資時期には大きく影響する可能性があります。
さて、世界を前にどんなメッセージが出るのでしょうか。

Posted on 2013/08/24 Sat. 22:19 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

24

岐阜といえばバローです。 

岐阜といえばバローですね

昨日は岐阜までセミナーに行ってました。本拠地の京都も暑いのですが、岐阜もそれに劣らず熱い一日でした。

それはさておき、岐阜といえばバロー。スーパーのバローです。店舗数は年々大きくなり、売上、営業・経常利益は比較的順調に伸びています。
しかし、最終利益はここ数年順調になってきていますが、かつてはそれほど褒められるものではありませんでした。来期も利益成長が予想されていますが果たして。。。

その判断の元になるのがIRページの中の月次情報。しかし客単価、既存店売り上げがどうも冴えません。。。。それはともかく、判断材料になる資料があるのはありがたいです。

他は特に取り上げるほどのものはないな。。。と思いながら、「よくある質問」を見ると、「株式って何」「株主になるとどんな良い点があるの」などが質問として取り上げられ、漫画を使って分かりやすく解説されていました。
株式投資の基礎知識がIRで取り上げられることはまずないので、これは良い!と思いました。

見せ方や内容にはもっと工夫できるでしょうが、とりあえずはナイスな取り組みです。
このようなページを持つ会社がもっと増えてくれば良いですね。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は76/100点です。

Posted on 2013/08/23 Fri. 23:21 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  IR  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

23

新日鉄住金のIRから消えてしまった! 

新日鉄住金のIRから消えてしまった!

韓国の戦時中の強制労働に関するトンデモ裁判に新日鉄住金が賠償を受け入れ!へのコメントが、記事掲載翌日の19日にIRにアップされていたこと。スピード感は賞賛するが、その内容は甚だおかしいものであったことを、先日のブログでご紹介しました。

その後新しい動きがあったのか、本日(22日)確認したところ。。。。。。何と全文が削除されていました。
IRと言う正式な、企業と個人株主をつなぐ架け橋である場から、何もなかったように重要な文章を削除する。。。それに対するコメントはどこにもなし。。。

あまりにもIRをバカにしていないでしょうか新日鉄住金さん。
前回指摘したように、決定権のない一担当者の妄言だったのでしょうか。

何れにしても、さらにがっかりですね。
他の箇所には、「私たちは、あらゆるステークホルダーの皆様の声に耳を傾け、その期待に応えることで、企業価値を向上させ、より良い社会づくりに貢献することを目指しています。」や、「当社グループは、信用・信頼を大切にする企業であり続けることを経営理念の第一に掲げ。。。」などの綺麗事が並べられていますが。。。

いつから削除されたのか分かりませんが、とにかくガッカリです。

Posted on 2013/08/22 Thu. 20:14 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  IR  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

22

FOMC議事録は9月の緩和縮小開始観測覆さず 

FOMC議事録は9月の緩和縮小開始観測覆さず

21日公表された7月30─31日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は、FRB(米連邦準備理事会)が9月に量的緩和の縮小を始めるという従来の見方を覆す内容でなかった。

議事録の中で委員は失業率が量的緩和第3弾開始以降に大きく低下したことも認めているが、緩和縮小を正当化できるのかどうかに関しては確認できなかった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今世界の金融界を揺るがしているアメリカ量的緩和の出口戦略ですが、その方向を占うFOMCの議事録が公表されました。
5月に出口戦略が喫緊のテーマとなり始め、6月のバーナンキ講演で市場が大揺れに揺れて、7月中旬にバーナンキがその火消しに躍起になって、市場がようやく落ち着きをみせた最中の議事録です。

出口戦略に加え、バーナンキ任期後の時期FRB議長の人選も話題になる中、当面の経済に多いに影響がありそうなニュースです。
本来短期的な視点でのニュースは、長期投資には関係のないことなのですが、「株式の買い場」という意味で関係しそうなニュースです。
今後、出口戦略がどこに向かうのかは、出てくる諸指標やデーターを見ることになりますが、現状での数値は本当の玉虫色でして、良いニュース、悪いニュースが入り混じっています。

次の大きなニュースは、第一金曜日の9月6日に発表される8月の米雇用統計です。日銀総裁が景気下振れのリスクが高まれば追加緩和に動く姿勢に変わってきているとの観測もあり、市場のブレはまだまだ続くことでしょう。
年末頃?に実際に出口に向かった場合、相場はまたブレるのでしょうね。その頃は金融税制の変更もあるので、節税目的の売りも当然出てくることでしょう。

このような状況では、優良銘柄を今のうちにストックしておき、指値水準に達したら投資する。この作業が求められます。

Posted on 2013/08/21 Wed. 22:40 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

21

株価下落でチャンス銘柄登場?配当編 

株価下落でチャンス銘柄登場?配当編

 日経平均株価が2ヶ月ぶりの安値水準になってきています。このようなときは、優良銘柄が思わぬ安値で買えるチャンスに巡り会えることも。

 いくつかの割安銘柄の探し方がありますが、今回は現金収入を伴う配当利回りからランキングをチェックしてみました。預貯金金利が0.03%、ネット銀行を使っても0.3%、10年日本国債が0.8%、10年オーストラリア国債が3.95%の今、投資価値のある配当利回り銘柄があるのでしょうか?

 ではランキングです。誰もが簡単に利用できるヤフージャパンのファイナンスから配当利回りランキングをピックアップしました。

 130820配当ランキング_convert_20130821074654

 TOPは193.08%?2位でも60.61%?TOP10を単純に平均すると29.98%?ええ、そんなことがあるの?と感じられますが、この一覧には注意が必要です。
 
 まず、株価は現在のものであるが、配当の金額は前決算における確定値であることです。例えば1位のブロードバンドタワーは1→500の分割を行っているため、株価表示は分割後の安い値段ですが、配当は分割前のもの。当然500倍位に嵩上げして見えます。なので1位ですが、投資対象にはなりません。同じく3位の日テレも対象外となります。
 また2位のアメイズは上場したばかりなので何とも言えないので対象外となります。

 配当は預金金利と異なり、利益が減ると、配当も減る可能性が非常に高いため、今後の予想配当額や利益成長も勘案しなければいけません。このチェックのために、ヤフーには記載されていない右側を付け足しているのですが、減配の銘柄、利益率があまり伸びていない銘柄はやはり対象外とします。

 となると、1~6位、8~10位、12~14位、16~19位は対象外。21~23位、25位も対象外となり、
残った銘柄は7位のアジュバン、11位の極東証券、15位のアイビー化粧品、20位のアコーディアゴルフ、24位のあおぞら銀行と5つだけになります。

 まあ、そんなものでしょう。何でもかんでも投資対象にはなりませんので。
 残った銘柄も、大チャンス!と心躍るような銘柄は見受けられませんが、データを重視すると5.17%の利回りにはなります。
 株価上昇はあまり期待できなくても、今の水準を維持してくれれば・・・。そんなスタンスで利回り5.17%のポートフォリオを作ってみることも悪くはないかも知れません。

Posted on 2013/08/20 Tue. 23:33 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

20

国際問題にも?に対する新日鉄住金のIR 

韓国戦時徴用訴訟 新日鉄住金が賠償応じる意向 敗訴確定の場合

 昨日はこのニュースで大きく世論が賑わいました。
 国際条約として国家が締結したものを今さら裁判所がひっくり返す?過去は合法であった行為を今さら蒸し返して有罪にする。根拠は明確でなくとも財産の没収もある。国連の事務総長がいながらユネスコ条約すら守らない。
 法治国家とはとても呼べない代物ですね。

 日韓併合では、ルールを守るということを知らない韓国に、「一般的な国家として存在できる程度には教育しなさい、お隣の国でしょ。」と欧米諸国から日本が嫌々ながら押し付けられた。そんな話も耳にしたことがあります。今回のような問題が起こると、その真実性が増していくようです。

 株式投資の世界においても、正しい決算の公表を始めとした諸ルールの順守は守られなければいけません。ルール前提で大切な資産を投資しているのですから、どんな事情があるにしてもルールの守れない企業は存在を消滅させることが必要です。
 ルールを守るとの点では、今回の記事と株式投資は同じ土壌にあるとも考えられます。


 で、トラブルの真ん中に放り出された新日鉄住金。
 株主としても気になる、賠償関連のニュースにどのように答えているのか?IRで途中経過や、株主に対するメッセージ、業績に対するメッセージなどを即座に公表することが求められます。
 IRはそんな役割も担っていると思い、チェックしました。
 さすがに、この記事が出回った18日は日曜日ということもあり、即日は難しいだろうと思い、翌日の19日にチェックした次第です。

 その結果・・・ありました。動きが早い。この速さについては前向きに評価すべきだと考えます。
 しかし・・・。

 「しかし」の意味は今回の記事自体の内容が分かっていなければならないので、概略をご紹介します。


 概略⇒朝鮮半島の日本統治時代に日本で戦時徴用された韓国人4人が未払い賃金などの個人補償を求めた訴訟で、被告の新日鉄住金が計4億ウォン(約3500万円)の賠償を命じられた7月のソウル高裁判決を受け、敗訴判決が確定した場合には賠償に応じる意向であることが、同社への取材で分かった。元徴用工の賠償請求権問題については、日韓両政府とも1965年の日韓請求権協定で解決したとの立場を取っており、同社の判断は今後の同種訴訟や国内世論に影響を与えそうだ。
 新日鉄住金の訴訟をめぐっては、原告のうち2人が97年に日本で同様の訴訟を起こしたが、2003年に敗訴が確定。韓国でも確定判決の効力を認め1、2審が請求を退けていたが、韓国最高裁が昨年5月、個人請求権を認め、審理を高裁に差し戻した。
 新日鉄住金側はソウル高裁判決を不服として上告したが、最高裁で判断が覆される可能性は低いとみられる。

(1)判決確定前に和解する(2)確定判決に従う(3)判決確定後も支払いに応じない-との選択肢があるが、(1)では原告側が補償基金の設立を求めることも予測され、賠償の対象が立証の不十分な元徴用工にも拡大すると判断した。(3)の場合は、同社の韓国内の資産を差し押さえる強制執行が行われるとみられ、取引上の売掛債権などが対象にされる可能性を考慮。



 まあ形は真っ当な形を取っているように見せた、テロリストや誘拐犯みたいなものですね。要求に屈しなければ何らかの損害が与えられる。しかし、要求に屈せば、相手は図に乗り、これからも同じようにたかられることが目に見えている。
 その苦悩はよく分かりますが、判決確定前から賠償に応じる。。。そのコメントがでる時点で新日鉄住金のガバナンスは不合格!でしょう。
 個人的には(4)として、最後まで国際問題として多方面に不当判決を働きかけながら、そのような国ではまともな経営はできないと、即座に韓国から全面撤退する。「特別損が出ますが、今後の健全な方向のための費用ということで今期は我慢して下さい。翌年以降は韓国以外のアジア諸国との付き合い等の中で、損失はカバーします。」と株主に詳細を伝え、理解を求める。が良いと思います。
 なぜ、(3)止まりなのか、その点でも不合格!です。


 このような背景を確認した上で、新日鉄のコメントをご覧ください。
 
 コメント⇒昨日(8月18日)、当社が韓国の戦時徴用訴訟において敗訴時に賠償の意向、との一部報道がございました。当社は、先般のソウル高裁の判決は、徴用工等の問題を完全かつ最終的に解決した1965年の『日韓請求権協定』、すなわち国家間の正式の合意を否定するなど不当な判決だと考えており、7月30日に大法院(韓国最高裁)に上告いたしました。今後、大法院にて、当社の主張の正当性を明らかにしていく所存です。

 で、続きは?続きを載せないの?との声が聞こえそうですが、これで終了です。これで全文です。私も言いたいです。「そりゃ無いでしょ新日鉄住金さん。。。」

 ○もっとも知りたいのは状況でなく、もし大法院で敗訴、賠償が確定したときの対応でしょ。加えてこの記事の信憑性についてです。
 対応については全くのノータッチ。記事についても、当社の正式なコメントではない、敗訴の場合の対応は未定、確かに賠償に応じる方向で話が進んでいる。などのコメントがあってしかるべきなのに、どこにもない。これではダメ。
 ○このコメント誰が出したのか記載がない。社長名?法務部門?IR部門?本当に会社としてのコメントと考えてよいのでしょうか?
 ○敗訴の時の対処は非常に重要な決定事項だと思いますが、なぜ対外的に漏れだしたのか?守秘の対象ではないのか。情報漏えいだとすれば、内部の管理体制もなっていない。

 中途半端なコメントなら、載せないほうがマシ。またこれだけでなく、そもそも新日鉄住金のIRやホームページには、株主からの問い合わせ先が一切記載されていません。


 
 チェックの結果、見やすさや決算情報の有無はさておき、得点は0点/100点です。株主にとっては、とても投資対象とならない企業!です。


Posted on 2013/08/19 Mon. 23:29 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

19

4~6月期最終益合計、リーマン前水準を回復 

4~6月期最終益合計、リーマン前水準を回復 東証1部上場1190社

 金融を除く東証1部上場企業1190社の平成25年4~6月期の最終利益の合計が前年同期の約2・1倍の5兆1320億円と、4~6月期でみると19年以来の高水準になったことが16日、SMBC日興証券の集計でわかった。20年9月のリーマン・ショック前の水準に回復したことになる。円安が自動車など輸出企業の収益を押し上げた。売上高の合計は前年同期比8・0%増の130兆9360億円、営業利益の合計は32・5%増の6兆7420億円だった。
想定為替レートの平均は、25年1~3月期の92円33銭から約1円、円安方向に修正されて93円25銭となった。まだ足元の水準とは開きがあり、輸出企業にとっては通期業績の上方修正要因になる可能性がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日経平均などのインデックスは、実は難しいのですが、その理由の一つが将来の業績が予想しづらく、数値で表されないからです。
その点、今回のような記事は珍しい?かもしれません。大事にしたいですね。

まあ、良い業績であることには間違いありません。日経平均18000円もあながち夢ではないくらいの水準です。
とは言いながらすべての銘柄が上がるわけではありません。

常に、安定した好業績を出す企業を安くで買うこと。今回の記事を安心材料の一つとして、その道を進むことですね。

Posted on 2013/08/18 Sun. 23:43 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

18

ジェイテクトのIRは? 

日経新聞でも取り上げられたジェイテクトのIRは!

先日の記事で、好業績&出遅れ銘柄として取り上げられていた、ジェイテクトのIRをチェックしました。

業績は過去5年程度しかなく、長い視点でのチェックができなかったのですが、その中では特に優れている・・・とは思えませんでした。確かに、第二四半期の業績予想の引き上げなどはありますが、円安によるもの。今後の為替相場次第では、長期で株主になろうとの思いは湧いてきませんでした。
結局日経新聞の記事も短期での利幅を取るトレード目的だったのかと、改めて思います。

また、独禁法での捜査にはいられたことも、具体的な記述がなく、結局違反があったのかなかったのか?それもよくわかりません。。。

あまり前向きになれないIRでした。



点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は60/100点です。

Posted on 2013/08/17 Sat. 23:43 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  株式投資  投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

17

アメリカ経済指標 

アメリカ経済指標

先日は日本、ユーロの経済指標をご紹介しましたが、今回は直近で発表されたアメリカの経済指標をご紹介しましょう

◎8月の米ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
⇒4月以来の低水準となり、市場予想も下回った。
指数は80と、前月の85.1から低下。エコノミスト予想の中央値は85.2だった。

◎米週間失業保険申請件数
⇒大幅減少。発表32.0万件。予想33.5万件。この数字が少ないと言うことは、失業者が減少していることになる。ついては景気回復が予想される。

◎7月の住宅着工件数、許可件数
⇒前月の減少からプラスに転じたものの、いずれも市場予想を下回った。
住宅着工件数は前月比5.9%増の年率89万6000戸。エコノミスト予想は90万戸。
住宅着工許可件数は2.7%増の94万3000戸と、市場予想の94万5000戸を下回った。

◎米国小売売上高
⇒米国の7月の小売売上高は、名目ベースでは+0.2% (前月比)と小幅の伸びに留まった。コア売上高は事前予想を上回る+0.5%(同)と堅調。

◎7月の米鉱工業生産指数
⇒前月比変わらず。製造業部門の落ち込みが響き、0.3%上昇市場予想に反して改善せず。


総括すると、まだら模様ですね。決して悪くはないが、期待ほど力強くない。株式市場や為替相場も同じような動きとなるのでしょうね。

毎月のように発表される各種統計を追いかけて投資判断に活かすことは、一見大切なことのように思えますが、長期投資にこだわった瞬間に投資行動と関係のないことになります。
であれば、トレードに関するニュースですね。

Posted on 2013/08/16 Fri. 23:48 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  株式投資  長期投資 
TB: 0    CM: 0

16

猫の目相場で静かに広がる割安株物色 

猫の目相場で静かに広がる割安株物色

との記事が、日経新聞の電子版にありました。
一見すると、分かりやすい文章ですが、「長期投資」の観点から見ると、それは。。。と思える点がたくさんあります。
少し長くなりますが、記事の抜粋をチェックしてみます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 14日の東京株式市場で日経平均は上昇と下落を繰り返す方向感の乏しい値動きとなった。薄商いのなかで物色の主役を欠いたまま、振れ幅だけは大きい猫の目のような相場展開が日々続いている。
ただ、個別株の動きに目をこらしてみると、次の相場に備えて割安とみられる銘柄を物色する動きもじわじわと広がりつつあるようだ。
⇒次の、波を見据えて売買を行うのは、株式を利用した「トレード」であり、「株式投資」ではありません。相場に合わせることなく、常に優秀な銘柄を安くで買うこと。それが投資です。

「相場全体の方向感が出にくい時期だからこそ、中長期の投資収益を考えた銘柄探しはむしろやりやすい」。
⇒繰り返しますが、常に中長期を考えるスタンスに特化するのであれば、短期的な相場の都合は関係ないようになります。

だが、ベテラン証券マンからみると、その中でも「銘柄選択の手掛かりとなりそうな材料は、探せばまだたくさんある」という。
⇒ベテラン証券マンが探すのは、短期の売買に適する材料であり、資産形成と企業を応援する目的の株式投資ではありません。

  実際、この日も東証1部では関電工や前田建設工業など34銘柄が年初来高値を更新した。うち、この2銘柄はいずれも連結PBRが1倍を下回る。
⇒残りの32銘柄はどうなのでしょうか?残りはPBRが1倍超えです。なんて事態になれば、この記事は都合の良いところを切り取った、信用できない記事になのかも。。。

「安倍政権による経済政策の要諦は内需喚起策。建設需要や公共インフラの更新といったストーリーに沿って中期的な収益拡大が見込めそうな銘柄でも、株価が割安のまま放置されている銘柄は多い」と分析する。
⇒長期的な視点ではテーマやストーリーは、業績と連動性があまり無いのですが。。。

 14日に5%上昇し、7月の年初来高値まで一時あと10円強に迫ったジェイテクトなどは、割安銘柄の一例といえそう。7月末に今期の業績見通しを引き上げたが、通期見通しは上期の上振れ分を乗せただけの内容で、直近までは方向感の乏しい値動きが続いていた。13日にメリルリンチ日本証券が「再度の増額修正の公算が強い」として目標株価を14日終値より2割高い1600円に引き上げたのをきっかけに、業績の好調さに改めて注目が集まった格好だ。
⇒今期末だけでなく、それ以降も見通せることの方が大切ですね。

 バンクオブアメリカ・メリルリンチの8月のファンドマネジャー調査によると、日本株を今後1年間で運用基準より多く保有する「オーバーウエート」にしたいと回答した投資家の比率から、少なく保有する「アンダーウエート」にしたいと回答した比率を差し引いた値はプラス12%。7月の調査からは9ポイント低下したが、相場の方向感を左右する海外投資家の日本株への投資意欲がなくなったわけではないことがうかがえる。物色の流れが見えないからといって手をこまぬいていると、次の相場がやってきたときに乗り遅れるリスクもあるかもしれない。
⇒日経平均の話をしているのか、個別株の話をしているのか?外国人投資家のバックアップがあることは大切ですが、どの銘柄に投資するのかが、より大切です。


結局は、短期の話なのか長期の話なのか。個別株なのかインデックスなのか。この辺りが曖昧なんですね。だから、表面的には分かりやすい!でもよくよく考えると、何が言いたいのか?具体的にどうすれば良いのか?が分からない記事になるんですね。

Posted on 2013/08/15 Thu. 23:13 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  株式投資 
TB: 0    CM: 0

15

はた迷惑なニュース 

中国投資家、不安広がる 理財商品販社が営業停止

 7月末に営業を停止した中国江蘇省の企業から高利回りの「理財商品」を購入していた投資家の一部が7日、連雲港市で集会を開いた。市政府に救済を求めることを決めたが、事実上の破綻とみられることから資金回収は困難な情勢だ。規模は6000万元(約10億円)と大きくはないが、経済成長の鈍化や政府の監視強化で同様の事例が続けば市民の不満も高まるとみられる。
 また中国では破産法はあるものの日本などのようにきちんとした仕組みが定まっているわけではない。理財商品を扱う企業が次々と行き詰まった場合、当局が新たな対応を迫られる可能性もある。


 同社は20万元以上を投資する大口投資家を国内外の旅行に招待するなどして信用させ、連雲港市内で少なくとも400人以上から資金を集めていたもようだ。提示していたのは、銀行の1年物定期預金金利の上限3.3%を大きく上回る年15~18%の予想利回りだった。
 しかし7月27日夜、投資家に電子メールなどで「本日から営業を停止し、投資家への資金返済を一時中止する」と伝えた。同社は中国に無数に存在するノンバンクの一種。個人から高利回りで直接資金を集め、不動産開発など高収益が見込めるプロジェクトに投資する。国有銀行が貸し出さない中小の民営企業に資金を供給する「影の銀行」のひとつとして、中国で急激に増えていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そもそも、相手が信用できない世界で、嘘や隠し事を前提に商品を作っているのですから、投資でも何でもなく、単なるギャンブル金融商品ですが、理財商品に関しては、これからも一波乱も二波乱もありそうです。

 中国国内で対処してくれるのであれば、特に大きな問題にはならないのでしょうか、やはり騒ぎが大きくなると間接的には海外にも影響を及ぼし、リスクオフの雰囲気とともに株式市場にも影響します。

 個別株に投資し、長期投資を目指す個人投資家は、できるだけブレの少ない理論的な株式見通しが通用する株式市場を期待します。その観点からは本当に傍迷惑な話なのですが、嘆いても仕方ありません。
 市場がブレるということは、価値ある銘柄に安くで投資できるチャンスとも言えます。そう考えながら来る時を楽しみにして、指値水準を今から計算しておくことですね。
 
 このようなピンチ=チャンスはいつやってくるのか分かりません。その時に備えて、理論の確立と投資脳の構築に励みましょう。

Posted on 2013/08/14 Wed. 13:29 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資銘柄選択  長期投資 
TB: 0    CM: 0

14

経済指標諸々 

経済指標諸々

 長期投資には直接影響しませんが、銘柄選択などで参考にはできると思います。
 最近発表された経済指標とその感想です。

○日本 4~6月の機械受注6.8%増、7~9月見通しは5.3%減
    4~6月期国内総生産(実質GDP)が年率2.6%プラス、前期比では減速、市場予測からは下振れ
    物価の動きを示す指標の1つの、GDPデフレーターが前期比でプラスに転じた
    民間企業の設備投資、在庫投資などが下振れの主な要因
    名目GDP成長率が前期比・年率で2.9%成長


○ユーロ圏  7月の製造業PMI指数が、50.3と予想50.1を上回った。
       PMI総合指数は50.5と2011年8月以来の水準を回復、2012年1月以来初めて景気動向の分岐点となる
       50を上回った。
       ドイツの製造業PMI指数は50.7(前月比+2.1ポイント、2012年1月以来の水準を回復)
       フランス製造業PMI指数は49.7(前月比+1.3ポイント)
       イタリア製造業PMI指数は50.4に大きく改善(2年ぶりに50を上回る)
       スペインは49.8。ギリシャは47.0(+1.6 ポイント)

       6月のドイツの鉱工業生産指数は、市場予想を大幅に上回り、2011年7月以来最大となる
       +2.4%の上昇

○中国  7月貿易統計は、輸出は前年同月比5.1%増と6月の同3.1%幅に回復
     輸入も同10.9%増と6月の同0.7%減から大幅に回復
     貿易黒字は178億ドル(約1兆7,200億円)
     7月工業生産は前年同月比9.7%増(3カ月ぶりに上向いた)
     7月鉄鉱石の輸入量は前月比17%増の7314万トン(過去最高)
     7月社会消費品小売総額(小売売上高)は前年同月比13.2%増(6月より伸びが小幅鈍化)
     7月の新車販売台数は9.9%増(2カ月ぶりに1けたの伸び)


 取りあえず並べましたが、判断に迷う数値が多い気がします。
 ただし、直接悪化を示す物は少ないので、次にアメリカの量的緩和出口議論が本格化するまでは、ある程度落ち着いた市場になるのでは、と考えます。

 投資成果の優越に結びつくようなニュースではありませんが、市場が安定すると落ち着いて銘柄選択ができる効果が見られます。「市場のブレを気にするな!」と言っても、やはり気になるので、売り急ぎ、買い急ぎが出てしまいます。
 その点では投資に関するニュースと言えます。


Posted on 2013/08/13 Tue. 18:27 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

13

カカクコムのタイムラインは? 

カカクコムのタイムラインは?

 先日はIRをチェックしたカカクコム。業績はどうなのでしょうか・・・。

 もちろん直近の数値だけ見ても意味がありません。少なくとも5年程度の数値は必要となります。でなければ、良いのか悪いのか?どの水準が適正なのか?今後の方向性をどう考えるべきなのか?などの答えの指針が出てきません。
そのためには、業績タイムラインを作ってみること。そこで初めて見えてくるものがあります。

 早速タイムラインを作ってみました。いかがでしょうか。

 2371カカクコム_convert_20130813100934

 現在の状態に関しては、少し高めのPER以外何も言うことがありませんね。。。

 今後においては、この高いROEが維持できるのかどうか。その1点に尽きると思います。
 計算したところ、ROE40%が維持されるならば、現在の株価で買ったとしても5年で倍くらいの株価になる予定です。ここまでの動きが遅すぎたのでしょうか。

 良すぎて心配になる。そんな状態ですね。


Posted on 2013/08/12 Mon. 23:04 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

12

クックパッドのタイムラインは? 

クックパッドのタイムラインは?

 今や知らない人はいない(だろう)クックパッド。先日はIRを確認しましたが、業績タイムラインはどうでしょうか?さぞかし、良い数字が並んでいるのか?

 結果は以下のようになっています。

 2193クックパッド_convert_20130812120230

 悪くはありませんが、データが少なく不安定なところがありますね。
 PERやPBRもブレが大きくどこが適正値なのか。ROEも良いのは間違いありませんが、どのラインを目標に設定すれば良いのか?

 なかなかむつかしい判断になりそうです。
 少なくともこれだけのROEを設定して、それ以下になれば諦める。そんなスタンスになるのでしょうか。

 みなさんはどう思われますか?


Posted on 2013/08/11 Sun. 23:57 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

11

クックパッドのIR! 

クックパッドのIRは!

今や、20〜30代女性の80%以上が利用していると言われるクックパッド。そのIRはどうでしょうか。
メインのページはこれでもか!と言うくらいに、多くのレシピで埋め尽くされていますが、IRは比較的シンプルでした。

一番TOPに、サービス概要、事業戦略があり、ツボは押さえているな、と思います。個人投資家にとって、事業内容がわかりやすいものなのか、収益構造がしっかりとしているのか。これはだいじですから。そして、しっかりと利益を生み出しているのかですね。
この3つの原則はクリアしていると言えます。

過去の業績は申し分ありませんが、このペースが維持されるのかどうか、ここがポイントでしょう。
そのためには事業計画ごとの目標数値が明示されていれば良かったのに、と思います。

また、長期に渡って個人株主になり続けることのメリットは必要ですね。業績の良い企業からこの動きが起これば良いと思います。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は80/100点です。

Posted on 2013/08/10 Sat. 22:43 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  IR  株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

10

マクドナルド、純利益9%減へ下方修正 

マクドナルド、純利益9%減へ下方修正 13年12月期

 日本マクドナルドホールディングスは9日、2013年12月期の連結純利益が前期比9%減の117億円になりそうだと発表した。従来予想は10%増の141億円としていたが一転して減益見込みとなる。競争激化を背景に1~2月の販売が大幅に落ちこんだことや、円高是正の進行による原価上昇の影響を織り込む。

 売上高は10%減の2650億円(従来予想は9%減の2695億円)、営業利益は19%減の200億円(同2%増の252億円)とした。年間配当の見通しは前期比横ばいの30円とする従来方針を変えなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このニュースは単にマクドナルドだけの問題ではなく、大きな問題だと思います。
 と言うのは、昨年までと比べ、円高⇒円安、デフレ⇒インフレと明らかに経済背景が変化しているからです。
 簡易的にまとめると、安売りをその特徴とする中で業績を伸ばしてきた企業は、この経済背景の変化への対応を考えなければいけないからです。
 マクドナルド以外にも、100円ショップや安売りを仕掛けてきたスーパー、ディスカウントストアー、ドラッグストアーなど円高だからこそ成り立ってきた業種がたくさんあります。
 企業破綻などの話ではありませんが、利益成長においては大きなポイントです。

 今後は銘柄選びにおいて、この経済環境の変化を頭に入れ、それでも利益成長が出来る企業の見極めが大切となります。
 同じ業種でも、超輸入の企業もあれば、商社を通じて仕入れているところもあります。為替ヘッジをしているところもあれば、できていないところもあります。すべての企業がダメというわけではありませんが、やはり大きな問題です。

 銘柄選びにより慎重な判断が求められます。



Posted on 2013/08/09 Fri. 23:30 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

PERは株価収益率? 

PERは株価収益率?

株式が割安状態にあるのかどうか。株式投資の成功のためには、とても重要なポイントです。

これを判断する指標の一つにPERがあります。
株は基本部分(コア)の部分があり、そこから先を見越して売買される過程でコアよりも大きくなった価格がつけられます。このため、株式の割安さは表面的な株価の高低でなく、コアの部分からの膨らみ具合で判断します。つまり株価がコアな部分から何倍まで買い進められているのか?この考え方を利用します。

この考え方に基づいたものが、PERとPBRです。基本的には同じ考え方ですが、コアな部分を一株利益=Earningsとしたものが、PER。公式は株価÷一株利益。
コアな部分を一株純資産=BookvalueとしたものがPBR、公式は株価÷一株純資産です。
ちなみに、Pは株価=Price、RはRatio=倍率、比率です。

ここまでは全く問題ありません。
が、PERを日本語にした時におかしくなります。PERは日本語で株価収益率とされます。

おかしいところ
①率となった場合、単位は普通〜%ですね。しかし、PERは〜倍。
②RはRatioであり、Rateではない。Ratioに率の意味はない。
③同じ考え方であるが、コアな部分に何を利用するのか?だけが異なるPBRは、日本語は株価純資産倍率。つまり倍率になっている。

いかがですか?変でしょ。いつの時期か分かりませんが、初めて日本語に翻訳した人が間違ったのでしょう。であれば、直せば良いのに。。。

以上から私はPERを株価収益倍率と呼んでいます。みなさんも同じように正しい言葉を使うようにしませんか。

Posted on 2013/08/08 Thu. 23:25 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  長期投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

08

価格ドットコムのIRをチェック 

価格.comのIR

 価格ドットコムのIRをチェックしました。

普段は自分が利用する商品の比較に価格ドットコムを使っていますが、始めてIRページをチェックしてみました。
いつものページと同じところ、ですが送って送って送ったいちばんしたのところにIRへの入り口がありました。(これは仕方ないですね。)

企業の存在価値は、「複雑な情報を整理して、顧客に提供する」とうたっていますが、その通りの分かりやすいページでした。
月次情報も特徴ありでした。一般的には店舗数や売上を載せるのですが、ここは各サイトへのアクセス数。これが収益の源だからですね。

その他個人向け説明会の資料も何年分もあり、状況はよくつかめました。

あとは、これからの利益成長がイメージできるものがあれば良かったですね。ここまでは好業績ですが、今からが問題。イメージは欲しいですね。

また、コイン株主になった場合!と言うのはどうでしょう。過去のある時点で株主になり、長期株主であり続けた場合に、その人にとって持ち株は何株になっているのか?益利回りは、配当利回りは?収益率は?などをグラフにするのです。結構すごいことになっていると思うのですが。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は76/100点です。

Posted on 2013/08/07 Wed. 23:01 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  IR  本当の株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

07

利益確定売り、って? 

利益確定売り、って?

 少し相場が調子良くなった時に株価が下落すると「利益確定売り」が出たから。このような解説が日常的に見られます。
 改めて注目しないと気付きませんが、何か変なことはありませんか?

 まずは個別株の株価の動きにおいて利益確定売りが出るのはなんとなく理解できます。が、日経平均全体やTOPIXで利益確定売り?と思うのです。
 利益を確定するためには儲からなければいけません。また、現在のような他人任せのいい加減な相場においては、ある程度満足できる利益も似たようなものではないでしょうか?であれば、市場関係者の多くが同じ行動を取っていることを意味しているような気がして・・・。

 同じような時期に株を買って、同じような時期にもうそろそろと思って、同じような時期に売却をする。
 果たしてこんなことがあるのでしょうか。中には同じようになる場合もあるのでしょうが、相場を動かすほどの同じ動きが・・・それも多くの銘柄の集合体であるインデックスにおいて・・・。インデックスがどうであろうと上がる銘柄、下がる銘柄があります。それらをすべて含んで同じ動きとなるのでしょうか。

 また利益確定売りが出るということは儲かっているんですよね。。。であれば、記事で取り上げる度に儲かっている人がいるんですよね。記事の頻度を考えれば、相場関係者は今頃みんな大金持ち?そんな疑問もあります。

 まだあります。利益確定売りが出て、約定されると言うことは、買っている人がいるんですね。必ず。
 であれば、売りの記事ばかり見出しにせずに、まとまって買った市場参加者の意向は見出しにならないのでしょうか。日経平均安値局面でまとまった強気の買い!とか。たまには、株価が大きく下がった時に、こんな見出しがあればイメージが変わると思うのですが。。。

 ふと思った疑問ですが、やはり市場参加者の多くが同時に同じ思考を持って利益確定売りをしているのでしょうか?



 

Posted on 2013/08/06 Tue. 23:41 [edit]

category: ● 何か変!だと思うのですが・・・

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

06

国共済年金、株式・債券投資比率の変更検討 

国共済年金、株式・債券投資比率の変更検討=関係筋

 国家公務員共済年金(国共済年金=KKR)が運用ポートフォリオのアロケーションを変更し、株式や債券などリスク資産の比率を高める方向で検討していることがわかった。今秋をめどに変更案の詳細を取りまとめ、正式発表する見通し。

 今年6月には、世界最大の公的年金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式投資の割合を増やす決定をしているが、KKRによる投資方針の見直しはこれに続く動き。運用資産の大半を日本国債に投資している公的・準公的年金にリスク性資産の比率拡大を促す可能性もある。 7.5兆円の運用資産は「基本ポートフォリオ」と呼ばれるモデルに沿って運用されており、現行の基本ポートは80.0%が国内債券。
 一方で、国内株式の割合は5.0%にとどまっている。この他に外国株式が5.0%、短期資産4.0%、不動産2.0%、貸付金4.0%の割合で、外国債券はゼロ。
 今回の検討では「現在の国内債のウエートが高いポートフォリオは変更される方向」KKR資金運用部によると、同基金は原則として毎年基本ポートフォリオを見直している。関係筋によると、今回の検討では、昨年末以来「アベノミクス」がもたらした株式相場の上昇や円安トレンドの長期化なども踏まえて議論する。(ロイター)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これは株式投資にとって良いニュースですね。「投資」の立場からも良いニュースです。と言うのは年金資金はどちらかと言えば息が長い=あまり頻繁に売却をしないからです。

 大きなお金が入ってきても、相場をかき回わし、すぐに引いてゆく・・・。これではトレードの人には面白い相場になることはあっても、「投資」にとっては迷惑以外の何者でもありません。
 もちろん短期で張り合うのではなく、長期投資ですが、余りにも変動が大きいと適正な水準が分かりにくくなり、高値で掴んでしまった、なんてことが多くなります。

 公的なお金も「長期投資」を目指し、個人の金融資産も「長期投資」を目指す。
 その結果、
  良い銘柄はそれなりに値上がりする。
  下落圧力がかかった場合でも、割安と見た投資資金が株価を下支えする。
 このような、健全な日本株式市場が生まれることになります。

 そんな、社会が来るようにと願いながら、本日も株式投資の普及に務めてきました。

Posted on 2013/08/05 Mon. 23:38 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  株式投資  投資銘柄選択  個人投資家  長期投資 
TB: 0    CM: 0

05

ソニーは日本を代表する企業? 

ソニーは日本を代表する企業?

 ソニーの決算が好調!と伝えられています。ようやく長いトンネルから抜け出すことができるのか?やはり日本を代表する企業なのでその動きには注目が集まります。

 しかし、投資対象になるのかどうか?を考える際には、いくら日本を代表する企業だからといってイメージだけではいけません。過去の業績をしっかり調べどの程度のポテンシャルが見込める企業なのかのチェックは欠かせません。

 そこで、ソニーの企業業績タイムラインを作ってみました。

 6758ソニー_convert_20130805074715

 これだけ赤字が続くとちょっと・・・。
 これでは完全なるイメージ先行で日本を代表する企業とは・・・。
 リーマン・ショック後の円高がソニーを苦しめていたのか?
    ⇒いや、それ以前からびっくりするようなROEが・・・。
 ソニーの適正な株価はいくらだろうか?
    ⇒全くもって考えられない。このデータからは、合理的な説明が成り立たない。
     ここ数年のPER40倍は本当にその価値があるのだろうか?


 との残念な結果になってしまいます。

 このタイムラインを見た後で、「いやそれでもソニーを買ってみよう。」という方がおられたらぜひ対談してみたいものです。ソニーの何に期待をして、どの程度の収益を予想するのか?
 誰かおられませんか?



Posted on 2013/08/04 Sun. 23:25 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

04

為替変動と原価改善、北米の好調で純利益93.6%増 トヨタ決算 

トヨタ、2014年3月期 第1四半期決算を発表 / 為替変動と原価改善、北米の好調で純利益93.6%増


 トヨタ自動車は8月2日2014年3月期の第1四半期決算内容の説明会を実施した。
 第1四半期(4月~6月)の決算は、連結販売台数が前年同月比3万7000台減の223万2000台。売上高が7537億円(13.7%)増の6兆2553億円、営業利益は3102億円(87.9%)増の6633億円、純利益は2718億円(93.6%)増の5621億円となっている。販売台数が減少する状況での収益アップは、為替変動の影響が最も大きく2600億円、次いで原価改善の努力が700億円の増加要因としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本日のニュースはこれでしょう。
 トヨタ復活!ですから。今回の数値はリーマンショック前の最高益に迫るもの。良いか悪いか?と言うまでもなく、良いニュースです。さらに、トヨタの長期株主の方にとっては、我慢した結果のようやくの吉報です。

 もちろん、株価にも影響します。一時は3000円を下回っていた株価も6500円近辺に。07年には8000円をつけていましたが、この水準も見えてきたか・・・。との状態ですね。

 利益の内容はチェックしなければいけませんが、今回は為替差益と原価改善努力が挙げられています。為替差益は本業での利益なのか?おまけのようなものではないのか?そんな声も聞こえてきそうですが、僕としてはそれの企業の実力のうちと思っています。

 しかし、他の部分で強くなったと言えども、もし大きく円高になるのであれば、今回の利益の内、2600億円が無くなるのも事実。
 トヨタ株をこれから購入する方は、どんなことがあっても株主であり続け、トヨタを応援するのか。それとも好調なトヨタを前提に応援するのか?この区別が必要でしょう。

 後者の場合には、世界経済がかなり下押しし、販売台数が振るわなくなった場合、新しいタイプの自動車が登場・普及しているがトヨタが時流にまったく追いついていない場合、そして為替レートが92円になった場合など複数の損切りラインを設定する必要があります。

 株式は、その時になって判断するのではなく、初めから明確な目標を作っておく方が圧倒的に簡単です。人の心は流されやすいものなので、市場のブレに引っ張られますから。

Posted on 2013/08/03 Sat. 23:19 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  本当の株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

03

今月も乱高下!アメリカ雇用統計発表 

今月も乱高下!アメリカ雇用統計発表

 今月も雇用統計発表の日が来ました。量的緩和政策からの出口は近いのか?それとも遠いのか?
 注目される発表でしたが結果は、
  非農業部門雇用者数・・ +16.2万人(予想18万人)
  失業率7.4%(予想7.5%)
 となりました。

 雇用者数はちょっと期待倒れだが、失業率は良かった。そんなねじれ現象への判断が示すのは、発表後のドル円レートでしょう。

201308雇用統計後ドル円レート_convert_20130802230749

 一度は円安方向に振れましたが、すぐに円高に。その後、円安、円高と動いています。
 個人的には、若干ながら円高方向にこの後動くような気がしますが、果たして結果はいかに。

 
 毎月の決まり文句ですが、今日の為替レートは、そして雇用統計は、5年後の企業決算に影響しません。なので、個人的な楽しみ、趣味の世界で楽しむものであり、「投資」のニュースではありません。
 単なるトレードのニュースです。

Posted on 2013/08/02 Fri. 23:11 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。