02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

大阪で株式投資講座を開催します 

  株式投資をこれから始めようと思う方。
  これまで何度もトライしたが、うまくいかない方。
  株式投資は所詮ギャンブルでしょ、と思っている方。
  株式投資は危なすぎて・・・と思っている方。
  子供にはギャンブルでない株式投資を教えたいと考えている方。
 
  株式投資成功のカギは「売らない株式投資」です。この機会にメイクイット式株式投資をマスターしませんか。
  メイクイット式株式投資の基本スタンスは売らない株式投資、株式投資本来の目的である、株主としてともに成長する企業への投資です。買売買売を繰り返す「トレード」でなく、売ることは考えない「投資」にこだわると、株式投資ってなんて素晴らしいのだろう!株式投資ってこんな簡単だったんだ!そんな世界が目の前に開かれます。

  もうそろそろ買い売り、買い売りの不毛な繰り返しはヤメませんか。チャートは綺麗に忘れ去りませんか。テクニカル投資は株式投資とは別の世界のものだと思いませんか。本セミナーはチャートやテクニカル分析は一切登場しません。チャート分析などを希望される方は、本株式投資講座でなく、トレーダー養成講座を受講して下さい。

  「投資」にこだわる、株式投資の素晴らしさをこれからの豊かな生活に役立てる講座です。お気軽にご参加下さい。
 
 投資に最適銘柄一覧をお土産に持って帰っていただきます。



 日時 : 2013年4月29日(祝) 13:30~16:30 
 場所 : TKP大阪本町ビジネスセンター
      〒541-0053 大阪市中央区本町2-3-4 アソルティ本町
 参加費 : 3500円  ※ご夫婦・親子でご参加の場合は2人で4000円
       当日受付でいただきます。
 アクセス : 地下鉄御堂筋線「本町駅」徒歩5分・地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」徒歩3分
 主催者 : メイキット有限会社
 講師 : ファイナンシャルプランナー 山副耕一
 問い合わせ先 : info@makeit-fp.jp
 申し込み方法 : こくちーずのサイトをご利用下さい。(http://kokucheese.com/event/index/83149/)
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/31 Sun. 13:45 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

31

株式投資はそれほど怖くありません(4) 

株式投資はそれほど怖くありません(4)

 株式投資はリスクが高いでしょ。そんな怖いものに・・・。こんな声をよく聞きますが、ポイントを抑えればそうではありません。今回は第四回です。

 第三回は、8%位の収益があればOKと考えていたところに、「私のところに投資すれば15%ですよ。」とのお誘いがあったときの話でした。
 本来はBPS分の価値しかない株式ですが、たくさん収益が上がるのであれば、もう少し高いところで投資をしても、(その分利回りは下がるが)まだ投資価値があるな。そんな思考回路で株価が上昇していく。すなわち大きな利益を出すことができる企業は理論的にも株価は上昇していくんだ。そんな話でした。
 その時に利用した公式がPBR=ROE×PER。この式の中のROEが大きな利益を表す指標だということでした。

 今回は、式の中のもう一つの数値、PERについてです。
 PERは、株価÷EPS(一株利益)で表すことができます。利益を基準に利益の何倍まで株価が買い進められているのか?を表します。
 一般的にはこのように表現しますが、これを別の観点で見ると
 ・何年分の利益を先回りして買っているのか。
 ・一株利益が価値の基準となっている場合において、どれだけの過熱感があるか。
 ・それだけバブルが発生しているのか。
 ・投資家の思惑や期待がどの程度なのか。

 このようにも考えられます。すなわち利益という実態のあるものに対し、どれだけ市場参加者が期待しているのとの指標なのです。市場参加者の心の中を表す数字とも言えます。

 PBR=ROE×PERの左側のROEが企業の能力。右側のPERが市場の期待なのです。
 極端な話、企業が資本を使って利益を生み出す力がなくても(=低ROE)、市場の期待が高まれば、PBRは上昇し、株価が上昇するのです。

 このように、2つのまったく異なる要因の掛け算によって株価が決定されるので、株式投資は難しいのですが、もう一つ厄介な点があります。
 それは、右側の市場参加者の期待値の上昇は。根拠がある、すなわち、収益がたくさん取れそうだから、が原因となっている場合と、根拠など無いが噂や雰囲気だけで上がる場合があることです。
 人の心の中は読むことができないので、この右側の評価はとても難しいのです。

 ではどうしましょう。方針は2つです。
 ①どっぷりと右側に入り込み、飽くなき追求をすること。
 ②右側は忘れてしまい、見て見ぬふりをすること。
 中途半端はいけません、どちらかにすることがオススメです。私は①の追求の方法は詳しくありません。みなさまにお伝えすることはありませんし、できません。
 では②はどうでしょうか、実は②は非常に簡単なのです。長期投資とすること、企業の価値の増加に注目する「投資」の観点で投資すること。これだけで②は簡単に達成でき、なおかつ①が足を引っ張ることもなくなります。

 ①が株式投資の世界からなくなると、困るのは短期売買をメシのタネにする証券会社であり、記事を作ることができない経済雑誌です。このため、あたかも①が正解のような方向に世の中は誘導されていますが、②も立派な投資方法であり、簡単さやその成果では②のほうが優秀な投資方法です。

 いつまで①なのですか?そろそろ①は終わりにしてみませんか。
 株式投資が簡単で危なくないものに変わりますよ。


Posted on 2013/03/30 Sat. 10:05 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

30

パナソニック社長、プラズマ「撤退は最後の判断」 撤退明言せず 

パナソニック社長、プラズマ「撤退は最後の判断」 撤退明言せず

パナソニックの津賀一宏社長は28日に中期経営計画について記者会見し、課題になっているプラズマテレビ事業について「撤退は最後の判断だ」と述べ、撤退を明言しなかった。
「可能性はゼロかと言われればゼロでないが、我々はがんばれる限りがんばると決めている」と語った。
一方で、同日発表したの中期経営計画では2015年度(16年3月期)にテレビ事業全体の赤字をゼロにするとした。
プラズマを含めテレビ事業で「赤字の垂れ流しは止める」と改めて強調した。


 この記事をご覧になりましたか?
 テレビ事業の赤字を16年3月期にゼロにする・・・って、じゃあ、「あと3年間は赤字だから株主の皆様我慢してくださいね。」と言うことですね。
 これは天下のパナソニックが株主に向かって言うことでしょうか。会見のすべてを見たわけではないので分かりませんが、株主への言及はあったのでしょうか。記事からはないような気がしますが・・・。

 これでは、「投資」としてパナソニックの株主になることは到底できません。本日は株価が8%近く急落していますが、当然の動きです。
 パナソニックのまともな投資家は逃げていくことでしょう。そしてトレーダーたちが、何らかのニュースの度にパナ株を弄ぶ。そんな将来が目に浮かびます。

 一応、日本を代表する企業なのですから、赤字を垂れ流します!との会見をして欲しくなかったと思います。シャープに続きパナもか・・・と思うと残念です。

 
 トレーダーに、企業を選び、企業に物言うことは望んではいけませんが、個人「投資」家は社会も従業員も取引先も、そして株主も大切にし、リスペクトする企業を株式の購入との行動で選ばなければいけません。そして投資価値の無い企業には一切投資しない。そんな厳しいメッセージが必要であると考えます。


Posted on 2013/03/29 Fri. 10:04 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択  本当の株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

29

長期金利は最低記録を更新するのか? 

長期金利は最低記録を更新するのか?

 本日(3/28)の相場で長期金利が0.510%となり、ほぼ10年ぶりの金利となりました。預金金利ではないです、10年国債の金利が0.51%です。
 基本知識をまとめておくと、きんり(=正しくは利回り)が低下していると言うことは、債券価格が上昇していると言うことになります。市場関係者が債券を買いに走っているのです。または売る人が少なくなっているのです。
 株式市場が活況の今。インフレ傾向が見え始めている今。にわかに信じられない状態ですが、これが現実なのですね。簡単に言うとそれだけ日本は金持ちなのですね。ギリシャと比べることも失礼に当たるくらい金持ちということなのでしょう。

 ではそのお金はどこから来ているのでしょうか?これは0.43%と最低記録を更新した10年前の2003年6月11日頃の経済と比較すればよく分かります。

 当時の首相は小泉首相。相棒は竹中平蔵氏。このコンビで公的資金を金融機関に注入し、バブル崩壊後の失われた15年を必死で脱出しようとしていました。その最終工程が5月17日にりそな銀行に公的資金を入れたことです。このことからも分かるように不良債権処理は遅々として進まず、一言で言うと不景気でした。
 株価もリーマンショック前の日経平均安値が同年4月28日の7,607円でした。さらに2002年頃からはデフレスパイラルなる言葉も聞かれるようになっていました。
 そんな時に付けた安値に今迫ろうとしています。

 しかし背景は大きく異なります。当時は不景気、デフレ、株安がセットで進み、経済セオリー通りに金利が低下していました。ところが現在はいずれにも当はまりません。
 これは重大なポイントです。なぜなら、セオリー通りでない事象が極端になるとバブルの可能性が高まるからです。バブル最中は誰も困りません。特に大きな問題とはならないのですが、バブルが破裂したときが問題です。行き過ぎていた分、大きな揺り返しが来る可能性があります。
 日本銀行の金融政策によって、長めの金利も低くなるだろうとの思いがあってお金が集まっているのでしょうが・・・。しかし、客観的に見ればやはり説明はつきません。

 「投資」への影響は、ゆり戻しが生じた時でしょう。これまで債券買いに向かっていたお金が、堰を切ったように株式市場に向かう。そんな可能性がイメージできます。
 株式投資においては、できるだけ穏やかな市場の中で、徐々に株価が切り上がって行くことが理想であるため、悪いことではないのですが、できれば平穏に終わらないものかと思います。

 何れにしても、最低記録を更新するのかどうか、注目されますが、セオリー無視をとなっている分だけ、更新目前で転換していくと考えます。数ヶ月以内、早ければ数週間で答えが出ていることでしょう。
 記録更新の形での答えが出たときには、その備えも必要かも知れません。


 

Posted on 2013/03/28 Thu. 23:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資 
TB: 0    CM: 0

28

「日本の地域別将来推計人口(平成25(2013)年3月推計)」の公表 

「日本の地域別将来推計人口(平成25(2013)年3月推計)」の公表

 本日、気になったニュースは、人口に関するニュースです。

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は27日、2040年までの日本の地域別将来推計人口を発表した。少子化の進展に伴い、20年以降に全都道府県で10年に比べ人口が減少するとしており、前回予測(07年公表)の25年から前倒しした。高齢化に関しても、40年には全都道府県で65歳以上の割合が3割を超える見通しだ。

 となっています。その中でも気になったのは、
 1 2040 年の総人口は、約7割の自治体で2010 年に比べ2割以上減少。・・・2040 年の総人口が2010 年よりも多くなる自治体は80(全自治体の4.8%)。2010 年より少なくなる自治体は1,603(同95.2%)で、うち0~2割減少するのが433(同25.7%)、2~4割減少が785(同46.6%)、4割以上の減少が385(同22.9%)となっている。
 2 2040 年には、65 歳以上人口が40%以上を占める自治体が半数近くに。・・・65 歳以上人口の割合が40%以上を占める自治体は、2010 年の87(全自治体の5.2%)から2040年の836(同49.7%)に増加。50%以上となる自治体は、2010 年の9(同0.5%)から2040 年には167 (同9.9%)まで増加する。
 これらの、数値です。

 このように少子高齢化が進むと大変なことが高い確率で起こると予想されます。
 例えば、税収です。高齢化で年金や医療費の支出が高まりますが、それを補うだけの税収がなければ、財政は持ちません。
 また、国内の商業の維持も大変になります。人口が減ると、特に支出項目や金額が多い現役世代が減少すると、小売の売上はそれだけ減少することが想定できます。少しの減少ならまだしも、46.6%もの自治体が2~4割の減少です。果たしてそのような状態で小売店が成り立つのか??
 中には勢いのある分野も当然あるのでしょうが、そのような分野では労働力不足になる弊害もあります。(事務系の公務員は置いておき)現場で働く警察や消防、自衛隊などの公務員の維持も不安点です。

 ほぼ100%の確率で起こる少子高齢化は私たちの暮らしを大きく変えます。これが不幸せ!ではありませんが、現実の生活は変化させざるを得ません。
 将来の姿をイメージしながら、その対策を考えていくことが家計単位で求められるのでしょう。

Posted on 2013/03/27 Wed. 22:57 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

27

素直に喜べない、家計金融資産増加のニュース 

素直に喜べない、家計金融資産増加のニュース

  日本銀行が、資金循環統計の中で四半期毎に公表している「家計が保有する金融資産残高」の最新版が発表されました。

  これによると、昨年末時点で1547兆円と前年比3.1%増加。過去3番目の大きさに。株式や投資信託、外貨預金などの残高増加が目立った、とのことです。

 これは良いニュースですね。
 昨年末の12月にくらべると、一層円安、株高が進んでいるため、保有残高もより大きくなっているのではないでしょうか。
  この増加に伴い、消費が活発になり、景気が良くなり、給与が増えればベストです。アベノミクスのシナリオ通りに進んでもらいたいものです。難しいことは考えなくとも、花見の弁当や飲み会で注文するメニューを気持ち上質のものにするだけで良いので、みなさんもその一人となって消費を盛り上げましょう。


 ですが、今日のタイトルは素直に喜べない・・です。
 何が引っかかっているかと言うと、円安になれば海外の資産に投資する投資信託や外貨預金の評価額はほぼ自動的に上昇します。輸出の比率の高い企業の株価もほぼ自動的に上昇します。この上昇分が統計に反映しているのではないかと・・の危惧です。実際、日経新聞には、新たな取引を起こして買い増しした、「取引要因」は株式においてはマイナスであったと。。。
 株式はまだギャンブル的なものと見られ、まっとうな投資家は避け続けているのですね。。。

 株式投資の素晴らしさ、「投資」にこだわった時の良さ、シンプルさを伝えることはまだまだ達成できていないようです。

 ますますの奮起を促すニュースでした。

Posted on 2013/03/26 Tue. 12:12 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

26

高配当利回り銘柄を選択する理由 

高配当利回り銘柄を選択する理由

 3月末になると頻繁に登場する高配当銘柄についての考え方についてもう一度書いておきたいと思います。
 高配当利回り銘柄を積極的に取り入れることは、ダメな行動であるはまったく思っていません。価値のある行動だと思います。ただし、その前提として投資とトレードの違いを明確にしておかなければ、そして自分のスタンスをどうするのかを明確にしておかなければ、中途半端な役に立たないものとなります。

 まずはトレードの観点から見た高配当利回り銘柄に特徴について記載します。
 ①多くの市場関係者から注目される代表的な指標の一つであり、期末になると注目され値上がりするとのセオリーがある。→このセオリーを狙って短期的な利ざや稼ぎをする。
   →他の市場関係者がこのような思考回路をとるだろうと予測し、さらにその前から短期的な利ざや稼ぎのために、買いを入れる。
 ②とりあえず配当をとって、株価がとんとんになったところで売ってしまう。

 このような点でしょうか。①は要するに高配当であろうがテーマであろうがなんでも良いのです。人間心理に結びつけてその先回りをしようとしている行動ですね。批判はしませんが、その後はどうするの?永久にそんな行動を繰り返すの?もっと本業の仕事のことを考えればどう?と、正直なところ思ってしまいます。
 ②については堅実な利ざや稼ぎでよいと思います。しかし、私は金持ちである程度の金利が稼げると十分。リスクなど取りたくないし、それほど高い収益は必要ない、との恵まれた家計の人限定のような気がします。また、もうひと工夫すればもっと上手に高配当利回り銘柄を利用することができるのに・・・。とも思います。

 次は投資の観点で見ると
 ① 中長期的に高配当利回り銘柄の収益率は平均的な株式の収益率よりも高くなる傾向がある。
 ② 投資の醍醐味の一つである、「数年後に信じられないほど大きくなった私だけの配当利回りを見てニヤッとする。」ことへの近道となる。

 株式なんて買い売り買い売りを繰り返すものではなく、一度投資した銘柄は当初の前提条件が変わらない限り、持ち続けるものだ!との考え方を取るだけで、上記の①②のメリットを手にすることができます。ここに難しい作業も難しい理論もありません。ただし、単に配当利回りが高いだけでなく、将来にわたって安定した、ある程度高い収益を上げ続けることができる企業なのかどうか?の篩は必要になります。
 しかし、それだけです。

 みなんに特に注目していただきたいのは②です。どうせ株式投資を行うのであるのなら、預貯金にはない株式投資のすごい世界を体験して貰いたいと思います。その醍醐味の一つが、利益水準が企業の成長とともに大きくなり、これに伴い株価水準が大きく上昇し、配当金額も大きくなる。そんな企業の株主であり続けると、数年後の世界でネットに表示される配当利回りは、配当80円÷株価9000円=利回り0.89%、となっているが、私は数年前に株価800円のときに購入しているので、配当80円÷株価800円=配当利回り10%!のような状態tなります。

 このときには、売らない株式投資を完全に凌駕した、「売るはずがない株式投資」が完成します。10%の配当が手に入る資産を誰が売ってしまうでしょうか?

 この状態にできるだけ近づくためには、始めから高い利回りの状態でスタートした方が良いに決まっています。「投資」にこだわる株式投資において「高配当利回り銘柄を探す理由はこの点にあります。

 今年だけ配当をもらってサヨウナラ。これではあまりにももったいなく寂しすぎませんか?

Posted on 2013/03/25 Mon. 10:15 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

25

株式投資はそれほど怖くありません(3) 

株式投資はそれほど怖くありません(3)

 株式投資はリスクが高いでしょ。そんな怖いものに・・・。こんな声をよく聞きますが、ポイントを抑えればそうではありません。今回は第三回です。

 第二回のテーマは、なぜ明確に「これだけの価値がありますよ」と数値で表されている、BPS(一株あたり株主持分)を株価が下回ってしまうのか?について考えました。
 今回のテーマは、その反対。BPS以上になぜ株価は上昇するのか?です。「1000円の価値しかないですよ~」とはっきりと言ってるのに、1200円や1300円で買うという人がいるのです。よくよく考えると、株式市場にはお人好しと言うか、頭が少し・・・の人がいるのかとも考えられなくもありません。

 しかし、そんなことはありません。BPS以上に株価が上昇する理由があります。その理由がわかっていると、分かっていないのとでは、投資先企業選択において大きな差がでます。
 なぜ、株価は上昇するのか?その理由がわかっていれば、これに該当する銘柄を探せば良いだけになります。株式投資とはがむしゃらにするものでもなく、噂でするもでもありません。

 本題に入りますが、第一回でご紹介したPBR=ROE×PERがようやく登場します。ここでは、株式投資には必須の、B/S(バランスシート、貸借対照表)・P/L(損益計算書)の2つの財務諸表と株価の関係が登場するので、最大限簡略化した図を準備しました。

 ROE、PER、PBRの関係

 企業の純資産を一株あたりに換算したものがBPS、企業の利益一株あたりに換算したものがEPSとなります。ここに株価との比較を行うと、2つの財務諸表と株価の間で、三角形の状態になります。
 ①の辺、すなわち株価とBPSとの比較を行ったものがPBR。②の辺がPER。③の辺がROEとなります。お互いが関連しあっているので、PBR=ROE×PERの公式が登場します。

 何となくでもイメージが浮かんでいますか?PBRはROEとPERの掛け算で表わされるのため、PERが上昇する過程、すなわち1000円の価値のものが1200円、1300円で買われていく状態はROEが大きくなる要因は、掛け算の左右どちらかの数値、または両方の数値が大きくなっているからなのです。

 まず、左側。ROEから考えると。ROEとは株主から預託された資本を使ってどれだけの利益を上げたのか?との利益を生み出す能力を示しています。
 本来株式投資にはリスクが伴うため、投資家は少なくてもこれだけのリターンが無ければ、割にわない!と考える数値があります。これを資本コストと呼びますが、日経新聞によると約8%が平均的な資本コストの数値だそうです。投資家は株式市場に投資すると8%くらいは稼げるだろうとの思いで投資をしているのです。

 そんなとき、ROE15%となっている企業が登場するとどうなるのでしょう?
 8%あれば満足と考えていたところに、15%増やしますよ!となったのです。であれば、もう少し株価が高くても、高いところで投資しても、当初の目的であった8%は達成できるだろう。となります。ROEが20%ならなおさらです。そんなにたくさん稼げるなら少々高い株価でもペイできるぞ。そんな思考が繰り返されると、本来BPSの価値しか無かった株価が一人歩きをして上昇していきます。

 ただし、注意点もありますね。
 上記の話は、ROEが高い企業のみに該当する話しであることです。であれば、選択すべき企業は自ずと絞られてきますね。ROEが高い企業を選ぶ理由の一つがここにあります。ROEの低い企業を選んでおいて、株価が上がらない・・・と嘆くことはナンセンスなのです。理論的には当然の結果ですので。

 少々長くなったので、右側のPERについては、第4回に送ることにします。


 このように、株式投資を眺めると、ポイントさえ押さえておけ、ば難しくも怖くもないことがお分かりかと思います。

Posted on 2013/03/24 Sun. 07:51 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

24

株式投資の素晴らしさ 

株式投資の素晴らしさ

 ふと思ったのですが、株式投資の素晴らしに「永遠に続く」がありますね。人間は誰でも寿命があり、望み半ばで悔やみながら終焉を迎えることがあります。しかし、企業(特に上場企業)は余程のことがない限り、永久に活動を続けることが基本です。

 その過程で社長や役員や社員は代わっていきますが、企業の文化は脈々と引き継がれ、次の世代に渡されていきます。これこそ、人間がどんなに頑張っても成し得る事ができない企業の良いところです。人間のはかなさに比べ、永久に続くということは素晴らしいことです。

 そう考えると、株式投資においてのスタンスが見えてきます。
 ① 独自の文化を伝え続ける企業に、自分の人生を重ね、継承してもらう。このことが可能な企業を選択する。
 ② いつかは終りが来る人間よりも、株主としての寿命は企業の寿命と同じ期間、すなわち長いはずである。であれば、生きているうちに売ってしまおうなどと考えず、次世代にこの企業を選び、株主となった経緯を含めて引き継いでもらうことが、自分の人生哲学の継続につながることも含め、価値があると思うこと。
 ③ 人間には期間があるため、やりたいこと、挑戦したいことの夢半ばで終わることもあり得る。しかし、自分のしたい事を自分の代わりに行ってくれる企業の株主として存在すると、自分の夢は、それが叶うまで永遠に続くことになる、と考えること。

 私の想いを企業に託すとは、かなり、企業には重荷かもしれませんが、命ある人間の満足の一つの獲得方法として株式投資を考えることも、悪く無いと思います。

Posted on 2013/03/23 Sat. 22:48 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資 
TB: 0    CM: 0

23

株高で迎える決算期末 売るべきか売らざるべきか 

株高で迎える決算期末 売るべきか売らざるべきか

 3月末が近づくと、配当や優待の権利取得と株価に関連してタイトルのようなニュースをあちこちで目にします。 これは、東証1部の約80%が3月期決算であること、そして、配当や優待は、決算期末4営業日前の権利付き最終日時点で株主になっている人や企業に与えらることから起こっています。

 もう少し詳しく解説すると、権利落ち直前に株式を購入すれば、数日保有するだけで配当金や株主優待の権利を得ることができるため、年率換算すればかなりの高利回りになります。(率にすれば高くなりますが、額にすればそれほどではありませんが。)

 株価の動きに注目すると、配当の権利落ちは株価下落要因です。配当はもらったけれども、その分だけ綺麗に株価は下がるので意味が無い!と言う側面もあります。
 もちろん、配当以外の要因、例えばNY株高や円安などのパワーが上回っていれば、配当権利落ち要因をものともせず株価は上昇します。
 また、配当利回りの高い銘柄は、決算期末が近づくと株価が上がる傾向があることも事実です。


 このような背景があるのですが、売るべきか?売らないべきか?みなさんはどう思われますか?
 3/21の日経ネットには「相場全体がかなりの高値圏にあって近い将来値下がりする懸念が強いときには、配当取りにこだわらず早めに利食い売りしておくのも賢明な策といえます。それでも迷う場合は、持ち株の3分の1程度を利食い売りしておき、残りをしばらく保有し続けて様子を見るというのも有効な方法といえるでしょう。」との記事がありました。
 結局、株価はどうなるのかわからないので、難しいです。。と言うことでしょうか。

 しかし、明確なこともいくつかあります。
 ①配当が出たから、株価がどうこうだから、売るのか?売らないのか?その思考回路はトレードそのものです。
 ではトレードに答えはあるのか?トレードに答えはありません。なので考えても仕方ないのです。答えのないものを追いかけてみても仕方ないのです。
 考える価値が無い!と言うことが明確なことの一つです。
 ②投資は長きにわたって株主として企業を応援するものです。その一方で収益として配当や値上がり益を得るものです。であれば、配当が出たから売る、売らないなど考えることは、投資の精神とはかけ離れたものです。また投資のメリットや醍醐味は、数年後に、自分の投資金額と比べて信じられないくらい大きくなった益利回りや配当利回りを見てニヤッとすることです。
 その過程の一つにしか過ぎない配当の支払をわざわざテーマにすることは意味が無い。それも答えの一つです。
 ③結局、トレード(売買)は難しいが、売らない株式投資にこだわると、株式投資はとても簡単になる。迷う場面が圧倒的に少なくなる。それも明確なことの一つでしょう。


 

Posted on 2013/03/22 Fri. 21:09 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

22

優待制度はごまかしの安定株主獲得にすぎない 

優待制度はごまかしの安定株主獲得にすぎない

 確定申告が終わり、決算期末の時期が近づくと、配当や優待に関する話題が毎年毎年湧いてきます。
 20日の日経新聞にもあったように、安定株主としての個人株主を獲得するために各社知恵を絞っていると言うことです。その作戦の一つとして、株主優待の拡充が取り上げられていました。

 私見ですが、優待制度は否定をしませんが、それで安定株主?はちょっとずれていて、ごまかしにしか過ぎないのではないでしょうか。多分、目先の効果を狙うマーケティング的にはベターな方法なのでしょうが、レベルの低い投資家を相手にいているようで・・・。長期的な視点が抜けているようで・・・。もっとも大切な点の努力が抜けているようで・・・。

 僕の考える安定株主を獲得するための作戦は
 ・投資とはそもそも株主になって、長きにわたって企業を応援するものだ!との認識を、常識のレベルになるまで普及していく。(現状は、株式投資は買って、利食いするもの!の認識が一般的です。証券会社はこのスタンスを外すことができないのでしょうが・・・。)
 ・IRの目的の一つに安定株主としての個人株主の獲得を明確にする。もちろんそのためにページ内容も再検討する。
 ・もちろん、株式投資をする際にはIRをチェックすることを当然とする。「えっ、株式投資をするのにIRを見ないでしたの?マジですか?」の発言が日本中で行われるようになるように普及すると言うことです。
 ・売買でなく、投資としての株式投資の具体的な投資手法を広く告知する。

 このような地道な作業の繰り返しだと思います。これまで証券会社が長期間にわたって、株は売ってなんぼ!の意識を(個人投資家だけでなくマスコミを含めた)日本中に広めてきたのですから、これをフラットに戻すだけでも時間がかかって当然です。

 証券会社にこの作業を任せることはできません。IRの担当者から少しづつ意識の改革をしていかなければならないと思いますが、いかがでしょうか。

 

 
 

Posted on 2013/03/21 Thu. 06:54 [edit]

category: ● IR担当者のみなさまへ

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家  安定株主 
TB: 0    CM: 0

21

食品商社のオーウィルのIRは 

食品商社のオーウィルのIRは

 今投資するなればどの会社が良いのか?常にこれを考え、データ等を分析していますが、その候補先に挙がったのがオーウィル。食品の総合商社です。近年は比較的堅調な動きで、これが今後も継続できるのか?
 テーマはその辺りでしょう。

 社名の由来や、社長のメッセージなど、自社に自身があり誇りに思っていることが伝わってくるようなIRです。これから株主になろうかどうか検討している段階では大切なことです。
 株主への説明会などの資料も分かりやすくなっていました。
 上場来の期間が短いので、長いデータはないことが残念ですが、まあ仕方のない事ですね。

 希望を書くと、安定個人株主への誘導がもっとあっても良いですね。業績も良くなりだしていることですし、もっとアピールが必要です。
 
 
 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は 56/100点です。
 

 

 

Posted on 2013/03/20 Wed. 22:23 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

20

海外比率が多い企業は? 

海外比率が多い企業は?

 四季報CDROM版がamazonから届いたので、早速検索してみました。
 日本の経常赤字&金融政策とアメリカのシェールガスが気になって仕方なく、1年くらいのスパンで見ると1ドル100円は楽に超えた円安になると考えています。

 ではこのときに、これまでとはまったく異なる世界を見せてくれる企業はどこなのか?探してみました。
 らくらくスクリーニングの、事業構成>海外等比率と進んでいくと該当企業が表示されます。その中で50%を超えている企業を探します。
 もちろん、円安になったから棚ぼた的に株価上昇などは求めていないので、今の段階でも利益がしっかりと出ている企業を選びます。いくつかの指標が考えられますが、簡易的にROE10%以上で設定し、対象企業を絞りました。

 その結果、私の手元に残った企業は
 1963 日揮
 3659 ネクソン
 5108 ブリジストン
 6218 エンショウ
 6727 ワコム
 6833 電産リード
 7309 シマノ
 7846 パイロット
 8015 豊田通商
 9963 江守商事

 となりました。
 すでに株価が高くなってしまっている企業も数多くあるので、どの程度のPERまでなら許容するのか?どの程度の利益水準を見込むのか?この辺りのチェックが必要ですが、10銘柄の分散ポートフォリオと考えて、まとめて投資ることで、ハッピーな将来となる可能性も高いと思います。

 
 さまざまな経済へのイメージを銘柄選択で表現できることが、株式投資の良い点の一つです。まさに株式投資は芸術なのです。


Posted on 2013/03/19 Tue. 07:01 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家  四季報 
TB: 0    CM: 0

19

四季報がインフレ対象に! 

四季報がインフレ対象に!

 先日も四季報を取り上げましたが、私の手元にもamazonで注文した、四季報の雑誌版とCDROM版が届きました。
 その際、そう言えば、四季報がインフレ!だったことを思い出しました。簡単にいえば値上げですね。新春号が株式投資活況のため売り切れになりましたが、その対策として今回の春号は多めに部数を印刷するとのことです。であれば単価が安くなった分だけ値下げが欲しい・・・。本心はそんなところです。

 ちなみに値段は雑誌版が1850→2000円にCDROM版が6195→6980円なので、それぞれ8%と12.7%の値上げです。これは安倍&黒田チームが公約とした2%をはるかに上回っているではないか・・・。
 最大のライバルである日系会社情報は価格据え置きなので、この値上げは大きい。

 東洋経済新報社は、時代に先駆けてインフレの前例を作ります。四季報が先頭に立たなければいけないんだ!との思いです。また株式投資はほんとうに役立つものであれば、株価の上昇でこの値上げ分をカバーして下さい。いやできるでしょ。
 そんなところでしょうか(あくまでも私の想像ですが・・・)。


 どうせならうまく使いこなそう!と言うことですね。四季報はそれぞれのデータだけでなく、巻末に特集などを毎度やっております。(日経会社情報もですが。)
 今回の気になった特集をご紹介すると、①会社予想より四季報予想が強気の銘柄。②月別配当利回り銘柄。でしょうか。

 ①については、伝統的に会社予想よりも四季報予想が強気となることが多くあります。会社があまりよい業績予想を出してしまうと、・下請けにきついことを言えない。・給料を上げろと突き上げられる。・予想を下回ったときの株式市場からのしっぺ返しが怖い。などの事情がそこにはあります。そんなことはお構いなしの四季報は強めに出ることがある、そんな事情です。
 株価は常に次の決算を見据えて動きます。このため、業績予想は大切な数値となります。そんな裏事情を知っておくと何かと役立つでしょう。

 ②については、高配当銘柄は注目してよいと思います。特に配当性向の考え方を取っている企業については、しっかりと利益が出ているのに、株価は安い。そんな投資の最適時期を示すからです。但し、過去の配当でなく、予想値を使うこと、業績悪化の兆しが見えるものは排除しておくこと。このチェックは必須です。

 
 値上げに見合う四季報の利用をしてみましょう。
 
 最後になりますが、amazonで申し込むとCDROM版は定価より断然安かったです!本ブログの右の方で、amazonにジャンプできるようにしております。

 売り切れになる前に、今すぐクリックです!

Posted on 2013/03/18 Mon. 22:52 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  四季報  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

18

キプロスで預金へ課税! 

キプロス支援で合意 ユーロ圏財務相、銀行預金に課徴金

ユーロ圏は15日夕方から開いた財務相会合で、債務危機に陥った地中海の小国キプロスに最大100億ユーロ(約1兆2500億円)の金融支援を実施することで大筋合意したと発表した。支援の条件として、同国の銀行の預金者に対して最大9.9%の課徴金を徴収する異例の措置に踏み切る。
 ユーロ圏が金融支援を行うのはギリシャ、ポルトガル、アイルランド、スペインに続き5カ国目。弱体化した銀行部門を救済するほか、同国政府の財政も支援する。
 銀行預金に対する課徴金は国内外の預金者が対象。10万ユーロ超の預金からは9.9%、それ以下は6.75%の課徴金を1回に限って徴収する。
 課徴金の詳細な仕組みは公表されていないが、18日は銀行が休業するため高額の預金引き出しはできないもようだ。19日朝に銀行が営業を開始する前に、預金者の口座から課徴金が差し引かれているという。預金が最大で1割目減りする計算だ。ギリシャ支援ではギリシャ国債の保有者に借金の棒引きを強いたが、銀行預金者に直接負担を求めるのは初めて。国民の反発は必至だが、同国の経済規模は小さく、ユーロ圏の景気には大きな影響はないとみられる.



 恐ろしいニュースです。いわゆる資産税というものの一種ですね。これをある日突然実行されると、身動き取れないので。
 だからこそ、預金封鎖に備えよ!との書籍関連がよく売れるのでしょうが・・・。

 では日本はどうでしょうか?永久にとは言えませんが、当面はこのようになる可能性はゼロに近いと思います。キプロスと日本との違いを考えると、キプロスはギリシャの影で長きに渡り、本当にアップアップしていた、という点が違います。大変そうだ、将来どうするのか・・・そんなレベルではなく、目の前のお金がなかった。そんな状態です。目の前のお金がないのに将来など考えられない。そんな状態です。
 各指標にもこれが表れていて、例えばCDSと呼ばれる商品の価格は12年末時点で、ギリシャ4,265、アルゼンチン1,450、キプロス1,081(単位はいずれもBP)と世界ワースト3位に入っていました。同時期日本は82ですから雲泥の差です。但し、アメリカやドイツの42に比べれば日本もほめられたものではないことは知っておくべきです。

 あと気になるのは、今回は預金だけに対する課徴金となっていますが、現金保有の場合や債券保有、株券の保有、投信などの受益証券の保有の場合はどうなるのでしょう?有価証券でも、金融機関の預かりにしていると取り扱い的には預金と同じように扱うことは可能ですし。
 最近は海外での資産保有も申告が必要になって、考えようによっては外国銀行での口座もダメなのか・・・とも。

 何れにしても、分散投資、あり得ない金利が高いものに飛びつかない、仕組みがわからないものに飛びつかない。このような原則を再確認することですね。
 その意味でも、シンプル、高利回りの株式投資は重要です。

 自分のポートフォリオを再確認し、バランス良い運用としましょう。

Posted on 2013/03/17 Sun. 22:16 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

17

会社四季報の上手な使い方 

会社四季報の上手な使い方

 3月15日は会社四季報新春号の発売日です。もう入手されましたか?前号は株式市況の活況で売切になってしまいました。ご希望社はお早めに(本ブログから直接amazonに注文できます!)

 この四季報、僕の中では「四季宝」まさにお宝の一冊です。
 しかし、多くの方は買ってはみたけれど、どこをどう見て良いのやら・・・。さっぱり使い方がわからない、これならネットを見たほうがいくらかマシ。保管場所はとるし、持ち運びは重いし・・・。と思っておられることでしょう。

 確かに利用方法がわからなければ、ただの本なのでしょう。一度、利用方法を書いた本やセミナーなどを受けてみればいかがでしょうか。
 オススメは??これが非常に難しい。というより、まともな使い方を導いてくれるものに出会ったことがない・・・。と言うべきでしょう。
 その理由は、投資とトレードと投機を区別せずに話を始めるからです。そもそも、投資ポリシーがない方に利用方法を教えても何の意味もありません。四季報がまずあるのでなく、投資方法を確立させてから、四季報を使って具体的な行動に入る!これが正しい姿です。
 もう一つの理由は、四季報は長期や中期的な視点から行う株式投資には威力を発揮しますが、短期的な売買にはまったく役立たないことを明確にしていないことです。それどころか、筆者や講師自体が短期売買的な要素をプンプン匂わせながら四季報の話をしている。
 僕から見れば、まったくの無駄な時間とお金です。

 繰り返しますが、四季報は長期的な視野で「投資」に適する銘柄を探すときに、その力を最大限に発揮し四季宝となります。
 本ブログの、投資にこだわる株式投資の過去のログなどで是非勉強をし、これと並行して四季報を利用するようにしてみましょう。

 勉強後、必要と思った場合はブログ右下の方にある、四季報注文ボタンから注文して下さい。

 

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:11 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  四季報  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

16

3ヶ月で日経平均は27.15%上昇!厳選高配当銘柄は!!! 

3ヶ月で日経平均は27.15%上昇!厳選高配当銘柄は!!!

 日経平均株価は大きく値上がりし、なんと3ヶ月で27.15%も上昇しました。

 一方、時を同じく12月14日時点の配当利回りに注目した長期保有目的の「投資」対象銘柄をスクリーニングし、12月18日にブログにアップしました。まだまだ途中経過ですが3ヶ月後の結果をアップします。

高配当企業121214の3ヶ月後


 いかがでしょうか。
 後出しジャンケンと言われるのも嫌なので、アップしておいたのですが、まあまあの途中経過となっています(本当は鼻高々です。)
 同期間の日経平均株価は27%に対し、予定利回り5.1%の高配当利回り銘柄の上昇率は40.02%の上昇!!でした。もちろん短期の利ざや狙いのポートフォリオではないので、高配当利回り+将来的にも長く付き合える企業として業績チェックを行なっています。
 ただ、プロ顔負けの気合の入った調査・分析などしておりません。ほんの僅かなチェックをかけただけの結果です。

 株式投資なんて難しいものではなく、ほんの僅かな勉強で誰でも日経平均株価に負けないポートフォリオを作ることができます。
 その際のヒントは、「株式投資は利益確定売りをしてなんぼ!(関西弁でスミマセン)」の世界から抜け出すことです。そう教えこまれてきた幻想から目を覚ますことです。
 「株式投資は売らない(=売るわけがない)」の観点に立ち長期的視野で銘柄を厳選することで、これまで聞かされてきた株式投資の世界とはまったく異なる世界が見えます。

 「株は売ってなんぼ!」の常識から抜け出しましょう。

Posted on 2013/03/15 Fri. 05:36 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

15

しまむらのIRは? 

しまむらのIRは?

 しまむらの株主になることは価値のあることなのか?近々話をする予定なので、しまむらのIRを確認してみました。直近の業績は、超が付くほどではないのですが、好調に推移しています。
 
 ではIRはどうでしょうか?
 ファナックに続き、評価の難しいIRでした。
 冒頭の経営理念には「株主のために適正な企業業績を維持する」とあり、良かったです。月次もあり売上や利益の推移はよくわかりました。

 しかし、株主説明会などの情報はなく、今後の戦略はわかり難い・・・。
 これは、単に細かなIRにするつもりがないのか?それとも、個人株主はそんなことを知る必要はないと言いたいのか?どうせわからないだろと言いたいのか・・・

 とにかく寂しすぎて判断ができない・・・これが感想です。


点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は 48/100点です。

Posted on 2013/03/14 Thu. 23:28 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

14

株式投資はそれほど怖くありません(2) 

株式投資はそれほど怖くありません。(2)

 株式投資はリスクが高いでしょ。そんな怖いものに・・・。こんな声をよく聞きますが、ポイントを抑えればそうではありません。
 いくつかのポイントがありますが、今回は
 PBR=ROE×PERを使ってみましょう。慣れないうちは用語自体が難しいので、この解説から行うと。
 
 と言うことで、前回はPBR、そしてBPSの解説をしました。今回は次の段階を考えてみます。


 簡単に言うとBPS(一株あたり株主持分)は株式の価値を示していました。そこにお金が貯まるのか貯まらないのかは別として、価値が金額で表される、魔法の貯金箱で言えば、貯金箱自体の材料費となります。
 本来明確な価値のあるもの、そしてそれが数値で表されるものはそれ以下の値下がりはないはずです。100万円相当のダイヤが埋め込まれたロレックスは、たとえムーブメントが壊れてしまっても100万円で取引されるはずなのです。もちろん、しっかりと動いているのであれば尚更100万円を下回ることは考えられません。
 これをPBRに当てはめると、PBRは一倍を下回らない!となります。ここからPEBは株価の安値水準を測ることができる数値と言われます。

 しかし、現実はこれを下回っているケースが多く見られます。今回はその理由を考えてみましょう。
 いくつかの理由がありますが、
 ① 価値があることはわかっていても、とても買う気になれない経済環境である。
 ② あくまでも帳簿上の価値なので、その帳簿自体が信じられない。要するに粉飾決算の疑いがある。
 ③ 粉飾までは言わないが、簿価と時価の差など帳簿上の価値が株式の価値に結びつかない。
 ④ 来期以降に大きな赤字の可能性があるので、BPSが小さくなることを想定している。

 現実は厳しい見方をしています。理論的なものとの乖離はどのように考えればよいのでしょう?
 これは銘柄によって異なる、となります。
 ①はピンチであり、チャンスである時期ですね。市場の雰囲気に合わせるのか?理論的なこだわりを優先するのか?真っ暗闇の中で株式を買うことはとても勇気のいることなのですが、データや理論を根拠にして株式投資を行うべきです。そのための勉強が本ブログです。
 ②の粉飾決算に関しては、その疑いのない銘柄を探すことで、この乖離は解消できます。怪しそうな銘柄は一切触れない。「投資」に必要なポイントです。
 ③は確かに否定できません。が、最近の流れは簿価会計から時価会計への移行となっています。帳簿上の価値が実際の価値に近づいていっていると考えて下さい。
 ④は、そのような疑いのある銘柄を徹底的に排除することで、このリスクを解消することができます。

 他力本願でなく、銘柄選定をしっかりと行うことで、BPSは自分の投資しようとしている銘柄の価値を示す!と言うことができます。

 
 株価がBPSを下回る状況にある理由は掴んでいただけたかと思います。では次になぜPBRは上昇していくのだろうか?そんな疑問が生じませんか?
 明確に1000円の価値の商品ですよ~との触れ込みで売られている商品に、「私は1200円で買います。いや私は1300円で買います。」と言ってる状態と同じです。単純に考えると変ですね。
 この思考過程で登場するのが、PBR=ROE×PERです。

 ここでようやくROEが登場しましたが、前置きが長くなってしまったので、続きは次回とします。
 
 

 

Posted on 2013/03/13 Wed. 23:22 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

13

ようこそ、メタンハイドレート 

ようこそ、メタンハイドレート

 本日のビッグニュースはWBC侍ジャパンの一位通過、もありますが、やはりメタンハイドレートの実用化がトップニュースでしょう。

 まずは記事を抜粋すると次のようになっていました。
 
 海底に眠るメタンハイドレートから天然ガスを取り出す試験生産に世界で初めて成功した。これは、エネルギー資源の大半を輸入に頼る日本には、新たな国産資源の確保の道となる。米国は新型天然ガス「シェールガス」の開発で、資源大国へ変貌を遂げており、日本もメタンハイドレート開発をテコに資源外交を有利に導くカードを手にする可能性も高まってきた。
 「わが国周辺の資源を活用できる時代が来るようになると思っている」。茂木敏充経済産業相は12日の会見で、メタンハイドレートの開発についてこう期待を表明。菅義偉官房長官は会見で「資源のないわが国にとって本当に歓迎すべきだ」と強調した。
 現在、日本が自前で生み出せるエネルギーは水力発電が中心で、エネルギー自給率は4.8%(平成22年)と極めて低い。エネルギーの大半は石油や液化天然ガス(LNG)など輸入した化石燃料だ。東京電力福島第1原発事故後の原発の稼働停止で化石燃料への依存度が高まっているだけに、ガス産出の成功の意義は大きい。


 本当にその意義は大きいと思います。莫大な費用を費やしても、もっと早く開発すべきであったとも思うほどです。
 アメリカはシェールガスの本格的な生産によって、その姿を変えようとしています。アメリカの足を引っ張る双子の赤字(財政赤字と経常赤字)。この大きな要因の貿易赤字の約半分はエネルギーの輸入によるものです。17年にはアメリカ国内でのエネルギー供給はすべて国内で賄うことができるとも言われています。となると貿易赤字は大幅減どころか、少なくとも半減。エネルギーを輸出に充てることができるのであれば半減以下になることも十分考えられます。
 また国内でのエネルギー価格の低下や新興国での人件費高騰を受け、製造業のアメリカ国内回帰の動きが見られれば、雇用や景気の回復につながるでしょう。
 この影響は為替レートに出ると考えています。これまでとはまったく違う世界が表れます。であれば、弱くなる一方の日本の要因と併せ、1ドル125円はもちろん、それ以上の円安も十分可能性があると考えています。

 で、振り返って日本です。現在の状況が続けば、日本の頼みの綱であった、いやこれまでの繁栄の蓄積であった経常黒字、対外純資産、個人保有金融資産がどんどん減少し、弱い日本となる姿が目に浮かびます。暴落でなくともなだらかな衰退は避けられそうにありません。
 その日本を復活させることができるニュースが、メタンハイドレートだと考えます。現在アメリカで起こっていることが、数年後の日本なのです。

 
 では、株式投資に置き換えると。
 日経平均があーだこうだ、ではなく、個別株の動きをこのサイトでは注目しています。であれば、企業によってその影響が異なる。これが正解となります。業績の良い企業、企業の価値を積み上げていく企業。これをひたすら追い求めるだけです。しかし、まったく関係がないわけではありません。エネルギー価格が安くなると多くの企業で経営環境は改善されます。その結果利益が増える企業の割合が高くなります。
 投資先企業を厳選することが成功への近道ですが、その可能性が高くなる。失敗する可能性が低くなる。そんな間接的な効果は期待できると思います。

 個別企業への厳選投資においては間接的なニュースでも、日本復活には今度も注目したいニュースです。


Posted on 2013/03/12 Tue. 23:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

12

株式投資はそれほど怖くありません(1) 

株式投資はそれほど怖くありません。(1)

 株式投資はリスクが高いでしょ。そんな怖いものに・・・。こんな声をよく聞きますが、ポイントを抑えればそうではありません。
 
 いくつかのポイントがありますが、
 PBR=ROE×PERを使ってみましょう。慣れないうちは用語自体が難しいので、この解説から行うと。
 
 ○PBR
  公式 ・・・ 株価 ÷ 一株あたり株主持分

  一株あたり株主持分の意味 
 ・・・ 魔法の貯金箱に例えると、一株あたり株主持分は、貯金箱の箱自体の価値。すなわち貯金箱の原材料の価値となります。
 単なるガラスの貯金箱とダイヤが埋め込まれている貯金箱はどちらの値段が高いですか?もちろん後者ですね。
 別の例では、、普通のロレックスとダイヤがついてるロレックスのどちらが高いですか?もちろん後者ですね。このように考えると、箱自体の価値が高ければ高いほど貯金箱の価値は高まります。
 また、100万円相当のダイヤが埋め込まれている貯金箱の値段は、少なくとも100万円以上することもお分かりになりますね。
 株に置き換えると、株式自体の価値が一株あたり株主持分で表され、明確な数値で示されます。(各株式毎にその価値が異なっています。)そして、どんな場合でも株価は株式自体の価値を上回っている。となることがお分かりですね。100万円相当のダイヤが埋め込まれているロレックスは、カバーが割れていても、動かなくなっても100万円の価値がある。これと同じです。

  PBRの意味 ・・・ PBRは公式のように、株価を一株あたり株主持分で割ったものです。本来の貯金箱自体の価値と売っている値段を比べたとき、どの程度の開きがあるのか?どの程度株価が高くなっているのか?これを示します。
 大きければ、本来の価値に対して株価が高騰している。小さければそれほど割高にはなっていない。このような意味合いになります。
 また、100万円のダイヤの埋め込まれたロレックスは壊れていても100万円の値段がつくことと同じように、株価が本来の株式の価値を下回ることは考えられないので、少なくとも1倍以上になっている。とも考えられます。

 別の観点から考えると、いくら100万円相当のダイヤが埋め込まれたロレックスでも、壊れていれば値段はほぼ100万円。すなわちPBRは1倍程度にしかなりません。
 しかし、100万円のダイヤが埋め込まれたロレックスでも、生産個数の少ない貴重な形のモデルは、PBR1.3倍の130万円や1.5倍の150万円。ときには2倍の200万円になります。PBRは株式自体の価値が大きく影響しますが、それだけではないのです。
 それだけではない部分に注目して、ちゃんとしたロレックスを選べば、150万円で購入したとしても、ダイヤだけの価値である100万円には値下がりしない。そんな理論が株式にも当てはまります。高いPBRでありつつける限り、大きな損失は生じないのです。

 では、一株あたり株主持分以外に注目すべきところはどこなのか?これを示すものが、冒頭にご紹介した、PBR=ROE×PERです。

 次にROEの解説が必要ですが。。。話がまだまだ長くなるので、分割して次回にご紹介することにします。次回をお楽しみに。


 


 

Posted on 2013/03/11 Mon. 09:24 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

11

新進気鋭のMonotaROのIRは 

新進気鋭のMonotaROのIRは?

 最近日経新聞にもよく登場するMomotaRO。新しい業態で業績を伸ばしている注目企業です。これまではネット注文ともっとも無縁と思われていた(失礼があればお許し下さい)、建設現場、中小工場などのでの間接資材。簡単に言うと軍手、ガムテームなどをネット通販してしまおう!と。
 しかし、軍手だけではありません。駐車禁止標識付コーンやメスシリンダー、超ニッチ市場で使われるだろう数々・・・なんと200万点が準備されていると言われ、工事関係でなくとも楽しくなるページです。事務用品や自動車関連商品も多く準備され、一般個人でも使いたくなるものがたくさんあります。

 そんな新しい業態を反映してか、ネット通販の普及が反映してか、企業努力が反映してか、すべてなのでしょうが業績はうなぎのぼり。将来有望な企業です。

 IRは月次資料や説明会資料など充実していて見やすいものでした。また、以下のように業績の一覧もダウンロードできるようになっており、数秒の作業で簡単にチェックができました。

 monotaro損益一覧


 とりあえずは合格かなと思いますが、改善点もまだまだあります。
 例えば、業績のダウンロード部分。すでに12年12月期の決算発表が終了しているのに、データは11年まで・・・。11年などは最終利益欄が何故かデータなし・・・。どうせならきっちりとして欲しいですね。
 また、お知らせコーナに「きぎょまな」へのインタビュー記事が掲載されていましたが、このような内容こそトップにどんと据え、投資を検討している個人へアピールすべきものでしょう。内容は非常に面白いので1コーナーに隠してしまわなくても・・・。そしてインタビューでなく社長や営業担当役員が発信すべきことでしょう。

 あとは、マーケットの大きさと既存顧客数との比較や進出予定の海外市場の状況などを出してもらい、将来も伸び続けることができる企業なんだ、とのアピールがあればよかったのでは。
 有望な企業だけに、糊代はまだまだある。そんなIRでした。


 点数は

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は、56/100点です。

Posted on 2013/03/10 Sun. 08:19 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

10

まだまだ健在、雇用統計 

まだまだ健在、雇用統計

 2月分のアメリカ雇用刀剣が発表されました。
 結果は驚きの非農業部門雇用者数が前月比23万6000人の増加(予想16万人の増加)、失業率は7.7%(予想7.9%)となりました。
 アメリカ経済は底堅いかなと思っていましたが、これほどまで雇用者が増えるとは・・・。ビックリです。
 最近言われ始めたのが、アメリカ量的緩和政策の後退です。失業率が6.5%までは続けるとバーナンキ議長は言っているので、そこまではやめることはないのでしょうが、徐々にその力を緩めていくとの見解が見られます。もちろん景気が良いが上の後退なので、大きな心配はありませんが、これまでとは環境が大きく変わることは間違いないので、その影響は注意深く見ていく必要があります。

 また、これに付随して為替レートも大きく動きました。実は秋口までは雇用統計、及びその結果としての金融政策が為替レートに大きく影響していたのですが、123月ころからはテーマが完全に変わってしまった。金融政策はそれほど大きな影響を持たなくなっていると思っていました。
 ところが、実際は次のように1円近く変動しました。
 
 201303雇用統計後ドル円

 いつも垂直チャートの登場です。ただし、あまりにも予想との差が大きかったので、そのインパクトで買われたことも考えられます。雇用統計の為替レートへの影響がどの程度あるのかは、4月まで待つ必要がありそうです。
 今のところはそう考えています。


 為替レートは、コアの部分がないので正しい、間違っているの判断ができない。シーソのようなバランスの問題なので、対米ドル相場であれば日本側とアメリカ側の両面をみる必要がある。注目テーマが数多くある。最注目テーマは突如変わっていく。投機筋の影響が大きい。政治の影響を受ける。など株式に比べ非常に複雑な決定過程となります。
 僕は好きで見ていますが、「投資」においては逐一レートの変化を追いかける必要はありません。のんびりと構えていて下さい。

Posted on 2013/03/09 Sat. 08:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

明らかに変調、連続経常赤字 

明らかに変調、連続経常赤字

  日経平均株価がリーマンショックまえの水準を回復!とのニュースがありましたが、そして、これからの雇用統計の発表もありますが、僕が気になったは経常赤字。
 1月の国際収支速報で、経常収支が3648億円の赤字となりました。これで11月から3カ月連続の赤字です。赤字の原因は、貿易赤字の拡大。海外への投資で得た配当・金利や収益の所得収支が黒字を維持しているので何とか黒字でしたが、それも限界。経常赤字が続いています。

  経常赤字が続くと、為替相場への影響があります。もちろん円安方向への影響です。今の日本経済円安が良いのでしょうが、日本が弱すぎることの円安は良くありません。
  そして、もう一つの影響が日本国債の消化への懸念です。日銀の出動などがあると考えられるので、すぐに国債がデフォルトするとは考えていませんが、良くないことは確かです。

  ただし、潮目はもう変わってしまっているのでしょう。この段階からは株式も積極的に利用して、いかに自分の暮らしを守るのか。そんなことを考え始めなければいけない時代です。

Posted on 2013/03/08 Fri. 22:25 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

08

ダウ平均最高値更新! 

ダウ平均最高値更新

 アメリカの株式市場が好調です。5日の取引で、2007年10月以来となる最高値を更新しました。まずは、おめでとう!です。
 思えば。2007年はサブプライム問題が勃発したした年でした。年初ころからBNPパリバの商品がおかしい、おかしいとの声があったのですが、日経平均に直接影響があったのは8月17日。日経平均は一日で874円も下落しました。また為替レートも円高に動き、一時間ごとに午後の相場では1円ずつ動いていました。
 当日は証券会社で研修をしていたので、よく覚えていますが、新入の営業マンが「信用取引の追証の連絡をしなければ・・・。損をしている顧客にさらに追加資金を振り込んでくれ・・・。そんなこと言えるのかよ?」と嘆いていて、研修どころではありませんでした。

 ただし、その後アメリカ市場は急回復。10月には高値更新となりました。ここで安心したことが、翌年のリーマン・ショックにつながったのかな・・・、と今は思っています。リーマン・ショックも大変でしたが、サブプライムのように数ヶ月我慢すれば何とか乗り切れると。

 では、日本はその当時の水準にまだ届かず、アメリカは更新している。その理由を考えてみましょう。もちろん複数の理由がありますが、
 ①QE1~QE3にかけての徹底的な金融緩和策があった。
 ②円高とドル安。
 ③そもそもROEの水準が違う。
 ④景況感がそれほど悪くない。

 このようなものだと考えます。純粋に拍手を送るべきです。また、反面的に見ると、日本もこれらの環境が整うと株価大幅復活の可能性があるということです。
 この内、①②は安倍&黒田コンビが強力に推し進めてくれることを期待しましょう。④は人口減の日本では大きな成長は無理なので、地味でも悪化さえしなければよいと、割り切ることです。
 となると問題は③です。ここからは日本全体と個別株に分ける必要があると思います。日本全体でROEが低い事実は直視しなければいけないことです。しかしこれをどう改善するのか?
 改善は、無理ではないでしょうか。景気が爆発的に良くなっても、です。構造的なものもあるし、意識もあるし・・・。だから日本株は魅力がない。将来性がないという声も聞きます。しかし対応策はあります。

 それは日経平均を無視して、個別株のみを見つめることです。日経平均全体のROEがアメリカ並みになることは考えられませんが、アメリカ並み、それ以上のROEをたたき出している企業は数多くあります。その企業を選択して、投資することで十分対応可能なのです。

 縮みゆく日本だからこそ、厳選が必要である。そんな局面なのです。



Posted on 2013/03/07 Thu. 23:44 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

07

必見!ファナックのIR 

必見!ファナックのIR

 超優良企業ファナックのIRを見てみました。これは必見です・・・。

 良い意味での必見なのか?悪い意味での必見なのか・・・。実は判断がつかないのです。
 私もへそ曲がりなところをたくさん持っていますが、ファナックにはかないません。新興の歴史のない、よくわからない企業であればふざけている!となるのですが、天下のファナックですし・・・。

 具体的な内容の話をすると、一枚もののページで、細かなものは何もないのです。私が見たのは一部で、本当はしっかりしたIRがあるのかと何度も探しましたが、無いのです。もし他にあるのであれば、見つけた方は是非教えて下さい。そのときはこの記事を潔く訂正します。

 一年程度の短信がある程度で、本当に何もなく、詳細はこちらをクリック!と東証のページに振っているほどです。

 これが、ファナックらしさ、差別化だと言われると変に納得してしまいそうです。しかし充実していないことも確かです・・・。

 
 初めてなのですが、点数は無し、とします。
 私の能力の限界を超えたファナックのIRでした。

Posted on 2013/03/06 Wed. 17:19 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

06

円安水準訂正時の株式投資の世界 

円安水準訂正時の株式投資の世界

 先日、円安水準が訂正された場合、そのときの株式投資を取り巻く世界を考えてみる時期に来ていると、ご紹介しました。
 日揮の例を使い、具体的に検証してみます。

 例えば、基準となるBPS1150円、ROE15%・配当性向25%を連続して出し続けると、5期後(実質4年間)のEPSは264円になります。日揮の過去のPERから今後の動きの幅を高、低それぞれ20,10倍とすると、株価は次のグラフのように推移します。

日揮株価レンジ

 5期後の中間予想株価は、ほぼ4000円です。
 
 しかし、来期、その次の期と円安が進み仮に30%利益が上方修正されると(日揮の発表している想定為替レートと、円安時の上昇幅予想から具体的な計算が必要ですが、利益率から判断すると120円の水準で、41%増となります)、その後のROE等は変わらない場合でもグラフは次のように変わってしまいます。

 日揮3割増の場合

 修正後は5期後の中間予想株価は、ほぼ7000円となります。
 4000円が7000円に修正?そんなことがあるのか?現在の日揮の株価が2558円なので、修正前の収益率は11.83%(年複利)ですが、7000円であれば28.62%となります。

 これが夢物語であれば、大きな夢を持っておられるのですね・・・、で終わるのですが、実現可能性の高い将来の姿なのかなと考えていますし、十分考えられます。なので、良い意味で将来の姿を見つめてみるべき時なのです。もちろん、予想通りにならなかったときの対処も考えなければいけませんが、将来の為替レート水準の変化による試算をしてみるべきときです。

 円安になるので、とりあえず買っとけ!そんなことではありません。ギャンブル的に円安を利用しようとも考えていません。理論的に考えたときの結論なのです。


 今日は京都での勉強会ですが、こんな計算をみんなで議論していると1時間半はすぐに経ってしまいます。
 運用のプロでなくても、10時間程度「投資」にこだわる、「メイクイット式株式投資」を学習すると、これくらいの計算はできるようになります。残念ながら、手当たり次第にトレードを仕掛ける場合には使えない計算ですが。 
 このような株式投資の学習をしてみませんか?

Posted on 2013/03/05 Tue. 20:55 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

予想外のなでしこ銘柄選出!大同特殊鋼のIR 

予想外のなでしこ銘柄選出!大同特殊鋼のIR

 昨日ご紹介した、なでしこ銘柄にはローソンや資生堂などの当確銘柄が外れ、意外な銘柄として大同特殊鋼が選出されました。ROEも重視しているとの事だったので、昨日は予想ROE、および直近5年間のROE平均も掲載しました。が、大同特殊鋼はこれといって目を見張る成績はありません。
 東証が考える高ROEはこの程度なのかと思いましたが、もしかしてIRなど、株主への情報発信は非常に素晴らしいものがあるのかも・・・。そんなことでIRをチャックしてみました。

 総評では、んんん・・・普通。か、普通以下かな・・そんな面白みもメッセージ性もないIRでした。せめて、なでしこ銘柄に選出されたのだから、プレスリリース欄に掲載し、アピールでもすれば良いのにそれもありません。折角のチャンスをミスミス逃したようで残念です。

 具体的には、良いのか悪いのか?わかったようなわからないような?IRでした。一応のデータは準備されているのですが、ただ数字が載っているだけ。
 14年までの中期計画も載っていますが、各目標として利用した指標、及びその目標数値の根拠がわからず、ほんとだから何?と言う感じです。

 これでは、株主が将来を共にしようとの気はおこりません。これから株主になろうかと検討をしている人も夢を持つことができないでしょう。
 
 IRもだめ、業績も悪い、今期は減益予想。なぜそんな会社を入れたのでしょうか?東証関係者にも?が付くIRでした。



点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は、40/100点です。

Posted on 2013/03/04 Mon. 22:47 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

04

なでしこ銘柄の行方予想 

なでしこ銘柄の行方予想

 2月28日、東証と経産省がなでしこ銘柄を決定、発表しました。
 選定基準はROEが高く、女性を積極的に登用する企業。ですが、さらに、誰にでも馴染みのある企業、1業種1銘柄なども考慮されているとのことです。
 女性の積極的な登用とは、具体的には、女性のキャリア促進と、仕事と家庭の両立サポート。となっていて、女性役員数の数では逆転現象が起こる企業も・・・。
 また、ROEが重視されたことも特徴の一つでしょう。

 具体的な企業名は、マルハニチロホールディングス、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、東レ、花王、住友ゴム工業、旭硝子、大同特殊鋼、住友金属鉱山、ダイキン工業、日産自動車、ニコン、東京急行電鉄、KDDI、豊田通商、ファーストリテイリング、三井住友フィナンシャルグループの17銘柄。
 一方、ローソンや資生堂が当選確実と言われながら選ばれませんでした。

 選択基準に高いROEとなっていたので、具体的にどの程度なのか確認してみました。

 なでしこ銘柄

 まあ、めちゃくちゃ悪いものは入れてないのでしょうが、これで高いROEと言われても・・・、との中途半端な選択基準ではないかと考えます。もちろん女性の力は素晴らしいものがあり、企業としても男性・女性のそれぞれの良いところを上手に活用していくべきだと思います。このため、定性的情報も重視すべきなのですが・・・。

 
 17銘柄に単純に投資をした場合、今後どのように株価が動いていくのか?その気になる結果は数カ月後のキリの良いときに、確認・ご紹介していこうと思います。
 

 最後に、なでしこ銘柄に対する評価ですが、現在、この顔ぶれと業績等を見ると、長期的にはTOPIXとほぼ連動、短期的にはTOPIXに10%程度負けるのではないかと予想します。
 外れるとかっこ悪いのですが、後追いで評論ばかり述べているのは良くないので、現在のところの予想を出しておきました。



 

Posted on 2013/03/03 Sun. 23:10 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

03

給与6%アップのJINメガネのIR 

給与6%アップのJINメガネのIR

 給与6%アップ!ローソンに続き、給与を引き上げる企業が表れました。メガネ販売で勢力を伸ばしているJIN(ジェイアイエヌ)です。
 どんな形でも、上げられる企業は給与を挙げることに賛成です。これからもどんどん続くとよいですね。
 もちろん給与を引き上げるためには、それなりの利益を出していなければいけません。JINは増益修正発表もしています。当面の業績には問題はないのでしょう。

 
 IRを見ますと、これまでのメガネ屋とは観点が違うんだ!イノベーション満載なんだ!そんな企業で、これから先もイノベーションを続けますよ!そんな思いがビシビシと伝わってきます。株主となる企業の成長とともに、自信の資産価値も上昇していくことが「投資」です。その意味では、企業の成長は無くてはならないメッセージであり、ここが充実していることは点数アップに繋がります。

 情報的にも月次の売上を公表しており、増収傾向の確認ができ安心感が持てます。また、2月より単元株を1000株から100株に引き下げており、ひとえに個人株主が応援してくれやすいように、そうするんだ。とのメッセージも良かったですね。(その裏には様々な作戦があるのでしょうが、ここでは触れずにおきましょう)

 一方、タイムレコードが少ないことで困難な状況となったときの減益度合いが分かり難いこと。短信以外の決算補助資料が無かったことが、心残りです。
 生産拠点が今は中国にある。中国リスクを考えてその度合を減らしていってる、そんな一文が短信の中にあったのですが、実際にどの程度の割合の変化で、どの国に委託しているのか?その辺りも知りたいなと感じました。

 

点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は、84/100点です。

Posted on 2013/03/02 Sat. 05:10 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。