12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

上方修正、株価上昇のSMKのタイムライン 

上方修正、株価上昇のSMKのタイムライン

 先日、上方修正のニュースだけで飛びつくのは、「投資」でなく「トレード」ですよ。とご紹介しました。
 本当に投資価値があればもちろん上方修正は最上級の良い知らせとなります。しかし、そもそもの業績が悪く、今後長期的に見たときに購入対象とならないのであれば、単なる短期売買のネタでしかありません。

 と言うことで、SMKの業績タイムラインを作成してみました。結果はダメの一言ですね。良い時もありましたがTop10に入れるようなものではありませんし、安定もしていない。おまけに業績の上方修正があっても、赤字幅が減少しただけとあっては、株主になろうとの思いが生じる要素はどこにもありません。

6798SMK.jpg

 噂やニュースだけで飛びつくのではなく、しっかりと検証をしてから投資をするようにしましょう。そんな当たり前のことが再認識させられるタイムラインでした。
 それすらしていないのに、株式は損してばかり、株なんて・・と言うのはやめましょう。


スポンサーサイト

Posted on 2013/01/31 Thu. 11:35 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

31

株式「投資」クラブin京都のご案内 

株式「投資」クラブin京都のご案内

2月5日(火)19:00~21:00
京都駅前ビックカメラ北側のキャンパスプラザ京都で勉強会があります。
今回のテーマは「オリエンタルランド」。
オリエンタルランドの株主になれば、私達に夢を与えてくれるのか?夢だけでなく優秀な資産であるのか?そんな議論をしてみたいと思います。

 ファイナンシャルプランナー向けの勉強会ですが、一般の方も受講できます。ご興味のある方はブログ画面右下のメールフォームからお問い合わせ、お申し込み下さい。

Posted on 2013/01/30 Wed. 06:39 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

30

第二回 株式「投資」クラブin大阪のご案内 

第二回 株式「投資」クラブin大阪のご案内

第1回はトレードや投機でない株式投資について、株式投資を必要としている時代背景などの話をしました。第2回は具体的な「投資」としての考え方、選択基準について話を続けます。
第二回からの参加も受け付けています。
「投資」としての株式投資を勉強してみたい!という方は、ブログ画面右下のメールフォームからお申し込み下さい。


第2回テーマ 第四章 PERの考え方
      第五章 益利回りに注目
      第六章 一株利益が大きくなる銘柄の選択方法
      第七章 配当に関する指標の利用

日時 ・・・ 2月12日(火) 19:00~21:00
会場 ・・・ FPサポート関西セミナールーム408号
      〒550-0014大阪市西区北堀江1丁目1番7号 四ツ橋日生ビル408号
会費 ・・・ 2000円

Posted on 2013/01/30 Wed. 06:31 [edit]

category: ● セミナー情報

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

30

業績選別 鮮明 

株、業績で選別 鮮明

 1/29の日経新聞にあった記事です。第三四半期の決算がどんどん発表されていますが、業績をもとに銘柄選別がなされているとあります。ここでの業績とは、単純な良い、悪いよりも当初のものよりも上方修正なら買い、下方修正なら売りということです。
 上方修正銘柄として紹介されているのが6798SMK(スマホ向けコネクター製造等)、6727ワコム(ペン入力タブレット等)、6755富士通ゼネラル(エアコン製造等)、8628松井証券(ネット専業証券)。
 下方修正銘柄は、8036日立ハイテク(計測器等)、6954ファナック(工作機械等)、6594日本電産(精密小型モーター)、6506安川電機(インバーター等)です。

 根拠のない噂や思惑で株式が売買されている場面が目につきますが、業績をもとに売買の決定が行われている場面も数多くあるんだよ!株式はコアとなる業績がまずあって、そこに調整が加えられて株価が決定する仕組みなんだよ!
 そんなことが実感できる「投資」にとってとても役立つニュースです。今後も、キャノン、ドコモ、ホンダ、みずほFG、野村HD、三菱地所、全日本空輸、パナソニック、三菱商事など注目企業の決算が目白押しです。もし、今選択肢に入っている銘柄があるのであれば、または保有中の銘柄があるのであれば、毎日や毎週は株価・業績をチェックする必要はありませんが、四半期に一度程度はIRをチェックして、公表される短信や修正の報告などを見るようにして下さい。

 
 とここまでは、「投資」に関するニュースとして見てきましたが、「投資」のためには欠けている観点がまだまだあります。業績修正だけを理由に売買を行うことは「トレード」でしかないとも言えます。業績を「投資」のニュースとして利用するためには、もう一弾踏み込む必要があります。

 まずは、そもそも業績発表がある前に成長が期待できる銘柄だったのか?それとも減益基調の銘柄だったのか?のチェックです。業績上方修正組の中でも発表前の予想は、SMKは減益どころではなく赤字予想。ワコムは絶好調、富士通ゼネラルは13年は大幅な伸びだが14年は減益予想、松井証券はほぼ横ばい、のようになっていました。「投資」として捉えると、例えば、SMKはEPSベースで16.84円の赤字から情報修正しましたが、それでも2.81円の赤字のため、とても長きに渡って株主であり続ける選択肢とはなりません。上昇修正による短期的なトレードのネタになったにすぎないのです。
 一方、ワコムは上方修正がなくても成長銘柄として視野に入っていた銘柄となります。単なる修正での売買は「投資」の顔をした「トレード」要因なのです。

 もう一つのチェックポイントは、下方修正の場合に、自分自身が設定した範疇を超える修正なのかそれとも想定内の修正なのかの違いです。
 例えば、日立ハイテクは減益修正発表前は、EPSのベースで前期103.7、13年3月期146.9、14年160.0の予想でした。この数値は8%強のROEが達成できていれば到達できる数値です。もし日立ハイテクに少なくとも7%のROEを求める設定での投資としていた場合には、今回の発表でこのラインを切ることになるので、売りの検討に入ることになります。しかし、とりあえず日立ハイテクが好きなんだ。だからROEが5%程度あれば株主であり続けるんだ!それで十分なんだ!との前提で株主となっていた方にとっては、最低ラインをギリギリクリアしているため、関係のないニュースとなります。

 そうです。それぞれの株主にとって前提条件が違うため、下方修正があったから機械的に売ってしまおう!とはならないはずなのです。下方修正自体をネタにして、売り材料とする思考は「トレード」の思考です。このような発送をする方が多いので、実際に株価が下がることは間違いないのでしょうが、長期的な視野で見た場合、今日一日の値上がりや値下がりは関係なかったとの結果になることも往々にしてあります。

 いかがでしょうか。「投資」の観点から見る株式投資は「トレード」の観点から見る株式投資とは大きく異なっているのです。

Posted on 2013/01/29 Tue. 20:20 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

29

「スマホ相場」幕開け 

「スマホ相場」幕開け

 日銀の金融政策決定会合が相場の方向性を変えた「実績」があるかどうかを振り返ると、金融緩和が下落への転機になったことは1回だけだった。2%のインフレ目標の導入と追加緩和を決めた22日の会合だけは「材料出尽くし」との見方もあるが、まだ本格的な上昇相場は始まったばかりかもしれない。
 今回の特徴はスマートフォンを利用した取引の増加。勤務時間中にすきを見て価格をチェックし、注文を出せるのが便利らしく、従業員に精勤を求める企業は対応に困りそうだ。



 日経新聞の中に気になる記事があったのでご紹介します。
 本筋は日本銀行の金融政策決定会合の結果が相場を変えることがあるのか?でしたが、気になったのは後半部分です。スマホ相場?そんな言葉はあまり聞いたことがありませんが、これも時代の流れでしょう、世の中はスマホでの注文が多くなっているようです。

 株式投資の方法に正解はありませんが、本格的にスマホ相場が一般的になることは日本にとって悪い状況です。スマホ相場が一般的になりつつある状況を分析すると、

 ①パソコンが小さくなり、電話機能が付いたものがスマホと考えると、パソコンから単純に置き換わったようですがやはり操作性や動き出してからの敏捷性はパソコンには負けません。となると、デイトレーダーが移ってきたとは考えられません。
 ②じっくりと投資銘柄を選別し、投資価値が出ると思う自分だけの指値を決定し買い注文を入れる、「投資」のアプローチにおいてはスマホを利用する価値はありません。売買の伴わない情報収集の段階であればスマホも威力を発揮しますが、それではスマホ相場なる言葉は生まれません。
 ③スマホを使うということは、瞬時に変化する短期的な相場に参加する必要がある、相場を追いかけなければいけない状況だと推測できる。
 ④記事中にもありますが、金融関係以外に本職を持っている方が勤務中に行なっている可能性がある。

 となります。これらを総括すると、
 ①②③から短期的相場を追いかけるトレードにどっぷりと使っているが、デイトレーダーほどはっきりとしていない。すなわち「私が行なっているのは投資です。」のような顔をしながら、実際はトレードをしている可能性が高い。「投資」と「トレード」を混同することは、株式投資の成功の観点からも、もっとも良くない状況であるが、この状況になってしまっている可能性がある。
 ④株式投資は、ご主人の収入、奥様の収入に続く3本めの柱として行うべきであるが、勤務中に株式投資を行うことは順番が逆転してしまっている。これではすべての柱が中途半端になり、ろくなことがない。

 このようなことが推察できます。個人にとってもよくありません。投資結果に対してもよくありません。しかし、個人、投資結果が集約されて日本の姿になっていくため、日本にとって良くないのです。

 スマホ相場なんてとんでもないことだと天下の日経新聞がはっきりと書かなければいけないと思います。証券会社の顔色を見ずに、日本のため「ダメ」と書いて下さい。


 

Posted on 2013/01/28 Mon. 10:55 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

28

ハイディ日高の予想株価 

ハイディ日高の予想株価

 ハイディ日高のIRをチェックしました。その結果、業績は非常に安定していて良いものであることがわかりました。しかし、何となく良い、ではいけません。もう少し細かいところまで、そして現在だけでなくその推移をチェックして具体的な状態をつかむ必要があります。

 ハイディ日高の業績推移は次のようになっていました。
7611ハイディ日高タイムライン

 伸び、安定感ともなかなかナイスです。株価(=市場からの評価)は結構ブレていますが、企業はブレていない。こんな企業が「投資」の狙い目です。もちろん、良い物が安く買えるからです。

 この一覧を基に今後の投資前提を考えてみました。最大PERは15倍、最小8倍、最小PBR0.9倍、ROE15.5倍としました。この前提さえクリアできるのであれば、どの程度の株価の上昇が予想できるのかが次のグラフです。

 7611ハイディ日高予想利益

 数年間で1000円程度の値上がりがあっても当然、との結果になりました。15%のROEさえキープできれば投資対象としては申し分ないと思います。ただし、現状でPERが上限値にかなり近づいてきているので、割安とは到底言えません。この辺りが検討課題ですね。

Posted on 2013/01/27 Sun. 23:56 [edit]

category: ● 企業業績タイムライン

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

27

外国人投資家注目のハイディ日高のIRは 

外国人投資家注目のハイディ日高のIRは

先日のブログで、外国人投資家が積極的に買いをいれていることをご紹介しましたが、その時に登場した企業がハイディ日高。IRはどうかなとチェックしました。

データーもしっかりと準備され、株主へのメッセージや配当方針なども分かりやすく書かれていました。関東にしか店舗がないので、行ったことはありませんが、オススメメニューなどもわかりました。営業利益率のライバルは餃子の王将、サイゼリア!決算説明会の資料にあったのですが、実名が出されて良かったですね。

財務ハイライトで業績が良いことは分かります。IR面からも株主になっても面白いかなと思えました。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は88/100点です。

Posted on 2013/01/26 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

26

日本電産初減配の今後は? 

日本電産、純利益89%減に 初の減配

 日本電産は、13年3月期の連結決算が前期比89%減の45億円になるとの見通しを発表しました。
これは大変なことです。株主にとっては売るべきか持ち続けるべきなのか?これから株主になろうとしている人は、会を見送るべきなのかどうか?
 悩ましいところですが、詳細がわからなければ判断の仕様がありません。早速IRをチェックしました。
 すると次のような文章がアップされていました。


修正の理由
当社グループの主力事業であるパーソナルコンピュータ関連、デジタルカメラ関連、液晶パネル製造装置関連等の製品は、第3四半期半ば以降急激な需要の減少に見舞われ、第4四半期も引続き厳しい状況が想定され、昨年10月に業績予想を公表した時点の想定を大きく下回る推移となるものと予想しております。当社は、このような厳しい事業環境に即座に対応し早期に収益性の回復をはかるべく第3四半期後半より収益構造改革の立案と断行を進めており、第4四半期にも構造改革及びその他調整関連費用の計上が想定されることになりました。
 この結果、下半期における連結売上高及び営業利益が10月時点の見通しを大幅に下回る見込みとなりましたので通期連結業績予想を修正致します。


 急激に業績が悪化しているのだな。さらに構造改革費用を計上するので市況以上に業績が悪化するんだな、と言うことがわかりました。
 でも、構造改革費用って具体的には?
 と言うことで、ニュースもチェックです。


 日本電産は24日、2013年3月期の連結純利益が前期比89%減の45億円(従来は500億円)になるとの見通しを発表した。スマホなどの普及を背景に、主力のパソコン向けHDD用モーターの販売が落ち込む。収益悪化を受け、生産能力の削減など400億円の構造改革費用を計上。1988年の上場以来、実質的に初の普通配の減配に踏み切る。
 同日記者会見した永守重信社長は「世界的に生産体制を見直し、来期の収益のV字回復を目指す」と強調。海外工場の再編を進め、HDD用モーターの生産能力を3月末までに3割削減し、月4000万台に引き下げることを明らかにした。最終赤字は08年10~12月期以来となる。


 なるほどと思いますが、もう少しわかりやすくなる記事はないのか?と、他のニュースをチェックすると永守社長のインタビューがありました。もちろん目を通してみます。


 同日会見した永守重信社長は「ノートパソコンがタブレットとの競争で需要が減少し、(HDD)部品の内製化工場で大きな稼働損が出る」としたうえで、「やり過ぎかなというぐらいの改革で、(構造改革費用の計上を)1回で終わらせることで収益の早い回復につなげる」と話した。一問一答は以下の通り。
 ――今期2度目の下方修正となる。
 「10月の4~9月期決算発表時にはここまで市況が悪化すると思っていなかった。パソコンやカメラ、液晶関連など近年、収益のけん引役となっていた分野の受注が激減した。特に昨年11月くらいから注文のキャンセルが出るなど顕著になった」
 ――HDDの需要動向はどうみているか。
 「13年は12年より2000万~3000万台少ない年5億5000万台程度にとどまるだろう。その需要にあわせた生産体制にする。今の生産能力は月6000万台あり、工場の再編や集約で25~30%削減する必要がある」
 ――400億円の構造改革費用の内訳はどうなっているのか。
 「工場の移転など現金流出をともなうのは40億円程度で、残りの360億円程度は固定資産や棚卸し資産の減損など現金流出をともなわないものだ。分野ではHDD用モーターの220億円、電子・光学部品の120億円が中心となる」
 ――構造改革による収益回復の見通しは。
 「四半期ベースで営業利益200億円に戻すことが急務だ。1~3月期は(構造改革費用を除いた)実力値で165億円程度だろう。12年10月から始めた利益率向上プロジェクトでは社内から10万件を超える提案が出てきている。構造改革の効果に加え、1~3月で50億円、4~6月期でさらに50億円程度上積みできるとみている」
 ――3カ月前の会見では事業環境がこの先どうなるかわからないということだったが、いまはどう見ているか。
 「霧が晴れたというより、これからはこういう市場の変動が日常茶飯事になるということだろう。また(市場が)戻ってくるのではないかという思いをもってやるのではなく、何かあれば体制を縮小し、必要であればもう一度拡大するといったフレキシブルな対応をする必要がある。今回の設備減損についても社内で保守的過ぎるといった反対意見もあったが、これがグローバルで競争する企業の経営のやり方だと判断した」

 
 これでかなりわかってきました。ただ電産としては減産などの対処はするが、市場自体が回復するのか?パソコンからタブレット等への動きが止まらない限り、そう簡単には増益は難しいかもしれないな。

 そんな思いを巡らすことができる、投資に密接するニュースの数々でした。

 
 経済の世界です。減益もあるかもしれません。そのときにどれだけニュースが伝わってくるのか、大切な点です。その点今回はすぐに状況がつかめました。
 永守社長のインタビューもIRにアップされるとより良いですね。(著作権などの問題があるのでしょうが)

Posted on 2013/01/25 Fri. 23:18 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  本当の株式投資  IR  株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

25

株高を演出、外国人投資家は何を買ったのか 

株高を演出、外国人投資家は何を買ったのか

 海外投資家(外国人)の買いが、この2カ月間の日経平均株価の上昇を演出している。東京証券取引所が24日発表した1月第3週の投資部門別株式売買動向で、外国人は10週連続買い越した。この間、外国人が買った銘柄を調べると、小型の業績が堅調な内需銘柄にも物色の矛先を向けていることが分かった
 日経平均が上昇を始めた2012年11月15日以降、金融庁に提出された大量保有報告書から、外国人が買った銘柄を調べた結果、外食チェーンのハイデ日高やホームセンターのナフコ、自転車小売りのあさひ、100円ショップ経営のワッツ、個別指導の明光ネットなどで海外投資家の保有比率上昇が目立た。主力株に目が向かいがちだが、個別企業の成長性や財務内容に着目した小型株にも投資妙味がありそうだ。


今や日本の株式市場で大きなシェアを持つ外国人投資家ですが、ヘッジファンドのイメージから、投機を仕掛け市場を荒らしまくると思っている方も多いと聞きます。
しかし、しっかりとしたファンダメンタルズの分析に基づいて銘柄が選びをしているところもたくさんあります。
自分なりの基準を作り、雰囲気に流されることなく投資する点は、見習うべきところです。
外国人と言うとトレードのニュースのようですが、今回の記事は投資に役立つ記事です。

Posted on 2013/01/24 Thu. 22:42 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

24

存在を期待される企業を目指して HONDAのIR 

存在を期待される企業を目指して HONDAのIR

 12月以降、大幅な円安が続いていますが、円安と聞くと輸出産業。輸出産業といえば自動車。そんな思いもありHondaのIRをチェックしました。
 CSRのトップページには表題のように、「存在を期待される企業を目指して」とありました。少なくとも上場企業は、このような意思表示が必要だと思います。またCSRの中には、お客様とHonda、従業員とHonda、株主・投資家とHondaとの項目もあり、それぞれ、Hondaの立場が明確に表明されていました。これも必要なことですね。
 株主通信も年4回発行。それぞれの回毎に、環境エンジンについて、北米市場についてなどテーマが設けられわかりやすく、多角的に表現されています。

 あと良かったところとして、カレンダー配布、株主のための工場見学や株主に対するレースへの案内など、Hondaの株主になることでの誇りになることがあり、いよ良かったです。

 過去の財務データがもう少し古いものが準備されていれば良かったと思いますが、株主視点から見たIRとして参考にすべき店が多いと思います。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆☆

総合点は92/100点です。

Posted on 2013/01/23 Wed. 23:24 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  本当の株式投資  株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

23

物価目標2%に! 

物価目標2%に!

 安倍首相登場前後から言われ続けていたことですが、日銀が消費者物価上昇目標を2%にすると決定し、発表しました。実効性はこれからの問題として、また、善悪は別として、他に有効な手段が見つからない中でこの決定を認識し、進んでいくことがベストなのでしょう。

 実はこれまでも物価目標は1%にするとされていましたが、知らない人が多かったのではないでしょうか。今回は数字もさることながら、打ち上げ方が政府も巻き込んで派手であったため一般生活者へのインパクトはあると思います。個人の投資戦略もここにターゲットを絞ったものにすべきでしょう。
 
 インフレ時代に方向転換した際の戦略はやはり株式投資となります。年末依頼急上昇したため、もうすでに高値のような気もしますが、多くの銘柄はまだまだ買える水準です。今からでも遅くないので株式投資の時代だと認識して下さい。
 ただし、投機に付き合っている場合ではありません。しっかりと「投資」を意識して、成長が期待できる銘柄を安い値段で買う。一度買うと、前提条件から大きく乖離しない限り、株主として応援し続ける。そんなスタンスを常に持ち続けることです。

 本日の金融緩和の決定後、為替相場は乱高下しています。ここにはシステム売買や投機筋の売買、実需の思惑など多くの要素が混ざっており、とても当てに行くことなどできません。目先の動きは必ずあります。しかし、自分の基準はいつもしっかりと維持をする。
 どなたの言葉なのか忘れてしまいましたが、「ブレるのは相場であって、自分の投資戦略はぶれてはいけない。」そんな言葉の実践がより大切なときです。

Posted on 2013/01/22 Tue. 14:05 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

22

ディズニーランドのIRは? 

ディズニーランドのIRは?

 高い来園者の満足度やリピート率。そしてそれを支える従業員教育方針や体制の素晴らしさに関しては、さまざまなニュースや雑誌、書籍などで聞いたことがありましたが、株主に対するIRに関しては初めてでした。

 感想は、IRも行き届いた心遣いが感じられるな。です。もちろん情報量も充実していますが、各資料を難易度で分けてあったり、株式投資に素人の個人株主用に分かりやすい解説があったり、一部ですが株主のメリットが載っていたり。ほんと心遣いですね。
 このIRは各社見習う点がたくさんあると感じました。

 あえて、高い望みを挙げるとすれば、もっと株主になりましょう!と積極的になってもいいのかなと思います。これまでは財務的に目をみはる点はあまりありませんでしたが、直近はこれも解消してきています。株主にも夢を与え続けることができる会社です!と書いてしまっても良いのではないでしょうか。



点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は96/100点です。

Posted on 2013/01/21 Mon. 22:54 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資銘柄選択  IR 
TB: 0    CM: 0

21

低PER銘柄は買い? 

低PER銘柄は買い?

 バリュー投資なる言葉を聞いたことがありますか?日本語では割安株となりますが、その判断にPERやPBRなどの指標が使われます。これらの数値が小さいほど割安!となりますが、割安株が即買い、と言えるのか低PERのランキングで確認してみました。
 ※ランキングは13/01/18時点の赤字企業を除く。ヤフーファイナンスを参照。業績予想は13年四季報新春号を参照。

低PER130118

 注意すべきは、PER(株価÷一株利益)算出に何時の時点の一株利益を利用しているのかです。やフーファイナンスでは、ランキングをすぐに見ることができますが、利用しているのは前年決算です。しかし、株価は常に将来の業績を織り込みながら動くと考えられるので、前年決算の数値を使うと1倍割れなどの異常な数値が登場しますが、来期予想の一株利益を利用すると、これらの異常値の説明がつきます。
 こうやってランキングを見ると、今期予想利益が100分の一などに大幅に悪化する企業が並んでいます。また、いわくつきの企業や、時価総額が小さい企業等となっています。

 このランキングの中で、あえて投資対象となる企業をあげると・・・来期予想との比較でもあまり割高でなく、その次の期からも業績アップが見込まれている大和自動車でしょうか。

 もし保有株が、時価総額の小さな企業で、これまでの実績の積み上げが少なく(=株主持分が少ない)、業績の急激な悪化がある場合、このように株価が急降下する可能性があるということを反面教師にしなければなりません。
 「投資」を考えるとき、できるだけ安定した企業で、時価総額の小さすぎない企業を選ぶのはこのためです。

 PERランキングを見ると、自然に、来期の業績予想は?その次の業績予想は?時価総額は?市場は?継続維持に疑義がついていないか?などをチェックする思考回路が働くようになれば良いですね。

 

Posted on 2013/01/20 Sun. 09:51 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

20

投資と投機(in English) 

投資と投機(in English)

 日本では、株式投資と言えば「投資」も「投機」も含んでしまいます。区別されること無く「投資」をする人も「投機(=トレード)」をする人も個人投資家です。

 FXなんてしょせん投機!と言う人も、株式を使った「投機(=トレード)」は「株式投資」と言います。まずは金融業界が投資とトレードを区別すること、そして個人投資家と個人トレーダーを区別すること。そこから本当の株式投資市場が育ちます。ぜひ日経新聞あたりが率先して区別して貰いたいものです。

 祖父母から孫への教育資金の贈与に関しては贈与税が不要になる、とのニュース!(実現はしていません)だけで、学習塾業界の株価が跳ね上がるのは果たして投資でしょうか。
 そこに業績に反映するとの過程はありませんし、学習塾が好きになって応援しようとの心もありません。また、学習塾業界の企業すべてが着実に成長するとも言えるわけがありません。そして、他のトレーダーに先んじて株式を購入し、株価が上昇すればすぐに売っぱらってしまおうと考えている。
 まさに投機、トレードそのものなのです。しかし、日経新聞はこれを個人投資家の着目点と表現し、株式投資においてはこのような思考をとることが求められるとのニュアンスの記事を書くのです。なんと投資教育に悪影響を与えていることか・・・。

  最後になりますが「投資」と「投機」の英語訳を確認してみました。そして動詞の意味を確認してみました。
 「投資」・・・invest 〈金・資本を〉(事業・株・設備などに)投資[出資,運用]する
 「投機」・・・speculate 根拠のないことを推測する
  ※参考 trade 取引する、売買する、頻繁に売買する

 investは投資ですから、買うことはあっても基本的には売ることは考えていません。speculateとtradeは連続して行われる行動でしょう。speculatorとまとめてしまっても良いかもしれません。

 あなたの行なっている株式市場との関わりは、investorとしてですか?それともspeculatorとしてですか?その行動に根拠があるのかないのか?これがinvestorとspeculatorの分岐点です。

Posted on 2013/01/19 Sat. 22:33 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

19

アメリカが産油国一位に! 

アメリカが産油国第一位に!

 え?サウジがダントツでないの?ロシアもいるし、北海油田もあるし、ベネズエラも。
 にわかには信じられないニュースですが、イギリス石油会社大手のBPが16日発表したエネルギー市場の見通しで、アメリカの産油量がサウジを上回り最大になると予測しています。それも遠い未来でなく2013年です。

 これは僕自身ある意味ショックです。自分の予想よりも早く世の中が動いているようで。最大の産油国になる要因はシェールガス、および基本的には同じ仕組みのシェールオイルです。また、米国は2030年までに必要とするエネルギーの99%が自給できるとのこと。そこにはまったく様相が異なる世界があるはずです。

 このニュースが株式「投資」に関係するのか?ハイします。関連するポイントは為替です。アメリカドルがこれまで弱かった理由は、①リーマンショック後の景気後退。②リーマンショック後の大規模な金融緩和(=バラマキ政策)。③財政赤字、経常赤字の双子の赤字。僕はそのように認識しています。これらの背景を考え、1ドル80円の均衡が導かれていたのです。

 ところが、12月以降円安が進み、足元では90円台に突入しています。円安は安倍政権が確実と言われ始めてから動き出しているので、日本の都合で円安になっていると考える人は多いようです。そうであれば大きな円安にはならないと思われますが、もしアメリカの都合であれば・・・。
 為替レートの決定はバランスです。片方が良くても、相手がもっとよければ悪い方向にバランスが崩れます。このため両者を比較する必要がありますが、アメリカ側の都合であれば・・・。それもアメリカが強くなる方向でのバランスの変化であれば、かなり大きなドル高となる可能性があります。すでに上記の①の要因は消えつつあります。シェールオイルの影響で、③のアメリカの経常赤字が消えることになれば、世界が変わる可能性が大きくなります。最強通貨米ドルの完成です。

 では株価への関係は?円安になることでの物価の上昇や、輸出企業の業績改善です。
 もちろんこれをネタにして、一攫千金を狙うのは投資でなく、トレードですが、少なくともこれまでの重石がなくなりつつある点で、「投資」の後押しとなることが期待できるニュースです。
 業績が良くなる可能性が高い企業を安いときに買う努力は常にしなければなりませんが、バックアップがあれば心強いものです。

 本格的なリスクオンの時代になることでしょう。

Posted on 2013/01/18 Fri. 10:47 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

18

全日空と日航、全787の運航一時見合わせ #2 

全日空と日航、全787の運航一時見合わせ #2

全日本空輸は16日、山口宇部発羽田行きのボーイング787型機が機内で煙が発生し高松空港に緊急着陸したのを受け、17機ある同型機全ての運航を一時見合わせることを決めた。

 
 どこまで ANAに責任があるのか分かりませんが、トラブルの渦中にあることは間違いありません。
  GSユアサと同じように、このニュースを聞いてANAの株主は心配でたまらないでしょう。この不安を解消できるようなIRになっているのか、チェックしてみました。

  欠航にお知らせと、お詫びは即日アップされていました。これで事実は分かります(ニュースで報じられている誰もが知るニュースですが・・・)。
  しかし、業績への影響についてのコメントはなかったので、残念でした。もちろん、すぐに答えは出るわけがありません。が、もっとも影響が軽かった場合、影響が大きい場合、それぞれ具体的にはどのような状況になった場合なのか。
  このような点は公表できるのではないでしょうか。株価の動きは、業績以外にも左右されるのでどうなるのかはわかるわけありません。しかし、少しでも情報の伝達があれば先を急いでANAを売ってしまうと言うことは少なくなるはずです。
  個人株主を安心させるメッセージは不可欠です。
  IRを通じて個人株主とコンタクトを取ることが、今求められています。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。   ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は、68/100点です。

Posted on 2013/01/17 Thu. 13:56 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

17

全日空と日航、787の運航一時見合わせ  

全日空と日航、787の運航一時見合わせ 

 全日本空輸は16日、山口宇部発羽田行きのボーイング787型機が機内で煙が発生し高松空港に緊急着陸したのを受け、17機ある同型機全ての運航を一時見合わせることを決めた。
 日本航空も同日保有する同型機7機(2機は点検中)の運航見合わせを決めた。11時30分時点で欠航するか代替機を用意するかは未定としている。
 
  鳴り物入りで登場したB787ですが、トラブルが相次いでいるようです。
  今回のトラブル原因の一つに、GSユアサのバッテリーが挙げられています。このニュースを聞いてユアサの株主は心配でたまらないでしょう。この不安を解消できるようなIRになっているのか、チェックしてみました。

  ダメでした。IRニュースも一年を通じて10タイトルもありません。もちろん、787に関するニュースは影も形もありません。すぐに答えは出ないのでしょうが、現在調査中です。や、航空機の利益に占める影響はこの程度です。や、判明し次第ご報告いたします。などなんでもよいと思います。個人株主を安心させるメッセージが必要でしょう。
  IRを通じて個人株主とコンタクトを取ることが、今求められています。


点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。    ☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は、40/100点です。

Posted on 2013/01/16 Wed. 01:46 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  IR  安定株主 
TB: 0    CM: 0

16

広がるスマホの使い方 

広がる「スマホかざす」サービス 健康機器や白物家電も対応 

 鉄道の改札で使われる「Suica(スイカ)」「PASMO(パスモ)」などでおなじみになった、携帯電話の「おサイフケータイ」機能が大きく変わろうとしている。おサイフケータイでは、国内で使える非接触型IC(集積回路)カード技術「FeliCa(フェリカ)」が使われてきた。これに対して、最近は国際標準規格の非接触型ICカード技術「NFC」に対応する機器が増えている。
 おサイフケータイでは決済の用途が中心だったが、NFC対応のスマートフォンでは使い道がかなり広がる。スピーカーに触れると、Bluetooth(ブルートゥース)方式による接続設定が即座に終わる。NFC電子タグが貼られた箇所にスマートフォンを近づけると、展示されている動物や植物の詳細情報を閲覧できる。電子タグを貼った「スマートポスター」や店頭のPOP広告から商品情報などを得られる。日本航空(JAL)とKDDIが、国内線の搭乗口をNFC対応機のタッチによって通過できるサービスを2012年10月に始めている。

       
  このようにお財布携帯が変わってきたようです。僕自身もお財布携帯は必須で、iPhoneは選択肢に入りませんでした。こんなニュースが出ると、連想される銘柄が物色され人気化します。
  ソフトバンクモバイル、ソニー、NTTドコモ、イクスピアリ、日本航空、KDDI、凸版印刷、オムロンヘルスケア、パナソニック、大日本印刷、テルモなどが上がってきます。


  しかし、おわかりですね。いわゆるテーマ株は参考にはできますが、それだけでは判断できません。これまでも絶え間なくテーマが設定されてきましたが、実際に業績アップに結びついたものは多くありません。
  「投資」としての概念ならば、どれだけのインパクトがあるのか、業績への影響力はどの程度なのか、などをチェックする必要があります。

 テーマだけでなく、テーマをきっかけにした投資先探しが大切です。

Posted on 2013/01/15 Tue. 01:24 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

TB: 0    CM: 0

15

新成人と株式投資 

新成人のみなさまへ

 成人の日、おめでとうございます。
 新成人のみなさまへと言うよりも、ここまで育て上げたご両親やここまで手を貸してくれた方々へおめでとうございます、と言うべきなのでしょうが、おめでとうございます。

 新成人に望むこと。もちろんこのブログでは「株式投資を始めましょう。」です。まだ慣れていない間は「株式投資の勉強を始めましょう。」でも構いません。今後の自分の生き方の中に重要なポジションとなるお金の存在。そして株式の存在を考え始める日としてもらいたいです。

 これからの日本は人口減少(厳密には若年世代・生産年齢時代の減少)、および少子高齢化が進むことはほぼ確定事項です。これに付随して、大きな経済の伸びが見込めないこと、給与の大きな上昇が見込めないこと、可処分所得の伸びはもっと見込めないこと、良い意味での高金利時代はこないことなどとなる可能性が高くなります。
 すなわち、これからの日本で豊かに暮らすためには何らかの作戦や行動が不可欠なものになるのです。その何らかに株式投資が該当します。決して、デイトレーダーになってトレードだけで生きてくださいとは言ってません。本職そっちのけで株価ボードを愛してくださいとは言っていません。
 お金の力を、そして株式投資の力を上手に利用して豊かな暮らしに役立ることを望んでいます。

 そのためには、まずはじめに、株式投資には「株式投資」と「株式を使ったトレード」があり、混同するとろくな結果にならないことを知ってください。そして2つの基礎を学び、その結果自分が利用できる、自分に適した方法はどちらなのか判断をしてください。
 この作業なしに株式投資を始めることはやめたほうが賢明です。役立たないと意味がありません。

 世の中は「株式を使ったトレード」のニュースに満ち溢れ、「投資」に関するニュースはあまり見られません。本ブログは「投資」に特化した情報を発信し、「投資」の素晴らしさを発信するブログです。ぜひご利用になって、豊かな生活のために株式投資をマスターしてください。

 新成人が中心となった、「投資」勉強会が開催できればよいですね。勉強会のバックアップをします。お問い合わせください。

Posted on 2013/01/14 Mon. 16:26 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資  株式投資  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

14

配当利回りが高い&減配リスクが小さい会社のIRは 

配当利回りが高い&減配リスクが小さい企業のIRは

 上場企業は株主があって初めて存在します。また企業は、株主のために安定した最終利益を生み出し続ける努力をしているとも考えられます。
 すべての最終利益が株主に還元されるわけではありませんが、最終利益の中から少しでも多くの配当を株主に還元しようとする不断の努力が企業に求められることは間違いありません。

 そのような「投資」の基本システムから、配当が多い(=配当利回りが高い)企業は株主を向いた経営をしている=IRが充実している、が言えるのではないかと考えました。

 そこでチェックしてみた企業がマザーズ上場のフォーバルテレコム(9443)です。1/12現在の株価が27,830円、予想配当が1,500円なので配当利回りは5.39%になります。
 単純に配当利回りだけを比較した場合、もっと数値の高い企業がありますが、減配の可能性が高かったり、業績不振から大きな株価下落の可能性があったりする企業が多いため、これらの不安定な企業を省いた結果、フォーバルテレコムが私のスクリーニングの中ではトップに位置付けされました。

 IRをチェックしてみたのですが、少し残念でした。最低限の情報公開はあったのですが、配当についての言及や株主としての投資家へのメッセージは心に残らないものでした。

 せっかく配当をたくさん出しているのですから、これは株主を思って出しているんだ。業績の向上に従ってもっと配当が出せることを目標としている。
 そんなメッセージが伝わってくれば、今株主になっておいても悪くないな、と思えたはずなのですが。



点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。    ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は、52/100点です。

Posted on 2013/01/13 Sun. 14:17 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  IR  安定株主  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

13

自信を感じるソフトバンク 

自信を感じるソフトバンク

 メディアの露出も多く、コマーシャルも独創的なソフトバンクですが、IRも先端を行ってるのでしょうか?
  結果は非常に充実したものでした。決算の情報以外にも多くのデータが準備され、株主報告会の情報も数多くありました。
 これまで見た中で最も情報量の多いIRの一つです。また、買収のメリットもアピールされていました。
  このIRは色々なところで評価され、
2012年12月「第15回 日経アニュアルリポートアウォード」本賞審査部門 入賞、特別賞審査部門 オンライン版分野賞 受賞
2012年11月日興アイ・アール「2012年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング」総合1位・業種別1位
2012年11月大和インベスター・リレーションズ「2012年インターネットIR・優秀賞」受賞
2012年3月モーニングスター「Gomez IRサイト総合ランキング 2012」総合4位
2011年12月「第14回 日経アニュアルリポートアウォード」入賞
2011年12月大和インベスター・リレーションズ「2011年インターネットIR・ベスト企業賞」受賞
2011年11月日興アイ・アール「2011年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング」総合2位・業種別1位
2011年4月ゴメス・コンサルティング「Gomez IRサイトランキング2011」総合1位
2011年2月東京証券取引所「第16回ディスクロージャー表彰」受賞
  などを受賞しています。

  業績も悪くないのですが、株価は大きく上下することが多く見られます。業績など隠すことのできない数値は充実していますが、買収のデメリットや電波への懸念など、市場が杞憂している点への解説が無いことが関係しているのかもしれません。
まあ、株価下落の時はチャンスとなる投資先なのでしょう。


 

点数は
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。    ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は、84/100点です。

Posted on 2013/01/12 Sat. 23:34 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  IR  個人投資家  本当の株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

12

10カ月ぶり経常赤字、2224億円 12年11月 

10カ月ぶり経常赤字、2224億円 12年11月

 財務省は11日、2012年11月の国際収支速報を発表した。モノやサービス、配当、利子など海外との総合的な取引状況を示す経常収支は2224億円の赤字となった。経常赤字は同年1月以来、10カ月ぶり。中国・欧州向けの輸出が落ち込み、輸出から輸入を差し引いた貿易収支の赤字拡大が影響した。単月としての赤字幅は現行の統計を始めた1985年以降で2番目の大きさ。正月休みで輸出が減る傾向にある1月以外の月では、初めて経常赤字になった。

 
 良くないニュースでもあり、株式投資を一刻も早く本格化させるべききっかけとなるニュースです。

 日本政府がこれだけの借金を抱えながらも、長期金利が悪い金利上昇とならない理由は、日本国債を買う人がいるから。単純なことです。
 では誰が買うのか?その多くは、運用手段に困っている銀行、郵便局。リスクとのバランスを取らなければいけない保険会社などです。
 では銀行が国債を購入する資金はどこから来ているのか?それは、日本全体が稼いだお金です。日本全体が稼ぐお金をチェックするには何を見ればよいのか?それが経常収支です。
 すなわち経常収支が黒字である限り、日本国にには潤沢な資金があり、これを無理矢理にでも国債で運用しなければならない状況が生まれます。

 その大元の経常黒字が経常赤字に転落する。これは重大なニュースです。今後の成り行きは注目しなければいけません。

 では株式投資との関係は?
 経常赤字が恒常化することで、円安になる可能性が高まります。円安になるとインフレになる可能性が高まります。インフレになると預貯金は実際にはマイナスの確定金利となる可能性が高まります。
 そんな中で、自分の暮らしを守るためには必死で働くこと。そしてインフレに負けない優秀な資産を保有することです。インフレに負けない優秀な資産は何か?それが株式です。

 最近株価が上がっているらしいね?そんなことは関係なしに、株式投資に真剣に向き合わなければならない。そんな次期がすぐそこにやってきているのではないでしょうか。

 ギャンブルでない株式投資の勉強がしたい方、私までお問い合わせください。

Posted on 2013/01/11 Fri. 22:12 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  個人投資家  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

11

世界の5割経済圏 

世界の5割経済圏

 みなさんどこかで目にしたフレーズでしょう。日経新聞の正月トップの記事です。
 そうかやはりアジアの時代なんだな。天下の日経が言うのなら間違いないな。日本はダメなのか?じゃあ日本株など買わずにアジア関連の投信でも買おうか。そんな気になってしまう特集でした。

 しかし、経済は簡単ではありません。ほんの目先のことですら、天下の日経新聞も大外しをしていることが多々あるのです。JPモルガン証券日本株ストラテジストの北野氏の記事が面白かったのでご紹介します。過去の日経の正月一面のキャッチコピーとその年以降の経済の動きを整理したものをアレンジしました。


○2012年1月1日 「開かれる知、つながる力、C世代駆ける」 キーワードは「C世代」でした。
 ⇒ C世代」という言葉は、2012年の流行語にはなりませんでした。「ワイルド」に負けました。と言うより聞いたことがない、に近い気がします

○2011年1月1日 「三度目の奇跡」 キーワードは「円高は怖くない」
 ⇒日本は貿易収支の黒字より所得収支の黒字の方が大きくなっている。外で作って稼ぎ、内でより高度なものや価値を創る。これなら円高も怖くない」とのことでした。しかし、この2011年に16年ぶりにドル円相場が新安値を更新すると、日本は「円高恐怖症」に覆われました。

○2008年1月1日 「YEN漂流-沈む国と通貨の物語」
 ⇒「円安」への懸念が、「輸出立国・日本は長らく「円安は善」と信じてきた。成熟国になった今でも外需依存度は高くその信仰は強い。だが成長力低迷と連動する今の円安は国力低下と軌を一にするようにも見える」とありました。たった5年前の話です。日経によると円安は悪だったらしいです。

○2006年1月1日 「ニッポンの力」 サブタイトルは「反転 強い時代が始まった」
 ⇒日本の一人負けは、この年以降に鮮明になっていきました。

そして
○2013年1月1日 「世界の5割経済圏」
 ⇒「アジア経済が新しい次元に入ってきた。勃興の波は中国、韓国から東南アジア諸国連合、インドへと広がる。主役の国や企業が次々と変わるアジアから見れば日本の時計は止まったままだ。今ならまだ間に合う。ネジを巻き直そう」とのことです。また、「日本が雁の先頭に立ち、アジアの成長を先導する雁行型発展はすでに終わった」、「日本の勝利の方程式は通じなくなりはじめた」、「疾走するアジア。日本はついて行けるのか」、
「手をこまぬけばアジアは日本抜きの経済圏にもなりかねない」。ともありました。


 さあどうなるでしょうか?日経新聞のキャッチコピーが次々の外れる時代。皮肉を込めれば、日本は再び復活するのでしょう。
 私はそちらを信じて、前向きに強い日本となる手助けを、株式「投資」の側面から行なっていきたいと思います。


Posted on 2013/01/10 Thu. 23:24 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

10

スポーツ庁ができるらしい。じゃあミズノは買いだね。 

スポーツ・学習関連株が急伸 政策に敏感な反応

 9日の東京株式市場では、投資家が安倍政権の政策に関連した報道に敏感に反応した。日本経済新聞電子版が14時に「政府は各府省にまたがるスポーツ関連の行政機構を1つにまとめる『スポーツ庁』を設置する検討に入った」と報じ、スポーツ用品大手のミズノ株などが大幅に上昇。一時前日比5.8%高の417円まで買われた。同業のアシックスも買われた。市場では「個人投資家は特に政府の政策関連銘柄に関心が高い。新しいテーマが浮上すれば投資資金が向かい、循環的に物色している」との声があった。


  とのことのようです。やはり株式投資は世の中の動きを敏感にそして機敏に感じ、いち早く行動にでなければ利益をあげることはできない!そんな気にさせる動きですね。
  しかし、ここで改めて問いたいです。実際にスポーツ庁ができるとした場合、それだけでミズノの業績は改善しますか?一株利益は大きくなりますか?これまでは投資価値がなかったけれど、スポーツ庁ができると投資価値のある、長きにわたって株主で居続ける企業に変わりますか?

  答えはnoでしょう。まあ、こんな質問をした時点で、「お前は株式投資が分かっていない。株式投資はスピードが命なんだ。業績どうこうと言う前に話題になれば買うべきなんだ。」と言われるのでしょう。

  もうお分かりでしょうが、間違っています。
  何が間違いなのか?ミズノに飛び付いた投資家でしょうか。これは間違いではありません。株式投資の手法に正しいや誤りはありません。自分の想いを表現できる方法を取ればいいと思います。
  では間違っているのは?それはこの記事を書いた記者です。ミズノに飛び付いた方は、ミズノが好きで、ミズノは投資価値があると考えて買ったわけではありません。他の投資家が買いそうなので、自分はその先回りをしてやると思っているのです。運良く株価が上がればそれでOK、すぐに利食いしてやろうと考えている人達なのです。これは「投資」ではなく、明らかに「トレード」です。であれば、記事の中で個人投資家と書かずに、個人トレーダー!と書くべきなのです。

  ミズノに飛び付いた人たちを投資家と表現するから、真面目に投資をすべき人が、「やっぱり株ってギャンブルなんだ。いつもニュースを追いかけて、すぐに売買できる体制でなければ勝てないんだ。」と思ってしまうのです。トレードには見向きもしないけれど、「投資」はやってみたい。そんな個人投資家をどれだけ育てるのかが、今後の日本には必要なのです。

 「トレード」なんて放っておいて「投資」をしてみませんか。株式投資って素晴らしいものだと言うことが分かりますよ。

Posted on 2013/01/09 Wed. 22:38 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資とトレード  個人投資家  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

FXから株へ 静かにシフトするミセス・ワタナベ 

FXから株へ 静かにシフトするミセス・ワタナベ

 外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家の間で、株価指数の証拠金取引に資金をシフトする動きがじわりと広がっている。「ミセス・ワタナベ」の通称で知られる日本の個人投資家は同じ証拠金取引でも、騰勢の続く株価指数に関心を向け始めた。
 FX取引「くりっく365」では昨年12月の全通貨ペアの売買合計が前月比で0.3%減り、前年同月比では43.6%も減少した。FXよりも「値動きが面白くなってきた株価指数の証拠金取引に資金を移す動きが出始めている」というわけだ。
  株価指数の証拠金取引は少ない元手で投資できる。現在、株365では最低2万4000円相当の証拠金を差し入れれば、日経平均株価の100倍の金額の売買ができる。証拠金に対する倍率は44倍超だ。一方、FX取引では証拠金の倍率が最大25倍に規制されている。FXよりも株価指数の方が投資の効率がよいと考える投資家がいてもおかしくない。


 
  かつて興隆を極めたミセスワタナベ。特に渡辺さんがルーツになった訳ではないのですが、海外から見た日本人投資家のイメージが渡辺さんなのでしょう。ミセスワタナベは世界経済を動かす大きなパワーを持っていました。
  まあ、気持ちは分かります。FXの倍率は高い会社では200倍というのもありましたが、段階的に制限され今は25倍。面白くないのでしょう。

  ただし、「FXから株へ!」とタイトルがついていますが、正確に言うと「為替を使ったトレードから株式を使ったトレードへ」です。もうお分かりでしょうが、このニュースは純粋なトレードのニュースであり、「投資」を志す方には関係のないニュースです。

  これを株と表現するので、株はギャンブルだとの認識が広がり、多くの健全な投資家が市場に背を向ける結果となっているのでしょう。また、投資家と表現せずにトレーダーと表現することも併せてお願いしたいと思います。

Posted on 2013/01/08 Tue. 08:55 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  本当の株式投資  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

08

営業利益は投資指標となりうるのか 

営業利益(のれん償却前)は指標となり得るのか?

  先日、サッポロホールディングスのIRでは、営業利益(のれん償却前)を経営目標としているが、これは珍しい、とご紹介しました。
  どうしても気になったので、株価推移との比較をしてみました。

  業績が安定している企業であれば、最終利益と株価を対数グラフ中に表し、比べるのですが、サッポロホールディングスは安定性に欠けるのでこの方法は取れません。そこで、関連性を表す代表的な方法である、相関係数を使ってみました。
  相関係数は連動が+1、非連動が0、反対の動きが−1となります。株価は半年から一年先の業績を見ながら動くと言われるため、営業利益(のれん償却前)、および最終利益の決算数値と、直前一年間の株価高値、安値の中間値を比べてみました。

  その結果、最終利益と株価の相関係数は+0.45と連動性が認められる数値に。一方、営業利益(のれん償却前)と株価の相関係数は−0.59とほぼ反対の動きを示す数値になりました。
  やはり、営業利益(のれん償却前)と株価には連動性が見られないので、この数値を目標にするには無理がありそうです。

  では、営業利益(のれん償却前)を経営目標とする背景は何があるのでしょうか。
  株式投資の世界では、基本的に粗利益は使いません。
  売り上げから大きな意味でのすべての経費を引いたものが営業利益。この営業利益に主に金利支払いなどの営業外損益を加えたものが経常利益。経常利益から法人税を差し引き、特別損益を調整したものが最終利益です。
  本業だけに注目すると営業利益が中心になりますが、「投資」においては最終利益がもっとも大切です。理由は株価に直結するからです。
  ただし、経営陣からすると、最終利益を基準とされることは一言文句を言いたくなることでもあります。それは、経営者の責任とは言えない税制の問題や企業年金などの運用悪化の影響を受けるからです。「そんなことまでこっちの責任にされても困る。」と言うことです。

  そのような事情も分かるのですが、大切な資産を任せている株主からすれば、最終利益まで責任を持って経営にあたってもらいたいものです。今後は為替変動などの影響も受ける包括利益が主流となってきます。最後の最後まで統治をすることが経営者には求められるのです。

  最終利益は責任が持てないから、営業利益(のれん償却前)を目標にします!こんな企業は投資対象から外してしまっても良いでしょう。もちろん、利益構造の変化を確認する時には営業利益も役立つ数値ですが。

  この判断のためにも、「投資」の際にはIRをチェックする。当然ですね。

Posted on 2013/01/07 Mon. 22:11 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

07

復活なるか任天堂 

任天堂・岩田社長が語る“本当の”ソーシャルゲーム
「3DS」「Wii U」の逆襲(前編)


 任天堂のゲームビジネスをめぐる潮目が変わりつつある。2012年3月期、決算公表以来初の営業・最終赤字に転落。世間では「スマートフォン(スマホ)とソーシャルゲームに押され、じり貧に陥っている」と解釈された。しかし、ここにきて「Wii U」と「3DS」という2つのハードとソフトの販売が好調に推移。岩田聡社長は「スマホは味方」「ソーシャルゲームとしても、うまくいっている」という。いったい任天堂に何が起きているのか。
 岩田社長がこれほど気分が晴れた正月を過ごすことができたのは何年ぶりのことだろう。
 2012年12月に発売したばかりの新しい据え置き型ゲーム機、Wii Uは好調な滑り出しを見せた。シンクタンクのメディアクリエイト(東京・千代田)によると、Wii Uの国内販売は発売3週目で累計55万7901台。6年前、06年12月に発売された前世代機、Wiiの3週目の数字、54万4034台に並ぶ。
 岩田社長は「テレビと手元のコントローラーの画面、これら2つの画面を使った新しい提案を実感してくださった方には、かなり満足していただけている。手応えはある」と話す。それ以上に岩田社長が好感触をつかんでいるのが、この2月で発売から丸2年が経つ携帯型ゲーム機の3DSだ。「3DSに関していうと、『どうぶつの森』が流れを変えた感じが明らかにあるんです」


 記事はまだまだ続きますが、詳しくは日経新聞をご確認ください。
 
 僕も正直、スマホやタブレットに押されて、任天堂はもうダメなのかなと思っていました。すぐできる気軽さには勝てないのかと。
 しかし、この記事を見て、さすがは任天堂、そして社長、視点が次に向いているなと感じました。実際WiiUも好調なようですし、まだまだ注目しておくべきなのかも知れません。スマホとの住み分けは十分可能なのかと思い始めました。

 現在の株価は2003年当時と同じ水準です。もし業績の急回復が伴うのであれば、投資価値のある企業になる可能性は大きなものがあります。自動車や電気などの製造業も日本の顔ですが、もはや、ゲームや漫画などのコンテンツも日本の顔でしょう。
 これからも注目したいと思います。

 業績アップという面で、この記事は「投資」に関するニュースということができます。また、社長自らが自社の将来について熱く語ること。これも「投資」に値するものです。社長が自社の将来について熱く語れないようではダメです。このような記事を企画した日経新聞にとっても、任天堂にとってもよい記事でした。

 後半は13日に掲載予定とのことなので楽しみにして待つことにします。



Posted on 2013/01/06 Sun. 21:45 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

06

12年の株価騰落率ランキング(新興市場) 

12年の株価騰落率ランキング(新興市場)

 年末は、東証一部上場企業のランキングを掲載しましたが、新興市場もランキングを確認してみました。
 表面的な数値にしか過ぎない株価だけをチェックするのではなく、もちろんのこと一株利益との関連をチェックしなければいけません。ランキング上位銘柄は基本的に増益+行き過ぎた割安状態の解消となっていますが、将来の行き過ぎた割安の解消があるのかどうかはやはりわかりません。
 PERの上昇はあればラッキー、程度で増益関連に注目しましょう。
 
 新興市場は、流動性の問題なども併せて注意する必要がありますが、有望銘柄が数社見受けられます。

 過去のデータでしかありませんが、このような銘柄を見つければよいとの点は大いに役立ちます。参考にしてください。

 12年騰落率

 

Posted on 2013/01/05 Sat. 11:36 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

米国雇用統計発表 

米国雇用統計発表

 恒例の米国雇用統計の発表の日、時間が来ました。前月までは雇用統計の発表以外目立った動きの無かった為替相場ですが、今月はすでに動きを見せ、雇用統計発表前にすでに88.3円台を付け、円安傾向が顕著でした。
 また前回の雇用統計発表後に、FRBが失業率の目標は6.5%であると初めて明示しました。そんな中での雇用統計です。
 今回の市場予想は、失業率が7.7%、非農業部門雇用者数の予想は、+15.3万人となっていました。


 で、結果です。失業率は7.8%、非農業部門雇用者数は+15.5万人でした。一言で微妙!としか言えません。ほぼ予想通りという、市場参加者にはもっとも面白くない結果となりました。
 ただし、FRBが予想より早い段階で金融緩和を終了することは無くなった、と言えるのでしょう。ドル円レートは円高ドル安方向に向かい、80円ちょうどのラインを抵抗線に小動きとなっています。(もちろんこのあと大きな変化が来るかも知れませんが。)

 非農業部門の前回発表の+14.6万人が、+16.1万人に修正されたことも併せてご紹介します。

 チャートは次のようになりました。

 201301雇用統計後ドル円

 もちろん、個別株の株式「投資」には関係のないニュースです。マクロ経済を見ることは、間接的には必要ないと言えませんが、今日の数字がダイレクトに個別株の動きには関連することはありません。
 
 好きな人だけで、第一金曜日を楽しみにすればよいと思います。


Posted on 2013/01/04 Fri. 22:59 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

TB: 0    CM: 0

04

年収3年連続減少! 

年収3年連続減、442万円 転職支援登録の正社員 
「DODA」12年調査、減少幅は40代が最大


 転職支援サービス「DODA(デューダ)」がサービスの登録者を対象にした2012年の調査で、正社員の平均年収が3年連続で減り、442万円になったことが2日、分かった。
 11年10月から12年9月末にサービスに登録した20~59歳の正社員の男女約10万人のデータから算出した。
 調査結果によると、09年の454万円の後、3年続けて減少。07年の最初の調査結果との比較で、16万円減り、年代別の減少幅は670万円から62万円減った40代が最も大きかった。

 
  これは、投資の必要性の点で、株式投資に大きく関係するニュースです。
  生産年齢人口が大きく減少する、人口オーナスの時代は経済成長が見込み難い時代となります。経済成長が無くてもそれなりの幸せがあるとの意見が見られますが、経済的な面では苦しい生活になる可能性が高くなります。もっとも大きな影響は、給与に出るのでしょう。今回のニュースも人口オーナスが影響しているのであれば、今後も同じようなニュースが続くと考えられます。今だけ乗り切れば・・・が通用しなくなる世の中は想像以上に厳しいものです。根本的な解決を考えなければいけません。

  解決策の一つとなるのが、お金に助けてもらうことです。自分の収入プラスお金の助けなので、トレードに全力投球して下さいとは言ってません。自分が働きながらもお金に助けてもらうのです。
  そのためには、複利のマジックを手に入れることです。複利のマジックを手に入れるためには、ある程度(少なくとも7%程度)の利回りを、安定して、長期間続けることが必要です。
  そして、この条件に合致するものの第一候補が株式投資です。最小限のコストで大きくなり続ける資産と言えば株式です。かつ、自分の本職と併用するためには「トレード」でなく、「投資」でなければいけません。

  「株式投資ってした方が良いのですか?」と聞かれることも多くありますが、そんなときは「した方が良い、とのレベルでなく、しなければいけない」と答えています。理由は、今後の豊かな生活のため、複利のマジックを手に入れるためです。
 
  これまで、株式投資って・・と思っていた人も、2013年からは自分の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。もちろん、「トレード」でなく「投資」としての株式投資です。


Posted on 2013/01/03 Thu. 19:17 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  本当の株式投資  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。