09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

日銀 金融緩和11兆円増額! 

日銀「11兆円!」増額

 金融政策決定会合の結果、11兆円!との速報を見た瞬間、正直笑ってしまいました。僕は。
 と言うのは、無難なところで10兆円の追加緩和。それよりも多ければ市場へのサプライズとされていたからです。
  確かに10兆円よりは多いのですが。。。
 しかし、いつもより公表時間が遅かったことなども考えると、日銀も苦労してるんだろうなと思いました。

 もともと、経済学的には、金融緩和は市場への資金を増やして実体経済への資金循環を促すことで経済活動を活性化させるものです。即効性を期待されても。。。と日銀も思っていることでしょう。で、この微妙な金額?
 また、デフレ、円高の修正も市場や経済界から求められていますが、その点も日銀だけに期待されても。。。無理。。。と思ってるかもしれません。

 では、このニュースは株式投資とどう関係するのでしょうか。
 一つ目は、金融緩和の効果による景気回復、業績アップ、株高でしょう。また、市場心理の改善も間接的に好影響があるかも知れません。
 ただし、今年の2月を除き、日銀の緩和効果はアメリカのQE1やQE2の時のように目立ったものは見られません。
 今回も20兆円あれば、期待できたかもしれませんが、あくまでも間接的なものとして考えた方が良さそうです。

 二つ目は、為替でしょう。金融緩和(≒量的緩和)を行うと、通貨安となることがセオリーですが、そう単純ではありません。
 為替はトレーダーたちの巣窟です。単に一つの理由だけで決まることはありません。また、為替はシーソーのようなものなので、相手がより緩和すれば、その効果は一瞬で吹き飛びます。
  アメリカは失業率が改善するまで期限を定めずに!欧州は南欧の国債を無制限に!としています。
 為替変動はトレードマターだと思っていますが、個人的には、しばらくそれほど円安にはならないのでは、と考えています。
 年末年始には日本の政治の問題で、一瞬円安に向かいそうな気もしますが。。。

 為替の動向は特に輸出企業の業績に大きな影響を与えますが、そもそも予想が難しいので、企業業績の先行きを考える際の要素にし難いことが実情です。

  このように考えると、金融緩和は「投資」に間接的な影響を与えますが、直接的に見通しと結びつけることは難しいものです。
  頭の片隅に残しておく程度で良いのでは。

スポンサーサイト

Posted on 2012/10/31 Wed. 20:00 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

31

第十二章 PERの考え方 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/30 Tue. 08:55 [edit]

category: ● 魔法の貯金箱の選び方

TB: --    CM: --

30

米国株式市場取引中止!同時多発テロ以来! 

米株式市場、29日の取引中止=NY証取とナスダック―ハリケーンで

 ニューヨーク証券取引所を運営するNYSEユーロネクストは28日、巨大ハリケーン「サンディ」の影響を受け、29日の米国内株式取引を全面的に取りやめると発表。ナスダックOMXグループも、ハイテク株が多いナスダック市場での株式取引を中止すると発表。
 
 当初、ニューヨーク・マンハッタンにあるNY証取の立会場での取引を取りやめ、同証取の上場銘柄の取引は、電子取引所「NYSE Arca」で実施としていた。
 原油先物などを取引するニューヨーク商業取引所(NYMEX)の29日の立ち会い取引も取りやめ、電子取引のみ実施。
 ハリケーン接近に伴い、ニューヨーク州が非常事態を宣言したほか、ニューヨーク市の一部地域には避難命令も出ている。

 
 
 自然災害は仕方ないですね。。。「投資」には影響ありませんが、「トレード」には翌日からの需給やオプションの行使日までの関係などの問題が出る気がします。
 日本の投信の解約などでもイレギュラーな対応となるかも知れません。

 もっとも影響があるのは、私の妹でしょうか。NY行きの便を予約していたのですが、JFK空港が全面的にストップ。月曜の便が水曜になったと聞きました。

 

Posted on 2012/10/29 Mon. 22:11 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

29

通販のニッセンホールディングス 

通販のニッセンホールディングスのIR

ネットで検索をすると(仕方ないのかも知れませんが)オンライン通販のページしか。。。
会社情報を見るとどうも変。よくよく考えるとホールディングス形式になっていました。
ホールディングスのページに飛ぶことができたので、早速見てみました。

なるほど、京都らしく呉服のカタログ販売から始まっているのか・・と思いながら、企業理念を見ていると
「未来永劫発展する会社を目指して」・・・新規事業を常に育成し、複数事業を営むことで経営の安定化を図る。との一文が目につきました。
これから株主になって一生応援する企業であれば(もちろんうまくいかないかも知れませんが)この気持、理念は大切です。

決算説明会の資料があったので、見てみると、直近の業績推移と同じグラフ中に、中期経営計画における目標数値も同時に記載してあり、わかり易かったです。ただ、中期計画には遠く及ばない業績だったので、載せるのには勇気がいったと思いますが・・・。
仕入れコストの上昇や、中国での人件費の高騰、固定費の増加などの計画未達の理由もあったので、状況はつかみやすかったです。
 ただ、厳しい目で見ると、それらは言い訳にすぎないですね。今後もさまざまなハードルが出てくることは分かっています。これをどう乗り切ってくれるのか、私達の大切な資産を大きく育ててくれるのか。この点が大切ですが、結局は通販事業に集中して利益を上げると読み取ったのですが、これだけでは不安が誇ります。
自己資本比率40%以上、ROE10%以上を目指すと明確な数値があったので、12年12月決算期の数字を待ちたいですね。すぐには株主になりたい、とは思えませんが、これらの数字の着実な達成により変わってくるのでしょう。


点数です。
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか           ☆☆

総合点は、52/100点です。





Posted on 2012/10/28 Sun. 17:02 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  安定株主  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

28

STEP10 成長の指標 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/27 Sat. 09:43 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

TB: --    CM: --

27

「なでしこ銘柄」選定へ 女性が活躍する10~20社  

「なでしこ銘柄」選定へ 女性が活躍する10~20社 

 経済産業省と東京証券取引所グループは女性が活躍する上場企業10~20社を選び、来年2月をメドに「なでしこ銘柄」(仮称)として公表する。選んだ銘柄などで構成する株式指数をつくることも検討。個人投資家らの資金を呼び込み、市場を通して女性の社会進出を後押しする。

 との記事が日経新聞にありました。「投資」基準で見た場合、なでしこ銘柄は選択候補となるのでしょうか?
 
 まず、これまでも「環境」と「特許」をテーマに選んだ銘柄を公表していることをご紹介しておきます。
 いずれも、株式投資を始めようと思ってもどうやって銘柄を選んでよいかわからない、株式取引の経験があまりない個人投資家らを市場に呼び込みたい人への取り組みと言えます。

 ただし、目的は同じでも、その観点についてはだいぶ異なっています。それは、企業の株主となる際に、何を企業に求めるのか?です。
 例えば、「環境」の場合、企業に求めるものは社会全体、地球環境の維持への取り組みです。企業が経営活動を通じて生み出すものは、利益だけでなく、雇用や納税、そして社会への還元等があります。これらの一つでも生み出している企業が社会に必要な企業!と考えるのであれば、社会貢献は非常に大切なものとなります。
 ただし、環境整備に力を入れる企業が、多くの利益をあげ、個人投資家の資産形成を担う企業となるのかは、まったく別の話です。利益も大切ですが、社会貢献がもっと大切だ!この観点で企業選択を行うのであれば、「環境」は「投資」を行う上でも注目すべきテーマです。
  一方、「特許」はどうでしょう。この場合、特許を保有する企業は無形の資産を持つことになるので、利益を生み出す力が強い企業。となるでしょう。特許がどれだけの価値のあるものなのか、どのように利用しているのか、外国企業などに特許侵害をされながらも指を加えて見ている状態なのか、等チェックすべき点は残りますが、利益成長が見込める点では、「投資」の選択基準に合致します。

 では今回の「なでしこ銘柄」ですが、銘柄の選定では(1)女性の働きを後押ししているか(2)仕事と家庭の両立を支援しているか――などを重視するとしています。具体的には、
○管理職にどれだけ女性がいるか
○女性活用を後押しする社内組織があるか
○育児支援制度があるか
○有給休暇がどれくらい消化されているか
○女性の平均勤続年数はどれくらいか
○経営トップが女性登用の方針を掲げているか
となっています。
 女性が持つ発想や、きめ細やかな行動など、企業経営に積極的に利用すべきだと思います。女性の社会進出は、少子高齢化社会におけるテーマであることも間違いありません。ただし、それが企業の利益成長に結びつくかどうかは、ケースバイケースだと思います。
 一応、ROEなど財務指標が優れているのかどうかも選択基準にあげられていますが、「環境」のように利益には直接結びつかないのでは?と現段階では思っています。であれば、「なでしこ銘柄」だから投資対象!とはならない可能性が高いと考えます。
 東証は「なでしこ候補」として選んだ約100銘柄について、過去数年間の株価の動きを指数にし、その指数を公表。市場平均との比較を明らかにする。とのことなのでその結果も楽しみに待ちましょう。

 最後に。
 このような動き自体は「投資」に参考となる動きであることは間違いありません。しかし、選択基準として注目→投資→値上がり→利益確定売り。となるのであれば、「トレード」の材料でしかありません。
 自分の投資基準をしっかりと持ち、この前提が崩れない限り、投資先企業の応援団となって一生、株主として付き合って行く。株式投資ってそうするものだよ、その点の教育がなければ、せっかくの素晴らしいアイデアも水の泡です。
 東証さん、その大事な点の教育、普及について見落としされていませんか?一度、これからの株式投資教育のあり方について、東証さんとしっかり話をしたいなと思います。

Posted on 2012/10/26 Fri. 11:11 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  安定株主  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

26

今年は株高?二つの相反する経験則 

今年は株高か?二つの経験則が対決!

このような記事が日経電子版にありました。
長く続きl歴史のある株式市場にはアノマリーと呼ばれる、理論的に証明できるわけではないが、経験則として当たることが多い。そんな法則があります。今回の二つのアノマリーとは
① 1月の相場が高い年は年間を通じて値上がりする。
② 企業業績が下方修正される年は値下がりする。
と言うものです。ただ、今年は、①に当てはめると今年は値上がり。②に当てはめると今年は値下がりとなり、どちらかが外れることになるのです。

他にも大統領選挙をネタにしたものや、干支による相場観、彼岸底、小型株効果など、多くのアノマリーが語られ、真面目に議論されることも多くあります。
あと2ヶ月近くで今年の相場にも決着がつきます。果たして①のように値上がりするのか、②のように値下がりするのか。興味はつきません。
みなさんはどう思われますか?


このような話がありますが、いずれも投資家の心理を探るものです。であれば、「投資」か「トレード」と区別すると、「トレード」のニュースでしょう。アノマリーをつまみに何時間でも飲んでいられますが、「投資」にこだわる株式投資においてはどうでも良い話です。
これを知らなければ株式投資ができない!なんてことはまったくありません。
好きな人は勝手にして下さい。そんなものです。
アノマリー?どうでも良いですよ。と語る投資本や投資セミナーはほぼ皆無でしょうが、投資には本当は関係ありません。ただただ業績の推移を見守ることです。

「投資」にこだわると株ってシンプルなのです。



Posted on 2012/10/25 Thu. 17:45 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  本当の株式投資  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

25

宝ホールディングスのIRは? 

松竹梅でおなじみ宝ホールディングス

宝酒造、タカラバイオ、宝ヘルスケアなどの持ち株会社の宝ホールディングスです。ホールディングス形式は業績や企業の方向性など、正直分かりにくいのですが、どんなIRになっているのでしょうか。

とてもシンプルに見えますが、上手に整理されたIRです。
過去のデータも15年分がダウンロードでき、十分な資料が整います。
中期経営計画等やその進捗状況などもよく分かります。ただその中の構成はイメージの強調が全面に出ている気がしてなりません。本当にこの目標は達成できるのだろうかと不安になることは確かです。具体的なものを希望します。
また、セグメント(持ち株会社ごと)別の売上や利益構成はよく分かります。要は宝酒造が頑張らなければいけないと言うことですね。

 一方、利益水準に比べ特別損失が大きい気がします。確かに震災の影響があるのでしょうが、それだけではなく、毎年計上されています。
問題は、具体的な項目がわかりにくいことです。毎年の決算書を時間をかけて読むと、何とか項目は分かりますが、もっと分かりやすいところに出してもらいたい。そして、今後は発生するのかしないのか、目安でいいので出した方がいいでしょう。

点数です。
①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか           ☆☆

総合点は、60/100点です。


最後に、「平成25年3月期 第2四半期累計期間の連結業績予想数値の修正」とのプレスリリースが出ましたが、中身は大幅な純利益の下方修正です。一株当たり利益で5円84銭から1円95銭への急減です。
修正の理由は次のようなものです。
 「平成24年7月27日に公表した平成25年3月期 第1四半期決算において、投資有価証券評価損697百万円を特別損失に計上しましたが、第二四半期累計期間では、約10億円の投資有価証券評価損を特別損失に計上することとなったことなどにより、四半期純利益が前回発表予想(平成24年5月9日発表)を800百万円(△66.7%)下回る見込みとなりました。」

分かりますよ。しかし、どんな運用をしているんだ?いた仕方ない運用なのか、ギャンブルに近い運用の失敗だったの?ここからは何もわかりません。もし株主となっていたなら、怒りを覚えるレベルのプレスリリースです。
ここ数年個人株主の割合がどんどん低下しています。その原因はこのようなところにあるのではありませんか。

一刻者は美味しかったです。タカラcanチューハイは発売当初からお世話になっていました。
しかし、このIRを見ると、株主として将来の夢に酔うことはできません。

時代は個人株主目線のIRです。IRの見直しから始めませんか。

Posted on 2012/10/25 Thu. 08:45 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  安定株主  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

25

NY株急落!業績懸念で 

米国ダウ平均株価243ドル安、業績懸念で

 23日の米株式相場が大幅に下落。ダウ工業株30種平均終値は前日比243ドル36セント安の1万3102ドル53セント。

 特にヨーロッパ関連で悪いニュースは無かったので、業績懸念で下がっているのでしょう。同じ値下がりでも、「トレード」の要因で下がることもあれば、「投資」の要因で下がることもあります。
 市場全体のダウ平均が下がっても、個別株とは直接関係しませんが、昨日は、従来の優良企業の業績下方修正が大きく影響しています。であれば、個別株投資の「投資」にも影響するニュースとなります。
 アメリカでの話であっても、投資の手法・着目点は変わりません。自分の投資に役立てることができます。

 もう少し細かいところを確認してみると、

 ○工業製品・事務用品のスリーエムは、2012年12月期の1株利益予想を引き下げ。
 ○化学のデュポンは7~9月期の売上高が9%減に。3年近く続いた増収がストップ。
 ○航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズも先行きの見通しを下方修正。

 ○物流大手のUPSは小幅の減益決算を発表。

 スリーエム、デュポンは景気敏感株の代表的な銘柄です。他の景気敏感株にも同じような下方修正となる可能性があります。保有株の業績見通しはもう一度チェックする必要がありそうです。

Posted on 2012/10/24 Wed. 17:53 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

tag: 投資銘柄選択  株式投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

24

ドトールのコーヒーを飲みながら 

ドトールのコーヒーを飲みながら

これから日本国債のセミナー講師をしに行きますが、その前の時間をドトールコーヒーでくつろいでいます。
では、ついでに。ドトールのIRをチェックしてみました。
正しい上場会社名は、株式会社ドトール・日レスホールディングスですが、少々長いので、ドトールと表記します。
 かつて、スタバはゆっくりとくつろげるソファーなどがある。一方、ドトールは小さな椅子で、美味しいコーヒーだけ飲んだらさっさと帰りなさい、のようなイメージだったのですが、今はくつろげる作りになっていt、実際くつろいでいる人がたくさん見受けられます。
 経営戦略としてどうすべきなのかはおいておき、IRの感想をご紹介します。
 かなり前から月次売上高の情報を公表するなど、IRに前向きなイメージがありましたが、今もシンプルながらしっかりとした構成です。経営者の考えることや、今後の経営方針などは決算説明会資料や株主通信で述べられており、よくわかります。目標としてROEベースで一桁ではないと思うので、二桁にするための戦略などあればもっと良かったですね。


①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか           ☆☆☆

総合点は、64/100点です。


希望はですね、配当性向を目標として上げているのであれば、「前年は利益が減少したので、配当性向が50%になりましたが・・。」はやめてませんか。配当性向30%ならば潔く利益連動で配当も減らす。その方が、ドトールと株主、お互いに緊張感が持てる関係になると思います。
その代わり精一杯応援するので、その時はしっかり配当をもらいます。そんな関係がベストです。
 であれば、もっと分かるように訴えなければならないでしょう。
「投資家のみなさん、株主になってドトールに来ませんか。美味しいコーヒーいれて待ってます。ドトールは美味しいコーヒーと株主のみなさんとともに日本一のコーヒーショップになりたいんです。そして、アジアの各国のみなさんにもこの素晴らしさを伝えたいんです。」そんなアピールができれば、スタバに行くことはないでしょう。友達や彼氏彼女と一緒にいてもさりげなくドトールに向かうことでしょう。
 これからの企業と株主の間にはそんな関係を作るべきでしょう。株主=ドトールのファンです。
 そう考えると、年に数回しか使わない株主優待などやめて、株主カードを作り、毎回割引をする。来店ポイントに応じて、株券をプレゼント。などの形態にするのはいかがでしょうか。
 ドトールの株主なのにスタバに行く投資家は数多くいるのではないでしょうか。

IRには個人安定株主を増やす目的もあります。そんなIR作りのアドバイスをしています。



Posted on 2012/10/23 Tue. 17:19 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  安定株主  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

23

第十一章 魔法の貯金箱の選び方 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/23 Tue. 12:10 [edit]

category: ● 魔法の貯金箱の選び方

TB: --    CM: --

23

電力5社値上げ! 

電力5社が値上げ!

来春以降ですが、関西電力を始めに北海道、東北、関西、四国、九州の各電力会社が値上げする見通しになったとのことです。

これは、次のような観点から、今後の投資や運用にとって重要なことだと考えます。

 ①家庭向けで1割、企業向けで2~3割と投げ幅が非常に大きい。
 ②値上げ理由が、前向きな設備投資などでなく火力発電所の燃料調達費が高騰していることである。
 ③値上げしても業績改善に結びつきそうにない。

 ①に関しては、現在の日本を苦しめている元凶が給与の減少、厳密に言えば給与以上に減っている、可処分所得の減少であり、電力料金の値上げはこれに拍車をかけることになるため大きな問題です。家計に関しては節約が大切ですが、日本全体で見ればいかに今後消費を増やしていくのかが、人口減少社会において大切なことです。しかし、生活に余裕がなければ背に腹は変えられません。とても積極的に消費する気にならないでしょう。
 可能な企業は給与を引き上げる。小さな政府を目指し可処分所得の減少はできるだけ避ける。でなければ、国全体が縮み活気がなくなります。
 もちろん、株式投資に精を出しても、そんな状態であればしっかりと収益を上げられる可能性が減少します。その点からも重要な問題です。

 ②に関しては、本日発表になった9月の貿易収支(5586億円の赤字)にも関係してきます。貿易収支が赤字でも、海外への投資などで得られる所得収支が黒字であれば、合計数値の経常収支は何とか黒字にできるかもしません。
 今の財政の赤字を考えると、経常収支の黒字はMUSTです。経常黒字であれば国債がだめになることは無いと考えますが、経常赤字が慢性的になった場合には、到底安心してられません。
 その時には、短期的なものかも知れませんが、金融システムを始め、日々の生活に大きな影響を受けることは避けられません。これはなんとしても避けなければいけないことです。そのためには、経常収支を悪化させる要因は取り除いておかなければならないのです。
 原発の事故も確かに恐ろしいことですが、原発停止により燃料費が高騰することも恐ろしいことです。事故が発生する確率を冷静に見ると、原発<国債暴落が引き起こす経済の混乱、としか思えません。であれば確率の高いものを事前に押さえつけておく。これが正しい道ではないでしょうか。

 ③は投資との関係です。値上げをすること自体は、企業にとって悪いことではありません。値上げしても顧客が離れない強い企業は、むしろ目標にすべきことだと思います。
 一般的には、値上げをすると業績の改善につながるので、投資対象に新たに加えていきたいものです。しかし、今回の値上げは赤字を穴埋めするもので、値上げ後の将来にわたる収益にはプラスになりそうもありません。
 値上げが、インド国内電力の改善であり、その効果が長期的な業績の下支えになる。そんな目的のための値上げであれば、喜んで受けれますが(もちろん、同時に株主になることもセットです。)、今回の値上げはまったく賛同できません。


 同じ値上げでも、利益への反映を常に考えなければなりません。
 同じ思いの者が一同に集まり、この値上げは長期的な利益成長に結びつくのかどうか?を議論する。そんな、株式投資の勉強会をバックアップします。
 ご相談ください。

 

Posted on 2012/10/22 Mon. 23:40 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

22

音楽で夢を与えるJEUGEA 

音楽で夢を与えるJEUGEA

CDの発売や音楽教室で夢を与える、与えてくれるJEUGEAですが、株主にも夢を与えてくれるのでしょうか?
株式を持つことは、将来の企業を、大きくなった企業を夢見ることです。音楽も株式も同じです。私たちは夢を与えます。そんなIRだとうれしいですね。

ホームページにはIRの言葉はなく、会社情報。もしかして、、、確認すると、企業概況や財務情報がありました。
見やすくはなっていますが、その理由はシンプルだから。
わずか二年間の部門別売上高が別表で見つかりましたが、悪く言えば何にもないですね。
財務情報には5年分の短信、4年分の業績一覧がありましたが。。。

「企業価値をさらに高め、事業の拡大と収益力強化を行って、お客様、株主様、お取引先、従業員および地域社会に信頼される会社を目指してまいります。」との社長の言葉が虚しく響いてきそうです。

JEUGEA株では夢を持てそうにありません。音楽で夢を見ることにしましょう。

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。               ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか           ☆

総合点は、28/100点です。

Posted on 2012/10/21 Sun. 20:19 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: IR  安定株主  個人投資家  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

21

STEP9 内部留保と一株株主資本 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/20 Sat. 08:36 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

TB: --    CM: --

20

餃子の王将は京都発祥 

餃子の王将は京都の四条大宮発祥です。ご存じでしたか?

僕も遥か昔の高校生の頃から王将にはお世話になりました。そんな王将のIRはどうでしょうか。
一言で言うと、もったいない!でしょうか。
意外に業績は堅調と言えます。他の外食産業企業と比べても、伸びや営業利益率も優秀です。株価も(詳しく確認していませんが)少なくとも割高ではありません。東日本を中心とした空白地域への出店で伸び代もまだまだあります。世界に進出することも良いのではないでしょうか。

では何がもったいないのか?それは、意外なこれらの情報が、決算短信の下の方、または株主総会資料と言った目に付きにくい奥の奥にあるからです。
頑張って個人株主になってもらいましょうよ。そして、株主にはファミリーレストランに行かず王将に来てもらいましょうよ。そして、業績アップで株主も資産形成の一部となる。そんなサイクルを作りましょうよ、王将さん。

そのためには、日本に王将あり。王将の株主になると素晴らしいことがありますよ!とアピールしなければいけません。個人株主を作る目的でのIRを作らなければいけません。

①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。                 ☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆

総合点は、48/100点です。


安定株主を増やすことも念頭に置いたIRを作りませんか。
ご相談は、info@makeit-fp.jp まで。


Posted on 2012/10/19 Fri. 08:03 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  IR  株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

19

早い!!中国GDP発表 

これは早い!!
 つい先日9月が終わったところですが中国の第三四半期GDPが発表されました。
 何がすごいかって、そのスピードです。日本の第三四半期GDPは(7~9月)期間後から、およそ一ヶ月半後の11月半ば。アメリカは少し早く、翌月末の10月末。他国も似たようなものですが、中国は早い早い。面積や人口の小さな国であればまだしも、超大国でありながらスゴイ。そのスピードは素晴らしいものがあります。

 その正確さには疑問が拭えませんが、前置き(褒め殺し?)はおいておき、結果は対前年比実質成長率が7.4%増、対前期比2.2%増でした。
 この数字は7期連続で鈍化、市場予想や中国政府の成長目標(7.5%)の水準をも割り込んだあまり芳しくない数字です。もはや中国でも8%を超えるような成長は難しいのでしょうか。
 低成長の日本や諸先進国から見れば羨ましい数字ですが、当の中国は危機感を持って、経済対策に力を入れているようです。経験則では、中国は効果が出るまで諸対策を意地になって続けるため、今後も手を緩めずにどんどん対策を出してくるのでしょう。このため当面はそれほど深押ししないと考えます。
 しかし、その結果、国営企業の設備過剰や生産過剰を引き起こすなど、経済の歪がだんだんと深くなっていくような気がしてなりません。
 
 成長鈍化の背景は国内外の需要低下と言われています。これにより輸出が減少し、国内の生産活動も動きが鈍くなります。景気を下支えするためのインフラ投資が激減しない限り、何とか7%台後半を維持すると考えますが、欧州をはじめ世界経済の先行き不安、沖縄県・尖閣諸島を巡る日本への強硬姿勢で対中投資が一段と細るリスク。これらの不安定要因や、11月の最高指導部が交代する11月の共産党大会以降の政策も現段階では不透明なことも念頭に置かなければいけないでしょう。
 
 このニュースを受け、「トレード」ではどうすべきでしょうか。・・難しいですね。これからのさらなる悪化を見越して、中国株を売っていくのか、それとも中国政府のゴリ押しの経済対策を期待して、此処らあたりで買いを入れるのか??
 分かりません・・・やはり僕の動きの悪い頭では、「難しい」「分からない」としか言いようがありません。みなさんはいかがお考えですか?
 
 では、「投資」の観点からはどうでしょうか。分からないものには手を出さず、当面は様子見。中国関連企業の業績を確認し、ある程度の反転が見え始めたときに初めて買いでしょう。それまでは、もっともっと株価が低下することを楽しみに待ちながら、本当の割安水準に来るのを黙って眺め、一方で、他の中国関連でない優良銘柄を探すことに専念する。これが正しい道でしょう。
 もちろんこの水準になれば、自分の投資基準に合ってくるので、指値はこの値段!を事前に決めておく事が必要となります。


 同じニュースでも、投資に役立つニュース、そしてトレードに役立つニュースがあります。今回のようにどちらにも関係あるけれども、着目点や対応が異なってくるニュースもあります。

 常に、投資orトレード?どちらに役立つニュースなのかを確認する行いの蓄積はあなたの投資能力を高く高く引きあげることでしょう。

 投資とトレードって同じ株式を使うとしても、全然違った手法なんだ。そんな話から始める勉強会をしてみませんか。詳細は、画面右下のメールフォームよりご連絡ください。

Posted on 2012/10/18 Thu. 16:31 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  本当の株式投資  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

18

株取引が世界で減少 

株取引が世界で減少 7~9月、7年ぶり低水準 債券にマネー流出
2012/10/17 日経新聞より抜粋

 株式取引が世界で減少している。2012年7~9月の売買代金は約7年ぶりの低水準。投資家が価格変動リスクを極端に恐れ、株式から債券などに資産を振り向けている。欧米での規制強化の流れも逆風だ。株式市場の活力低下が続くと、企業への成長マネーの供給が滞りかねない。
米国では7~9月のNYSEの売買代金が前年同期比、約4割減り、四半期ベースで約8年ぶりの低水準。10月に入っても低調な商いが続く。ロンドン証券取引所も約7年ぶり。
東京証券取引所第1部も8年ぶりの最低水準だった昨年10~12月期に迫る少なさだ。世界全体では約11兆ドルと05年以来の低水準。
 株式売買の低迷が続くと、思い切った設備投資などができなくなる恐れがある。次世代を担う企業の育成にも支障が出かねない。調査会社ディールロジックによると1~9月の世界の新規上場は前年同期から38%減った。
 市場に資金を戻すには、不透明感の払拭へ「各国が取り組みを重ねるしかない」との声が多い。


 
 このニュースは「投資」にとって大きな意味を持っています。
 取引減少の原因は確かに、成長期待が持てなくなりリスクを恐れていること、規制の強化などでしょう。この為、年金や金融機関が株式保有割合を減らすことで株価や取引高の低迷となっています。
 これは大いに「投資」には影響します。と言うのは、「株価=一株利益×PER」別の表現では「株価=企業業績×市場心理」のように株価は2つの異なる要素の掛け算で求められるため、市場参加者の投資意欲の減退は、PERの低下となって株価を引き下げる原因になります。
 このため、いくら業績の良い企業を選んだとしても、PERが低下すると株価上昇に下押し圧力がかかり、思うような収益を上げることが難しくなります。

 では、「投資」を志す投資家はどのような対策を取ればよいのでしょうか。

①成長が期待できる銘柄を厳選すること。
 年金やファンドなどの大きな資金を扱う投資家は、個別銘柄もさることながら市場全体の成長や見通しに注目します。インデックスで運用している場合は個人も市場全体の動きに注目する必要があり、これからの日本への投資は躊躇して当然でしょう。しかし、個別銘柄に「投資」をする場合は、市場全体よりも個別銘柄の事情を加味しなければいけません。このご時世でも株価を大きく伸ばす企業は数多く存在します。
 この成長株を見つけることができれば、市場全体の見通しは暗くても、自分だけはしっかしと収益を上げることが可能です。より一層厳選することが大切であるとともに、成功への近道となります。

②PERの高いところで買わないこと。
 そもそも「投資」と「トレード」におけるPERの利用方法は根本的に異なっています。短期の値幅取りを狙う「トレード」においては、PERの上昇を収益の源泉とするため、(買いタイミングを測るときは)PERの反転を待つことになります。すなわちPERの変動こそが、とても大切なポイントとなります。

 一方、「投資」においては、短期的なPERの動きは雑音として頭の中から消し去ってしまい、企業業績の動きだけに注目する手法です。ではPERは関係ないのかというとそうではありません。
 明らかに割高なところで投資をしない!この目的のためにPERを利用します。同一企業の過去のPER水準と比べ、現在の割高さを測るのです。
 このように考えると、「投資」における売買高が減少する局面への対策は、割高、割安の判断基準を厳しく見ることです。過去の例においては割安水準に入っていても、今後はもっとのその水準が下がるかもしれない。そう考えながら、厳しく見るようにしなければなりません。

 あまり、良いニュースではありませんが、現実の状況を受け止め、対策を考えることです。

 最後に、不透明感の払拭、が必要と記事中ではなっていますが、大切なことが抜けています。特に日本市場について考えてみると、それは、あまりにも「トレード」に偏向した投資教育です。
 株式投資はギャンブルのようなものなので、値上がりすればすぐに売ってしまいましょう。こんな教育をすればするほど、本来、株式市場における重要なプレーヤーの一角を占める個人投資家がどんどん逃げていきます。自分の選択基準を持ち、そのタイミングが来た際には(市場環境に関係なく)、胸を張って株主になる。そして、素晴らしい企業の株主になった暁には、売ることなど考えないで企業を応援する。このような思考が日本中に広まったとき、日本の将来、株式市場の将来は大きく変わると思います。
 これまで株式投資を積極的避けていた個人投資家に株式投資の素晴らしさを教え、株式市場に呼び戻すこと!これがもっとも大切なことです。


 本当の株式投資を日本に取り戻す。そんな活動をしています。「投資」にこだわる株式投資教育を推進したい。自分たちも学んでみたい。
  → ブロッグ画面右下に直通メールを準備しています。是非お問い合わせください。

Posted on 2012/10/17 Wed. 10:16 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資銘柄選択  投資とトレード  本当の株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

17

第十章 2つ目の貯金箱 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/16 Tue. 23:53 [edit]

category: ● 魔法の貯金箱の選び方

TB: --    CM: --

16

阪急電車の沿線に住んでます 

ふと外を見ると阪急電車が走りすぎて行きました。
よし、阪急電車を見てみよう。と言うことで、阪急電車のIRをチェックしました。

関西圏のGDPはオランダ一国と同じくらい。その関西圏の大動脈です。関西圏で住みたい街の上位20都市の中で、15位を除く他の街のすべてが阪急・阪神沿線にあります!と近鉄や京阪、南海に対抗してます。ブランド価値の創造と言うものは企業経営に必要不可欠なものであるため、良いんじゃないですか。

簡単に言うと阪急電車ですが、今は阪神電車と合併し阪急・阪神ホールディングスになっています。では電車だけかと言うとそうではなく、よくよく考えるとバスやタクシーはもちろん、百貨店、コンビニ、不動産、映画館、ペルソナカード、阪急そば、んん甲子園球場も宝塚歌劇も。と盛りだくさんの事業があります。
部外者には分かり難い収益構造や、今後の姿がわかり易く解説してくれているのか、その辺りがポイントでしょうか。

まず、グループなのですが、映画館部門(東宝)と商業施設部門(エイチ・ツー・オーリテイリング)は正しくは別会社。でした。

売上の主力は都市交通、第二位は不動産、第三位はエンタテイメントと続いています。鉄道会社は沿線の開発とともに発展してきたことがわかります。
このような情報が、株主通信、ファクトブック、アニュアルレポート等の中で詳しく書かれています。読むのに時間はかかりますが、調べたい事柄はほぼ網羅されています。

基本的には分かりやすいIRと思いました。
要望をあげれば、乱高下の激しい業績に対する説明、業績・配当目標を具体的にどこにおいているのか。そのための具体的な戦略。
そして、是非株主になってもらいたい!との直接的な表現。このような点がもっと充実すれば良いのですが。


①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。                 ☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆

総合点は、80/100点です。


安定株主を増やすことも念頭に置いたIRを作りませんか。
ご相談は、info@makeit-fp.jp まで。

Posted on 2012/10/15 Mon. 22:56 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  安定株主  IR 
TB: 0    CM: 0

15

高給会社はどこ? 

高給会社はどこ?

文字通り、給与の高い会社です。
給与の高い会社、と聞いた瞬間にくそ~と思うかも知れませんが、僕としてはもっと給与を上げなければ日本はだめになる。と思っているので、それなりの働きをしているのであれば、見合った高い給与があってもよいと思います。
平均的な給与が下がる時代!これはほんと恐ろしいことです。これまでの生活の常識がすべて変わってしまうことになります。「住宅?買ってる場合じゃないですよ。教育?教育費負担をしている場合じゃないですよ。」そんな風に答えざるを得ない時代へと突入する原因になります。

可能な企業から、給与はどんどん上げませんか。


そういうことで、ハードルは高く、初任給25万円以上!平均年収1000万円以上!の設定をしてスクリーニングをしてみました。
抽出式は、[平均年収(万円)(-1)]≧1000 と [大卒初任給(千円)]≧250 を共に満たす企業です。

そんな企業・・・と思いますよね。
ところが、ありました・・・5社も・・・。さすがに言葉がありません。
どこの企業かって?四季報のCDROMはこんな情報も入っているので、是非お買い求めになってスクリーニングしてみてください。

Posted on 2012/10/14 Sun. 22:10 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

14

STEP8 配当に関する指標の利用 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/13 Sat. 23:49 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

TB: --    CM: --

13

ソフトバンク大型買収へ 

ソフトバンク大型買収へ


今日のビッグニュースはソフトバンクの大型買収交渉でしょう!

まずは概略を確認すると、
~ソフトバンクが米携帯電話3位のスプリント・ネクステル、そして5位のメトロPCSコミュニケーションズの買収に。しかし、これを受けた12日の東京株式市場では、株価終値が17%安の2395円まで急落。下落理由は多額の買収資金調達による財務負担~となっています。


このニュースをどう考えれば良いのでしょう。
今後の株価に期待を持てる点、危機感が生じる点のそれぞれがあります。

期待点から見ると
 ・米国の周波数帯を得ることになる。
 ・米国でTD―LTE方式のサービスを行い、アジアとを結ぶネットワークの構築。

危機感の点は
 ・これまで削減を進めてきた有利子負債(最大で約2兆円⇒5500億円)が、2兆円とも言われる買収資金で再び膨らむ可能性がある。
 ・スプリント・ネクステルは5期連続の最終赤字である。買収後、収益を上げることができるのかどうか?


 過去にも大きな借入を行い、ボーダフォンを買収。その後債券市場ではソフトバンク破綻説もありましたが、そのトラウマが大きかったのでしょうか。短期のトレード市場はマイナス点を意識した株価の決定としました。
ちなみに、破綻時の保険と言われているCDSにおいても、一日で76%必要保険料が上昇し、302に。ちなみにシャープは 4215。日本国債が100を切っていることを考えるととんでもなく悪い数値です。
ただし、トレードの話なので週明け以降どうなるのかわかりません。12日も出来高が伴っての下落なので、前向きに評価しているトレーダーも多くいると思われます。
 正直、TD-LTEがね!と言われてもピンとこない僕には、この買収が吉と出るのか凶と出るのかまったくわかりません。(それどころか、この買収が本当に成立するかどうかもわかりませんが・・・。)今後、続々と出てくるであろうアナリストのコメントや記事を頼りに推測するのみです。

 そんな状態で「投資」を考えた場合、どうすべきでしょうか?
 答えは一つ!「分からない!」です。何といい加減な~とおもわれるかも知れませんが、知ったかぶりでソフトバンクはきっと・・・、と言うよりもずっと正直だと思います。
 他の買収もそうですが、やってみないと分からない!が答えです。よい会社同士でも、悪い会社同士でも分からない。

 このため、「投資」においてはニュースにすぐに反応するのでなくじっくりと状況を眺め、買収・合併が良い方向に動き、投資価値がありそうであれば投資する。そんなスタンスでよいでしょう。

 であれば、ソフトバンクのニュースもトレードに関するニュースであり、「投資」においては直接関係しないニュースと言えます。

Posted on 2012/10/12 Fri. 19:07 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

12

ファインセラミックスの京セラ 

ファインセラミックスで未来を創造する京セラのIRを見てみました。

はい、特にこうすれば・・・はありません。非常に整った見やすいIRで、伝えたいところはここ!と言うのもよくわかりました。業績に関しても、悪ければ悪いなりの理由がよくわかり、「応援したい!」そんな気持ちになるIRでした。
ということで、私などには改めて書くことがありません。
あとは業績ですね。もう少し業績が伴えば、是非個人株主になってみたい企業です。


①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆☆☆☆☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆☆☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。                 ☆☆☆☆☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆☆☆☆

総合点は 96/100点 です。

⑤が満点でなかった理由は、業績が素晴らしいものになることで、個人の資産形成につながるんだ!そして、社会に貢献する企業の株主になることで、自分も将来の日本に貢献しているんだ!その思考過程が一般的には普及してないと思うからです。すなわち、(本来は上場企業の役割でないかも知れませんが)企業に本当の意味での投資をすることが社会貢献になる。この点が今の日本の投資家は(残念ですが)分からないので、この過程の説明もIRにて行なって欲しいと思うからです。
 そうでなければ、どんなにIRでアピールをしても、株価は上がったら売ってしまうもの!そのトレード的な考え方はなくなりません。安定株主の獲得にもならないからです。

Posted on 2012/10/11 Thu. 11:26 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  IR  投資とトレード  安定株主 
TB: 0    CM: 0

11

一番当たるマネー誌は? 

一番当たるマネー誌はどれか? 

 個人投資家の投資指針の一つとなるのがいわゆるマネー誌である。どれが一番優れているのかを検証すべく、マネー3誌掲載の日本株個別銘柄を推奨する記事をチェックし、各誌の3カ月間のパフォーマンスを検証してみた。
 今回、比較に使用した銘柄推奨記事は、ダイヤモンドZai2012年3月号「2012年を乗り切る日本株大作戦『中長期投資編6銘柄じっくり待って2~3倍増を目指せ!』」、ネットマネー3月号「今月の爆騰24銘柄!『株プロ7人の袋とじ本命株」、日経マネー3月号「株の達人に聞く特選10銘柄」の3つ。
 各誌の推奨銘柄を、発売の翌営業日である2012年1月23日に、読者が単元株式数(最小売買単位)ずつ購入したものと想定し、4月20日までの投資成績を日経平均株価と比較した。

 ダイヤモンドZaiは、全銘柄に投資した場合の利益率はネットマネーの後塵を拝したが、銘柄間の格差が小さかった。大きな利益は出なかったが、安定性という魅力があったといえるだろう。

 全銘柄に投資した場合の利益率がトップだったのはネットマネー。しかし、銘柄のばらつきも大きかった。0.45%下がった銘柄(ラックホールディングス)があった一方で、68.3%と、まさに記事のタイトルの通り「爆騰」した銘柄(ウエストホールディングス)があったのが要因である。金融理論的に見ると、このブレは外れるときにも大きくマイナスに作用すると考えられるため、全体的には投機性が高い銘柄選択であったといえる。

 日経マネーについては、全銘柄に投資した場合の利益率がマイナスであった。記事で推奨していた10銘柄のうち、値下がりが3銘柄もあり(日特建設、菱電商事、日本板硝子)、特に、31.41%下がった銘柄(日本板硝子)があったのはいただけない。また、値上がり幅が最も大きかった銘柄(フランスベッドホールディングス)でさえ上昇率は11.19%にとどまった。

 とはいえ、各誌ともタイミングを当てていればそれなりに利益確定ができていた。ただ、それぞれ程度の差はあれ、動き方は日経平均とほぼ同じであった。つまり、ある程度の銘柄数になると、日経平均そのものに投資することと効果があまり変わらなくなるといえる。
 私はもともと、銘柄選択なるものはまったく信じていない。3カ月という短期間ではあるが、今回の分析からもわかるように、結局、日経平均に投資していたこととそれほど大きく変わるわけではないことが明らかなのだから、個人的には、雑誌で推奨された個別銘柄を購入するのであれば、代わりに日経平均のETF(上場信託投信)を購入するだろう。
 ~プレジデント 10月9日(火)より抜粋~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 なかなかおもしろい視点の記事ですね。それぞれのマネー誌の特徴が出ているような気もします。
 マネー誌の編集関係の方からみれば、「それは銘柄ピックアップを記事にした個人の問題でしょ。それをもってマネー誌の優越に繋げないで!。」との声が聞こえてきそうですが。
(マネー誌の担当者が、その銘柄はちょっと・・・とは言いませんので。)

 僕としてはその他にも突っ込みどころ満載なので、ご紹介します。
 6,24,10銘柄と取り上げた銘柄数が違うのに、比較してよいものか・・・。
 1月23日~4月20日は今となっては、2月の日銀・ECBの金融緩和があり、市場全体の環境がもっとも良かったと言えるとき。この瞬間だけを切り取って、ひとつの結論とするには強引過ぎないか。
 2~3倍、爆騰、特選とそもそもの目的が違う。個別株は同じようなものではありませんね。個別株の中でも一発勝負、じっくり長期保有、安定した配当狙いなど、投資目的で選択銘柄が違ってきます。それを騰落率だけで片付けるのは少し・・・。
 「各誌ともタイミングを当てていればそれなりに利益確定できていた。」とありますが、過去を振り返ったときの結果を知った後の話ですよね・・・。売り時が一番難しいのでは?過去のふり返りは役に立たないです。
 ある程度の銘柄数に達すると、との前提で日経平均と比較をしていますが、この銘柄数である程度の銘柄数とすることは無理なのでは・・・。ちょっと強引?
 「程度の差はあれ、動き方は日経平均とほぼ同じであった。」この文章矛盾していませんか。個別株への投資ではこの差が大切なのでは。実際の騰落率の差も記載されていないので、筆者の考えが正しいのか間違っているのか、それすら判断できません。
 もともと銘柄選択を信じていない人ですよね。個別銘柄など何を買っても同じだよ、と決めつけている方ですよね。その人に銘柄をテーマにした記事を依頼するとは・・・。この点はプレジデントさん、おかしくないですか。レベルを疑いますよ。
 「日経平均に投資していたこととそれほど大きく変わるわけではないことが明らかなのだから、個人的には、雑誌で推奨された個別銘柄を購入するのであれば、代わりに日経平均のETF(上場信託投信)を購入するだろう。」とありますが、むむむ。。。何故、ETFが優先なのでしょう。理由がないのでわかりませんが、ETFのもっとも優れているコストの安さの面で言えば、個別株をネット証券で購入し保有し続けるほうが安いですよね。結果が同じであれば個別株!が正解では。


 気がつくと⑧までいってしまいましたが、
そもそも、3ヶ月で結果を出してしまうのはトレードです。今回の記事がトレーダーたちの腕前競争!とのタイトルなのであれば納得できますが、投資を志す方にはまったく関係のない話です。
 トレードを成功させようと頑張る価値があるのは、本職の方だけ。他に職を持つ一般投資家にとっては、トレードの優越をまじめに語っても仕方ありません。昨日のパチンコの勝ちと、一昨日の負けの原因を必死で探そうとしているようなものですから。

 投資とトレードの区別がまったくなされていないので、一見、理論的で説得力のある記事と思いますが、その実態はお寒いものでした。

Posted on 2012/10/10 Wed. 11:06 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  本当の株式投資  投資銘柄選択  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

10

8月経常収支黒字4.2%増 

8月の経常黒字4・2%増 貿易赤字縮小でプラスに

 9日財務省発表の8月の国際収支速報では、海外とのモノやサービス、投資などの取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比4・2%増の4547億円。貿易収支の赤字額が減り、所得収支の黒字額が増えたため、経常黒字が増加。
 経常黒字の額が前年同月より増加したのは2011年2月以来18カ月ぶりで、東日本大震災後では初めて。
 なお、輸出から輸入を引いた貿易収支は6445億円の赤字、前年同月比で458億円減少。輸出は5・3%減の4兆8444億円、輸入は原油価格が下落したため5・4%減の5兆4889億円。



 経常収支が発表されましたが、まずは経常収支と貿易収支の関係を整理することが大切です。
 貿易収支はその名の通り、海外との貿易によるお金の出入り。輸出が多ければお金をたくさん受け取る事になるので貿易黒字となります。
 長らく日本は貿易黒字国でしたが、最近は赤字続き。赤字の要因に原発停止による発電燃料の輸入増があると言われています。
 一方、貿易に、(主に)海外への投資に伴う金利や配当、売買益の収支を加えたものが経常収支。これは、継続的に安定した世界トップの黒字を続けています。簡単に表現すると、貿易収支+所得収支=経常黒字と覚えておけばよいでしょう。
 
 経常収支のニュースが株式投資と関係があるのかどうか?と聞かれると、「間接的には関係することもあります。」との答えになり、すぐに「投資」に影響するものではありません。
 一方、トレードに関係するニュースですか?と聞かれた場合でも間接的には・・としかなりません。
 ここから、株式投資には直接影響がないといえるでしょう。

 しかし、今後の日本経済を考える上では非常に重要なニュースです。
 「日本はギリシャのようになるのか?」の質問に影響するからです。ご存知の方も多いと思いますが、日本の政府の借金はダントツで世界一。あのギリシャでさえも足元にもおよびません。しかし日本はギリシャのようにはなりません。(あくまでも直近の話で、3年後はどうなるのかもちろんわかりませんが・・・。)
 日本がギリシャのようにならない理由は、「日本で借金まみれなのは、厳密には政府であって、企業や個人は大金持ち!」だからです。この点はギリシャとまったく異なる状況です。そして、企業や個人が大金持ちである源が経常黒字です。
 すなわち、経常黒字があり続ける限り、日本国債が破綻してしまう可能性は小さくなります。日本国債の行方を心配する方ほど、経常収支の動きをチェックしてください。貿易収支も黒字であればなお良しですが、チェックは経常黒字です。

Posted on 2012/10/09 Tue. 16:57 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  株式投資 
TB: 0    CM: 0

09

第九章 失望のち次の魔法が 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Posted on 2012/10/08 Mon. 09:53 [edit]

category: ● 魔法の貯金箱の選び方

TB: --    CM: --

08

半期決算が続々発表 

10月に入り、3月決算期企業の半期決算が続々と発表されています。
「投資」にこだわる株式投資においては、企業業績の向上が保有株式の源となるため、決算発表、そして通期の見通しはとても重要でな情報となります。まさに「投資」に必要なニュースです。

株式をすでに保有している場合、毎日毎日株価を確認する必要はありませんが、半期に一度くらいは決算が悪化していないか、当初予定していた数字が達成できているか、確認することが必要となります。ちなみに、株価のチェックでなく業績、そして自分が投資を行う際に設定した前提条件が守れているのかどうかのチェックです。お間違えないように。

「投資」に関するニュースとして、直近に発表された主な決算を追いかけてみました。

 スカイマーク(半期)・・営業利益-20%、経常利益-25%、通期予想3%未達の恐れ
 ハウス食品(半期)・・営業利益-44%、通期予想5%を下回る恐れ、カレーが不振
 オンワード(半期)・・純利益7倍、しかし08年に比べると200分の一の水準
 不二越(1~3四半期)・・売上7%増、純利益-47%、中国向けなど振るわず
 ダイエー・・13年2月期に最終損益が50億円の赤字の見通し(前期は115億円の赤字)
 神戸製鉄所・・13年3月期の最終損益が600億円の赤字の見通し(前期は142億円の赤字)
 東北電力(半期)・・最終損益が400億円の赤字(前年は1082億円の赤字)、中間配当見送り
 東レ(半期)・・売上高-2%、営業利益-40%、炭素繊維複合材料は比較的良好
 日本ガイシ・・13年3月期の経常利益-16%、最終損益は160億円の黒字の見通し
 日本郵船(半期)・・最終損益が75億円の黒字予想から30億円の赤字になる見通し
 野村総研(半期)・・営業利益横ばい、5%増の予想から下方修正
 Uアローズ・・13年3月期の売上高が10%増、最終損益が38%増の見通し、予想を5億円上回る
 ニコン(半期)・・売上高3%増、営業利益-43%、13年3月通期は営業増益の見通し
 アデランス(半期)・・売上高10%増、営業利益240%増13年2月通期も上方修正予想
 キューピー(1~3四半期)・・売上高4%増、純利益54%増、高付加価値商品が好調
 ミニストップ(半期)・・売上高3%増、経常利益-22%、純利益9%増、通期予想は据え置き
 花王(半期)・・営業利益-10%、通期予想は据え置き
 東洋水産(半期)・・営業利益11%増、通期予想は6%増の予想を据え置きか
 アステラス(半期)・・売上高-2%、営業利益-10%、円高・薬価改定が重しに
 南海電鉄(半期)・・純利益30%増(従来予想は-45%)、LCC就航で関空利用者が増加
 
まだまだありますが、この辺りにします。
全般的に芳しくない決算ですが、中には来期以降の伸びが期待できそうな企業もありますね。日経平均がどうなろうと、伸びる企業は存在します。
企業の決算発表は、間違いなく「投資」関連のニュースです。


Posted on 2012/10/07 Sun. 22:52 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

07

定期預金0.03% VS 配当利回り4%以上 

定期預金0.03% VS 配当利回り4%以上

 元本保証の預金が、5%程度あった1990年が懐かしい2012年です。と言うより、記憶の彼方に行ってしまったような・・・。しかし、昔のこと!とあきらめてはいけません。自分で働く収入に加え、金融商品から生まれる収益の活用は豊かな生活のために不可欠なものです。

 しかし、今の低金利時代、預貯金こだわると高い利回りや金利は到底期待できません。
ではどうしましょう?

 そこで株式の登場です。株式を持つことで得ることができる配当利回りが、かなり高い割合になっており、この収益を利用しないなんて・・・なんてもったいない・・・。

と言うことで、予想配当利回りが、驚きの4%以上の銘柄をスクリーニングしてみました。

 ただし、詳しい方は何故今頃・・・と思うことでしょう。多くの企業は9月末が半期決算。この決算時に株主である投資家に配当が渡されます。なので10月になってから配当に注目・・・だなんて。
 もちろん、その点は分かっておりますが、9月の時点でこのテーマを取り上げると、取り敢えず配当だけ頂いて、権利が確定すると売っちゃえ!とのトレードを推奨していると思われるのが嫌だからです。このブログは「投資」にこだわるブログであり、株式を使った「トレード」とは一線を画したいからです。
 配当狙いがトレード?とおもわれる方もいるでしょうが、「企業の株式を保有して、企業の成長とともに保有株式の価値が高くなっていく様を優しく見つめる。」これが投資だと思っているので、最初から売っちゃえ!との気持ちが少しでも入ると、それはトレードです。


 その点はこの辺りにしますが、
 今度は「今後どうなるかわからない配当と、元本保証の預貯金金利を比べてはいけないだろう!」とのお叱りも受けそうなので、配当利回り以外にも条件をつけました。もちろん、どんな条件をつけても元本保証にはなりませんが、適当に銘柄選びをするよりも、長期的な値下がりリスクは大きく減少するだろうと考えています。

で、追加した条件は、①前期決算および②今期決算予想がいずれも赤字になっていない。しっかりと利益を出している③前期よりも今期決算予想のほうが利益が大きい。すなわち利益成長がある。です。
抽出式で表すと、配当利回りが4%以上が、[連・1株配当(円)(0)]/[DL・月足終値(円)(-1)]*100≧4
①が[連・当期利益(-1)]≧0
②が[連・当期利益(0)]≧0
③が[連・当期利益(0)]-[連・当期利益(-1)]>0

「投資」の醍醐味は、自分の投資金額と数年後の配当の金額を比べ、その高さにニヤッとすることです。このため、④予想ROEが7%以上!の条件も付けました。[連・当期利益(0)]/[連・株主持分(-1)]*100≧7

 利益成長がある限り、私の投資金額に対する配当利回りは増え続ける可能性は高いです。また一定のROEがある限り利益は大きくなり続け、長期的に株価が下がってしまう可能性は小さくなります。
 このような高配当利回り+安全弁をクリアする投資先はどれほどあるのでしょう。

 抽出の結果、99銘柄が該当しました。この中にはみずほや三井住友のメガバンクも入っています。(厳密にはHDですが。)


 メガバンクの預金に預けて0.03%を稼ぐのか?メガバンクの株式を保有して4%以上の配当利回りを稼ぐのか?安全度はもちろん違いますが、一度真摯に考えてみるべき状態だと思います。


Posted on 2012/10/06 Sat. 09:05 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  本当の株式投資  投資銘柄選択 
TB: 0    CM: 0

06

米国雇用統計発表 

9月の米国雇用統計が発表されました。
結果は、非農業部門雇用者数が11.4万人(事前予想11.5万人)、失業率が7.8%(事前予想8.2%)で、3年8ヶ月ぶりの低水準でした。。
この発表を受けドル円相場は直後は乱高下!その後ドル高方向!この数字の評価を判断しかねてるのでしょうか。
毎月毎月注目の統計です。



で、投資との関係ですが、簡単にするために、
例えば、3年後に今回の雇用統計結果が自分の保有株に影響ありますか?と聞かれたと想定してください。
影響あるのならば投資関連のニュースでしょうし、影響ないのであればトレード関連のニュースでしょう。
そう考えると、ほぼトレードに関するニュースだとなると考えられます。
雇用統計に注目!と言われますが、投資をしている人はあまり神経質にならなくてもよいニュースです。

Posted on 2012/10/05 Fri. 22:24 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  株式投資 
TB: 0    CM: 0

05

学習塾の京進 

学習塾の京進

 地元では比較的大手の学習塾の京進です。
 大証二部上場なので、東証一部などの企業とはやはり差があるのか?IRまで手が回っているのか?そんなことを考えながらホームページをチェックしてみました。

 業種上仕方ないのかも知れませんが、生徒への案内、広告が大々的に展開されIRは、一番下の部分にチョコンとありました。
 株主へのアピールはいやらしく写るのか?教育現場にお金の話はできるだけ避けたいのか?事情はわかりませんが、日本の株式教育の縮図を見ているようで少し残念な気がしました。ほぼギャンブルのような株式のトレードとは違う「投資」としての株式投資の普及の必要性を改めて感じました。

 で、IRの内容ですが、決算が安定しないことは知っていました。その理由など見受けられますが、ではどうするのか? 中期計画にはやってみたいことの記載はあるのですが、業績への関連、貢献は触れていない。この点がはっきりし、この計画ならば将来の収益の増加に結びつく!との自信を貰いたいのですがいかがでしょうか。安定しない、成長しない企業の株主になることは、やはり躊躇してしまいます。
 年次報告書にはこれらの点について少し触れていましたが、何せよほど探さないと見つからない。
 
 んん。やはり大証二部の限界でしょうか。


①IRの場所の探しやすさ。分かりやすい構成になっているのか。 ☆
②社会に必要な企業であることをアピールできているか。     ☆☆
③最低限の情報公開以上の財務等の公開があるのか。     ☆☆☆
④興味を持てるページ作りかどうか。                 ☆
⑤安定株主を作ろうとの意識が感じられるか            ☆

総合点は 32/100点 です。

Posted on 2012/10/04 Thu. 10:11 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  IR  株式投資 
TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。