04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

向日市の殺人容疑者がしているのは投資でなくトレード 

向日市の殺人容疑者がしているのは投資でなくトレード

 

京都府向日市で昨年12月、筧勇夫さんが青酸化合物によって殺害された事件で、妻の千佐子容疑者が数年前から、結婚や交際していた男性らの遺産の大半を先物取引などに投資していたことが、捜査関係者らへの取材でわかった。ただ、多額の損失を出していたといい、府警は、今回の事件が筧さんの遺産目的とみる根拠の一つとしている。



 とのニュースが、いろいろなソースで流れていますが、やめて欲しいと思います。
 やめて欲しいことは、まずこんなお金の調達方法を選択することです。問題外です。
 
 ちなみに向日市は自宅近所で、被害者宅の場所も大体わかります。なのでより身近に感じます。

 もう一つやめて欲しいことがあります。それはこれらの行為を投資と呼ぶことです。こんなニュースが流れるから多くの人が「投資」の言葉に拒否反応を起こすのです。
 「投資」とは企業の成長に伴って自分の資産価値が高まることを目的としたものです。そこには自分の資産価値を高めてくれる企業を直接・間接的に応援することが求められます。

 ではこの容疑者にそんな気持ちがあるのでしょうか?ありません。目先の資産価格の動きに一喜一憂するただのトレーダーです。
 単なるトレーダーで間違いありません。しかし日本のマスコミはこれを投資と表現する。ここから日本の不幸は始まっています。まじめに資産運用を志そうと考えている方ほど、投資から遠ざかっていってしまってる、そんな気がします。

 まずは、投資とトレードを区別すること。利用する材料が同じため、区別に難しいところがありますが日本の将来のためには必要なことであると考えます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/25 Tue. 23:54 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

tag: 個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

25

日経新聞が初心者にやさしい投資情報を拡充するらしい 

日経新聞が初心者にやさしい投資情報を拡充するらしい

 と本日の日経新聞の一面に掲載されていました。日経新聞が新しくなります、らしいです。

 この中で明確に「初心者にもやさしい投資情報を」とあります。これは楽しみにしたいと思います(もちろん半分以上皮肉です)。

 世の中には「日経新聞が言うのだから」、「日経新聞が導く方向に・・・」と考えている人が多いように感じます。しかし、その実態は結構?な記事もたくさんあります。

 中でも私がもっとも気になるのは、長期投資からIPOからFXからデイトレードから国債、海外投資に渡るまで幅広いものを「投資」とひっくるめていることです。時には法スレスレの錬金術を駆使する者まで「個人投資家」と表現しますので。

 
 特に初心者に投資を語る時には、方向性が大切となります。始めからおかしな方向で記事にすると、今後の株式市場への参加者がますます減少することになるからです。
 株式市場に参戦するのは、株価のサヤ取りにしか注目しない、トレーダー(いわゆる短期投資家)ばかりのような気がします。日本の将来の株式市場を支えるべき、長期投資家が、壁を作ってしまっている。そう思えて仕方ありません。

 天下の日経新聞には、長期投資家が増えるような記事を展開してもらいたいと思います。
 4月以降が楽しみです。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



 

Posted on 2014/03/24 Mon. 23:50 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 個人投資家  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

24

ビットコインは株式と同じようなもの? 

ビットコインは株式と同じようなもの?

本日は、ビットコインの話題で持ちきりですね。
誠に勉強不足としか言えないのですが、ビットコインについてはほぼ無知な状態です。そろそろ勉強会に行かなければ。。。と思っていた矢先ですが、これが幸いなのか、もちろん損害はありませんでした。

いろいろな記事を見ていると、実態のないものだからもともと怪しげ。乗り遅れた頭の固い人の負け惜しみ、など色々なものがありますが、理論上は一応成り立っていたのでしょうね。

実態があるのかないのか?との話になると他の運用資産にも関係が生じてきます。デリバティブはもちろん、通貨も価値がコロコロ変わるあってないようなものと言えます。
株式も実態があるのかと言われると、悩みますね。株式は決算上の利益が根拠になっているので実態があると言えますし、企業の存在が実態であるとも言えます。

ではほぼ姿がない企業は?確かに固定資産もほとんど持たず、法人格だけが書類上に存在する企業もありますね。


しかし、あまり実態を追求すると今の金融は何も語れず、前に進めないことも確かです。

今私達は、大いなる実験の手のヒラの上で動き回っているだけかもしれませんが、そうだとしても私にはどうすることもできません。

あまり深く考えると眠れなくなるので、今日は寝ることにします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/02/26 Wed. 23:44 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  株式投資  長期投資  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

26

どうなった?雇用統計 

どうなった?雇用統計

恒例の雇用統計発表日が来ました。
今月は久しぶりに、レギュラーの第一金曜日。冬時間の関係で22:30ですがどのようになったのでしょうか?

結果は
 雇用統計予想+18万人のところ、20.3万人!
 失業率予想7.2%のところ7.0%!

 強い結果でした。

 もう少し細かな点を確認すると(by ロイター)

            Nov   Oct (Prev) Sept (Prev)
非農業部門雇用者増減  20.3万人 20.0 20.4 17.5 16.3
失業率(%)       7.0 7.3 7.3 7.2 7.2

製造業労働時間      41.0 40.9 40.9 40.9 40.9
  ─残業時間     3.5 3.4 3.4 3.4 3.4
時間当たり賃金(ドル) 24.15 24.11 24.10 24.09 24.08

 
業態別雇用者数増減(単位:1000人)
             Nov Oct (Prev) Sept (Prev)
民間部門合計      196 214 212 168 150

 財生産         44 31 35 29 27
 サービス        152 183 177 139 123
   卸売        6.8 -8.1 -5.4 15.7 14.3
   小売        22.3 45.8 44.4 23.3 22.3
   輸送・保管     30.5 3.1 0.0 36.9 29.5
  情報         -1 4 5 2 4
  金融取引        -3 7 7 -3 -1
  専門職       35 48 44 47 32
   人材派遣     16.4 9.1 3.3 27.4 11.4
  レジャー・接客     17 49 53 -1 13

政府           7 -14 -8 7 13

U‐6失業率(%)*    Nov Oct Sept 
              13.2 13.8 13.6
長期失業者(27週間以上) Nov Oct Sept
(単位:1000人)    4,066 4,063 4,146

 *U6:(完全失業者+縁辺労働者+経済情勢のためにパートタイムで就業している者)/(労働力人口+縁辺労働者)

このようになっています。サービス部門の数値が若干気になりますが、総論では強い指標といえるでしょう。
これを受けて、為替市場は

 201312雇用統計後ドル円レート_convert_20131207074636

このように、ドル高が進んでいます。いよいよ、QE3の縮小が視野に入ってきたということでしょうか。
もちろん、この後の動きが大変気になります。
また株価の動きも気になります。

株価が上昇するのであれば、これはほんとうに強い状態だと市場参加者が認識している!そう考えてもよいでしょう。

この後のNY市場はいかに・・・。


恒例ですが、こんなもの短期トレードの話で、長期株式投資を志す投資家には基本関係のない話です。10月や11月の雇用統計も大切でしたが、今となればどんな結果だったのかすら覚えていない投資家が大半です。

ひたすら業績の良い企業を応援しながら長期で保有する!これが大切ですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2013/12/06 Fri. 23:55 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

06

高配当利回り銘柄を選択する理由 

高配当利回り銘柄を選択する理由

 3月末になると頻繁に登場する高配当銘柄についての考え方についてもう一度書いておきたいと思います。
 高配当利回り銘柄を積極的に取り入れることは、ダメな行動であるはまったく思っていません。価値のある行動だと思います。ただし、その前提として投資とトレードの違いを明確にしておかなければ、そして自分のスタンスをどうするのかを明確にしておかなければ、中途半端な役に立たないものとなります。

 まずはトレードの観点から見た高配当利回り銘柄に特徴について記載します。
 ①多くの市場関係者から注目される代表的な指標の一つであり、期末になると注目され値上がりするとのセオリーがある。→このセオリーを狙って短期的な利ざや稼ぎをする。
   →他の市場関係者がこのような思考回路をとるだろうと予測し、さらにその前から短期的な利ざや稼ぎのために、買いを入れる。
 ②とりあえず配当をとって、株価がとんとんになったところで売ってしまう。

 このような点でしょうか。①は要するに高配当であろうがテーマであろうがなんでも良いのです。人間心理に結びつけてその先回りをしようとしている行動ですね。批判はしませんが、その後はどうするの?永久にそんな行動を繰り返すの?もっと本業の仕事のことを考えればどう?と、正直なところ思ってしまいます。
 ②については堅実な利ざや稼ぎでよいと思います。しかし、私は金持ちである程度の金利が稼げると十分。リスクなど取りたくないし、それほど高い収益は必要ない、との恵まれた家計の人限定のような気がします。また、もうひと工夫すればもっと上手に高配当利回り銘柄を利用することができるのに・・・。とも思います。

 次は投資の観点で見ると
 ① 中長期的に高配当利回り銘柄の収益率は平均的な株式の収益率よりも高くなる傾向がある。
 ② 投資の醍醐味の一つである、「数年後に信じられないほど大きくなった私だけの配当利回りを見てニヤッとする。」ことへの近道となる。

 株式なんて買い売り買い売りを繰り返すものではなく、一度投資した銘柄は当初の前提条件が変わらない限り、持ち続けるものだ!との考え方を取るだけで、上記の①②のメリットを手にすることができます。ここに難しい作業も難しい理論もありません。ただし、単に配当利回りが高いだけでなく、将来にわたって安定した、ある程度高い収益を上げ続けることができる企業なのかどうか?の篩は必要になります。
 しかし、それだけです。

 みなんに特に注目していただきたいのは②です。どうせ株式投資を行うのであるのなら、預貯金にはない株式投資のすごい世界を体験して貰いたいと思います。その醍醐味の一つが、利益水準が企業の成長とともに大きくなり、これに伴い株価水準が大きく上昇し、配当金額も大きくなる。そんな企業の株主であり続けると、数年後の世界でネットに表示される配当利回りは、配当80円÷株価9000円=利回り0.89%、となっているが、私は数年前に株価800円のときに購入しているので、配当80円÷株価800円=配当利回り10%!のような状態tなります。

 このときには、売らない株式投資を完全に凌駕した、「売るはずがない株式投資」が完成します。10%の配当が手に入る資産を誰が売ってしまうでしょうか?

 この状態にできるだけ近づくためには、始めから高い利回りの状態でスタートした方が良いに決まっています。「投資」にこだわる株式投資において「高配当利回り銘柄を探す理由はこの点にあります。

 今年だけ配当をもらってサヨウナラ。これではあまりにももったいなく寂しすぎませんか?

Posted on 2013/03/25 Mon. 10:15 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

25

投資とファンダメンタルズ 

投資とファンダメンタルズ

 「投資」と「投機」と「トレード」の違いについて考えるときには、英語にしてみると分かりやすいですよ、とご紹介しましたが、もう一つよく似た概念に、「ファンドメンタルズ」と「テクニカル」があります。
 この違いは分かりますか?

 「投資」とファンダメンタルズは同じような使い方をする事が多いのですが、大きな違いがあります。

 その前に「ファンドメンタルズ」と「テクニカル」の違いからを確認すると、「テクニカル」は株価はすべての市場参加者の意志が反映されたものと考え、株価の変動から市場関係者の意思を読み取るものです。そしてツールとしてはチェート上に現れる、移動平均線やストキャスなどの変化を利用するシグナルを利用します。
 ただし「テクニカル」は私が考える投資とはまったく相入れません。
 その理由は①表面的な株価を利用しており、株価の基礎をなす、別の言い方ではコアとなる一株利益の大小が反映されていないこと。②当たりもあるのですが、ハズレの数が当たり以上に多いこと。③企業を応援する精神が皆無であること。④短期的な市場参加者の心の変化を読み取ることに主眼が置かれ、長期的な視点が無いこと。⑤そもそも、見ることができない他人の心の中を見つめる手法なので、難しいことが明確なこと。
 このような点です。

 一方、「ファンダメンタルズ」は企業の基礎的条件、数値を中心とした定量的な分析をもとに投資先企業を判断する手法です。

 となると、「投資」と「ファンダメンタルズ」はほぼ同じとなるのですが、その違いはどの点でしょうか?

 この答えには、投資先企業を選ぶときのステージと、投資後のスタンスの違いだと考えます。すなわち、「ファンダメンタルズ」は投資先企業の選び方の問題であり、選んだ後、長きにわたって企業を応援し、企業の利益成長を暖かく見守るのであれば「投資」となりますが、せっかく選んだ銘柄を、株価がたまたま10%値上がりしたからといって売ってしまうのであれば、投資でもなんでもなく単なる「トレード」となります。
 「ファンダメンタルズ」で考えると有望な銘柄なので、他の多くの人も同じように考えるだろう。であれば先回りして買っておけば、そのうち値上がりするので、売り払うと利が取れるだろう。そんあ思考回路です。
 
 せっかく選び出した銘柄をすぐに売ってしまうことは、理解できないことなのですが、今の日本は「株は売り買いをするもの。」「株は利益確定売りをしてなんぼ。」との風潮になってしまっています。「ファンダメンタルズ」の方法を説き、推奨する場面は多く見られますが、「投資」にこだわる中で「ファンダメンタルズ」を利用することは、ほとんど言及する人がいません。

 まとめると。
 「投資」と「投機」は、銘柄選択における根拠の有無の違い。
 「投資」と「トレード」は、当初から売ることを考えるのかどうかの違い。
 
 「投資」と「ファンダメンタルズ」は銘柄選択時の着目点なのか、投資後の企業との付き合い方の着目点なのかの違い。多くの場面で重なる点がある。
 「投資」と「テクニカル」は、どの場面なのかはもちろん、基本的な考え方も全く異なる。

 このようになります。
 それぞれの長所、短所を吟味して、自分に最適な運用手法を見つけることが成功への近道となります。
 もちろん私は、「ファンダメンタルズ」で選んだ企業をながきにわたって応援する「投資」が大好き&ベストなものだと思っています。


 

Posted on 2013/02/11 Mon. 06:08 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 初心者の株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

11

投資と投機(in English) 

投資と投機(in English)

 日本では、株式投資と言えば「投資」も「投機」も含んでしまいます。区別されること無く「投資」をする人も「投機(=トレード)」をする人も個人投資家です。

 FXなんてしょせん投機!と言う人も、株式を使った「投機(=トレード)」は「株式投資」と言います。まずは金融業界が投資とトレードを区別すること、そして個人投資家と個人トレーダーを区別すること。そこから本当の株式投資市場が育ちます。ぜひ日経新聞あたりが率先して区別して貰いたいものです。

 祖父母から孫への教育資金の贈与に関しては贈与税が不要になる、とのニュース!(実現はしていません)だけで、学習塾業界の株価が跳ね上がるのは果たして投資でしょうか。
 そこに業績に反映するとの過程はありませんし、学習塾が好きになって応援しようとの心もありません。また、学習塾業界の企業すべてが着実に成長するとも言えるわけがありません。そして、他のトレーダーに先んじて株式を購入し、株価が上昇すればすぐに売っぱらってしまおうと考えている。
 まさに投機、トレードそのものなのです。しかし、日経新聞はこれを個人投資家の着目点と表現し、株式投資においてはこのような思考をとることが求められるとのニュアンスの記事を書くのです。なんと投資教育に悪影響を与えていることか・・・。

  最後になりますが「投資」と「投機」の英語訳を確認してみました。そして動詞の意味を確認してみました。
 「投資」・・・invest 〈金・資本を〉(事業・株・設備などに)投資[出資,運用]する
 「投機」・・・speculate 根拠のないことを推測する
  ※参考 trade 取引する、売買する、頻繁に売買する

 investは投資ですから、買うことはあっても基本的には売ることは考えていません。speculateとtradeは連続して行われる行動でしょう。speculatorとまとめてしまっても良いかもしれません。

 あなたの行なっている株式市場との関わりは、investorとしてですか?それともspeculatorとしてですか?その行動に根拠があるのかないのか?これがinvestorとspeculatorの分岐点です。

Posted on 2013/01/19 Sat. 22:33 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  個人投資家  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

19

投資とトレードの違い 

投資とトレード

Posted on 2012/09/03 Mon. 08:27 [edit]

category: ● 投資とトレードの違い

tag: 投資とトレード  本当の株式投資 
TB: 0    CM: 0

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。