08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

22期目に入りました 

22期目に入りました。

思えば長い旅の途中です。
私の会社(法人化しているので社長です)が本日から22期目に入ります。

よく言えば、長く継続できていること自体素晴らしい。
悪く言えば、もっと大きくなっていてもよいのに、下手くそな経営者だ。となりますが、
22期目はさらなる飛躍ができるように頑張りたいと思います。

私は基本的に、人口動態と経済を関連ずけて考えますが、その観点からは最悪な時期に法人設立しています。
当時は28歳の若僧だったのですが、生産年齢人口のピーク。
バブルは崩壊していましたが、株式や不動産が主で、売上などは最高額を叩き出すところ、業種がたくさんありました。
消費する者が多くいるのですから、売り上げが増えて当然。

その感覚のまま会社を始めました。
まあ、経済が下がり続ける中で何とか生き延びていますが。

これからは、個別株投資の普及に努めます。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


スポンサーサイト

Posted on 2016/09/01 Thu. 23:59 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

01

お疲れ様です。 

お疲れ様です。

株式投資ができるのもみなさんのおかげです。

2016081916061344d.jpeg


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2016/08/18 Thu. 23:54 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  長期投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

18

厳島神社のライトアップをお楽しみください。 

厳島神社のライトアップをお楽しみください。

20160818083910549.jpeg
201608180839083d0.jpeg



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2016/08/17 Wed. 23:32 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

TB: 0    CM: 0

17

新成人と株式投資 

新成人のみなさまへ

 成人の日、おめでとうございます。
 新成人のみなさまへと言うよりも、ここまで育て上げたご両親やここまで手を貸してくれた方々へおめでとうございます、と言うべきなのでしょうが、おめでとうございます。

 新成人に望むこと。もちろんこのブログでは「株式投資を始めましょう。」です。まだ慣れていない間は「株式投資の勉強を始めましょう。」でも構いません。今後の自分の生き方の中に重要なポジションとなるお金の存在。そして株式の存在を考え始める日としてもらいたいです。

 これからの日本は人口減少(厳密には若年世代・生産年齢時代の減少)、および少子高齢化が進むことはほぼ確定事項です。これに付随して、大きな経済の伸びが見込めないこと、給与の大きな上昇が見込めないこと、可処分所得の伸びはもっと見込めないこと、良い意味での高金利時代はこないことなどとなる可能性が高くなります。
 すなわち、これからの日本で豊かに暮らすためには何らかの作戦や行動が不可欠なものになるのです。その何らかに株式投資が該当します。決して、デイトレーダーになってトレードだけで生きてくださいとは言ってません。本職そっちのけで株価ボードを愛してくださいとは言っていません。
 お金の力を、そして株式投資の力を上手に利用して豊かな暮らしに役立ることを望んでいます。

 そのためには、まずはじめに、株式投資には「株式投資」と「株式を使ったトレード」があり、混同するとろくな結果にならないことを知ってください。そして2つの基礎を学び、その結果自分が利用できる、自分に適した方法はどちらなのか判断をしてください。
 この作業なしに株式投資を始めることはやめたほうが賢明です。役立たないと意味がありません。

 世の中は「株式を使ったトレード」のニュースに満ち溢れ、「投資」に関するニュースはあまり見られません。本ブログは「投資」に特化した情報を発信し、「投資」の素晴らしさを発信するブログです。ぜひご利用になって、豊かな生活のために株式投資をマスターしてください。

 新成人が中心となった、「投資」勉強会が開催できればよいですね。勉強会のバックアップをします。お問い合わせください。

Posted on 2013/01/14 Mon. 16:26 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 本当の株式投資  株式投資  個人投資家  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

14

新年を迎えて 

株式投資はアートだ!

新年あけましておめでとうございます。
新年には似合いでありませんが、これが今年の第一声です。最近は株式投資の講演などに注力していますが、その過程で「株式投資」ってアート(芸術)なんだ、と思っています。バカじゃないの?と言われそうですが、僕はいたって真面目です。
ではどの点が似ているのか?一口に「アート」と言えどもさまざまな分野がある中で、アーティストは、自分の感性、こだわりなどを追い求め、発信しようとしていることです。
株式投資も、さまざまなこだわりや投資手法があり、自分の投資観に合致する企業を探し求めるものです。答えの無い中で、感性を具現化しようとする点は同じです。
いかがしょうか、似ていませんか?
ただ、現状の株式投資には大きな問題点があります。「株式投資には多くの投資手法があり、それぞれは似て非なるものである。」多くの方がこの点に気づかず通り過ぎてしまっていることです。「音楽」とよばれるものの存在は知っているが、「音楽」にはクラシックやロック、POPやフォーク、民謡などの分野の存在を知らない子どもたちと同じなのです。
知らない!と言い切ると語弊があるかも知れませんが、各々の株式投資手法の考え方や具体的な着目点の違いが分かっていないことに間違いはありません。

アーティストの感性を持つべき株式投資において、こだわりを追求しようとしない集団が主流となっていることがもっとも大きな問題です。しかし、これだけではありません。
株式投資にはさまざまな分野があり、すべての分野の情報が均一に発信されるべきですが、「トレード」とよばれる分野だけがクローズアップされ、あたかも株式投資の代名詞のようになり、他の分野の情報がほとんど得られないことも問題点です。民謡を追求したいのに、伝統文化をないがしろにする風潮の中で、民謡教室が家の近くにない。教えてくれる人がいない。このご時世に民謡なんて・・・、とバカにされる。そんな感じでしょうか。
また、分野によって着目点が異なるのに、これを気にせずにいた結果、「投資」のつもりで「トレード」的手法を実践していることもそうでしょう。株式関連の雑誌に登場する記事のすべてが自分の投資手法に合致すると思い込んでしまっているのです。これも音楽に例えると、バリバリのハードロックがやりたかったのに、偏った情報しか手にできなかったため、なけなしの貯金でフォークギターを購入し、フォークギターの教本を買ってきてしまった、哀れな少年のようなものです。同じ「音楽」でも、感性の方向により得るべき情報が異なるのに、その点に気づいていない悲しさです。
初心者であればあるほど、さまざまな分野があり、さまざまな特徴があること、各々異なる点があることを知らなければいけません。自分の想いと違った方向に行ってしまうことはよくありません。

株式の勉強会や投資クラブにしてもそうです。「投資」にこだわりたい人、「トレード」を極めたい人、「テーマ性」がすべてだと思っている人、十分な「配当」さえあれば良い人、「優待」狙いに邁進する人、それぞれの感性を持った人たちが、全員が合意できる銘柄選択について議論をしているのです。有意義な議論となるわけがありません。言うなれば、ロックを追求したいギターと、クラッシックを愛するバイオリン、ディスコミュージックに酔っているキーボード、オールドロックンロール命のドラムがバンドを組んだようなものです。ひょんなことから面白い音楽が生まれる可能性も残されていますが、想いを追求すればするほど「バンド解散!」の日が近づくことは明らかです。
難しいのは、誰が正しく、誰が間違っていたのかの答えがないことです。誰も間違ってはいません。追求したアーティストとしての感性が違っただけです。アートを追求しない人たちの集まりであれば、気にすることのない人たちなのですが・・・。

このように考えたとき、あなたの株式投資はアーティストの感性が伴った株式投資ですか?何となく、や、他人の感性を鵜呑みにした似非アーティストがするような株式投資ではありませんか?
これから株式投資を始める初心者も、幾ばくかの経験がある方も遅くはありません。これからはアーティストの感性を伴った株式投資をしてみませんか?株式投資は他の投資に比べ、自分の感性を表現しやすい分野です。ほんの少しの勉強で自分の進むべき道が見えてきます。簡単に道が見えるからこそ、株式投資にはこだわりが必要なのです。

投資信託で自分の感性を代わりに表現してもらう方法もありますが、このためには感性の一致するファンドマネージャーを探さなければなりません。しかし、ファンドマネージャーの感性に関する情報はほとんど表には出てきません。証券会社や銀行などの販売会社の担当者もファンドマネージャーの感性など知りせん。感性の一致なる偶然に出会うか、自分をはるかに超越するファンドマネージャーに出会う、限られた可能性にかけることになります。また、偶然が起こった場合でも、自分の想いは一切反映されません。黙って彼に任せるだけの投資はある意味ストレスが溜まる投資と思いませんか。
こだわりを一切排除した、バランス型の利用やインデックス運用でも別に良いのですが、こだわりなきアートにはそれなりの結果しか生まれてこないことを覚悟した上での投資となってしまいます。


では、僕の株式投資における想い、こだわりをご紹介します。
具現化したいものは、ズバリ「成長」に伴う資産価値の増大です。成長とは利益成長であり、企業価値や株主持分(=自己資本)の増加でもあります。この選択ポイントを中心に置きながら付加していくものが、「割安」「配当利回り」「安定」「投資先企業の応援」「株主である誇り」「社会貢献」などでしょうか。これが正当な株式投資で、 「投資」とよべるものだと考えています。短期的な株価のさやには、そして、ギャンブル的な要素には見向きもしません。
企業の成長を理由とする資産価値の増加にこだわることが、そして、株式投資の素晴らしさ、大切さを伝えることが、僕のアーティスト的な株式投資のこだわりです。
もちろん、次に挙げるように具体的な良い面もたくさんあります。だからこそ好きでもあり、大切な人にも伝えられる投資手法です。
○豊かな生活のために ・・・ 海を超えて活躍することができる企業に投資をすることで、人口(正しくは若年人口と生産年齢人口)が大きく減少することで内需が細くならざるをえない日本においても成長の恩恵をうけることができます。
○三本目の収入の柱に ・・・ 本業との併用が十分に可能です。
○基準値の存在 ・・・ 一株利益をコアな部分として、これに調整値が加わって株価が形成される株式投資と考えるので、株価の状態の判別が容易な運用方法です。
○ROEの利用 ・・・ 投資における株価上昇の主な要因は利益成長です。ROEを利用することで、簡単にかつ、ある程度信頼のおける銘柄選択が可能となります。
○配当利回りと配当性向の利用 ・・・ 配当利回りと配当性向を組み合わせることで、優秀な企業、割安な株価の判別が簡単にできます。
○PBRの利用 ・・・ (解散しなくても、帳簿上の)企業価値は一株株主持分で表されます。一株株主持分と株価を比較することで、割安状況が判断できます。また将来、一株株主持分が自身の投資金額を上回ることで、実質的な元本保証とも考えられる株式投資が完成します。
※もちろん株式投資には、法的な元本保証は一切ありません。
○データの利用 ・・・ 過去のデータを確認することで、企業の姿が浮かび上がります。これを投資先企業の選択、投資時期の判断に役立てることができます。
○他の資産に対する優位性 ・・・ 大きな益利回り、配当利回りが株式投資にはあります(対預貯金・債券)。コアな部分があることで簡単に価格水準の予想ができます(対為替レート)。大きくなり続ける一株利益が投資時期の判断ミスを打ち消してくれます(対不動産)。選別対象となる充実した情報量を有効に使えます(対社債)。最優良銘柄オンリーの選択ができます(対投資信託)。
○予想株価のレンジ設定 ・・・ 予想株価のレンジを設定することで、自分の収益目標との比較。売り時の客観的な判断ができるようになります。株式は勘や噂で行うものでなく、数値を冷静に分析をしながら行うものです。
○売り時の判別 ・・・ 売り時の判断は非常に難しく、失敗例も多い、と言われますが、その理由は根拠のない情報を基にした判断基準を利用するからです。明確な数字を判断の材料とするのであれば、それほど難しいものではありません。

このように、投資にこだわる株式投資には多くの素晴らしき点があります。


答えのない世界ですが、自分なりのこだわりを、自信を持って熱く語ることができる。そんな株式投資を始めませんか。そんな一年にしませんか。

私のこだわりに賛同してもらえるような、共有してもらえるような株式投資の勉強会を行なっています。大阪では1月15日からスタートします。興味のある方はご参加下さい。また、自分の地域で、自分の仲間たちと「ギャンブル的な要素とは一線を画す」株式投資の勉強会をしませんか。知識取得までの講師、テキストの準備をさせて頂きます。


Posted on 2013/01/01 Tue. 00:00 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資  投資銘柄選択  投資とトレード  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

01

本当の株式投資をしてみませんか 

本当の株式投資?株式投資に本当も嘘もあるもんか!
そう思われた方も多いと思います。確かに株式投資に本当も嘘もありませんが、「投資」本来の意味にこだわった株式投資を本当の株式投資と定義すると、①本当の株式投資、②ダミーの株式投資が登場します。ダミーが悪いわけではありませんが、投資の名のもとに行う行動でないことは確かです。

前置きはこのあたりにして、簡単にこのページの目的をご紹介すると、
株式投資には、①株式を使って、企業に投資をする手法。そして、②株式を使ってトレードを行う手法が存在します。
この2つは似ていますがまったく異なるものです。「投資とトレードの違い」に主な違いをまとめておきましたが、その違いは歴然としています。
しかし、現状の株式投資に関する情報を思い出してみてください。「投資」と「トレード」に区別をし、それぞれの違いを明確にしてから、投資先企業の選択方法や、情報源を解説しているものが思い当たりますか?
その多くは、「投資」と「トレード」を混同して情報提供しています。このため、株式投資は難しい、株式投資は危ない、株式投資がうまくいかない、このような事態に直結しているのです。
さらに、区別したものがあったとしても、99%が「トレード」の情報ページであることにお気づきですか?

「投資」をしたいんだ。本当の意味での株式投資をしたいんだ。そう思っている個人投資家は数多くいます。しかし、投資に特化した情報源、投資に特化した企業選択の方法が日本に存在しないため、まさに個人投資家受難の時代になっています。
日本で初めて?の、「投資」に特化した株式投資のページを作ります。「投資」のつもりで「トレード」を行うと言う、最悪の選択肢を進めようとしている個人投資家の助けとなりたい。そう強く思っています。

「投資」にこだわると株式投資が簡単に思えてきます。「投資」にこだわると株式投資の素晴らしさに改めて気づきます。そろそろ、「トレード」ではない、本当の意味での株式「投資」を始めませんか。

Posted on 2012/09/04 Tue. 11:49 [edit]

category: ● ブログからのメッセージ

thread: 株式投資(デイトレ、中長期銘柄)  -  janre: 株式・投資・マネー

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。