03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

厳選銘柄ポートフォリオ発表! 

厳選銘柄ポートフォリオ発表!

 昨日ご紹介したように、超厳しい条件でスクリーニングし、選びだされた成長&割安株19銘柄のポートフォリオ作りました。
 定性的な評価は基本なし、定量面からの選択です。

 成長なのに割安銘柄は何らかの理由で、市場参加者から見放されている可能性もあります。直ぐに力強く上昇とはならないかもしれません。
 しかしそこは長期投資のよいところ。「そのうち」が使えます。

 悪くなったとしても割安を選んでいるので、大きな下落リスクは低いと思います。あとは注目されるまでひたすら待つ。
 そんなポートフォリオです。

 19銘柄は
  2124、2170、2175、2427、2461、2752、3092、3175、3679、3807、4318、4827、4975、6089、7270、7820、8423、8909、9381。
 すべて100株購入した場合投資金額は22日終値ベースで3,434,000円。

 さあどうなるか?追いかけてみたいと思います。
 どちらかと言うと、日経平均が下落する場面で強さを発揮するポートフォリオではないかとも思っています。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!



スポンサーサイト

Posted on 2015/07/22 Wed. 23:22 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

22

厳選銘柄をスクリーニング 

厳選銘柄をスクリーニング

投資の基本は「良いものを安くで買って、あとは長期保有すること。」
これに見合う厳選銘柄をスクリーニングしました。

良いものを選ぶ基準は、
・予想を含めた4期連続で5%以上の増益(最終利益)。
・予想を含めた4期連続でROE15%以上。
・予想を含めた5期連続で売り上げ増収。

割安を選ぶ基準は
・PERがROEの1.2倍以内。

なかなかハードルが高い基準ですが、すべて満たす銘柄は19銘柄ありました。

これをポートフォリオにして、追いかけてみようと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/07/21 Tue. 23:53 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

21

四季報(書籍)にもよい面がある 

四季報(書籍)にもよい面がある

 本日は若干空き時間があったので、愛知県の某イオンモールで新しい四季報を眺めていました。

 すべきことは、マイポートフォリオ銘柄の業績動向のチェックです。
 それも一通り済んだので、その他の企業を眺めていたところ、書籍版のよいところに気付きました。

 それは、これまでチェックをしたこともない企業の株価、ROE、PERが幅広く見れることです。
 すっかりネットでのチェックに慣れていますが、ネットではピンポイントで特定企業を探しにいくので、他の企業には目がいきません。
 しかし、紙ベースはさらっと流し読みをする中で、多くの企業の状況を目にすることができました。

 このような市場の見方もある意味必要だな・・・。と改めて感じた一日でした。

 書籍には書籍のよさがありますね。
 もちろん、この重さが持ち運びには悪い面ですが・・・。

 
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2015/03/14 Sat. 22:54 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 四季報  IR  個人投資家  株式投資  投資銘柄選択  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

14

JPX日経400 入れ替え銘柄の株価の動きは? 

JPX日経400 入れ替え銘柄の株価の動きは?

先日は、定期入れ替えの採用銘柄と除外銘柄をご紹介しました。

長期的視点では、良い銘柄が入り、悪い銘柄が落ちたのですから株価に与える影響は少なからずあるはず。
しかし、日経400のインデックスと225のインデックスはそれほど大きな差が開いているわけではない。ならば株価には関係しないのか。興味が出ますね。

で、調べてみました。どうなったでしょうか。

入れ替え前後の短期的な動きには興味が無いので、13年3月末から14/8/12までの動きをチェックしました。
これであれば、ROEの動きとの関連性も見えてくるはずです。

では結果です。参考までに同期間の日経225は22.7%の上昇です。

新たに採用された銘柄の平均は53.3%の上昇でした。日経225の倍以上の上昇となっています。

一方

除外銘柄の平均はジャスト0%!

営業利益が増えたので、ROEが上がるのでしょう。また、株価が上がったので時価総額が増え、採用に近づいたのでしょう。お互いが相乗効果で、良い方向に向かっていると思われますが、この上昇率の差には驚くものがあります。

銘柄名だけを見るのでなく、ROEの伸びの高いもの、利益が大きいもの、などの条件を満たしているものを探しにいくことが大切です。

今後も入れ替え条件に該当する銘柄は注目です。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/08/19 Tue. 23:58 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

TB: 0    CM: 0

19

JPX日経400新採用銘柄一覧(過去2年+今期予想ROE付) 

JPX日経400新採用銘柄一覧(過去2年+今期予想ROE付)

 本日はJPX400に新たに採用された銘柄の一覧です。
 早速ご覧になってもらいましょう。

 2014JPX400採用銘柄

 まずは、おめでとうございます!ですね。ようやく一人前の投資価値のある企業に認定されたのですから。
 ただし、もっとROEにこだわるべきでは???と思う企業もありますね。

 時価総額と企業統治で得点をあげたのでしょう。
 例えば、パナソニック、中国銀行、日立キャピタル、博報堂、メディハ、横河電機などでしょうか。実際、新採用銘柄と除外銘柄(ともに31銘柄)の時価総額を合計すると、採用銘柄が3倍近くになります。

 時価総額は株価が高い、とも言えますが発行済み株式数が多いとも言えます。この指標は安定感はあまり重視せず、成長力を重視する・・・。そんなイメージなので時価総額のウェイトをもう少し下げてもよかったのでは・・・そう思います。
いまさら変えられないのでしょうが。

 ただし、ROEでも明確な違いがあることも確かです。
 採用銘柄の14年度のROEの平均は13.8%ですが、除外銘柄の平均は3.5%と大きな差があります。
 また、13年3月から直近までの株価の騰落率も、73.2%と5%!大きな差が開いています。

 このような数値をチェックすると、改めてROEの影響力の大きさを感じます。

 しかし、これはすでに割高になっている・・・との心配も出てきます。割安で投資することは必須条件。今すぐこれらの銘柄に投資することが有効かどうかは別の話なので、じっくりと検証をしてみてください。

 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/08/14 Thu. 23:55 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  IR 
TB: 0    CM: 0

14

JPX日経400の除外銘柄一覧(2年分+予想ROE付) 

JPX日経400の除外銘柄一覧(2年分+予想ROE付)

 8/7になりますが、今年のJPX日経400からの除外銘柄が決定しました。
 この指標はROEが選択基準に入るということで、各社400入りに必死で取り組んでいると考えられます。

 またROEは、成長を示す指標であると共に、経営者の能力を示す指標であるため、400社に入らない=無能経営者との烙印が押されてしまいます。それだけに必死さに拍車がかかっているのでしょう。

 では除外銘柄(=昨年は経営能力が高いと思っていたけれど、1年経過すればそれほどでもなかった企業)の一覧です。

2014JPX400除外銘柄_convert_20140814004519

 このリストに入ってしまった経営者の名誉のためにも一つ言及しておきます。
 400社はROEだけでなく、時価総額にも影響を受けるため、ROEはしっかり出していても時価総額が少なかったので、ギリギリ外れてしまった・・・。そんな銘柄もあります。
 東和薬品、ブレス工業、ガリバーインターナショナル、、キャノン電子などです。
 これらの企業は、時価総額が大きくなれば400にカムバックすることは十分可能です。その際は株価が関連するので、今後は株価を引き上げる経営を意識しなければいけなくなり、高いハードルが待つことになりますが・・・。
頑張ってもらいたいものです。

 それ以外の企業は・・・、まあダメなのでしょうね。
 手元資料で株価の騰落率と比較してみましたが、やはりダメです。実際に株価が上がっていない企業がたくさんあります。31社全体平均では、日経平均にさえ大きく差をつけられています。

 では新たに採用された31社は?
 これは後日ご紹介するとします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!





Posted on 2014/08/12 Tue. 23:56 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資 
TB: 0    CM: 0

12

増益&高配当利回り銘柄をスクリーニング 

増益&高配当利回り銘柄をスクリーニング

 今、高配当銘柄に何があるのだろう・・・?と思い、スクリーニングしてみました。
 
 こればかりは、ヤフーファイナンスの高配当利回り銘柄ランキングが使えません。
 ヤフーのランキングは過去一年の確定配当を使っているため、分割があった企業は、「分割前配当÷分割後株価」で計算され、とんでもない利回りに・・・。
 また業績急悪化で株価下落となった企業は、「業績悪化前の配当÷悪化発表後の株価」となり、これまた結構素晴らしい(もちろん見かけだけ)配当利回りとなります。

 
 これから投資を考える時の配当利回りの計算は
 「予想配当額÷現在の株価」で計算しなければいけません。
 これを全銘柄対象で計算し、ランキングにするとなると・・・。
 ここは四季報のCDROMに登場してもらうほかありません。

 で計算してみました。念には念をいれて、前々期→前期が5%以上の増益、かつ、前期→今期予想が5%以上の増益。2期共に黒字の条件も加えました。

 結果は、

  3%以上の配当利回りの場合28社が該当(数が多いので銘柄は割愛します)

  4.5%以上にハードルをあげると、ウェッズ(7551)と極東証券(8706)の2社となりました。

  証券会社は相場状況からの影響が大きいので、安心できないところがあります。
  残るは、ウェッズ(7551)。JQ上場である点と本業以外の老人ホーム経営をしている点がマイナス評価ですが・・・。とりあえず様子は見ていこうと思います。

 
 自分の好きな条件で検索してみると、結構楽しいですよ。
 いろんなところの推奨銘柄を追いかけるよりも、よっぽどいいんじゃないかと思っています。

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 

Posted on 2014/04/23 Wed. 23:54 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  株式投資  高配当利回り 
TB: 0    CM: 0

23

納税額ランキングを作ってみました 

納税額ランキングを作ってみました

 消費増税が始まりましたが、日本と言う制度の維持において、そして将来の発展において、納税は欠かせません。納税主体は個人だけでなく、法人も同じことです。もし法人の納税がなければ・・・。大変な世の中になりますね。

 と言うことで、四季報を利用して納税額ランキングを作ってみました。
 特別損失や過去の繰越損失などの制度があるため、単純に利益が大きければ納税額が大きいとならないのでは?そんな思いがあったので利益のランキングとともに比較してみました。

 どの企業がランキングに登場しているのでしょうか。好き嫌いはあるかと思いますが、納税で国を支えているとの意味ではリスペクトすべき対象だと考えます。
 感謝の心を持ってこれらの銘柄を見つめてみましょう。

 ランキングは以下の通りです。
 納税額等ランキング

 ※納税の対象は、法人税、地方税、事業税の合計
 ※納税額平均は、前期、2期前、3期前の平均額

 企業の規模?一般的に言われる優良銘柄?時価総額が大きな企業?まあこのようなおなじみの顔ぶれが並んでいますが、これらの企業が様々な面で日本を支えていることは事実でしょう。

 具体的な銘柄では、前期で見ると、トヨタが納税額、利益共にTOP。一方利益は大きかったメガバンク系は、前期も平均も納税額では大きくランクを下げています。みずほFGは平均で15位までのランキングにさえ入っていません。

 一方、国際石油開発帝などは納税額では高いランキングになっています。

 
 このランキングが株価に直結するのかは、利益の伸びや割安の状況が関係するので、直結しないのでしょう。しかし、応援したい企業のランキングと重なることは間違いありません。

 こんな見方も時には良いと思います。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/04/12 Sat. 23:56 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資とトレード  投資銘柄選択  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

12

10年で株価が4倍以上の銘柄数は? 

10年で株価が4倍以上の銘柄数は?

 10年で株価が4倍以上の銘柄数はどれくらいなのだろう?と思い、四季報CDROM版で調べてみました。
 4倍の理由は、年15%程度の成長となるからです。

 10年で倍は、ワンチャンスで到達するかもしれないが、4倍はなかなかないだろう。そんな理由もあります。

 対象となる約2700社中、何銘柄程度が該当すると思いますか?



 答えは、54社です!
 割合では2%程度。ズバリ当てるのは難しいかも知れませんが、常にベスト10を厳選し、ベストと思われる銘柄に投資するのであれば、何とかなる可能性は十分にあります。

 ベスト77に自分のベスト10が入っていれば良いのですから。
 ※条件は04年始値と14年2月末の株価を比較。
  04年時に100円以下の銘柄は除外。
  その間減資した企業も除外。

 その顔ぶれを一部ですが紹介すると、
 持田製薬、富士重工、日揮、ファーストリテ、シマノ、遠藤照明、アインファーマシー、住友電設・・・他業種にわたって見られます。
 直近の業績はマチマチですが、10年前に比べると大きく利益を増やしている企業。そのように言えます。

 これからの10年、株価が4倍以上になる企業はどの企業でしょうか。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


Posted on 2014/03/28 Fri. 23:35 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  四季報 
TB: 0    CM: 0

28

配当利回り銘柄の1年が経過して 

配当利回り銘柄の1年が経過して

昨年の12月17日付けで、配当利回りが狙えかつ業績の安定及び成長が見込めそうな銘柄をピックアップし、ブログにアップしました。
5月の高値時点では単純平均で+73パーセントと素晴らしい成績だったのですが、1年後の現在+55.3パーセントと5月高値水準を回復していません。

また日経平均株価に対する動きを確認しても、同時期日経平均株価も+55パーセントだったので、ほぼ同じ上昇率となっています。

さすがにマイナスになっている銘柄は1つもないのですが、5月高値と比べるとかなり下落している銘柄もあります。逆に業績の減額修正さえなければ、割安状態に放置されている狙い目の銘柄ともいえます。

5月高値から回復を見ていないものとして、伊藤忠商事、トラストホールディング、住友商事、学究社、日本駐車場開発などがあります。

日経平均から大きく上方に乖離していないので、あまり上手でなかった運用と考えるのか?それとも配当を中心に考える地味な銘柄で1年で50パーセント以上の上昇はすばらしいと考えるのか?
またまた、そもそも長期投資を考えているので1年程度のスパンで判断してはいけないのか?
悩ましい評価になりましたが、ここは前向きによしとしましょう。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!




Posted on 2013/12/18 Wed. 23:38 [edit]

category: ● 実演スクリーニング

thread: 投資に役立つデータ  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 長期投資  安定株主  個人投資家  投資銘柄選択  株式投資 
TB: 0    CM: 0

18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。