FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

子供に伝えたい株式投資

株式投資は「長きにわたって株主として企業を応援すること」が基本です。しかし、世の中を見渡すと現状は「株式を使ったトレード」一色です。 別の表現では 「売らない株式投資が求められている。」そんな「投資」にこだわるブログです。

高橋カーテンウォールのIRをチェックしました 

高橋カーテンウォールのIRをチェックしました

 カーテンウォール?耳慣れない言葉だったので、チェックしてました。最大手であり、社名にもなっている高橋カーテンウォールのHPで、カーテンウォールとは?が書かれていました。

 簡単に言うと、現在ビルの外壁は、プレキャストコンクリート(PC)とよばれる あらかじめ工場などで製作した鉄筋コンクリート部材を製品単体、幾つかのユニットを接合して作っています。それ以外にも階段、ベランダなどにも利用されています。
 また、高層建築物では、地震力に対して建物を柔らかく造っておくことでその力を吸収し、破壊を防ぐという設計が行われていますが、地震が生じた際に上下階に変位差が生じても、外壁が脱落、破損することのない構法として、カーテンウォール構法が有用とされています。
 PC部材の中で、建物の構造に寄与しない内部と外部の空間をカーテンのように仕切る壁が"カーテンウォール"とよばれ、高層建築物の外壁には欠かせないのです。
 カーテンウォール構法を取り入れたコンクリート製品がプレキャストコンクリートカーテンウォール。
 安全性に加え、重厚性を有するデザインや、耐火、断熱、遮音といった、コンクリート素材の持つ優位性を発揮できる、コストパフォーマンスに優れた構法となります。

 
 これからの建築になくてはならないものだと思います。そんな業態のトップシェアーは気になるので、高橋カーテンウォールのIRをチェックしました。


 まあ、一言ではあまり熱心でないIRですね。
 ただ、データなどはしっかりとそろっているし、アナリストへの説明会資料もそろっています。
 
 興味ある方はどうぞご自由に。という感じでしょうか。
 具体的な配当方針や利益目標が見当たらなく、この点も評価が低いですね。

 業態自体は大変面白そうなので、IRもうまくやれば素晴らしい会社になるのに・・・。もっとPERを引き上げることができるのに・・・。
 かなり残念なIRですね。


 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!


 
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/29 Sun. 23:10 [edit]

category: ● 安定株主作りのためのIR訪問

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  IR  安定株主  株式投資  投資とトレード 
TB: 0    CM: 0

29

為替の先行き判断は難しい。。 

為替の先行き判断は難しい。。。

某銀行職員の方から相談がありました。
「10月くらいに必要なまとまった資金を、豪ドルコースの米国ハイイールド通貨選択型の投信で運用してもらっているが、この資金へのアドバイスをどうすれば良いのか?」

答えは簡単。「そんな資金で通貨選択型を選んでいる方が悪い。損しても得しても、粛々と受け止めるだけ。」
または、「なぜ100円になった半年前に売っておかなかったのか?」

簡単でしょ!

しかし大人の事情もあり、こんな答えを出すわけにはいきません。

真面目に考えてみました。
短期的な資金なので今後の価格変動の影響は、対米ドル、対豪ドルの為替レート次第。詳しい商品を知らないので、どちらの影響がより大きいのかは分かりませんが、豪ドルでは?

では豪ドルは何に影響するのか?
日本の金融スタンスは比較的明確なので、豪の金融政策に影響されるだろう。

では、先日の利下げ時のコメントを確認してみよう。

 オーストラリア準備銀行スティーブンス総裁による声明文の骨子。
 (1) 今後数四半期の経済成長はトレンドをやや下回る見通し(資源セクターの投資支出は大幅減。民間需要は緩やかに拡大。公共支出は控えめ)
 (2) インフレ率は2~3%で推移しており今後も目標と一致する水準にとどまる見通し(労働市場に一定の需給の緩みがあり、賃金の伸びは今後も緩やか)
 (3) 豪ドルはファンダメンタルズに比較して高水準。均衡のとれた経済成長には豪ドル安が必要
 (4) 金融政策は適切に設定されている。今後も緩和的金融政策を継続することが経済成長に寄与し、金利の安定期間を設けることが賢明。

とのものです。
んん、追加の利下げの可能性はあるが、10月までの利上げの可能性はほぼゼロ。
 中国が突如絶好調!なども考えられないので、豪ドル安の可能性85%、高くなる可能性15%。
通貨選択で分配がどの程度あるのかとの比較が必要であるが、損失の確定(すでに30万円くらいの損失を出しているらしい。)が賢明では。。

できるだけ、良心的にそして客観的に考えるとこうなりますが、ではそれが本当に正しいのか?予想が当たるのか?と言われれば、正直???です。わかりません。

しかし為替ってその程度だと思います。
他のリスク資産で取り返しましょう!とも言えませんし。
3月決算で情報修正しそうな銘柄を幾つか買って、取り返しましょう、と言ってもその顧客には無理だろうし。


そう考えると、長期個別株投資って何て簡単、シンプルで、それなりの確率が期待できる素晴らしい投資先だと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/02/19 Thu. 23:28 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  個人投資家  長期投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

19

大塚家具はどうなる? 

大塚家具はどうなる?

大塚家具が大変なことになっています。
ここまでのドロドロはそう見られません。
まずはその実情を。


大塚家具は2月17日、会長であり、筆頭株主でもある、大塚勝久氏が3月下旬の株主総会に提出した「株主提案」について、会社として反対することを取締役会で決議したと発表した。

 勝久氏が提出した株主提案の議題とは、勝久氏自身を含む”取締役10人選任”の件と、監査役2人選任の2件である。
 勝久氏の株主提案は、2月13日、大塚家具の取締役会が決議し「会社提案」として同じく株主総会に提出した、社長の大塚久美子氏(46)を中心とする”新経営体制”について、真っ向から否定したものだ。
 もともと株主提案は、2014年7月に勝久氏から久美子氏が社長職を解任された後、復活に向けてしたためていたもの。それが立場が入れ替わり、攻守ところを変えての展開。まさに「やられたら、やり返す」である。
 今後の展開は予断を許さない。3月27日開催の株主総会に向けて、場合によっては、委任状争奪戦(プロキシ・ファイト)も想定される。

 大塚家具の株主構成を見ると、筆頭株主の大塚勝久会長が18%、久美子社長が役員をつとめる「ききょう企画」が9.7%。久美子社長寄りとされるファンド、米ブランデス・インベストメント・ファンドが直近で10%超を持つ。他には日本生命5.8%、東京海上日動火災3.2%ら、機関投資家が大株主だ。

 わずか4日前、実娘の社長が発表したばかりの新経営体制を、父の会長が株主提案で否定するという、異常事態。老舗大手家具の混乱は、まだまだ幕引きしそうにない。




ここまでドロドロだと、株価は。。。と思いきや、意外と堅調。
もちろん力強く上昇!とはなりませんが。

業績がここ数年では回復傾向にあること。配当を継続してだしており、配当利回りが高めであること。
などが理由でしょうか。

ただし、今後はやはり不安要因が残ります。
ホルダーではありませんが、もしホルダーなら。。。やはり売却でしょうか。。。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/02/18 Wed. 23:25 [edit]

category: ● これって、「投資」のニュース?「トレード」のニュース?

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  投資とトレード  本当の株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

18

シチズンの判断は正しいのか?明後日の株価に注目。 

シチズンの判断は正しいのか?明後日の株価に注目。

シチズンがやってくれました。

日本の時計メーカー、シチズンの中国生産拠点である西鉄城精密(広州)有限公司が製造工場を突然閉鎖し、社員全員に労働契約の解除を通達した。会社も解散すると発表。西鉄城側は「事前に通知すると従業員を不安定にさせ、生産に支障をきたす」との理由から、閉鎖直前の通達に至ったと説明している。
5日午後2時30分(現地時間)、同社は社員全員に労働契約の解除を通達し、1000人余りの従業員を呆然とさせた。従業員は湖南、湖北、陝西、貴州など経済発展の遅れた地域からの出稼ぎ者が大半で、中には勤続10数年の従業員もいるという。
29歳の従業員は、「4日午前まで平常通り工場は稼働していた。5日になって突然通達があり、労働組合に駆け込んだが、『何も知らない』と言われた」と話す。通達の内容は「5日午後2時30分をもって作業を停止し、6日付で全員と労働契約を解除する」というもの。広州市当局の承認も得ていると記されていた。



やり方が合法なのかどうか?厳密には法治でなく人治国家なので、中共の承認があるのかどうか?
その辺りはよく分かりませんが、今後の安定した利益を出すために、具体的には中国関連で突発的な大赤字や大きな減損、特損を出さないために、中国との付き合い方が問われているときだと考えます。
消費地としての中国に着目することは間違いではないでしょう。ただし、そもそも体制は先進資本主義国とまったく異なることを想定しながらですが。
また、一部の金持ちに高付加価値の商品を割高で売ることも間違った方向ではないと思います。

しかし、生産拠点として在り続けることはマイナス面の方が大きいのではないかと思っています。


中国との付き合い方、この点でシチズンは一つの方針を出したと言えます。
これが吉と出るのか凶と出るのか?それは数年後の業績を見なければ分かりません。

一方、市場参加者の中国への見方は、明後日の相場が示してくれるはずです。

個人的にはシチズンの株価は上がって欲しい。そう期待しながら木曜日を待つこととします。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2015/02/10 Tue. 23:20 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

thread: 株式投資  -  janre: 株式・投資・マネー

tag: 投資銘柄選択  株式投資  投資とトレード  長期投資  本当の株式投資  安定株主 
TB: 0    CM: 0

10

赤字グセの企業はすぐに赤字になる 

赤字グセの企業はすぐに赤字になる

純損失2300億円に拡大へ=ソニー、上場来初の無配―今期、スマホ不振で悪化

 ソニーは17日、2015年3月期の連結純損益の見通しについて、従来の500億円の赤字から2300億円の赤字に下方修正した。スマートフォンなどの売り上げが伸び悩んでいることを受け、モバイル事業の計画を見直したことで約1800億円の減損処理が必要と判断した。この結果、年間配当を上場以来初の無配とする。
 本業のもうけを示す営業損益は1400億円の黒字から400億円の赤字に下方修正した。平井一夫社長は同日の記者会見で、14年度中にモバイル事業の人員の15%に当たる約1000人を削減すると表明した。また、業績不振に伴う無配転落について「厳しい決定に至ったことを重く受け止める」と語った。

 

結局、そうなんです。
赤字グセのある企業はすぐに赤字となるんですね。
企業は簡単に変われない。そう思って企業の決算を見ると、あながち外れでないことが分かります。

これなら簡単ですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
 一人でも多くの方に長期株式投資のすばらしさを知ってもらうためにも
 ↑クリックお願いします!

Posted on 2014/09/17 Wed. 19:19 [edit]

category: ● 投資にこだわる株式投資手法

tag: 投資銘柄選択  株式投資  長期投資  安定株主  個人投資家 
TB: 0    CM: 0

17